アナと雪の女王

「アナと雪の女王」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

アナと雪の女王の紹介:2013年のディズニー映画である。この映画は手書きアニメーションではなく、3Dコンピュータアニメーションで制作されていることでも有名。原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「雪の女王」だが内容は全く異なっている。

映画「アナと雪の女王」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「アナと雪の女王」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

アナと雪の女王の主な出演者

エルサ女王(イディナ・メンゼル)、アナ(クリスティン・ベル)、オラフ(ジョシュ・ギャッド)、ハンス王子(サンヌティノ・フォンタナ)、クリストフ(ジョナサン・グロフ)

アナと雪の女王のネタバレあらすじ

【起】- アナと雪の女王のあらすじ1

主人公はアルンデラ王国の王女姉妹のエルサ、アナで長女のエルサは触れた物を凍らせ、雪や氷を自由自在に出せ操れる不思議な能力を持っていた。
ある晩、妹アナに誘われたエルサは城で不思議な力で遊んでいたがアナが雪山から落ちるのを助けようとした所、誤ってアナの頭に魔法が当たってしまい傷つけてしまう。エルサの声を聞いた両親が駆け付け急いで森に住むトロールに会いに行く。
トロールの長は心ではなく頭に当たったので治すことが出来るといいアナの記憶をエルサと雪で遊んでいた記憶に変え、エルサの不思議な力の記憶を消し去り、アナの頭に戻した。両親はエルサが魔法を制御できないため他人から隔離し、エルサ自身も罪悪感から部屋に閉じこもり、それ以来アナに顔を見せなくなった。
アナは突然エルサが顔を見せなくなったので毎日部屋の前に行き遊ぼうと誘うが返事はなかった。数年後、両親が船で事故に遭いなくなってしまう。そして時が流れていく。

【承】- アナと雪の女王のあらすじ2

大人になったエルサは女王に即位することになり、載冠式の日がやってきた。この日は何十年ぶりにお城の門が開くということで大勢の人々、他国の王族もやってきていた。
そこでアナは招かれたハンス王子と恋に落ち、なんとその日の内に婚約をしてしまった。2人はエルサに報告するがエルサはハンスを信用せず猛反対する。
アナとエルサは口喧嘩になり、怒ったエルサは思わず自分の力を大勢の前で出してしまう。自分の力を知られたエルサは王国にいられなくなり、逃げ出してしまう。
そして夏だった王国はエルサの力で冬に変えられてしまった。逃げ出したエルサは解放されたかのように魔法を使い、生き生きとしていた。ハンスに留守を任せるといい、アナはエルサを連れ戻すために旅に出た。
旅の途中で山男のクリストフ、彼の相棒トナカイのスヴェンに出会い、エルサを捜すのを手伝ってもらう。またエルサが作った雪だるまのオラフも加わり、エルサの雪の城を目指す。

【転】- アナと雪の女王のあらすじ3

雪の城に着いたアナはエルサを説得しようと試みるがエルサは反発し、力を制御できず今度はアナの心を凍らせてしまう。
クリストフはアナを助けようと知りあいのトロール達の元へ向かう。一方、兵士達を連れたハンスは氷の城を見つける。ウェセルトン公爵の企みでエルサを殺すよう命じられた兵士はエルサを殺そうとするがエルサは魔法の力で彼らを止めようとした。だがハンス達に捕えられ牢屋に閉じ込められる。
その頃、ハンスはトロール達の話からアナの凍った心を溶かすためには真実の愛が必要だと聞かされ急いでハンスがいる城に戻るのだった。アナをハンスに届けたクリストフは心配しながらも山に帰って行く。ハンスを見たアナはハンスに真実の愛の証であるキスをする様求めるが突然ハンスの様子が変わり、この王国を乗っ取るといいアナを置き去りにし部屋を出て行った。
他の公爵たちにアナはエルサが殺したとでっちあげエルサを殺す口実を得たのだ。

【結】- アナと雪の女王のあらすじ4

アナを想い、山を歩いていたクリストフは王国の異変に気付き急いで城に戻る。一方、一人残され、貧弱しているアナの元にオラフが現れ、誰が真実の愛の相手なのか気付かせる。
それに気付いたアナはクリストフを捜しに行くことに。外は大吹雪でクリストフもアナを捜していた。ついにアナはクリストフを見つけるがそばでハンスがエルサを殺そうとしているのを見つけ、おもわずエルサを助けに行く。
ハンスが剣を振り下ろした瞬間にアナは氷になり、剣は弾き飛ばされエルサは助かる。エルサは氷になった妹を見て、抱きしめながら泣いた。その瞬間、みるみるとアナの氷が溶け、アナが生き返ったのだ。そう真実の愛はクリストフでもなく、姉妹愛だったのだ。
魔法を制御できる方法は愛だと知ったエルサは国中の氷を溶かしていき、王国は夏に戻ったのだ。力を制御できるようになったエルサは王国に戻り、これからは一生お城の門を閉じることはないといい物語は終わる。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はディズニー映画では初となるダブル主人公の物語です。アナとエルサという仲のいい姉妹が魔法によって引き裂かれてしまうのですが、兄弟愛や恋愛などを通して色んなことを学んでいきます。最後には、国を守りつつ姉妹の関係も修復出来てアナは本当の恋もします。予想外の展開もありますが全てがハッピーエンドで終わるので見ていてすっきりします。
物語の中では氷の結晶や粉吹雪のシーンがたくさんありますが、これらのシーンで描かれている雪の粒や氷の結晶は、一粒一粒違う形をしているそうです。

ライターの感想

最も印象に残っているのは、主人公の一人であるエルサが、隠していた自分の特殊な力(触れたものを凍らせる力)が皆にばれてしまい、山に逃げ出し、主題歌"Let It Go"を歌う場面です。
この映画はディズニーが制作したもので、本場はアメリカですが、この場面はアメリカ人以上に、日本人に日ごろの自らの行いを省みさせる場面であると私は思います。
なぜなら、日本には、エルサの特殊な力に喩えられているような、何かしらの特技や才能を他人の前で見せたり、感情を表したりするのをあまり良しとしない精神的風土があるように思うからです。それによってエルサと同じように、窮屈な思いをしている日本人も数多く存在するのではないかと思います。

ライターの感想

アナと雪の女王は映画館で吹き替えで見ました。一番印象に残っているのは、エルサが城をとびだして雪山で歌っているシーンです。
それまでおさえたれていた感情から解放され、いきいきとしているエルサが感動をさそいます。
そして映像が本当にきれい。ディズニー映画で泣いたのは今も昔もこのシーンだけです。
このシーンは吹き替えだと松たか子さんが歌っていて、テレビでもよく流されているシーンで知っていたのですが大画面で見たのもあり、感情が強くゆさぶられました。

映画の感想を投稿する

映画「アナと雪の女王」の商品はこちら

アナと雪の女王 (竹書房文庫)