魔法にかけられて

「魔法にかけられて」のネタバレあらすじ結末

魔法にかけられての紹介:ディズニーで初めての実写版プリンセス。CGと実写が入り混じっている作品で、サターン賞の主演女優賞、ファンタジー映画賞、等様々な賞を受賞。キャッチコピーは「それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法」

映画「魔法にかけられて」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「魔法にかけられて」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

魔法にかけられての主な出演者

ジゼル姫(エイミー・アダムス)、ロバート・フィリップ(パトリック・デンプシー)、エドワード王子(ジェームズ・マースデン)、ナリッサ(スーザン・サランドン)、ナザニエル(ティモシー・スポール)

魔法にかけられてのネタバレあらすじ

【起】- 魔法にかけられてのあらすじ1

主人公のジゼルはアンダレーシアの森で動物たちと暮らしながら、毎日のように王子様と真実の愛のキスをすることを夢見ていました。ある日エドワード王子と出会い、お互いに運命の相手と思い婚約するが、エドワードの継母ナリッサがジゼルに王妃の座を奪われるのではと思い、ジゼルを現代のニューヨークへと追放してしまう。ジゼルを追いかけ、エドワードとリスのピップもニューヨークへと来てしまう。

【承】- 魔法にかけられてのあらすじ2

ニューヨークへと来たジゼルは、ロバートと娘のモーガンに助けられ、何とか眠る場所を見つける。ロバートとモーガンは奇想天外な行動ばかりするジゼルに次第に魅かれ初め、3人はどんどん家族のようになっていく。一方ジゼルを助けに来たエドワードたちは、メリッサの家来のナザニエルの妨害により、中々ジゼルを見つける事ができないでいた。

【転】- 魔法にかけられてのあらすじ3

ついにエドワードと再会を果たしたジゼルは、ロバートへの気持ちに揺らぎつつ、アンダレーシアへ帰る前にせめて舞踏会へ行こうとエドワードを誘う。ロバートも恋人のナンシーと共に舞踏会へやってきた。そこへなかなかジゼルを始末できない事に苛立ちを覚えたメリッサが現れ、ジゼルを始末しようとドラゴンへ変身してしまう。

【結】- 魔法にかけられてのあらすじ4

ジゼルを助ける為に、エドワードではなくロバートが剣を持って闘う。ロバートの活躍でメリッサは高層ビルから転落し宝石となり砕け散る。その後、真実の愛を知ったジゼルはロバートとモーガンと共に暮らすことにする。一方のエドワードは、ナンシーとアンダレーシアに戻り結婚式を挙げることとなる。最後はこの物語を書いて大作家になったピップが映し出されてエンディング。この物語は普段のディズニープリンセスとは少し異なるハッピーエンドを迎える。

みんなの感想

ライターの感想

よくありがちな、お姫様が王子と出会って恋してすぐに結婚というパターンから異なったタイプのハッピーエンドストーリーで、主人公のジゼルが昔のおとぎ話ではなく今の現代に来てしまったらどうなるかを描いたお話で、最終的には王子ではない人と結婚してしまう物語です。
あと、魔法にかけられてというお話には白雪姫や美女と野獣、シンデレラなどいろんなお姫様のシーンが盛り込まれていてディズニーファンにはぴったりな映画だともいえます。クスッと笑えるシーンが沢山あるのでハッピーな気分になりたい方にもおすすめです。

ライターの感想

映画館で見たバージョンとテレビ版で大きな違いがあった映画です。
主人公の女性が窓を開け、歌いながら動物や虫たちに掃除を手伝ってもらうシーンで、映画版では排水溝からゴキブリが出てきて踊りながら掃除していたのですが、テレビ版でそのシーンは流れることはなく、虫たちはいなかったものとして放映されていました。国によって流して良い基準がいろいろ違うんだと気づかされました。
ただ、歌声は素晴らしく、見終わると何か行動するときにもついつい踊り出したくなってしまう映画です。

映画の感想を投稿する

映画「魔法にかけられて」の商品はこちら

魔法にかけられて [DVD]