「魔法使いの弟子」のネタバレあらすじ結末

魔法使いの弟子の紹介:2010年公開。現代のニューヨークを舞台に、魔法大戦争に巻き込まれた青年と仲間達を描いた作品。映画「ファンタジア」のセグメントの一つ「魔法使いの弟子」をベースにしている。監督は「クール・ランニング」のジョン・タートルトーブ。制作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。出演は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「マレーナ」のモニカ・ベルッチ、「明日、君がいない」のテリーサ・パーマー。

予告動画

魔法使いの弟子の主な出演者

バルサザール・ブレイク(ニコラス・ケイジ)、デイヴ・スタットラー(ジェイ・バルチェル)、マキシム・ホルヴァート(アルフレッド・モリーナ)、ベッキー・バーンズ(テリーサ・パーマー)、ヴェロニカ(モニカ・ベルッチ)、ドレイク・ストーン(トビー・ケベル)、ベネット(オマー・ベンソン・ミラー)、モルガナ・ル・フェイ(アリス・クリーグ)

魔法使いの弟子のネタバレあらすじ

【起】- 魔法使いの弟子のあらすじ1

紀元740年、イギリスの歴史の裏側では魔法使いによる戦争が起こっていました。人類の運命は魔法使いマーリンに託されました。
マーリンは3人の弟子、バルサザール、ホルヴァート、ヴェロニカに秘伝の魔術を授けていました。ホルヴァートは裏切り、残忍な魔法を使用し始めます。
ヴェロニカはホルヴァートではなく、バルサザールを選びました。裏切った原因はそれです。
ホルヴァートはマーリンの宿敵モルガナと手を組みます。モルガナはマーリンを殺害し、死者を呼ぶ魔法を手に入れます。
その魔法を使って人類全てをモルガナの支配下に置くつもりです。バルサザールとヴェロニカは止めに行きます。
バルサザールを救うため、ヴェロニカはモルガナの魂を自らの体内に入れます。ヴェロニカだけを救い、モルガナを倒すためにバルサザールはグリムホールドにヴェロニカごと閉じ込めます。
死を前にしたマーリンから後継者を見つければ、彼がモルガナを倒すと言い残します。グリムホールドを狙ってくるモルガニアンズ。バルサザールはホルヴァートも含めて次々と封印していきます。
現代のニューヨーク、遠足に行ったデイヴは大好きなベッキーに友達か彼女かどっち?とメモで聞きます。返事のメモを受け取とうとすると風で運ばれて行きます。

【承】- 魔法使いの弟子のあらすじ2

メモが入ったのはバルサザールのお店でした。バルサザールはついに後継者がやってきたと、魔法大辞典を使って修行を始めようとします。
竜の指輪をもらったデイヴが遊んでいるとグリムホールドを開けてしまいます。出てきたのはホルヴァートで、バルサザールと戦闘になります。
10年間閉じ込められる壺に二人は相打ちになって入っていきます。それからデイヴは、お漏らしした事もあって友達から笑いものにされてしまいます。
10年後、物理学を研究する大学生のデイヴ。教授に頼まれて講義をしているとベッキーと再会します。ラジオDJをしている彼女が困っていて助けてあげます。
10年が経ってホルヴァートとバルサザールが壺から出てきます。デイヴがホルヴァートに襲われていると、バルサザールが助けてくれます。
グリムホールドは10年前にデイヴが路地に投げていました。魔法で居場所を見つけて、中華街に探しに行きます。ホルヴァートが先にグリムホールドを手に入れます。
ホルヴァートは巨大な竜を操るサン・ロックを解き放ちます。バルサザールに動きを止められたホルヴァート。
デイヴは道中、バルサザールから魔法を習っていました。その力を使って、バルサザールと共にサン・ロックを倒します。

【転】- 魔法使いの弟子のあらすじ3

一時的に協力するだけと言ったデイヴでしたが、本格的に修行することを誓います。デイヴの隠れ家こと研究所でマーリンの輪を使って修行が始まります。
ホルヴァートはモルガナ側の弟子だったドレイクを見つけて協力させます。ビルの屋上にある衛星アンテナが使えるとチェックします。
デイヴはベッキーを研究所で勉強に誘います。長年研究しているテスラコイルを使って、ラジオで流れた曲を奏でます。
ヨガ教室までベッキーを送って、トイレに行きます。するとホルヴァートとドレイクが襲ってきます。バルサザールがやってきて助かります。
デイヴはバルサザールからモルガナの事など真実を聞きます。真の後継者ならば竜の指輪無しで魔法が使えることを聞きます。
ベッキーがやってくる時間になって、片付けが終わっていません。魔法を使って掃除すると暴走してしまいます。
ベッキーに今日は無理だと断ります。自信を持つことが大切だとバルサザールに言われて、彼が暴走を止めてくれます。
ホルヴァートが研究所を突き止めて襲ってきます。グリムホールドを奪われてしまいます。
追いかけるバルサザール達と追いかけられるホルヴァート達。カーチェイスになりますが、デイヴの魔法が失敗して逃げられます。
ヴェロニカの姿に市民を変身させたホルヴァートの作戦に、バルサザールは追いかける足を止めてしまいます。
ホルヴァートはドレイクから魔力を吸い取り、指輪を奪います。少女の魔女アビゲイルを解き放って、ベッキーを捕まえさせます。その後、アビゲイルの指輪と魔力も奪います。

【結】- 魔法使いの弟子のあらすじ4

ドレイクのアジトに乗り込んだバルサザール達。デイヴはベッキーを人質に取られて、マーリンが使っていた竜の指輪を取られてしまいます。
デイヴはベッキーに全て話します。バルサザールは一人でホルヴァートとモルガナを倒しに行きます。
ベッキーに衛星アンテナを動かすようにデイヴは頼みます。ホルヴァートはモルガナを復活させ、彼女は死者を呼ぶ魔法を唱え始めます。
パワーアップしたホルヴァートの前にバルサザールは歯が立ちません。テスラコイルを持ち出したデイヴが現れ、竜の指輪と反応してホルヴァートを吹っ飛ばします。
衛星アンテナが動いて魔法は失敗に終わります。バルサザールはモルガナの魂をヴェロニカから自分に入れます。
しかし、失敗に終わってモルガナは外に出てきます。大ピンチとなりますが、デイヴが指輪無しで魔法を使って食い止めます。
電線を使って、デイヴはテスラコイルを応用して激しい電撃をモルガナに繰り出します。モルガナは塵となりますが、バルサザールはその前のモルガナの攻撃で死んでしまいます。
諦めきれないデイヴは魔法で蘇生をはかります。生き返ったバルサザールとヴェロニカが抱き合います。
ホルヴァートは帽子だけを残していなくなっていました。ベッキーが駆け付けて、デイヴは見てないメモの答えを聞きます。もちろん彼女よっとベッキーが答えてキスをします。
デイヴはフランスに朝食をしにいこうと魔法で空飛ぶセメントの竜を呼びます。楽しい人ねっとベッキーが笑顔で答えてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は迫力ある魔法を使った戦闘場面です。特に最後のモルガナを倒す時に、デイヴが電撃の魔法を連続で繰り出します。その時の手の形は突っ込みたくなりますが、テスラコイルの時のように激しく回りが反射して圧巻の映像です。
また、バルサザール達とホルヴァート達のカーチェイスの場面は面白いです。魔法を使ってホルヴァートは周りの車を全てタクシーに変えます。
デイヴの魔法でどのタクシーかバレた後、スポーツカーに車を魔法で変えます。そこからのスピード感あふれるカーチェイスは迫力があって面白かったです。
笑えた場面は、デイヴが魔法の修行中に防具をつけているのですが、それがめくれて股間にあたって痛がるシーンです。
最後まで見終わって、現代の舞台でファンタジーな魔法が出て来たりと、不思議な面白さを描き出してる印象の作品でした。多くの年代の方が見れるのでお勧めの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「魔法使いの弟子」の商品はこちら