「偉大なるしゅららぼん」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

偉大なる、しゅららぼんの紹介:2014年公開の日本映画。『鴨川ホルモー』などマキメワールドと称される、独特の世界観で知られる万城目学の同名小説を映画化したアドベンチャー。琵琶湖のほとりに住み、不思議な力を備えた高校生の青年と、彼のもとにやってきた青年が繰り広げる騒動が描かれる。濱田岳、岡田将生らが、赤い制服に身を包んだ高校生に扮し、笑いを誘う。

この映画を無料で観る

予告動画

偉大なるしゅららぼんの主な出演者

日出淡十郎(濱田岳)、日出涼介(岡田将生)、日出清子(深田恭子)、棗広海(渡辺大)、藤宮濤子(貫地谷しほり)、日出淡九郎(佐野史郎)、棗永海(髙田延彦)、日出洋介(田口浩正)、速水沙月(大野いと)、棗潮音(柏木ひなた)、葛西(小柳友)、棗の母(森若香織)、日出淡八郎(津川雅彦)、源治郎(笹野高史)、速水義治(村上弘明)、通行人(浜村淳)

偉大なるしゅららぼんのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①琵琶湖の民とされる日出家と棗家は1300年の歴史を持つ超能力者同士。日出は精神を操り、棗は肉体(時間)を操る。日出家次期当主の淡十郎と棗家次期当主の広海が同じクラスになり、涼介は2人に振りまわされる。 ②ところが日出と棗の前に、第三の勢力が現れた。日出と棗は協力して戦う。真の敵は八郎潟の血筋の源爺。源爺との戦いに勝つも状態が良好ではないことで、広海は時間を巻き戻すことに。 ③時間は入学シーズンまで巻き戻り、源爺も健在、平和ムード。しかし広海の姿はなかった。落胆する涼介と淡十郎だが、転校生が現れる。

【起】- 偉大なるしゅららぼんのあらすじ1

滋賀県、琵琶湖の中にある竹生島。
日出家の洋介の子は、生後間もなく島に連れられ、正装する日出家一族の見る前で額の上に「かわらけ(平べったい素焼きの小さな皿)」を乗せました。
かわらけに注いだ水をはじかせたことから、赤ん坊は「涼介」と名付けられます。日出本家の淡十郎に続き、今年は2人目の子でした。
竹生島で棗(なつめ)家と行きあった日出淡九郎は、棗の家にも世継ぎが出来たと知ります…。
それから15年後。高校進学を控えた日出涼介は、湖西にある実家を出て、湖東にある日出本家に修行で身を寄せることになりました。
石走(いわばしり)の街に降り立った涼介は、本家がどこにあるのか知りません。街には「ヒノデマート」「日出写真館」「日出中央銀行」「ヒノデ引越センター」など、日出ばかりです。
老女に道を聞くと、真面目な顔で城を指さしました。本家は石走城に住んでいました…。
…日本最大のパワースポットである琵琶湖には〝不思議な力〟を持った一族がいました。
天平のいにしえより1300年にわたり力を受け継ぐ湖の民、日出家と棗家。
両家の戦いは熾烈を極め、それは時に琵琶湖を黒く染めたと言います。
時が流れて現代となっても、日出家と棗家はまだいがみ合っていました。
日出家は近江商人の時代に多角経営に乗り出したことから、経済力をつけて石走城を買い取って住むほど栄えています。
それに対し棗家は、日出家があの手この手を使って琵琶湖付近から追い出したため、今では剣道を教える棗本家しかおりません。
先に説明しておくと、日出家の一族は「琵琶湖の水のパワーで、他の人間の〝精神〟を操る能力」を持ち、棗家は「琵琶湖の水のパワーで、他の人間の〝肉体〟を操る能力」を有します。
両者共に琵琶湖の一族なので、琵琶湖から離れて暮らすと能力が衰えます。棗家の分家が追い払われて力を喪失したのは、琵琶湖から離れたからでした。
一族の能力は生後すぐに見極められます。それが「水を入れたかわらけを額にのせる」儀式で、能力を持つ者には「さんずい」を持つ漢字をつけるのがならわしでした。日出家も棗家もです。
ただし「さんずい」を2回つけるのは禁止されています。
日出家では能力を持つ者は15歳から3年間、本家で修行を積む決まりでした。涼介が実家を出て本家に来たのもそのためです。
さてその涼介を城に渡すために、源爺(げんじい)が船で待っていました。源爺は本名を源治郎と言い「二度づけ禁止」の人物ですが、そもそも日出家の人間ではありません。
源爺の小舟で城へ渡る涼介ですが、城へは歩きでも馬でも行けます。涼介は白馬に乗る女性・清子(きよこ)を城の中に見ました。本家の長女の女性です。
本家に着くと、使用人のような仕事をする藤宮濤子という女性が待っていました。結婚して苗字が変わっていますが、濤子も日出家の人間です。
本家の当主・淡九郎に「3年修行にはげめ」と激励された後、涼介は庭つき角部屋に案内され、そこで暮らすよう言われました。
その部屋から見えるはす向かいの部屋で、ひとりの青年が絵を描いていました。濤子の紹介で、涼介はその青年が、自分のはとこで本家の跡継ぎ・淡十郎だと知ります。
淡十郎は「生きる伝説」と呼ばれていました。生後すぐのからわけの儀式の際、水をはねさせただけでなくかわらけを割った、1300年の歴史でもたったひとりの人物だからです。
淡十郎は超然とした態度で涼介に接します。それはさながら「殿」のようでした。去り際、涼介は濤子から赤い制服を渡されます。
翌日は高校の入学式でした。源爺の舟に乗って登校する涼介に、淡十郎は「おい近う寄れ、くるしゅうない」と言うと「毒味をしろ」と重箱入りの弁当を差し出します。
お供の扱いに辟易しながらも味見をした涼介は、「う…うまい!」とうなりました。はとこにを何と呼ぼうと涼介は考えますが、淡十郎は「普通に、淡十郎〝様〟で構わん」と言います。 この映画を無料で観る

【承】- 偉大なるしゅららぼんのあらすじ2

フランクに接したい涼介が淡十郎を呼び捨てにすると、淡十郎は持っていた箸を折ります。結局、淡十郎〝君〟で落ち着きました。
石走学園高校に行くと、生徒の制服は黒でした。淡十郎は「当たり前だ、どこに赤い制服の学校がある」「喜べ、これはオーダーメイドだ。美しいだろう(淡十郎は赤が好き)」と言って、涼介にカバンを持たせると「出陣じゃ」と言います。
校門には淡十郎にごまをするために、学校のお偉いさんたちが集まっていました。但し校長になったばかりの先生は来ていません。
高校で友だちを作りたいと思っていた涼介ですが、淡十郎とお揃いの赤い制服でクラスから浮きまくり、アウェー感がハンパない状態です。
リーゼント頭の葛西が淡十郎に絡んできました。「チビ」とからかう葛西に淡十郎が「美しくない貴様を美しくしてやろう」と発言して、怒った葛西はカッターナイフを投げます。
投げた先の淡十郎がよけると、後ろには少女がいました。少女にナイフが当たるのを咄嗟に回避しようと、同じクラスになった棗広海という青年が力を使い、そのすさまじい音に涼介は頭を抱えます。
広海は「こういう時こそ力を使え」と淡十郎に言いました。少女は速水沙月という同じクラスの生徒です。
日出家と棗家がいがみ合うきっかけのひとつに「相手が技を使った時に発する音が不快だ」というのがありました。
棗広海が能力を発した時の音は、涼介には「ぼぼぼぼーん」という爆音に聞こえますが、日出家が能力を発した時に棗家に何と聞こえているかは不明です(仲が悪いから)。
翌日、葛西はチョンマゲ頭になって、バスケットゴールにくくられていました。その日から同じクラスの淡十郎と広海はことあるごとに衝突し、そのたびに涼介は棗家の力が発動した音に頭を抱えます。
涼介の修行もスタートしました。師匠は六代目師範の濤子で、鉄製の洗面器の水に浮かんだアヒルを動かす訓練が始まります。
淡十郎は修行には参加せず、絵を描くのみでした。
速水沙月に「赤い制服、似合ってないよ」と言われた涼介は、沙月と校長が親しげなのを見て仲を怪しみますが、沙月は校長の娘でした。
沙月の絵を見て淡十郎が「美しい」と言い、帰りの舟でも「美しい心がなければ、あのような美しい絵は描けん。彼女は美しい」と涼介に言いました。
休みの日、淡十郎と涼介は濤子に連れられ、源爺が操縦する小型クルーザーで竹生島に行きます。日出家は0歳、10歳、15歳の3回島へ渡り、琵琶湖のご神水を飲むならわしがありました。
涼介はかわらけに「友達ができますように」と書いて琵琶湖に投げます。祝詞をあげてもらって涼介らはご神水を飲み、淡十郎はクルーザーで寝ている源爺に水のペットボトルの差し入れをしました。
クルーザーで戻った涼介らは、城から帰る校長と出くわします。
吹奏楽部に入った涼介は本丸御殿の城壁の崖部分で、トランペットの練習をしていて、煙草を吸いに現れた清子と会いました。思わず「淡十郎と似ている」と考えた涼介は、清子に考えを読まれて退散します。
本来は能力を持つ者同士が相手に力を及ぼすことはできないのですが、清子はそれができる持ち主でした。
淡十郎は沙月目当てで美術部に入ります。けなげ(?)な淡十郎を見て「直接沙月の心に働きかければよいのに」と力を使おうとした涼介は、音を聞きたくない広海に制止されました。
それを見た沙月が「棗君が口をきくのは涼介君くらいよね」「私、棗君のこと好きなんだ。涼介君、棗君に好きな人がいるか聞いて」と言い、横で聞いていた淡十郎は筆を折ります。
その日、源爺の舟を断って陸地を歩いて帰った淡十郎は、麦畑で「チクショウ、チクショウ」「ヤダヤダ」と泣きわめきました。涼介は見ていることしかできません。その麦畑は日出家の土地でした。
ひとしきり暴れた後、淡十郎は「絶対に許さない。棗をこの土地から追い出す」と宣言します。

【転】- 偉大なるしゅららぼんのあらすじ3

棗の家を訪問した淡十郎は、広海に「僕と共にこの街を出よう。両家の世継ぎがいなくなれば問題はない。僕は日出の家を継ぐつもりはない。貴様もやりたいことがあるだろう」「力など、己を殺してまで守るものか。僕は自分の手で未来を切り開く」と言います。
淡十郎の毅然とした態度に涼介は感動しますが、広海の父・永海が乱入して淡十郎と涼介は追い出されました。
清子は「嫌な予感がする。下手なことするんじゃない」と淡十郎に言います。清子は人の心が読めすぎて、高校時代の親友の本心を知ってしまい、以来10年間城から出ていないひきこもりでした。
涼介はトランペットを吹けるようになりますが、清子から「日出だからサンライズって安直過ぎる」と言われます(涼介はプロレスのスタン・ハンセン入場曲の〝サンライズ〟という曲を吹いていた)。
清子から「棗の家で何をしていた。言わないなら(頭の中を)覗くぞ」と脅されて、先日、広海の家で淡十郎が発言した内容を話しました。「そんなこと親父が許すわけない」と言った清子は、「今誰かいたような気がする」と言います。
日出の城に速水校長がやって来ました。速水校長はお願いと称して「あなたたちはこの地から望まれていない」「今から48時間以内に、城から出て行ってもらいたい」と淡九郎に言います。
力で校長を帰そうとした淡九郎に、校長は指に息を吹きかけて淡九郎に当てると、淡九郎は動きを止めました。フリーズ状態です。
花瓶で殴りかかろうとした濤子もフリーズさせた校長は「君だけにと言っても話にならないだろうから」と濤子を元に戻し、一族で話し合って決めろと言って去りました。
淡九郎は校長の力で動きを止められたままで、いわば脅しです。濤子は一族で会議をすると言い、涼介と淡十郎には普段通り登校するよう言いました。
登校した涼介と淡十郎は、校長が棗の家にも訪れ、広海の父・永海も動きを止められたままだと知ります。広海は涼介たちに「おふくろを助けて欲しい」と頼まれました。
棗一族の力は、母には知らされていませんでした(嫁いできた、能力者ではないため)。ところが昨日の校長の乱入で、初めて力を目にし、母はショックを受けていました。
広海は、棗家の力は「他の人間の〝肉体〟を操る能力」ではなく、厳密には「他の人間の〝時間〟を操る能力」だと言います。棗家では「時間を戻す」ことも可能でしたが、その力を使うと棗の能力は消えると伝わっていました。
涼介と淡十郎は清子に頼みます。清子は「終わったら校長に会わせること。私がフルボッコにする」と言って馬で棗宅へ行き、広海の母の記憶を抜き取りました。抜き取るだけでなく新たな記憶を植えつけたので、広海の母は京都の祖母のお見舞いと称し、出かけていきます。
日出と棗が急接近しているのを知った校長が現れました。校長は広海の母を狙い、それを庇おうとした涼介と広海が同時に力を使い、すさまじい音と共に池の水が吹きあがります。
力の音で皆が耳を塞ぐなか、淡十郎だけは平気な顔をしており、校長は逃げました。皆に理由を聞かれた淡十郎は「僕には日出家の力がないからだ」と言うと、能力者がある手首の琵琶湖マークの痣を消します。痣は絵の具で描かれていました。
共通の敵の登場で日出家と棗家が戦う理由がなく、広海と妹・潮音は日出の城に避難します。
淡十郎には赤ん坊時代に強い力がありましたが、姉・清子が力に振りまわされる姿を見た淡十郎は、力を捨てることにしました。力を持っていても、ご神水を飲まなければ力は目覚めず、痣も薄くなるのです。淡十郎が力を持たないことを知るのは、姉の清子だけでした。
話題は互いに力を使った時の音の話になり、広海は「(日出が力を使うと)しゅらららと、蛇のような音」、涼介は「(棗が力を使うと)ぼぼぼーんと爆音」と言い、広海の母を守ろうと両者が同時に力を使った時には「しゅららぼん、だな」と淡十郎が言います。

【結】- 偉大なるしゅららぼんのあらすじ4

翌朝、城の水際に涼介と広海を呼び出すと、清子は「ゆうべ龍の声が聞こえた」と言いました。「しゅららぼん」は龍を呼び出す合図だったのです。濤子には竹生島に行くよう伝えた清子は、もう1度ここで2人の力を使えと言います。
涼介と広海が同時に力を放つと琵琶湖の水が吹きあがり、竹生島まで一本の道ができました。2人は清子の馬を借りて、竹生島までの往復30kmの距離を移動します。
竹生島の真下まで行った涼介と広海は、龍からの授かりものの水を探せと言われました。道には水たまりだらけですが、琵琶湖の形をした竹生島の位置に涼介が投げたかわらけがある水が、それだろうと思われました。
水を汲む容器は、竹生島の上から濤子が空のペットボトルを落としました。2人は水を汲んで帰りますが、「彼女いるのか」と涼介は広海に聞きます。「いない」という答えが返ってきました。
背後から割れた琵琶湖の水が戻ってきているのを見た涼介は、広海に「力で水の時間を止めろ」と言い、広海は力を使います。
広海の力で水は止まり、確認で振り返った涼介は、一瞬ですが龍が水を横切る姿を見ました。
苦労して取ってきた琵琶湖のご神水でしたが、淡十郎は「笑止」と飲むのを拒否します。「僕は戦う。だが力には頼らない」と言う淡十郎に、広海は「逃げるのか」と詰め寄りました。
校長が娘・沙月を連れてやって来ました。沙月も人質にするつもりです。
清子が「まずは、本当に戻せるのかを証明しろ」と校長に言い、実験台として涼介を差し出すことを提案します。
指名された涼介は焦りますが校長は了承し、涼介が身をすくませた瞬間、校長は眠らされていました。涼介はおとりで、清子が校長に力を使って眠らせたのです。
清子は校長の記憶を書き換えようとしますが、校長に力がないことに気づきました。何者かが校長を操っていたのです。
真犯人は源爺でした。源爺は清子を眠らせると、城を出ていくよう淡十郎に要求します。
源爺は元は秋田の湖・八郎潟の出身でした。約60年前に淡十郎の祖父・淡八郎により連れて来られた源爺は、秋田の記憶を忘れさせられており、それが先日竹生島から帰るクルーザーの中で蘇ったのです。
それを聞いた淡十郎は詫びました。竹生島から帰るクルーザーの中で淡十郎が渡したペットボトルの中には、すりかえた琵琶湖のご神水が入っていたのです。その水を飲んで、源爺に力が宿ったのでした。
源爺は早速、力を試すことにし、城に戻ってきたところで出くわした校長で試してみました。結果は成功で、校長は源爺の言うままになりました。
但し源爺の力は八郎潟のものです。琵琶湖の水を使って八郎潟の力を使ったので、琵琶湖の神(龍)は怒っていました。
淡十郎は「全部僕のせいだ」と詫び「結局、僕も湖のとりこだったか」と琵琶湖のご神水を飲みます。沙月を連れてきた理由を問うと「好きな子と二度と会えなくなる前に(淡十郎に)会わせたかった」と源爺は答えました。源爺は、60年前に結婚の約束を交わした好きな女性がいました。
頭上に龍の形の渦巻きが発生すると、落雷が源爺を襲いました。源爺は亡くなり、淡十郎は忍び泣きます。
源爺が亡くなっても、淡九郎や永海らは停止したままでした。広海は、時間を戻すと決意します。しかしそれは、棗家の歴史を消すということです。
忌み嫌っていたご神水を飲む淡十郎を見て「自分の手で未来を切り開く勇気が持てた」と広海は言い、力を使いました。しかしこの時、しゅららぼんと音が鳴ります…。
…季節は桜の頃まで遡りました。源爺は健在で「好きな子と夫婦約束をした夢を見た。夢の中で会えてよかった」と言います。
記憶があるのは淡十郎と涼介だけでした。他の皆は誰も、棗広海の記憶も、棗家の存在も知りません。
涼介は最後の瞬間に、「しゅらら」ではなく「しゅららぼん」と聞いたことに思いを馳せます。自分が力を使おうとした時に、既に誰かが…淡十郎が…力を使っていたわけです。
涼介にはある予感があったので、沙月に「夢に速水が出てきた。速水がクラスの男子を好きになる夢」と言います。
その日、新学期早々に転校生がいると先生が言いました…男子生徒の後ろ姿(描かれないが棗広海)が入ってきます…。
(エンド後)「おぬしにいいことを教えてやる。龍から聞いた。音の意味だ。『しゅらら』は龍のげっぷの音。『ぼぼーん』は龍の屁の音だ。所詮、その程度の力のことで、両家は延々いがみ合っていたわけだ」とひょうひょうと涼介に話す淡十郎。
(最後に広海が時間を戻す力を使った際に、淡十郎も力を使った。淡十郎は「自分と涼介から広海らの記憶を消さないよう」「棗家を学校に転校してこさせるよう」力を使ったと思われる)

みんなの感想

ライターの感想

万城目ワールド全開の作品…なんだが…悲しいかな。原作のほうが圧倒的によい。
原作にほぼ忠実な設定である。が、単行本1冊分の原作を無理やりに詰め込んだため、非常に厳しい展開となっている。
原作未読だと、話の展開が速すぎてついていけそうになく、原作既読でも「こんなに詰め込む必要ないのに」と思った。
ちなみに原作では涼介の兄が存在する。清子は「グレート清子」というあだ名があり、濤子は「パタ子さん」「パティー」というあだ名で花粉症持ち。
濤子が嫁に行ったが日出家の人間だというのも原作にはあるのだが、劇中では触れられないため「ただの使用人なのに能力者?」みたいに思われる可能性大。
「しゅららぼん」という音は、それっぽく聞こえない。うーむ。
ちなみに、源爺が力を使った際には音は聞こえない。これは琵琶湖の民ではないからだと思われる。
赤い制服も「今まで石走界隈では、殿のように自由気ままに淡十郎は振る舞ってきた(プラス、淡十郎は赤が好き設定。赤好き設定も劇中では触れられず)」という証なのだが、短時間すぎて葛西のエピソードも効果なく、単に目立ちたがっただけかと勘違いされそう。
興味があれば、原作を読んだうえで映画をご覧になることをお勧めする。

映画の感想を投稿する

映画「偉大なるしゅららぼん」の商品はこちら