「ラストウィッチハンター」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ウィッチ・ハンターの紹介:2015年製作のアメリカ映画。ヴィン・ディーゼルが最強の魔女ハンターを演じるSFファンタジー。呪いにかけられ、800年もの間、戦い続けるスゴ腕のハンターと宿敵の魔女との壮絶な戦いが繰り広げられる。主人公の相棒をイライジャ・ウッドとマイケル・ケインが演じる。

予告動画

ラストウィッチハンターの主な出演者

コールダー(ヴィン・ディーゼル)、クロエ(ローズ・レスリー)、37代目ドーラン(イライジャ・ウッド)、ベリアル(オラフル・ダッリ・オラフソン)、魔女の女王(ジュリー・エンゲルブレヒト)、36代目ドーラン(マイケル・ケイン)

ラストウィッチハンターのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①かつて魔女が世界を手中にし、人間を滅ぼすため病を放っていた。コールダーは800年前に魔女の女王を殺したが、その時に死なない呪いをかけられた。休戦協定が敷かれた現代、コールダーは不品行な魔女を狩っていた。 ②魔女の女王の心臓はコールダーと連動しており、死んでいなかった。復活した女王と戦ったコールダーは自分も死のうとするが、魔女・クロエにさらなる悪がいると教えられ死ぬのをやめた。

【起】- ラストウィッチハンターのあらすじ1

…いまから約800年前。
この世界には魔女が存在しており、この世界は魔女のものでした。
増える人間を邪魔に思った魔女は、人間をほろぼすために魔法による「病」を作り出しました。
妻・ヘレナと娘・エリザベスを黒死病(ペスト)で失った男・コールダーは、復讐のために魔女を退治しに行こうと思います。魔女を討伐する十字架の一団に加わり、雪山のはるか奥にある魔女の巣窟に向かいました。
魔女の住みかは、氷の世界の超巨大な樹木の中でした。魔女に魔法をかけられた男は、口から虫を吐いて倒れます。
次々と仲間たちが倒れるなか、コールダーは奮闘します。
魔女を倒すには、鉄と炎が必要です。コールダーは炎の剣で魔女を倒していきました。ところが魔女の方もコールダーに妻子の幻影を見せ、陥れようとします。
最後に魔女の女王が残りました。コールダーが女王の身体に剣を刺した時、魔女は『命の呪い』をコールダーにかけました。
コールダーはその呪いにより、安息を得ることもなく独り永遠にこの世をさまようことになります…。

…800年後、現代。
コールダーはまだ生きています。
魔女もわずかに生き残っており、その中で不行き届きな者をコールダーは成敗していました。
長い戦いの後、人間と魔女の間には休戦協定が敷かれました。魔女は、人間に対して魔術を使わないことを条件に、生存権と自治権を得ます。
ところが魔女の中には依然として、魔女中心の世界を取り戻す野望を抱く者もいます。
コールダーは〝斧と十字架団〟のバックアップの下、そうした魔女がいないか見回る、ウィッチ・ハンター(魔女を狩る人)の仕事をしていました。

飛行機に乗ったコールダーは、魔女でありながら古代の呪術道具(ルーン)に疎く、それらをひとまとめにして入れている魔女を見つけます。
彼女のせいで、飛行機は上空で嵐に遭遇しました。「雨」「風」「冷気」「熱気」の道具をひとまとめにしていたために、乱気流が発生したのです。
コールダーは魔女から道具を取り上げると、飛行機が揺れるなかでひとつずつ別々の保存用具に入れました。すると嵐がやみます。
今回はその魔女が単に知らなかっただけだったので、コールダーは彼女を殺さず解放します。

コールダーはその飛行機でアメリカ、ニューヨークに降り立ちました。
コールダーには相棒となる神父がおり、その神父は代々ドーランと呼ばれていました。800年前の魔女退治の時にも、ドーランはいました。
このたび36代目のドーランが引退することになり、コールダーはあいさつにきました。
ドーランは37代目となるドーランを紹介します。

【承】- ラストウィッチハンターのあらすじ2

コールダーは長年の相棒だった36代目のドーランに、餞別としてウォーターマン(ブランド名)の万年筆をプレゼントしました。
37代目のドーランは先代に、コールダーとうまくやっていく方法を聞きました。36代目は答えます。
〝斧と十字架団〟はコールダーを武器と思っている節があり、それが心配だと36代目は言います。コールダーの信頼を勝ち得ることが大事だと告げました。
その夜、ドーラン36代目は亡くなりました。37代目はコールダーにそれを知らせます。

知らせを聞いてやってきたコールダーは、引退の日にドーランが亡くなったことを不審に思いました。部屋を調べるとハエが何匹も床に落ちており、床に五芒星のマークが描かれていました。魔女がドーラン36代目を殺した宣戦布告だと、コールダーは思います。
コールダーに37代目が協力を言い出しました。ドーラン37代目は幼少の折、魔女に家を燃やされたところを、コールダーに助けられており、そのために力になりたいのだと、左手の傷を見せながら言います。
コールダーはドーラン37代目と一緒に手がかりを探しに、魔女御用達の店へ行きました。
〝グリフィンのヒヨス〟を手掛かりに探したコールダーは、37代目が狙われると危険なので一旦帰します。
店でウォーターマンのペンを持っていた者を問い詰めると、その者が36代目に呪いをかけた術者でした。コールダーはその男・エリックを捕まえ、魔女評議会にかけます。
エリックはひげを生やした中年男ですが、最初は少女の姿をしていました。
変化の術を使える人物が黒幕にいるとふんだコールダーは、魔女の女王の復活を恐れてさらなる調査を求めましたが、評議会は単独犯だと思います。

36代目ドーランは呪いにかかっており、厳密には死んでいるのではなく眠っていました。呪いを解くには、48時間以内に呪いをかけた者を殺すしかありません。
ドーランの身体を調べたコールダーは、疾病バエを見つけました。狙いはドーラン36代目の殺害ではなく、尋問でした。瀕死に陥ったドーラン36代目は、コールダーのために「死を思い出せ」というメッセージを本の中に血で印をつけ、残していました。

コールダーは「死を思い出せ」つまり昔の記憶を思い起こすために、赤髪の若い魔女・クロエの店を訪問します。
クロエは最初、値段を500ドルと言いますが、コールダーが「あのウィッチ・ハンターのコールダー」だと知ると、露骨に嫌がります。5000ドルと値段を吊りあげて追い返そうとしますが、それでも払うとコールダーが言うと「閉店だ」と答えました。

【転】- ラストウィッチハンターのあらすじ3

しぶしぶクロエは魔法を使いますが、その最中に邪魔が入ります。ケトーラという男が襲撃してきて、「いつまでも不死でいると思うな」と言うと立ち去りました。
クロエの店は戦いのせいで、焼失してしまいます。

クロエはコールダーの屋敷に連れられました。
襲ってきたケトーラという男は、通称〝悪魔(ペリアル)〟で、処刑されたエリックの雇い主でした。なぜケトーラが記憶を取り戻す邪魔をしたのか、コールダーと37代目ドーランは話し合います。
いずれにせよ、店を焼くくらいのことをした男ですから、クロエの身も危ないとコールダーは言い「力を貸すならば、身を守ってやる」という条件でクロエとコールダーは取引しました。
記憶を取り戻す魔術を使うには、ヤナギタンポポが調薬に足りませんでした。
ヤナギタンポポをもらいに友人の魔女・ミランダのところへ行くと、ミランダは温室で殺されていました。ケトーラが先回りして、殺していたのです。
クロエはミランダのかたきを討ってくれと、コールダーに言います。

クロエは次に、ダニークという上級の魔女のところへコールダーを案内しますが、ダニークはすでにケトーラと手を組んでおり、幻影を見せる薬を吸わせました。罠だと気づいたコールダーは、すでに薬を吸ってしまい、幻を見ます。
しかしコールダーは幻覚から覚めて、ダニークの魔法を解きました。ダニークは老女になります。
自分を手伝った者がいると思ったコールダーに、クロエは自分には〝ドリームウォーカー(夢を歩く者)〟の能力を持っていると打ち明けました。これまでは能力をばらさずにいられればと思ったのですが、そうもいかないと思って介入したのです。
つまり、クロエは薬なしで夢に入れる力を持っていました。
コールダーはクロエにその力を貸してくれと言いますが、クロエはためらいます。昔、弟の心の中に入って傷つけたことがあり、以来、その力を使うのが怖いのです。
しかしそうも言っていられないことに気づいたクロエは、「孤独」を合言葉に、コールダーの夢の中へ入りました。
コールダーの夢に入ったクロエは、とんでもない事実を知ります。
女王の心臓は廃棄されず、保存されていました。その心臓は代々のドーランが隠し持っています。
女王がコールダーにかけた呪いは「自分の心臓と女王の心臓が連動する」ものでした。つまり女王の心臓を止めると、コールダーの心臓も止まるのです。
それゆえに、ドーランは持っていたのでした。

【結】- ラストウィッチハンターのあらすじ4

それを知らされたコールダーは、37代目のところへ行きます。
しかし時すでに遅く、女王の心臓はケトーラの手に渡っていました。ケトーラはエリック(評議会に引き渡されたケトーラの部下)をはりつけにして、復活の儀式を始めようとしていました。
コールダーはケトーラを倒しますが、魔女の女王は復活して虫を使って攻撃し、その隙に立ち去ります。
術者であるケトーラを倒したので、36代目ドーランは目覚めました。コールダーは、魔女の女王が新たな疫病を流行らせようと考えていると思います。
クロエはコールダーに協力すると言いました。37代目ドーランも一緒に行きます。

魔女の巣窟はチャントという、魔女たちの心を鎖で繋いで1つにする魔法がかけられていました。これにより魔女の女王は呪いを強力なものにし、一気に放つ気です。
館には壁に魔女らがはりつけになっていました。
クロエは夢でコールダーに力を貸そうとしますが、その前に奥から怪物が襲ってきました。巨大な黒いクモのような怪物です。コールダーが銃で撃退しますが、すぐ復活してきます。
コールダーは夢に入ります。
するとそこには、ニューヨークが一面の自然に戻り、人間のいない世界が広がっていました。魔女の女王が「ドリームウォーカーは過去を見せるだけ。未来を見せられるのは我のみ」と言います。女王がコールダーの夢を操っているのです。
コールダーは女王と戦い始めました。剣に火をつけ、倒そうとした時に、クロエを人質にして37代目が現れます。37代目ドーランは魔女の一味でした。
チャントが作動し、ニューヨークから疾病が広がりつつありました。36代目は遠くからそれを見守るしかありません(36代目は引退したから)。
37代目ドーランは女王の味方をしようとしましたが、「魔術を操れない者は、ただの人間だ」と女王は37代目を殺します。
その機会を逃しませんでした。女王の気が37代目にそれている間に、コールダーは機内で何も知らない魔女から取り上げた呪術道具(ルーン)を取り出して、再び戦い始めます。
そして火ではなく雷で炎を起こし、魔女を倒しました。

コールダーは、自分の心臓が脈打つかぎり、女王を倒せないと思い、自らの心臓も刺そうとします。
しかしそれを止めたのはクロエでした。クロエは「影の中にもぐった時、女王を超える悪を見た。闇に潜んで待ちかまえていた」と言います。
その悪はコールダーがいなくなるのを待っていたそうです。
それを聞いたコールダーは、死ぬのを止めました。そして、いつかやってくるかもしれない悪のために立ち向かおうと決意します。
クロエは、そのコールダーの手伝いをすると宣言しました。これからは2人で悪に向かうつもりです。

みんなの感想

ライターの感想

800年前だけでなく、現代にまで魔女がいるという設定。これは珍しいかも。
ものものしい魔女の館とかも、雰囲気がよく出ていました。
なによりも「炎の剣」がカッコいい!! これ振り回して戦っているもんだから、主人公のカッコよさ3割増し!
個人的にツボだったのが、37代目があっさり「さようなら」してしまうこと。
まあね、裏切るんだろうなとは思ってたんだけど、裏切った瞬間に女王に殺されるとは…。
これが意外で、しかも面白かった。

映画の感想を投稿する

映画「ラストウィッチハンター」の商品はこちら