「白雪姫と鏡の女王」のネタバレあらすじ結末

白雪姫と鏡の女王の紹介:欲張りで強情な継母である女王に立ち向かい、真実の愛を手に入れる勇敢な白雪姫の物語。ジュリア・ロバーツが初めて悪役に挑んだことも話題となった作品。

この映画を無料で観る

予告動画

白雪姫と鏡の女王の主な出演者

邪悪な女王(ジュリア・ロバーツ)、白雪姫(リリー・コリンズ)、アルコット王子(アーミー・ハマー)、女王の側近(ネイサン・レイン)王様(ショーン・ビーン)

白雪姫と鏡の女王のネタバレあらすじ

【起】- 白雪姫と鏡の女王のあらすじ1

白雪姫は自分の父である国王が死に、跡を継いだ現女王である継母の命で城の中に幽閉されていました。女王が豪勢な暮らしを維持するために民は苦しんでいましたが、白雪姫はそのことを知りません。白雪姫は18歳の誕生日を機に、外の世界を見てくるように仲の良い侍女に勧められます。白雪姫が旅に出て見たものは、民衆が苦しむ姿でした。現実を目の当たりにした白雪姫はわがまま女王と戦う決意を固めます。女王のパーティーに忍び込み手助けしてくれる人を探していると、外の世界で出会った青年と再会します。なんとその青年は隣国の王子様でした。惹かれあう白雪姫と王子をみて、王子に目を付けていた女王は怒り狂い、白雪の殺害を側近に命じます。 この映画を無料で観る

【承】- 白雪姫と鏡の女王のあらすじ2

側近に森に連れ出された白雪は殺さないでくれと嘆願します。可哀そうに思った側近は見逃してあげることにします。王子はいなくなった白雪姫を探しに行こうとしますが、女王に魔法の薬を盛られてしまいます。しかし惚れ薬を盛るはずが、手違いで人格が子犬になる薬をもられてしまいました。その頃白雪姫は7人の小人の家でやっかいになっていました。白雪姫は強盗まがいのことをやっていた小人たちを改心させ、女王を倒すために小人のもとで修業に励みます。

【転】- 白雪姫と鏡の女王のあらすじ3

白雪姫が生きてることを知った女王は刺客を差し向けますが失敗します。刺客からなんとか生き延びた白雪姫たちは、王子と女王が結婚するという話を耳にします。会場にいって王子をさらうことに成功しますが、王子にはまだ魔法がかかったままでした。白雪姫が試しに口づけをしてみると王子は正気を取り戻します。そして王子を横取りされた女王は森に住む怪物を白雪姫のもとに差し向けます。怪物の首に女王と同じネックレスがかかっていることに気付いた白雪姫は、そのネックレスを切って外してやると、なんと死んだと思っていた国王が現れました。

【結】- 白雪姫と鏡の女王のあらすじ4

ネックレスが切られたことで魔法の力によって若い容姿を保っていた女王は老婆へと姿を変えてしまい、どこかに消えてしまいます。時は変わって、王子と白雪姫の結婚式には民衆がたくさん押し寄せ、皆が皆お祝いしています。わがままな女王は消え、国王も戻りこの国にも活気が戻ったのです。そんな中、老婆が白雪姫にリンゴを献上します。白雪姫はリンゴを受けとり食べようとしますが、老婆の正体が女王だと気付き、食べるのをやめてにっこり笑いました。

みんなの感想

ライターの感想

おとぎ話のリメイク作品は近年多くありますが、一番の見どころはやはり魔法などの存在するファンタジックな世界観をどうリアリティを持って表現するかでしょう。
この作品は美術・ファッション・CGともに最高傑作だと思います。時に幼稚かグロテスクになりがちなおとぎ話ですが、ヒロインたちの衣装や女王のぜいたくな宮中生活がファッショナブルかつ華やかで、大人の女性の鑑賞に堪えうる作品に仕上がっています。特にそれを感じさせるのが、女王の持つ魔法の鏡の表現です。白雪姫の有名なシーンですが、女王はなんと鏡の中の世界に入り込むのです。現世と隔絶された鏡の中の銀色の世界は、まるでバリ島の海上コテージのような場所。金属的なCGの造形が美しく、圧倒的な静けさの中、一人きりになれた安堵感とともに言いようのない孤独も画面から伝わってきます。仕事に疲れた現代女性のように、女王はここで疲れを癒し、鏡の中にいるもう一人の自分と対話して明日の指針を得るのです。
現代人が共感できる要素を違和感なく取り入れたことが、単なるきれいなだけのおとぎ話として終わらせず、この作品に深みを与えています。

映画の感想を投稿する

映画「白雪姫と鏡の女王」の商品はこちら

白雪姫と鏡の女王 スタンダード・エディション [DVD]