「パコと魔法の絵本」のネタバレあらすじ結末

パコと魔法の絵本の紹介:ある風変りな病院で、嫌われ者のクソじじい大貫は1日しか記憶を保てない少女パコと出会う。2004年の後藤ひろひと原作の舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子 vs ザリガニ魔人」の映画化作品。ラストの「ガマ王子対ザリガニ魔人」の劇のシーンでは3DのフルCGと実写を合成。公開時に劇中で登場する絵本を再現したポップアップ絵本が販売され即完売となり、その後復刊ドットコムから復刊された。(現在は絶版)2008年公開。監督:中島哲也。日本アカデミー賞の最優秀美術賞を受賞。

予告動画

パコと魔法の絵本の主な出演者

大貫/ガマ王子(役所広司)、パコ(アヤカ・ウィルソン)、滝田/サカナ(劇団ひとり)、龍門寺/ミズスマシ君(山内圭哉)、木之元/ガマ姫[ガマ王子の母](國村隼)、室町/ザリガニ魔人(妻夫木聡)、堀米/ヤゴ(阿部サダヲ)、浩一/アメンボ・浩二[二役](加瀬亮)、雅美/沼エビの魔女(小池栄子)、タマ子/メダカちゃん(土屋アンナ)、浅野医師/タニシ(上川隆也)

パコと魔法の絵本のネタバレあらすじ

【起】- パコと魔法の絵本のあらすじ1

あるところに変わった患者ばかりが入院している風変りな病院がありました。
患者の一人の大貫という老人はみんなから嫌われているクソじじいで、口癖は「お前がわたしを知ってるってだけで、腹が立つ」。
貧乏で孤独だった大貫は自分独りの力で会社を作り何十年も死にもの狂いで働いて大企業に育て上げましたが、ある日重役会議の途中で心臓発作を起こして倒れたのです。
入院した大貫は毎日何もすることがなく、ワガママ放題に周囲に当たり散らします。
その大貫の前にパコという少女が現れます。
パコは大貫が意地悪しても気にせずにニコニコしながら絵本を読んでいます。
翌日大貫が大切にしていた純金のライターをなくして大騒ぎしていると、パコがやって来ます。
パコは大貫のことを知らないと言い、自分の物だと言って前日拾った大貫のライターを見せます。
パコがライターを盗んだと思い込んだ大貫はパコの頬を思いっきり叩き、パコは泣き出します。

【承】- パコと魔法の絵本のあらすじ2

パコは7歳の誕生日に両親と共に交通事故に遭い、パコだけが奇跡的に助かりますが、後遺症で記憶が1日しか保てなくなってしまったのです。
いつも大切に抱えている絵本「ガマ王子対ザリガニ魔人」はお母さんからの誕生日プレゼントでした。
翌日現れたパコは大貫のことを知らないと言います。
しかし、大貫がパコの頬に触れると「おじさん、昨日もパコのほっぺに触ったよね?」と言います。
記憶できないはずのパコが、大貫だけは憶えていたのです。
大貫は生まれて初めて声をあげて泣き、パコに何かしてあげたいと思います。
あんなに人の記憶に残るのを嫌っていた大貫が、パコの記憶の中に残りたいと願ったのです。
それから毎日大貫はパコの頬に触れ、絵本を読んで聞かせるようになります。
その病院では、夏にサマークリスマスというイベントで劇をすることになっていました。
大貫はパコのために「ガマ王子対ザリガニ魔人」の劇を思いつき、今まで威張って意地悪してきた他の患者たちや看護婦に頭を下げて出演してくれるよう頼みます。

【転】- パコと魔法の絵本のあらすじ3

劇の出演者は、ガマ王子:消防車に轢かれた消防士の滝田、ガマ姫:事故の賠償金をつりあげるため入院を延長しているオカマの木之元、ミズスマシ君:可愛がっていた猿に銃で撃たれたヤクザの龍門寺、ザリガニ魔人:名子役から脱皮できずにスランプで自殺未遂をくり返して担ぎ込まれてくる俳優の室町、メダカちゃん:タトゥー入りのヤンキー看護婦タマ子、タニシ:ピーターパンのようにいつまでも少年の心を持つ浅野医師、アメンボ:大貫の甥で妻の尻に敷かれている気の弱い浩一、沼エビの魔女:浩一の妻で大貫の会社を浩一に継がせるため必死な看護婦の雅美、ヤゴ:いつも大貫をからかうのに全力投球な謎の人物堀米、です。
ところがガマ王子役の滝田がまた自殺しようとした室町を庇って大怪我を負ってしまいます。
「演技できない」と投げ出そうとする室町に、タマ子は罵倒しながら子供の頃からずっとファンだったことを告白します。
病院全体を舞台にして、劇が始まります。
ガマ王子は大貫が演じることになりました。

【結】- パコと魔法の絵本のあらすじ4

ガマの王子はワガママ王子、今日もみんなをいじめます。
家来はアメンボ、タニシ、ミズスマシ・・・と変な虫(ヤゴ)。
<バチャーン!ケロ、バチャーン!ケロ>みんなのお家を壊します。
そこにザリガニ魔人がやって来て、みんなを食べてしまいます。
<これまでいっぱい意地悪だった、そんな馬鹿な僕だけど。許せない、許せない、ザリガニ魔人を許せない>
王子はザリガニ魔人に戦いを挑みます。
<だけど強いよザリガニ魔人、もうじき僕は死んじゃうよ>
ところがクライマックスで大貫は発作を起こして倒れてしまいます。
パコのために力を振り絞ってザリガニ魔人を倒して劇を終わらせた大貫は、ついにそのまま永眠・・・したわけではなく、ちょっと休んだら回復しました。
しかしそれから間もなくして、パコは突然臨終の床についてしまいます。
パコの命は、本当は大貫と出会うずっと前に尽きているはずだった、と浅野医師は言います。
パコの死が受け入れられない大貫は、絵本をビリビリに破ってしまいました。
そして現在、病院は廃業して浩一と雅美の息子の浩二が一人で住んでいます。
そこに訪ねて来た堀米が大貫の遺影の前でこのお話をして、破れた絵本の1ページを手渡します。忘れないように、あの時みんなで1ページずつ分けたのです。
「お前がわたしを知ってるってだけで、腹が立つ」
そう言っていた大貫は、パコの心に残ろうと必死になっているうちにみんなの心に残ったのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パコと魔法の絵本」の商品はこちら