ハリー・ポッターと謎のプリンス

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと謎のプリンスの紹介:イギリスの作家J・K・ローリング原作の「ハリー・ポッター」シリーズ第6作。復活した宿敵ヴォルデモートを倒す為にヴォルデモートの過去を探る主人公の少年ハリー。そしてホグワーツ魔法魔術学校の校長ダンブルドアと共に、ヴォルデモートを倒す鍵となる”分霊箱”を探す旅に出ます。

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ハリー・ポッターと謎のプリンスの主な出演者

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)、ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)、ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)、アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)、セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)、ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)

ハリー・ポッターと謎のプリンスのネタバレあらすじ

【起】- ハリー・ポッターと謎のプリンスのあらすじ1

最凶最悪の闇の魔法使いヴォルデモートが復活を遂げ、マグル界(人間界)にも影響を及ぼすようになりました。ホグワーツ魔法魔術学校ももはや安全ではありません。最終決戦の時が近づいていることを悟った校長のダンブルドアは、主人公の少年ハリーに戦いの準備をさせます。そして二人は新学期が始まる前に、ヴォルデモートを倒す手がかりを探すため、過去にヴォルデモートの魔法薬学教師であったスラグホーンに会いに行きます。再びホグワーツで教師をしてもらえるよう説得、スラグホーンはそれを承諾します。その頃ホグワーツの教師であるスネイプは、ナルシッサ(ハリーのライバルの少年”マルフォイ”の母)と”破れぬ誓い”を結びます。それは”もしマルフォイがヴォルデモートからの任務を失敗した時は、スネイプが代わりに遂行する”ことでした。

【承】- ハリー・ポッターと謎のプリンスのあらすじ2

そんな最中、ハリーはジニー(親友の少年”ロン”の妹)を意識するようになり、二人は付き合いだします。新学期が始まり、スラグホーンが教える魔法薬学の授業でハリーは優秀な成績を上げるようになりました。それは”半純血のプリンス蔵書”と書かれた教科書のおかげでした。ヴォルデモートとの対決に備えるため、ハリーはダンブルドアの元で個人授業を受け、ヴォルデモートの過去を知ります。ただ”分霊箱”についての過去を知るにはスラグホーンの記憶が必要でした。ハリーは魔法薬学で手に入れた幸運の薬を使い、スラグホーンから記憶を貰う事に成功します。

【転】- ハリー・ポッターと謎のプリンスのあらすじ3

スラグホーンの記憶により、ヴォルデモートの”分霊箱”の存在は確かな事実となりました。分霊箱はヴォルデモートの不死の力を支えているもので、彼を倒すためには七つ存在する”分霊箱”を全て破壊しなければいけません。ダンブルドアとハリーは、分霊箱の一つであるスリザリンのロケットを破壊する為に洞窟へと向かいます。しかしそこには恐ろしい魔法がかけられており、闇の罠と戦ったダンブルドアは衰弱してしまいます。なんとかロケットを手に入れたハリーとダンブルドアはホグワーツ上空に闇の印が広がっていることに気づき、敵である死喰い人から生徒を守るために力を振り絞りホグワーツへと戻ります。

【結】- ハリー・ポッターと謎のプリンスのあらすじ4

帰還したダンブルドアの前に現れたのは、ヴォルデモートに”ダンブルドアを殺せ”と指示されていたマルフォイでした。しかし任務を遂行出来ないマルフォイの代わりに、後から現れたスネイプがダンブルドアを殺害します。ハリーは急いでスネイプを追いかけ、”半純血のプリンス蔵書”で覚えた闇の呪文を用いてスネイプに攻撃しますが、全てかわされてしまい、あっけなく倒されてしまいます。実は”半純血のプリンス蔵書”を作成した張本人”半純血のプリンス”の正体はスネイプだったのです。目的を遂行する事が出来たスネイプはマルフォイ達と共に逃亡します。
ハリーはダンブルドアの死を悲しみます。そしてあれほど苦労して手に入れた分霊箱のロケットが偽物とすりかえられていたことを知り、ショックを受けます。ダンブルドアの葬儀が執り行われる中、ハリーは分霊箱を探す旅に出ることを決心します。ジニーに別れを告げ、一人旅立とうとするハリー。しかし親友のロンとハーマイオニーもハリーの旅に同行する意思を伝えます。3人の長く険しい旅が始まろうとしていました・・・。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の商品はこちら

ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Blu-ray]