「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」のネタバレあらすじ結末

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちの紹介:2016年のアメリカ映画。ランサム・リグズによる同名小説を原作に製作されたダーク・ファンタジー作品(日本では当初『ハヤブサが守る家』という題名で出版されたが、この映画公開に合わせて同名タイトルで再版された)。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン。脚本は『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『キック・アス』などのジェーン・ゴールドマン。

予告動画

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちの主な出演者

アルマ・ルフェイ・ペレグリン(エヴァ・グリーン)、ジェイコブ・"ジェイク"・ポートマン(エイサ・バターフィールド)、エマ・ブルーム(エラ・パーネル)、イーノック・オコナー(フィンレイ・マクミラン)、オリーヴ・アブロホロス・エレファンタ(ローレン・マクロスティ)、バロン(サミュエル・L・ジャクソン)、エイブラハム・"エイブ"・ポートマン(テレンス・スタンプ)

ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのネタバレあらすじ

【起】- ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ1

フロリダのドラッグストアで働くジェイクは、同世代の若者たちとなかなか馴染めない孤独な少年でした。ある日ジェイクは祖父であるエイブに電話で呼ばれ、店の女性従業員シェリーに送ってもらってエイブの家に向かいます。しかし家の前に白い眼をした怪しい男の姿があり、家の中は荒らされていました。そしてエイブは家の外で目玉をくり抜かれた姿で発見されました。彼はジェイクに「ケインホルム島へ行け」と言い、「もっと早く話しておくべきだった」と言い残して、この世を去りました。その時、奇怪な怪物の影が近づいてきましたが、駆けつけてきたシェリーが護身用の拳銃を撃つと怪物の影は消えてしまいました。
エイブの死は野犬によるものだとされ、ジェイクが見た影のことは誰も信じてもらえませんでした。祖父のことが大好きだったジェイクは精神的に不安定になったと思われ、カウンセリングを受けることになりました。
ジェイクはカウンセラーの女医ゴランに、自分が幼い頃からエイブが世界中を旅した冒険譚を聞くのが大好きだったことや、その話を学校で笑われて人付き合いが苦手になったと語ります。
そんなある日、ジェイクはミス・ペレグリンという女性からエイブに送られた手紙を見つけます。その女性はエイブが幼い頃に暮らしていたイギリスのケインホルム島にある子供たちの家の主人でした。
ジェイクは前に進むためのきっかけにしたいとケインホルム島に行くことを希望し、ゴラン先生もそれに同意しました。ジェイクの両親は最初は渋っていましたが、アマチェア鳥類学者の父親が島でバードウォッチをするついでということで一緒に行くことを承諾します。ジェイクは父親とともにイギリスに向かいました。
ケインホルム島に着いたジェイクでしたが、島の若者たちに案内されて子供たちの家に向かった彼を待っていたのは失望感でした。そこはとうの昔に廃墟になっていたのです。屋敷は第二次大戦中の1943年にドイツ軍の爆撃をうけ、子供たちは全員死んでしまっていたのでした。
がっかりして父親とともに泊まった宿屋に戻ったジェイクでしたが、あきらめきれず、翌日もう一度あの廃墟を訪れました。するとそこでジェイクは不思議な少女と出会います。亡霊かと驚き、駆け出したジェイクは転んで気絶してしまいます。

【承】- ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ2

気づいたジェイクは、怪力の幼女に運ばれ、奇妙な子供たちのもとに連れて行かれました。彼らはジェイクを「ここが『ループ』の入り口」と言って洞穴の中に案内しました。彼らの隙を突いて逃げ出したジェイクは宿に戻りましたが、奇妙なことに寂れていたはずの宿はやたらと賑わっていて、店主はここが宿ではなく酒場だと言います。そして勝手に階上へ向かおうとしたジェイクをドイツのスパイだと言って捕まえようとしましたが、あの奇妙な子供たちによって助けられました。
彼らはジェイクを馬車に乗せ、自分たちの家に向かいます。すると廃墟だった子供たちの屋敷はきれいな状態に戻っていました。そしてそこでジェイクを待っていたのが、ミス・ペレグリンでした。彼女はエイブから送られた手紙でジェイクのことを知っていたと言い、彼を歓迎して、ここにいる子供たちを一人ひとり紹介してくれました。
透明人間の少年ミラード、手から高熱を発生させる少女オリーヴ、口の中に蜂を飼っている少年ヒュー、最年少ながら怪力をもった幼女ブロンウィン、植物を急速に成長させる力をもつフィオナ。そして空気よりも軽く、常に鉛の靴を履いている少女エマ……。彼らは皆、エイブが語った話の中に出てくる奇妙な子供たちでした。特にエマは、ジェイクに好意を見せ、ジェイクもまた彼女に惹かれるものを感じました。彼女はどうやらその昔、エイブのガールフレンドだったようです。エイブも、かつてはこの屋敷に住んでいたのですが、軍隊に志願入隊するため出ていったということでした。
ミス・ペレグリンと子供たちはジェイクを歓迎してくれましたが、イーノックという年長の少年だけはジェイクに反感を見せ、人形に命を吹き込む能力でジェイクを脅します。
夕食の後、ミス・ペレグリンと子供たちは、ジェイクを連れて庭に出ます。するとドイツ軍の爆撃機がやってきて爆弾を落としました。その瞬間、時間が巻き戻されて屋敷とそこに住む者だけが24時間前の状態に戻りました。こうやってミス・ペレグリンと子供たちは1943年の同じ一日を永遠に繰り返し、閉じたループの中で自分たちの能力を世間から隠して密かに暮らしていたのでした。
彼らは残ってもらいたがっていましたが、父親のことが気になっていたジェイクは屋敷を後にしました。その際、ミス・ペレグリン宛てに届けられたエイブの手紙があることに気づき、ジェイクはこっそりと持ち出してしまいます。
「ループ」の入り口である洞窟を抜け、元の世界に戻ったジェイクに、父親は心配して探していたと言います。ジェイクはとっさに島の若者たちと遊んでいたと説明しました。しかし、島の家畜が殺されるという事件が起き、その場に居合わせた島の若者たちによってジェイクの嘘がバレてしまいます。
怒った父親はジェイクが勝手に出歩くことを禁止し、帰るまでずっと一緒に行動しろと命じました。仕方なくジェイクは父親がバードウォッチのため海岸に向かうのに同行しました。するとそこには高価な機材を揃えたラモンドという写真家が来ていました。ラモンドが高価な機材で撮ったいい写真が載った本が出たら、自分の本など誰も買わないと言って、ジェイクの父親はすっかりやる気を失い宿の部屋に閉じこもります。
屋敷から持ち出してきたエイブの手紙を見たジェイクは、別の「ループ」が敵に襲われそうだということを知ります。
ジェイクはもう一度あの屋敷に向かおうとしましたが、ラモンドが宿のロビーにいるのを見て不審なものを感じました。ジェイクはラモンドを避けて窓から宿を出、再び子供たちの屋敷に向かいました。

【転】- ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ3

再び屋敷を訪れたジェイクは手紙のことをミス・ペレグリンに伝え、どういうことか訊ねますが、彼女は勝手に手紙を持ち出したことを叱責しただけで、それ以上は何も言いませんでした。
困惑するジェイクに、イーノックがまだ紹介してない最後の仲間と会わせると言って、ヴィクターという少年の死体が寝かされている部屋に案内します。ヴィクターはエイブと同じように眼玉をくり抜かれて死んでいました。イーノックは命のない者を操る力でヴィクターを喋らせ、ジェイクを脅しました。
ジェイクが動揺していると、ミス・ペレグリンは散歩の時間だといって、子供たち全員とともにジェイクを誘って海岸に向かいます。その途中、ジェイクはヴィクターのことをエマに訊ねました。するとエマは、一人になりたい時に行く秘密の場所に案内するといって、ジェイクとともにボートで海に出て行きました。そしてエマは鉛の靴を履いたまま海に飛び込みます。慌ててジェイクも後を追いましたが、エマが向かったのは1915年に沈んだ沈没船の残骸でした。エマは空気をあやつる力によって沈没船の船室から水を抜くと、エイブから預かっていた箱をジェイクに渡します。その中には白い眼をした不気味な男の写真や、「ループ」がある場所の地図が入っていました。
島に戻ると、エマはジェイクを連れて海に面した断崖へと向かいました。すると断崖から不気味な怪物が現れましたが、待ちかまえていたミス・ペレグリンがボウガンの一撃で怪物を倒します。エマは、あの怪物は自分たちには見えない、ジェイクにだけ見えるのだと説明しました。同じ一日を何度も繰り返しているため、あのホロウだけは見る力のないミス・ペレグリンにも倒せるのです。しかし新たにホロウが現れたら対抗できるのはジェイクだけです。その能力はかつてエイブが持っていたもので、ジェイクは祖父から受け継いでいたのでした。
怪物のことを知ったジェイクに、ミス・ペレグリンはようやくすべてを説明します。あの怪物たちは「ホロウ」と呼ばれ、かつてはこの屋敷の子供たちと同じく奇妙な力をもった存在でした。しかし彼らは、ミス・ペレグリンのように時間を操る能力をもつ「インブリン」から力を奪って永遠の命を手に入れようと企み、インブリンの一人をさらって禁断の実験をしたのです。その結果、彼らは怪物となってしまったのでした。しかしホロウたちは奇妙な力をもった子供を襲い、その目玉を食べることで人間の姿に戻ることが出来ます。それが「ワイト」と呼ばれる特殊能力者で、そのリーダーであるバロンという男が執念深く各地の「ループ」を襲っているのです。
イギリスのブラックプールにある「ループ」が壊滅し、そこを管理していたインブリンの老婆アヴォセットがこの島に逃げ込んでいました。彼女からバロンが新たにインブリンを捕まえて不老不死の実験をしようと企んでいることを知ったミス・ペレグリンは、この島を捨てて別の場所に新たなループを築くことを決意、子供たちに荷造りをするよう命じました。ミス・ペレグリンは唯一ホロウと戦う力のあるジェイクに協力を求めましたが、ジェイクは自分には無理だと言って屋敷を後にします。
洞窟を通って「ループ」から出たジェイクは、海岸で殺人事件が起きていたことを知ります。ホテルの主人の父親が目玉をくり抜かれて死んでいたのです。
ホロウの脅威が間近に迫っていることを知ったジェイクは、父親の制止を振り切って「ループ」の入り口である洞窟に向かいます。すると、島で出会った写真家のラモンドが後を追ってきました。彼は「ループ」の入り口に案内してくれてありがとうとジェイクに言いました。その男こそバロンだったのです。変身能力をもつバロンは、カウンセラーであるゴラン先生に変身し、「ループ」の入り口を見つけるためジェイクをこの島に行くよう仕向けていたのでした。
バロンはジェイクを人質にし、屋敷に向かいました。ミス・ペレグリンはジェイクを助けるため、大人しくバロンの要求に従い、ハヤブサに変身して鳥かごの中に入ります。バロンは彼女を連れて立ち去りましたが、そのすぐ後にホロウが襲撃してくるのは明白です。
子供たちはインブリンの老婆アヴォセットとともに屋敷に立て籠もろうとしましたが、壁をぶち破って侵入してきたホロウによって彼女はあっさり殺されてしまいます。
唯一ホロウを見る力のあるジェイクは、応戦しつつ子供たちとともに屋根から表に脱出します。その時、ドイツ軍の爆撃機による爆弾が投下されました。ミス・ペレグリンがいなくなった今、「ループ」が閉じているため爆弾が屋敷に命中し、ホロウごと燃え尽きました。

【結】- ミスペレグリンと奇妙なこどもたちのあらすじ4

帰る場所も守護者も失い、途方に暮れる子供たちでしたが、ジェイクはミス・ペレグリンを救出しようと提案します。そのために一同はエマが隠れ処にしている沈没船に向かうと、それぞれの能力を駆使して浮上させ、再び走れるようにしました。向かう先は、2016年の「ループ」が存在するイギリスの港町ブラックプールです。その近くにバロンたちのアジトがあるのです。
ブラックプールの桟橋に到着し、一同は船から下りました。その場所は遊園地でしたが、1943年の今は誰もいません。その一角の見せ物小屋が「ループ」の入り口で、そこを通り抜けると外は2016年1月、雪の季節で遊園地は客で賑わっていました。
ジェイクの作戦によってホロウたちを桟橋におびき寄せると、子供たちみんなで雪玉をぶつけました。姿が浮き上がったホロウたちに対し、イーノックが命を与えた沈没船の骸骨たちが襲いかかります。子供たちと骸骨軍団の連携によってホロウとそれを操るワイトは壊滅しました。
そしてジェイクと子供たちは、バロンのアジトに向かいます。ホロウが全滅した今、残ったのは姿の見えるワイトのみ。彼らと子供たちが戦っている間、ジェイクは捕まったミス・ペレグリンや他のインブリンたちを解放します。
しかしそこに、子供たちの攻撃から逃れて追ってきたバロンが現れます。エマとイーノックが駆けつけてきましたが、バロンはジェイクそっくりに化けました。2人のジェイクが自分こそが本物だと言い、エマもイーノックも区別がつきません。すると、桟橋での戦いで唯一生き残っていたホロウがやってきました。本物のジェイクはホロウの接近に気づきましたが、パロンの偽者はホロウを見ることができず、捕まって目玉をえぐられ殺されてしまいます。残ったホロウはイーノックから渡されたジェイクのボウガンによって倒されました。
今は2016年の1月ですが、この時はまだエイブは生きています。ジェイクはどうしても生きているお祖父ちゃんに会いたくなり、エマや子供たちに別れを告げました。子供たちはひとり一人、ジェイクに抱きついて別れを惜しみ、あのイーノックでさえジェイクに握手をして「ループ」入り口の見せ物小屋に入っていったのでした。
そのままフロリダに戻ったジェイクは無事なエイブのもとに駆けつけました。
話を聞いたエイブは、ジェイクがエマのことが忘れられないのに気づき、彼らのもとへ行けと言います。しかし、もう「ループ」の入り口は閉じていて、1943年の世界に行く方法はありません。するとエイブは誕生日のプレゼントだと言って、世界中のお金と各地の「ループ」の場所を示した地図をジェイクに渡したのでした。
そして再び場面は1943年のブラックプールの桟橋に戻ります。いましも船に乗り込もうとするエマのところに、少し成長したジャックが駆けつけてきました。彼は世界各国の「ループ」を巡ってこの時代にやってきたのでした。
エマはジェイクにキスをして彼を迎え、2人は一緒に船に乗り込んでいきました。出航する船を塔の上からミス・ペレグリンが見送っていました。彼女は微笑むとハヤブサの姿になって、船を追って飛んでいくのでした。

みんなの感想

ライターの感想

予告編を見た時の第一印象は「ティム・バートン版Xメン」で、実際に脚本もXメンに関わった人、内容も特殊能力をもった者同士の戦いとXメン要素全開。まぁ本家Xメンと違って世界の命運を握る的なスケールの大きい話ではありませんが。敵味方の能力バトルをきっちり見せてくれたのは、本家のファンにとっても嬉しいところ。特にイーノックの作った骸骨戦士軍団とホロウとの戦いは、往年のレイ・ハリーハウゼン作品が大好きな自分にとっては感涙物でした。もうあの場面だけでもすべてOK。
ティム・バートン作品としては、異形の存在の肩身の狭さといったものがあまり描かれてないところが物足りません。奇妙な子供たちも実際に迫害を受けた場面もなく、むしろ冒頭の今どきの若者たちに馴染めない主人公の場面がいちばん迫害されてる感が出てたような。あんまり辛気くさいのもアレですんで、それはそれでいいんですが。
タイムループを使ったストーリーは、冷静になって考えると色々と妙な点もありますが、まぁファンタジー作品なんで固いコトはいいっこなし。登場する少年少女たちはみんな可愛らしいし、誰にでもお勧めできる作品ではないでしょうか。ただ一点、ワイトたちが大量の目玉をむさぼり食う場面はけっこうグロいので、そこは耐性のない人にはキツいかもしれませんが……。

映画の感想を投稿する

映画「ミスペレグリンと奇妙なこどもたち」の商品はこちら