「ビッグフィッシュ」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・フィッシュの紹介:2003年公開。自分の人生を作り話のように語る男と、彼の家族との絆を描いた感動作品。ダニエル・ウォレスの小説が原作。アカデミー賞では作曲賞にノミネートされた。監督は「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン。脚本は「チャーリーズ・エンジェル」のジョン・オーガスト。豪華な出演者は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、「ブルースカイ」のジェシカ・ラング、「鳩の翼」のヘレナ・ボナム=カーター、「スペル」のアリソン・ローマン、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」のマリオン・コティヤールなど。

予告動画

ビッグフィッシュの主な出演者

エドワード・ブルーム(ユアン・マクレガー&アルバート・フィニー)、ウィル・ブルーム(ビリー・クラダップ)、サンドラ・ブルーム(ジェシカ・ラング&アリソン・ローマン)、ジェニファー・ヒル / 魔女(ヘレナ・ボナム=カーター)、ノザー・ウィンズロー(スティーヴ・ブシェーミ)、エーモス・キャロウェイ団長(ダニー・デヴィート)、ベネット医師(ロバート・ギローム)、ジョセフィーン・ブルーム(マリオン・コティヤール)、巨人カール(マシュー・マッグローリー)

ビッグフィッシュのネタバレあらすじ

【起】- ビッグフィッシュのあらすじ1

決して釣れない伝説の魚がいました。エドワード・ブルームは幼い息子のウィルにその話しを聞かせます。
泥棒の化身とも言われた魚なので、エドワードは閃きます。結婚指輪を餌にして釣ろうとします。
そのエピソードから釣り上げにくい女性を釣るには、結婚指輪を捧げるべきだと学んだ事をエドワードは話します。
その場面はウィルとジョセフィーンの結婚式でした。ウィルは昔から父の作り話を聞かされてウンザリしていました。喧嘩してエドワードとウィルは話しをしなくなります。
エドワードは伝説の魚を手でつかみ、指輪を取り戻しました。その時にウィルは生まれたのです。
エドワードが倒れて、ウィルとジョセフィーンは実家に向かいます。その途中でウィルはエドワードの話しを思い出します。
魔女と呼ばれている老婆がいて、彼女のガラスの目を見ると死に方が分かるのです。エドワードは友人に唆されて、自分や友人達の死に方を見せてもらうように頼みます。
ウィルの母のサンドラは何も食べないエドワードを心配します。栄養ドリンクを飲ませるようにウィルに頼みます。
エドワードはウィルに自分の死に方は特別だと話します。しかし、どのような死に方かは語りませんでした。
生まれつき成長が早くて、体がついてこなかったエドワードでした。入院生活から退院できて、体が大人となります。大活躍して町の有名人となります。
ある日、町に巨人がやってきます。町人達は恐れて、エドワードが巨人を説得しに向かいます。
巨人はカールという男性で、エドワードが大きな体格にこの小さな町は似合わないと言います。エドワードは一緒に大きな都会を目指そうと誘います。
二人は途中で分かれ道に差し掛かります。カールは遠回りの新しい道を、エドワードは近道の旧道を使うことにします。

【承】- ビッグフィッシュのあらすじ2

エドワードは幽霊がでるという噂の旧道で迷子になります。そしてたどり着いた先は、スペクターという町でした。
町人達が歓迎してくれて、詩人のノザー・ウィンズローと出会います。8歳の少女、ジェシーはエドワードを捕まえる気です。
エドワードは川で裸の女性を見つけます。ジェシーから、それは捕まえられない魚で見る人によって違う物に見えると聞きます。
パーティーが開かれますが、エドワードは先に進むことにします。ジェシーには戻ってくると伝えます。
ジョセフィーンはエドワードの話しが楽しくて聞きこんでしまいます。ウィルもこっそりと聞き始めます。
カールと再会して、エドワードが向かったのはサーカス団でした。サーカスの公演で巨人の紹介がされます。しかし、エドワードがカールを紹介して公演が終了します。
サーカス団の団長キャロウェイは、カールとの契約を喜びます。その頃エドワードは、サーカスの公演から帰っているサンドラを見つけて一目惚れをします。
彼女を追いかけますが、見失って落ち込みます。キャロウェイは彼女の事を知っていると話します。
エドワードはタダ働きでいいから、サンドラの事を教えて欲しいと頼みます。キャロウェイは一ヵ月に1つずつサンドラの事を教えてくれます。
3年の月日が流れて、エドワードは我慢できなくなります。キャロウェイのキャンピングカーに聞きに行くと、出てきたのは猛犬でした。
木の棒を使って手なずけます。翌朝、棒を加えてたのはキャロウェイでした。つまり猛犬はキャロウェイだったのです。
キャロウェイは粋なエドワードにサンドラの名前と場所を教えます。彼女は大学生で、エドワードは正装してプロポーズをします。
しかし、サンドラは婚約していました。その相手はエドワードと同じ町出身で、年上のダメ男でした。

【転】- ビッグフィッシュのあらすじ3

諦めきれないエドワードは求婚し続けます。怒った婚約者がエドワードを殴ってきます。喧嘩は駄目というサンドラの約束をエドワードは聞き入れ、殴られ続けます。
サンドラは殴り続ける婚約者がひどすぎて、婚約を解消します。エドワードと結婚することにします。
しかし、エドワードに徴兵の手紙が届きます。3年間サンドラと会えないことが辛すぎるため、エドワードは無茶な任務に参加して1年で帰ろうとします。
任務中に知り合った双子の芸者に脱走の助けを頼みます。見返りは新たな職場です。エドワードは双子にサンドラへの愛を長々と語ったことで、協力してもらえることになりました。
サンドラは軍からエドワードが死んだ事を知らされます。しばらくの間、悲しみ続けたサンドラでした。しかし、エドワードは生きていて再会できます。
帰還兵のエドワードは、書類上死んだことになっているので職探しは困難でした。しかし、旅をしながら販売する仕事につきます。
銀行に寄ってサンドラに入金しようとします。そこでノザーと再会します。ノザーは銀行強盗を始めて、エドワードはパートナーにされてしまいます。
銀行は破産していて、お金はありませんでした。エドワードはノザーにビジネスのゐろはを教えます。
ノザーは新しいビジネスを始めて成功します。講師料として、エドワードに大金をあげます。現在のエドワードの家はそうやって建ったのです。
ウィルはエドワードの書斎の整理をすることになります。そこでジェシーの信書を見つけて、彼女の家に向かいます。
ジェシーを浮気相手だと思っていたウィルでしたが、そうではありませんでした。

【結】- ビッグフィッシュのあらすじ4

ある嵐の日に、エドワードはスペクターへと戻ってきます。スペクターは借金がかさんで破産寸前でした。
エドワードは仲間に協力を求め、全ての家を買い戻し、町そのものを買いました。元の町へと戻していきます。
1軒だけ見落としていた家がありました。それはジェシーの家で、久しぶりの再会を果たします。彼女はエドワードを待ち続けていましたが、一度結婚していて苗字が変わっていました。
ジェシーは断固として家を売らないと言います。エドワードが諦めると思いきや、彼はジェシーの家をリフォームしていきます。
ウィルは子供の頃にエドワードが家にいなかったと嘆いていました。エドワードは外で様々な人助けをしていたのです。
心打たれたジェシーはエドワードに家を売ります。その時に信書にサインをしたのです。キスしようとするジェシーでしたが、エドワードはサンドラを愛しているので断ります。
ウィルが自宅に帰ると誰もいませんでした。エドワードが発作を起こして病院に運ばれたのです。
エドワードの側で、ウィルがつきっきりになります。意識を取り戻したエドワードが、ウィルに死に方のエピソードを聞いてきます。
その話しを聞いていないウィルでしたが、ヒントをもらって想像します。
翌朝目が覚めると、エドワードは元気になります。病院を飛び出して向かった先はスペクターの川です。
川の側には友人や家族が集まってくれていました。ウィルが抱っこしてエドワードを川の中に入れます。
そしてエドワードは伝説の魚となって泳いで行ったのです。その通りだとエドワードが話して、彼は息を引き取ります。
葬儀が執り行われて、エドワードが話した登場人物達がやってきます。彼の話しが実話だったと想像できます。
妊娠していたジョセフィーンが子供を産みます。ウィルはエドワードの話しを子供に聞かせてあげます。信じている子供が、エドワードのプールで楽しそうに遊んでいてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、DVDなどでも表紙を飾っている水仙満開の場面です。エドワードが水仙いっぱいの場所で、サンドラに求婚するシーンは必見です。
演出は、若い頃のエドワードと現在のエドワードを交互に映し出しています。若い頃のエピソードは華やかに描いていて、現在のエピソードは現実味を帯びて描かれています。
また、この作品はミュージカル化もされました。2013年にはシカゴで、ブロードウェイでも上演され、日本では2017年に上演予定だそうです。
ストーリーにおいて、タイトルにもあるように「魚」を効果的に演出に加えています。テーマは、父と子の心の繋がりを取り戻すことを重要視していると考えます。
アカデミー賞では作曲賞にノミネートされただけあって、最後のエンドロールの曲が素晴らしいです。ぜひとも聞いてほしい曲になります。
豪華な制作陣と出演者で贈る映画です。様々な要因が重なって、名作と呼ばれる域に達している作品です。何度も観てしまう方も多いと考えます。記憶に残る名作を観たい時はこれで決まりです。

映画の感想を投稿する

映画「ビッグフィッシュ」の商品はこちら