「信長協奏曲のぶながコンツェルト」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

信長協奏曲の紹介:2016年公開の日本映画。戦国時代にタイムスリップし、瓜ふたつだった戦国武将・織田信長の身代わりとして生きる事になった高校生サブロー。その数奇な運命を描く石井あゆみの同名コミックが原作の、小栗旬主演による人気ドラマの映画版。信長の正室・帰蝶役の柴咲コウや池田恒興役の向井理などドラマ版のキャストが引き続き出演する。

予告動画

信長協奏曲のぶながコンツェルトの主な出演者

サブロー&織田信長&明智光秀(小栗旬)、帰蝶(柴咲コウ)、池田恒興(向井理)、羽柴秀吉(山田孝之)、前田利家(藤ヶ谷太輔)、市(水原希子)、徳川家康(濱田岳)、松永弾正久秀(古田新太)、柴田勝家(高嶋政宏)、沢彦(でんでん)、蜂須賀小六(勝矢)、丹羽長秀(阪田マサノブ)、佐々成政(阿部進之介)、森長可(北村匠海)、織田信秀(団時朗)、森蘭丸(冨田佳輔)、竹中半兵衛(藤木直人・回想)、森可成(森下能幸・回想)

信長協奏曲のぶながコンツェルトのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①勉強が苦手なサブローはある日タイムスリップして戦国時代へ。そこで瓜ふたつだった織田信長に任されたサブローは、信長として天下統一を果たすべく動いていた。 ②安土城を完成させた信長サブローは大満足だが、自分がもうすぐ死ぬと聞かされて動転。しかし歴史を変えてでも生きて、愛する帰蝶と暮らしたいと考える。 ③しかし流れは変えられず、本能寺で光秀になった信長が死に、その後秀吉によってサブローも光秀として死ぬ。現代に戻ったサブローは帰蝶からメッセージを受け取った。

【起】- 信長協奏曲のぶながコンツェルトのあらすじ1

勉強がとことん苦手な男子高校生・サブローは、ある時突然戦国時代にタイムスリップしてしまいます。
しかもサブローは、たまたま出くわした歴史的な超有名人物・織田信長と瓜ふたつでした。
病弱で弱気な信長に「自分の代わりに信長として生きて欲しい」と頼まれて、つい引き受けてしまいます。
とはいうものの、勉強が苦手なので、サブローは日本史も得意ではありません。
タイムスリップした際には「歴史は変えてはならない」と強く思っているサブローは、織田信長になりかわったからには、天下を取らねばならないと思っていました。
現代人らしく「戦いを嫌って平和を好む」サブローは、一部の例外を除きおおむね結果オーライで成功させ、天下人へとのぼりつめました(ドラマ版『信長協奏曲』参照)…。
…さて、信長の正体が信長ではなくサブローだと知るのは、ごくわずかの人間だけです。
まずは本物の信長で、今は明智家の養子となり、明智光秀となっています(ややこしい…)。当然、顔はサブローと瓜ふたつです。
そして信長サブローの正室(妻)となった帰蝶(きちょう)も知っています。本物の信長とは不仲でしたが、サブローとは思いを通わせます。
信長サブローの腹心の部下・池田恒興も、人物像の変化により察しました。
羽柴秀吉も気づきます。
…秀吉は幼少期の名を伝次郎と言いました。庶民の子として生まれた伝次郎は、幼き頃に自分の村が織田信長(本物)の気まぐれによって焼き討ちに遭い、母が目の前で殺されたことで、ひそかに織田信長に復讐を誓っていました。焼き討ちに遭った時、秀吉は倒れて来た火のついた木で、左腕に火傷の痣ができています。
秀吉は信長への復讐が悲願ですが、目の前にいる信長サブローは偽物で、本来復讐すべき本物の信長は明智光秀となっています。なんとか光秀(本物の信長)を陥れて殺すように仕向けねばならない…秀吉は策略を練ります。
信長サブローは安土城を完成させて、満足していました。
そんな信長サブローに、同じくタイムスリップしてきたヤクザ・松永弾正が「お前、もうすぐ死ぬじゃん」と助言します。
「え、俺、死ぬの?」…信長サブローは日本史が壊滅的にダメだったので、織田信長が殺されることを知りませんでした。ショックを受ける信長サブローに、松永は日本史の教科書を見せます。
そこには『信長の死後、1582年(天正10年)に羽柴秀吉が明智光秀を討ち、その後、清州城にて行われた信長の後継者と領地再配分を、筆頭家臣を集めて会議で決定することになった』とありました。 この映画を無料で観る

【承】- 信長協奏曲のぶながコンツェルトのあらすじ2

そもそも自分が来た時点で過去は変わっていると信長サブローは主張しますが、彼が今までやって来たことは図らずも歴史通りだったので、死ぬことも変えられないのではないかと松永は言います。
「そんなの困りますよ。やっと天下獲れんのに。もうちょっとで平和な世の中、作れんのに」と信長サブローはぼやきますが、どうしようもありませんでした。
竹中半兵衛の死が病死として発表されました(ドラマ版のラストで秀吉の正体を知り、本物の織田信長に告げに行って殺された)。
その頃、石山本願寺が挙兵をし、上杉謙信と手を組もうとしていました。また戦いをせねばならないと信長サブローはしぶります。
秀吉は「あなたこそが当主にふさわしい」と光秀(信長)をそそのかします。
秀吉が考えたプランは「いくさを膠着状態にしておいて、その間に光秀(信長)が陣から抜け、ひそかに信長サブローを討ちにいく」というものです。
光秀(信長)は自身の座をサブローに譲り渡しておきながら、サブローが異様な人気を得たことで嫉妬心を抱いていました。秀吉は、それを利用しようと考えたのです。
信長の妹・市は、帰蝶と信長サブローが祝言(結婚式)を挙げていないと知り、挙げろと言いますが、帰蝶は「これからいくさが始まるので、それどころではない」と言いました。
信長サブローも、祝言に対して臆していました。自分はもうすぐ死ぬので、下手に祝言を挙げて帰蝶を悲しませたくないと思っていたのです。
信長サブローから「もうすぐ死ぬ」と告げられた帰蝶は動転しました。でも、信長サブローが言うのだから本当に死ぬのだろうと思います。
いくさが始まり、光秀(信長)は秀吉の姦計どおり天王寺砦で陣を抜けようとしましたが、松永が光秀(信長)の不在を相手方に知らせたため、1万8千の兵に取り囲まれて光秀(信長)は窮地に追いやられました。松永も「天下を獲る」という野望を抱いていたのです。
光秀(信長)のピンチを知った信長サブローは自分が兵を率いて、助太刀に行きました。
左足を火縄銃で撃たれながらも助けに現れた信長サブローの姿を見て、光秀(信長)は感動します。
また柴田勝家なども加勢に現れたため、窮地は救われました。
信長サブローは「もう死のうと思わず、歴史に逆らって生きてやる」と心に決め、城に帰ると帰蝶に祝言を挙げようと言います。そして、あることを池田恒興に頼みました(後述)。
帰蝶には「シワシワのじじいとババアになるまで一緒にいると決めた」と告げます。

【転】- 信長協奏曲のぶながコンツェルトのあらすじ3

光秀(信長)が砦を出ようとした直後に奇襲がかけられたと知った秀吉は、松永が敵方に密告したと知り、松永に会いにいきました。教科書を読んで史実を知っている松永は、秀吉に「お前が光秀(信長)を殺すんだろ」と見抜かれて、松永を斬り殺します。
信長サブローは念のため、仲のよい徳川家康にその後のことを頼みました。いくさのない平和な世の中の実現を願います。
そして家臣の前で信長サブローは、帰蝶との祝言を京都の本能寺でおこなうと宣言しました。信長サブローは歴史にうといので、織田信長が「本能寺の変」で死ぬことを知りません。
光秀(信長)は信長サブローに「おぬしは太陽のような男だな」と言い、自分は月のようだと言います。光秀(信長)としては「日陰の身」のつもりで発言したのですが、それを聞いた信長サブローは「地球はがないとうまく回らないらしいよ。自転とかいうの。だから、どっちも必要なんだ、俺も、ミッチー(光秀)も」と発言し、光秀(信長)は心を打たれました。
秀吉が再び光秀(信長)をそそのかして利用しようとしますが、もう光秀(信長)の心は揺らがず「明智として、信長を守ろうと決めた」と言います。秀吉は左腕の火傷の痣を見せ、帰蝶を人質にとって本能寺で偽者を殺すと言いました(秀吉は信長が偽者と知っている)。
帰蝶が狙われると聞いた光秀(信長)は、しぶしぶ信長サブローの首を獲りに向かいます。
秀吉も「敵は本能寺にあり!」と言い、逆賊扱いにして光秀(信長)を獲りに向かいました。
大坂(大阪)で捕らえられたカッパが信長サブローと同じもの(スマホ)を持っていると聞き、帰蝶はカッパに会いに行きます。カッパとは日本史好きの外国人ウィリアム・アダムスで、信長サブローと一緒のことば「タイムスリップ」という単語を言っていました。
帰蝶はウィリアムから、「信長は本能寺で死ぬ」と聞いて急いで本能寺へ行こうとします。
光秀(信長)の謀反が信長サブローに知らされます。そこへ光秀(信長)が入ってくると、帰蝶が秀吉の人質にされていたから挙兵せざるをえなかったことを告げ、現在は高僧寺に保護していることを告げました。
光秀(信長)はずっと信長サブローをねたんでいたことを告白し、「逃げて信長として生きて、天命を果たせ」と言います。秀吉が憎い相手は自分だと知っているので、自分が犠牲になれば戦いは終わると光秀(信長)は考えていました。
炎に包まれた本能寺で秀吉と向かい合った光秀(信長)は、「この命をもって終わらせてはくれぬか」と頼みますが、「貴様一人の命で終わると思うな。貴様の死は無意味だ。わしの復讐はこれより始まる」と秀吉は言った後、光秀(信長)を斬って刺し殺します。 この映画を無料で観る

【結】- 信長協奏曲のぶながコンツェルトのあらすじ4

「おのれ、織田信長」と言いながら、秀吉は刺しつつ泣きました。
燃える本能寺から出てきた秀吉は「光秀は信長と同じ顔をしていた」と告げて、帰蝶を探せと命じます。
今度はサブローは信長ではなく、光秀扱いで捜索されます。
帰蝶と会ったサブローは、やっぱり歴史は変えられないと嘆きました。ただ、光秀(信長)に言われた「信長としての天命を果たせ」という思いは叶えようと思ったサブローは、平和にしたいという思いを未来に託すために動こうと決めます。
池田恒興が帰蝶の元へ来て、サブローに頼まれていた指輪を渡します(祝言にあたり頼まれていたこと)。
夫婦の証だと言っていたと告げた恒興は「ですから殿(サブロー)はいつも帰蝶様のそばにいます」と言い、帰蝶は泣きながら指輪をはめました。
光秀として秀吉に会ったサブローは、「憎しみからは、何も生まれない。復讐なんて空しいだけだよ」と言った後「俺が無理なら、サルくん(秀吉)に任せるよ。サルくんだけじゃない。皆に、託したい。たとえ俺が死んでも、未来に繋げてほしい。平和な時代はいつか来る。だから皆、頼んだよ」と告げます。
秀吉は光秀サブローの首を斬りました…。
…気づくとサブローは、現代に戻っていました。なにごともない高校生活が戻ります。
テレビニュースでは、一足先に現代に戻っていたヤクザの松永が大阪府警に逮捕されていました。
ある日、サブローのところにウィリアムから手紙が届きます。ウィリアムは帰蝶の紹介で、徳川家康に仕えていたそうです。
手紙にはSDメモリーカードが添えられていました。パソコンに入れると動画が再生されます。
それは帰蝶からのビデオメッセージでした(ウィリアム撮影)。
帰蝶は、山崎の合戦で光秀サブローが首を斬られた後、遺体がどこかに消えたことから、サブローが未来へ戻ったのだろうと推理して、ウィリアムに動画を託したのです。
サブローがいなくなった後、変わったこともあるけれども、変わらないこともあったと帰蝶は言います。
秀吉から家康の世に時代は変化し、そこで平和な世が訪れたと言い、「おぬしの願いは確かに皆に届いたぞ」と告げました。
指輪を見せながら帰蝶は「時代が離れても、わらわとおぬしは繋がっておる。ありがとう」と言いました。動画は帰蝶の笑顔を残し、そこで終わります。
泣きながら「ありがとう、帰蝶」と呟いたサブローは、また動画を再生しました。
そしてタイムスリップした場所まで足を運ぶと、サブローは樹木を見上げながら、戦国時代に思いを馳せました。

みんなの感想

ライターの感想

私はテレビドラマ版を全く知らないのだが、それでも理解はできた。ただ、テレビドラマを知っていれば、もっと楽しめたのだろうなと思う。
なんでも、原作とこの映画版とでは結末が違うとか。原作も読みたくなった。
とにかくキャストが豪華。
ところで…いくら勉強がダメとはいっても、ここまでダメなもんなんだろうか。
あと、日本史通りになってるって松永に指摘されてるんだから、日本史の教科書読めばいいのに…と思ってしまった(笑)。
ただ読もうにも、ぼろぼろだったからなあ。大事なところは隠されてるのかも?
軽い気持ちで楽しめた。テレビドラマ版もあわせて見ると楽しいだろうな。

映画の感想を投稿する

映画「信長協奏曲のぶながコンツェルト」の商品はこちら