「実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

ニルスのふしぎな旅 後編の紹介:2011年製作のドイツ&スウェーデン合作映画。スウェーデンの女性作家セルマ・ラーゲルレーヴが執筆した、不朽の児童文学の実写映画化。2枚あるDVDの後編。14歳の少年ニルス・ホルガション少年がトムテ(妖精)によって小人にされ、ガチョウのモルテンやガンの群れと一緒にスウェーデン中を旅するストーリー。

映画「実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編の主な出演者

ニルス・ホルガション(ユストゥス・カメラー)、オーサ・ベルグレン(パウリーネ・レネヴィエ)、セルマ・ラーゲルレーヴ(セシリア・ユーン)、コボル(ハンス・ツィッシュラー)、エドゥアルド・フォーミュラ(クルト・クレマー)、母スティーナ・ホルガション(シュテファニー・ヤップ)、父スコーネ・ホルガション(ウーヴェ・ボーム)、インガ・ベルゲン(ミリヤ・トゥレステット)、トーレ・ベルゲン(ヨアキム・ナッテルクヴィスト)

実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ニルスの裏切りを「無理のないこと」とアッカ隊長は許してくれた。ニルスは二度と裏切らないと決意する。ガンの群れはラップランドに到着し、モルテンはガンのメス・ドンフィンと結ばれる。 ②キツネのスミッレがモルテンとドンフィンのヒナを1羽殺した。ニルスは復讐を誓い、スミッレを捕らえて人間に渡す。作者のセルマと会ったニルスは冒険譚を話してきかせ、セルマは本にする許可をもらう。 ③モルテンと農場に戻ったニルスは元の大きさに戻れた。いい子になったわが子に両親は大喜び。ガンとモルテンは再び旅に出た。

【起】- 実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編のあらすじ1

(この映画では、作家セルマ・ラーゲルレーヴが途中に何度か登場し、作品を執筆している様子が描かれています。後編の途中でセルマ自身も出てきます。
但し話のストーリーの流れをそぐことになるので、途中のセルマ登場シーンは省きます)
スウェーデン南部のスコーネ地方のホルガション農場に住む14歳の少年・ニルスは、怠け者でイタズラ者でした。
少女・オーサだけはニルスのおおらかさに好意を抱いていましたが、他の大勢の者にニルスは嫌われていました。
ある日、イタズラが過ぎたニルスは、家の精トムテに魔法をかけられて、小さい姿にされてしまいます。ニルスはそのままガチョウのモルテンに乗りました。
モルテンとニルスは、ガンの群れといっしょに旅をすることになります。
旅をするうちにニルスはモルテンを大事に思い始め、ガンの仲間との絆も大切に思い始めました。
その矢先に、にっくきキツネのスミッレに、かつてニルスが脅されてガンの居場所を吐いたことを、ガンのアッカ隊長にバラされます…(前編のあらすじ)。
…ニルスが認めたことで、モルテンは悲しみますが、それでもアッカ隊長は引き渡さないと言いました。
アッカ隊長とキツネのスミッレの交渉は決裂し、ガンたちとモルテンは急いで逃げます。モルテンはニルスを咥えて飛びましたが、ニルスに対して怒っていました。
カラスのバタキは「友を裏切るなんて、改心していない証拠だ」とつぶやきます。
改めてニルスはアッカ隊長に謝罪しました。
嵐が近づきます。アッカ隊長は「ゴットランド島へ避難する」と伝令を流しましたが、ニルスとモルテンを快く思わないガンのクーシが、モルテンに「エートランド」とウソをつきました。
ニルスは、次の避難先が「石灰岩のある場所」と聞かされていたので、ゴットランド島ではないかと言いますが、モルテンはエートランドと聞いたと譲りません。
方向が分からなくなったニルスとモルテンは、たまたまゴットランド島に着いて、仲間と会うことができました。ウソを教わったモルテンは怒ってクーシをやっつけます。
アッカ隊長は「言わなくちゃ殺されてたでしょ」とニルスの置かれていた身を察していました。そして「でも、これきりにしてね。仲間は信頼が大切」と言います。ニルスは深く心に刻みました。
家の精・トルテのところに悪い知らせが入ります。トルテはニルスが早く戻って来ることを待っているのですが、モルテンが発情期に入るため、帰りが遅くなるだろうというのです。
さらに「ニルスがモルテンを農場に連れ帰ること」も条件に加わりました。ニルス単独での帰還では駄目で、モルテンも農場に戻らないと駄目だそうです。
その頃、モルテンは白っぽいメスのガン・ドンフィンと出会い、恋に落ちていました。連日デートを重ねたモルテンとドンフィンは愛し合うようになり、ドンフィンもアッカ隊長の群れに入ります。
旅は順調で、ガンの群れはストックホルムに到着しました。
カラスのバタキがニルスに伝令を伝えに来ます。元の大きさに戻るには、夏の終わりまでにモルテンと一緒に農場に帰らないとならないと聞かされたニルスは、驚きました。そんな条件があると初めて知ったのです。

【承】- 実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編のあらすじ2

その時、2人組の男の浮浪者に見つかって、シルクハットをかぶせられ、ニルスは捕まってしまいました。2人の男は「しゃべる小人は貴重だから」と、ニルスをサーカス小屋に売りにいきます。
『フラーデン・サーカス』の団長は大喜びしました。というのも、先日までサーカスの目玉だったゴルゴというワシが飛べなくなり、新たな見せ物が欲しかったからです。
ニルスは団長に買われました。
ゴルゴのお世話をしていた中年男性・クレメンはがっくりしていました。このままいくと、ゴルゴは飛べないワシとして処分されるからです。
それを聞いたニルスは、ゴルゴと話をします。そしてゴルゴがアッカ隊長に育てられたワシと知りました。
ガンに育てられたワシのゴルゴは、ガンを食べません。ただ、アッカ隊長はゴルゴが大人になっても「ガンとして育てよう」として草食であることを求め、肉食のワシのゴルゴとは喧嘩別れしていました。
ニルスはアッカ隊長とゴルゴを仲直りさせたいと思います。
クレメンは団長にクビにされ、故郷のラップランドの、家族のいる場所に帰ろうとします。
ニルスはゴルゴを勇気づけました。「絶対に飛べる、君はカゴの中のトリじゃなくワシだ」というニルスの励ましを受け、ゴルゴはニルスを連れて空高く飛びます。そのままサーカスを脱走しました。
ゴルゴはあっという間にガンの群れがいるラップランドに到着しました。
ところが、アッカ隊長には申し訳ないので会えないと言います。意地を張るなとニルスはゴルゴに言い、勇気を出したゴルゴはアッカ隊長と対面しました。
久しぶりの再会をアッカ隊長は喜びます。アッカ隊長はゴルゴに怒ってなぞおらず、むしろ肉食獣なのにクローバーを食べろとか泳げとか無理難題を押し付けていたことを悔いていました。
ニルスが生還したことを知って、アッカ隊長は驚きました。というのも、キツネのスミッレが「ニルスを食べた」と言っていたので、絶望していたからです。アッカ隊長は早くモルテンに会いに行ってやれとニルスに言いました。
モルテンとドンフィンは卵を生んでいました。もうすぐ父親になるモルテンですが、ニルスと再会して大喜びすると、早速卵を見せます。
夏の間、ガンたちはラップランドで子育てをするのです。
ニルスは卵の孵化に立ち会って、ガンのヒナの1羽・オックに母親と思われます。
…その頃、家出したニルスの幼馴染みの少女・オーサは、ニルスに助けられた少年・マッツの家を出て北へ向かっていました。途中、ラップランドへ帰るというクレメンと合流し、馬車に乗せてもらいます。
そしてオーサもラップランドに来ていました。そこは夜中なのに日が沈まない、白夜(びゃくや)の土地です。
クレメンは妻・ニリヤを紹介し、オーサもしばらくその集落に留まることになりました。
子育てする様子を見たニルスは、里ごころがつき、両親に会いたくなります。しかしモルテンは子育てに夢中で、農場にはもう戻らないと言いました。
元の大きさに戻るには、モルテンも農場に帰宅することが条件なので、ニルスは困ります。

【転】- 実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編のあらすじ3

数週間が経過しました。モルテンの気持ちは変わらず、ガンとして生きて行くと決めています。「君を助けたいけど、ぼくには家族がいるんだ」とモルテンは言い、ニルスと口論になりました。
そんな頃、ゴルゴがニルスに「話をしたいという犬がいる」という知らせを持ってきました。ゴルゴはアッカ隊長と会って以来、ずっとガンやニルスたちをキツネのスミッレから守っています。
ニルスと会いたいという犬はオーサの飼い犬・アルフレートでした。驚いたニルスにアルフレートは「明日オーサと一緒に帰る。君も一緒に帰ろう」と声をかけます。
それでもモルテンを連れ帰らねばならないニルスは断って、代わりにオーサへと「木彫りのガン」をアルフレートに託しました。受け取ったオーサは、ニルスが作ったと直感します。
ニルスはオーサ会いたさにテントに忍び込み、思い切って声をかけました。これまでの経緯からニルスが小さくなっていると予想していたオーサは、ニルスと会えたことを喜びます。
ニルスはアルフレート(動物)と話ができると言いました。アルフレートから事情は聞いたけど、モルテンを残して自分ひとりでは帰れないとオーサに言います。
互いに気持ちを伝えあい、両想いになったニルスとオーサですが、ニルスはガンのところへ戻りました。
オーサは翌日、クレメンの馬車に乗せてもらってスコーネ地方に戻ります。
オーサは自宅へ戻りました。元気な娘の姿を喜んだ父・トーレは、ニルスと付き合うなという言葉を撤回します。
ヒナたちも成長し、渡りをする準備が着々と進められていました。アッカ隊長はゴルゴに、ここに留まって妻を探せと言い、ゴルゴはその通りにすると答えます。
モルテンとドンフィンの間にできたガンのヒナ・クヴィンがスミッレにやられました。スミッレは「恨むならニルスと恨め」と言って立ち去ります。
ニルスは怒り「仲間のために、絶対にスミッレを倒す」と宣言しました。
当初はラップランドに留まろうと考えていたニルスですが(モルテンが農場に帰らないと自分も元の大きさに戻れない、ならばこの地で生きて行こうと思っていた)、いまやスミッレに復讐を決めたニルスは、モルテンと一緒に南下します。
スミッレを倒しに行くと決めたニルスに、モルテンも同行しようとしました。ニルスは「太ったガチョウは足手まとい、邪魔だ」と心にもないことを言い、モルテンを怒らせます。
妻のドンフィンは、ニルスの本心を知っていました。ニルスはドンフィンに「あとで『親友だ』と伝えておいてくれ」と頼みます。
キツネのスミッレが農場のニワトリを狩りました。そこの飼い犬・ミーシャが鎖に繋がれているのを知っていたからです。
ミーシャは番犬なのに目の前でニワトリがやられるのを見て、歯噛みしました。それを知ったニルスはミーシャに協力を要請します。
ミーシャの鎖をひそかに外してスタンバイしてもらい、スミッレには「昼の12時に農場で待っている」という伝言を、モグラのアンダーネットに伝えてもらいます。

【結】- 実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編のあらすじ4

スミッレとニルスが対決しようとした時、農場に思わぬ人物が現れました。モルテンです。
モルテンはどうしてもわが子のカタキをとりたくて現れました。スミッレに噛まれたモルテンは倒れます。
そこへミーシャがスミッレを捕まえました。ニルスはスミッレを鎖に繋いで犬小屋に留め置き、農場のご主人が帰るまでの間、自由を楽しめとミーシャに言います。
ミーシャは外の世界を満喫しました。
農場主・エリックが帰宅し、スミッレが鎖に繋がれているのを見ます。ニワトリはスミッレにやられてしまいましたが、この4年間ずっと農家を苦しめていたキツネを手に入れたので、喜びました。
家の精・トムテのところへ情報が入りました。ニルスは改心できていて、現在南下中ですが、秋分の日までに戻っているのが条件です。あと少ししかありません。
スミッレの復讐が終わったニルスに、モルテンが「農場に行く」と言い出しました。復讐をしてくれたお礼にで、モルテンは子どもも連れていくと言います。
秋分の日、つまり次の日曜が期限だとカラスのバタキから聞かされたニルスたちは、急いで南下しました。モルテンはあせりますが、アッカ隊長は「あせりは禁物」と戒めます。
ニルスが食べ物を手に入れるために一般家屋に侵入し、その家の初老女性セルマ・ラーゲルレーヴに見つかります。
セルマはニルスになぜスコーネ地方から来ているのか質問し、ニルスは自分の冒険の話をしました。
セルマは教科書に載せる物語を書くように言われていました。ニルスとモルテン、ガンの一行らを馬車の荷台に乗せて南下しながら「本にしてもいいか」とニルスに聞きます。答えはイエスです。
スコーネ地方まで送ってもらったので、農場まであともう少しです。ちょうど秋分の日で、ぎりぎり間に合いました。
アッカ隊長と農場近くの湖で、ニルスはお別れを言います。明日また会えるけれど、言葉が通じるのは今日が最後かもしれないからです。
モルテンはヒナを3羽連れて農場に帰りました。
ところがニルスの両親は、モルテンを見つけるなり「ガチョウの丸焼きにしよう」と言って、モルテンを殺そうとします。ニルスは慌てました。
家の精・トルテが魔法でニルスを元の大きさに戻します。いきなり目の前にニルスが現れたので、モルテンを抱えた両親はびっくりしました。モルテンは死を免れます。
その夜、ニルスは自分の身にあったことを、両親に話して聞かせました。
…翌日。朝早くから目覚めたニルスは、朝食にも現れます。すっかりいい子になったニルスの姿を見て、両親は「ガチョウはもう殺せない」「ガンも(アッカ隊長の話も聞いた)」と言いました。
ニルスは裏の湖のアッカ隊長に会いに行きます。人間に戻ったのでもうアッカ隊長と話は通じません。
ニルスはモルテンに、ガンと一緒に旅立てと言いました。モルテンのヒナで自分を母親と勘違いしているオックにも別れを告げます。
「気をつけて。春にまた来てくれ」と、少し切ない思いでニルスはガンの群れを見送りました。
入れ代わりにオーサが来ます。オーサはニルスとの付き合いを父に認められたので、ふたりは堂々といっしょにいます。
そこへ、ニルスにいちばんなついているガンのオックが姿を現しました。オックは残ることに決めたようです。
ガンの群れを見送りながら、ニルスは「ガンたちはこれから、どんな旅をするのだろう」と思いを馳せました。

関連する映画

ファンタジー映画

みんなの感想

ライターの感想

いやあ、感動的なラスト。スミッレとの決着がついたのも、よかった。
しかし原作はどうなのか未読なので知らないんだが、ニルスを探してオーサまで家出って、14歳の若さですごいよなあ。
これ、途中で作者のセルマもちょいちょい出てくるんですが、それ以外に「地図が表示される」、これ素敵!
これで飛行ルートが判る。それだけでなしに、オーサがどこにいるかとか、そのへんもきちんと表示してくれる。
地図表示はほんとよかった。親切。
動物と話せたら面白そうなのになあ。
人間に戻ったニルスは、モルテンともしゃべれなくなるんだけど、それでもモルテンとアッカ隊長との別れを惜しむシーンには感動!

映画の感想を投稿する

映画「実写版ニルスのふしぎな旅後編完結編」の商品はこちら