「ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)」のネタバレあらすじ結末

ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)の紹介:グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」をベースにした2007年公開の韓国のダーク・ファンタジー映画です。監督は「南極日誌」「愛のタリオ」のイム・ピルソン、音楽は「王の男」のイ・ビョンウ。切なく胸に迫るストーリーもさることながら、秘密めいた毒を含む可愛い子供たちや、繊細に作り込まれた”お菓子の家”のディティールは、ダークファンタジー好きにはたまらない魅力を醸しています。

予告動画

ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)の主な出演者

ウンス(チョン・ジョンミン)、マンボク(ウン・ウォンジェ/子役)、ヨンヒ(シム・ウンギョン/子役)、ジョンスン(チン・ジヒ/子役)、ピョン執事/”楽しい子供たちの家”園長(2役/パク・ヒスン)、キョンスク(パク・リディア)、父ヨンソク(キム・ギョンイク)、母スジョン(チャン・ヨンナム)など。

ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)のネタバレあらすじ

【起】- ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)のあらすじ1

ウンスは、林道を走行中、彼女から妊娠を告げる電話があり、動揺した彼は運転を誤り車は崖下へ転落。気を失ってしまいます。
夜、彼は白い服に赤いフードの少女に出会います。少女はヨンヒといい、彼を”楽しい子供たちの家”と札のある屋敷に連れ帰り、家族に快く招き入れられます。
屋敷の中は、玩具が所狭しと飾られ、彼の前に5人が並んで座り自己紹介を始めます。涼しげな目の長男マンボクは13歳、ヨンヒは12歳、末っ子ジョンスンは7歳で、両親は溺愛している様子です。ウンスは、母親が危篤なので電話をして早く帰りたいと言いますが、父親は動揺し電話は故障中だと言います。

翌朝の朝食は山盛りのケーキと菓子で、驚くウンスに両親は今日は特別と言い子供たちも嬉しそうです。が、やはり両親の様子は変で、彼は早々に屋敷を発ちます。けれど、森は深く不気味ですぐ迷い仕方なく泊まることに。
深夜、ウンスは両親の言い争いを目撃、彼らは子供たちを怖れているようです。その時、廊下でヨンヒらしき少女を見かけ、マンボクに聞くと夢遊病だと言われます。

2日目、両親はおらず、ウンスは子供を頼むという両親からのメモに憤慨します。彼は大泣きの子供らをなだめ、道案内を頼みますが断られます。結局、再び戻ったウンスは、マンボクを問い詰めますが電話は無いと笑います。子供たちは彼の反応を見ているようです。
深夜、ウンスは天井裏で人影を目撃、マンボクと共に探しますが見つからず、彼に手書きの地図をもらいます。

【承】- ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)のあらすじ2

3日目、ウンスは雪の森で男女に出会います。車が故障し困っていた彼らをマンボクが助け屋敷に連れ帰る途中でした。ウンスは彼らの来た方向に走り出しますが、森で無惨なぬいぐるみに気を取られ崖に転落、屋敷近くで目覚めます。一方、屋敷に着いた女はアンティークや宝石に目を輝かせ、男はピョン執事、女はキョンスクと名乗ります。戻ったウンスはマンボクを責めますが、ジョンスンは怯え、ヨンヒに往なされその場を収められます。
4日目、雪は深くなり、ウンスはコードが抜けているのに映るテレビに気づき慄然とします。一方、2人の子供たちに対する態度は悪く、キョンスクはクローゼットを漁ります。
また、ウンスは「ヘンゼルとグレーテル」の絵本に子供たちの写真が貼ってあることに気づきますが、触るな!と怒るマンボクともみ合ううち、その腕を掴んだウンスの手が焼け始めます。慌ててヨンヒが止めに入り、お兄ちゃんを怒らせないで!と叫びます。

また、ウンスは屋根裏で、白いドレスを着せられ見る影もなく汚れたあの母親と再会します。彼女は憐れなほど怯え、夫は行方知れずでこの家から出られないと泣きます。彼女が見つめる屋根裏は果てしなく遠大でした。
階下ではキョンスクが指輪が無くなったと子供らを責めていました。彼女はピョンを外に出し子供たちを殴ります。駆けつけたウンスがジョンスンを守りますが、マンボクが「もう、うんざりだ!」と睨むとシャンデリアが落下、キョンスクはもがき苦しみますが、ヨンヒが止めに入り難を逃れます。戻ったピョンにキョンスクはヒステリックに訴えますが信じません。
その夜、マンボクはお姫様の絵を赤く塗りつぶし、深夜、屋根裏に行ったウンスは、母親が”人形”になって崩れ去るのを目撃します。

【転】- ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)のあらすじ3

最後の日、ウンスが子供たちに童話をせがまれ、話し始めたのは、童話になぞらえた彼自身の身の上話で、養護施設で虐待を受けた過去や母親との確執などを織り交ぜ、彼女と母親を案ずるものの「”妖精たち”は王子を帰さない」と泣きながら語り終えます。
けれど、王子は妖精たちと楽しく暮らしましたと終わらせようとするマンボクに、ウンスは「妖精たちには秘密があり善良じゃなかった」と続けますが、マンボクは庭のトルソーを指さし「帰ろうとする王子の腕と足を切った」と話を閉じ、ウンスは言葉を失います。

深夜、ピョンがキョンスクがいなくなった、探してくれと言うので、ウンスは彼に母親の残骸を見せようと屋根裏に連れて行きますが、ぬいぐるみにすり替わっていました。けれどピョンはその上の宝石箱にほくそ笑み、この家を乗っ取り”天使たち”は天国に返すと凄み彼を殴ります。
居間で子供たちと遊び、両親や遺産のことを聞くピョン。子供たちは彼に懐き、ウンスが止めても聞きません。ウンスは台所で冷蔵庫に父親のシャツにくるまれた肉塊に気づき慄然とします。

皆が寝静まった後、森に入るマンボクを追うウンス。彼が森の拓けた場所に立つ扉に出入りするのを見て、彼が去った後、扉に入ります。中は廃屋で、ノートや古い資料が積まれていました。ノートには子供の絵であの両親の事も描かれています。彼らは倦怠期の夫婦で、子供たちの力を怖れ服従していたのです。そしてキョンスクは樹にされ、あの母親は夢遊病のヨンヒの夢の願いで人形にされたのです。
ほどなく夢遊病状態のヨンヒが現れ、この部屋では時間が止まり、想像すれば何でも叶う、彼を私たちの物語の主人公だと言います。ようやくろうそくが灯り、浮かび上がったヨンヒは老女に変わっていました。ウンスは彼女が去った後、彼女たちが映ったはるか昔の養護施設の集合写真と身上書を見つけます。

【結】- ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)のあらすじ4

一方、屋敷では本性を現したピョンがジョンスンを縛り、子供たちを脅していました。マンボクが激怒し、もううんざりだ!と言った途端天井の梁が落下、ピョンは負傷しながらもマンボクを捕まえその背を切り裂きますが、マンボクの力でほどなく苦しみもがき始めます。必死で止めるウンス。ピョンは気を失います。
かつてそこは養護施設で、子供たちは飢え、死と隣り合わせのひどい虐待を受けていました。けれどある日、一人の夫人がサンタとやってきて、サンタが子供たちに「いい子でいたらなんでも叶えてあげる、想像するだけでなんでも叶う」と高価な菓子と「ヘンゼルとグレーテル」の絵本を与えたのです。
目を輝かせ聞いた子供らは暗い部屋に閉じ込められた仲間に菓子を食べさせますが、痩せ細った仲間はすでに亡くなっていました。また深夜、園長が仲間を蹴り殺すのを見て彼らは決意したのです。願うだけでなんでも叶う。3人は手を繋ぎ、襲い狂う園長に向かい叫びます。子供らはその力で園長をかまどにくべ、焼いてしまったのです。
彼らは、気づいたピョンにも叫び、殺します。

マンボクは「大人は嫌いだ。信頼すると去ろうとする」と泣きます。これは間違ってる、外に出たら幸せになれるというウンス。けれどヨンヒに「お兄ちゃんの世界の子供はみんな幸せなの?」と問われ泣くウンス。ジョンスンが見せたノートには微笑む彼を囲み幸せそうに笑う子供たちが描かれています。ウンスは泣きながら、僕には待ってる人がいる、でも逃げられない、ここが僕の家だと言ってヨンヒをきつく抱きしめます。彼女はウンスに、ノートを燃やしてと呟きます。ノートが燃える火の向こうで微笑む子供たち。
気が付けば彼は森の出口にいて、事故処理をしていた警察官に声を掛けられます。

そして、クリスマスの夜。新聞には「幼児殺人犯行方不明」の記事がありピョンの手配写真が。
可愛い赤ん坊に添い寝する妻にミルクを買ってきてと頼まれるウンス。写真立てには孫を抱き微笑む母親の姿もあります。ふと見ると窓が開き、部屋のツリーの下に1冊のノートが。ノートの最後には、あの子供たちが微笑む絵が描かれています。町の石段で、慌てて外に出た彼を見て安心したように、3人は歩き去っていきます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ヘンゼルとグレーテル(2007年韓国)」の商品はこちら