「居酒屋ゆうれい」のネタバレあらすじ結末

居酒屋ゆうれいの紹介:1994年公開の日本映画。山本昌代の同名小説を原作とし、萩原健一、山口智子、室井滋を迎えて、居酒屋を舞台に繰り広げられる幽霊(前妻)と飲み屋の主人(主人公)と後妻の、一風変わった三角関係を描いたファンタジーコメディ。

この映画を無料で観る

居酒屋ゆうれいの主な出演者

壮太郎(萩原健一)、里子(山口智子)、しず子(室井滋)、辰夫(三宅裕司)、幸一(西島秀俊)、魚春(八名信夫)、佐久間(橋爪功)、豊造(尾藤イサオ)、ちづる(角替和枝)、カスミ(余貴美子)、翼(比嘉武尊)、里子の母(絵沢萌子)、骨董屋(大竹まこと)、杉本延也(豊川悦司)

居酒屋ゆうれいのネタバレあらすじ

【起】- 居酒屋ゆうれいのあらすじ1

壮太郎は居酒屋・かづさ屋の主人です。
壮太郎は病気の妻・しず子と、今わの際に「決して再婚はしない」と約束しました。そして寂しいけれど、そのつもりでした。
しかし…兄・豊造が強引に見合い話を持ってきます。見合い相手・里子は若くて美しい女性で、しかも里子に愛を告白された壮太郎は、あっという間に再婚してしまいました。
これを快く思わないのは、死んだしず子です。約束を破ったことに怒ったしず子は、幽霊になって化けて出てきました。
壮太郎と里子は吃驚仰天します。
しず子はその夜、2人にうらみつらみを一方的に吐いた後、あっけらかんと姿を消しました。しかしそれから夜毎、しず子は2人の前に出没しました。 この映画を無料で観る

【承】- 居酒屋ゆうれいのあらすじ2

幽霊のしず子は、2人以外には見えないようです。
ところで、かづさ屋は、新たな女房を迎えたことで、若くて美しい里子目当ての常連客が増えて店は繁盛しました。
毎晩現れるしず子に壮太郎と里子もだいぶ慣れてきます。
しかしある時、寺に相談に行くと、幽霊をそのままにしておくとよくないと、和尚が幽霊の絵を描いた掛け軸を渡し、この絵の中に幽霊を入れろと助言しました。幽霊画はあの世とこの世の通路になっています。
壮太郎と里子はしず子を酔わせて、絵の中に入れました。
翌日、寺へ絵を持って行く最中、壮太郎は電車の中で掛け軸を盗まれます。泥棒は掛け軸を骨董屋に持ち込みました。

【転】- 居酒屋ゆうれいのあらすじ3

骨董屋が絵を開くと、幽霊の姿がありません。さらに女の声(しず子)で「掛け軸をかづさ屋に返してくれ」という電話があったため、絵は結局かづさ屋に戻りました。
しず子は怒り狂い、里子に乗り移って壮太郎と一夜を過ごしました。
常連客・辰夫が元妻・カスミとよりを戻す相談に来ます。辰夫とカスミには翼という息子もいます。
カスミがたちの悪い男にひっかかって借金に苦しんでおり、辰夫は野球賭博の賭けで儲けようと考えていました。
辰夫たちのためにと、壮太郎はしず子に賭けの結果を前もって知らせてほしいと頼みます。しかしそれを知らせるとしず子はこの世に戻ってこられなくなると、断りました。

【結】- 居酒屋ゆうれいのあらすじ4

同じ頃、里子は出所してきた元恋人のヤクザ・杉本に脅されていました。杉本は里子を自分の女だと言い、以後もつきまとうと言います。
トイレに立った里子は、しず子に乗り移られました。
里子(中身はしず子)は杉本を誘い、命を吸い取ります。杉本は死にました。
その場でしず子は壮太郎に電話をし、賭けの結果を知らせます。しず子は壮太郎も里子も救ったのでした。
帰宅した里子(中身はしず子)を壮太郎は強く抱きしめ、しず子はそのまま成仏します。
やがて里子の意識が戻り、壮太郎と里子は改めて抱きしめあいました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「居酒屋ゆうれい」の商品はこちら