「LEGO(R)ムービー」のネタバレあらすじ結末

LEGO(R)の紹介:アメリカ、オーストラリア、デンマーク合作のアニメーション映画。監督は「くもりときどきミートボール」のフィル・ロードと、クリストファー・ミラー。全編レゴブロックで構築されているが、全てCGで作られている。日本公開は2014年。

予告動画

LEGO(R)ムービーの主な出演者

エメット(クリス・プラット)、おしごと大王<おしごと社長>(ウィル・フェレル)、ワイルド・ガール<ルーシー>(エリザベス・バンクス)、バットマン(ウィル・アーネット)、ウィトルウィウス(モーガン・フリーマン)、ロボヒゲ(ニック・オファーマン)、ユニキャット(アリソン・ブリー)、ベニー(チャーリー・デイ)、バッド・コップ<グッド・コップ>(リーアム・ニーソン)、スーパーマン(チャニング・テイタム)、グリーンランタン(ジョナ・ヒル)、ワンダーウーマン(コビー・スマルダーズ)

LEGO(R)ムービーのネタバレあらすじ

【起】- LEGO(R)ムービーのあらすじ1

マスタービルダー(=マニュアルなしの創造力だけで物を作れる者の称号のこと)たちは、レゴで自由に物を創造する権利を奪おうとするブロックシティの有力者・おしごと大王から侵略を受けていました。
魔法使いウィトルウィウスの城にも、危機が押し寄せてきます。ウィトルウィウスは、マスタービルダーの自由を奪う「スパボン」を隠しており、おしごと大王がそれを奪いにやってきたのです。
攻撃を受けたウィトルウィウスは視力を奪われ、スパボンはおしごと大王の手に渡ります。ところがウィトルウィウスは、選ばれし者が「奇跡のパーツ」を見つけ出し、世界を救うと予言するのです。

ブロックシティで暮らすエメットは、いつもマニュアルを読み、何でもマニュアル通りに物事をおこなう男です。彼の好きなドラマは「ぼくズボ」、好きな歌は「すべては最高」という、みんなと同じものを愛する没個性の男でした。
建設現場でマニュアル通りに働き、帰りに飲み会に参加しようと歩いていたとき、大切なマニュアルが風で飛ばされてしまいます。あとを追って行くと、フードを被った怪しい人物が探し物をしているのを見つけます。フードの人物は美女で、エメットは一目で恋に落ちてしまうのです。
彼女に近付こうとしたエメットは、足を滑らせて深い穴に落ちてしまいます。穴の底には不思議な空洞が広がり、奥にはブロックではない奇妙な物体がありました。物体は「触ってごらん」とエメットに語りかけ、誘われるように触れると、途端に意識を失ってしまいます。そのとき、エメットは謎のビジョンを見るのでした。

意識を取り戻したエメットは、おしごと大王の手下であるバッドコップに拘束されていました。厳しい取り調べを受けながら、事態を全く飲み込めないエメットでしたが、背中に貼りついている物体を指摘されます。それは先ほど触れた「奇跡のパーツ」だったのです。
バッドコップはエメットを「選ばれし者」と確信し、おしごと大王が世界を終わらせる計画を実行しようとしていると話します。否定するエメットでしたが、バッドコップから自分の身近な人たちにおこなった聞き込みの映像を見せられます。彼は一同から「個性が何もない空っぽ人間」と称されており、これが隠れ蓑であると推理されるのでした。

そして、手ひどい拷問を受けるエメットの元に、先ほど出会った美女が現れ、颯爽と助け出されます。美女はワイルドガールと名乗り、手近なパーツでエキセントリックなバイクを作ります。そしてエメットを連れて逃走を図り、バッドコップの追手と勇敢に戦います。
エメットを選ばれし者と勘違いしていたワイルドガールでしたが、事情を知らなさそうなエメットを次第に怪しみます。そしてエメットがマスタービルダーではなく、「すべては最高」が好きな凡人であることに気付くのです。

【承】- LEGO(R)ムービーのあらすじ2

エメットとワイルドガールは、境界の壁を越えて西部の町へと逃げ込みます。ワイルドガールはエメットに幻滅しますが、何も知らない彼のために世界の成り立ちを説明します。
レゴの世界では昔は何でも自由に物が作れていたのですが、それを良いこととしないおしごと大王が現れてから一変しました。世界中は侵略され、世界を区切る壁ができてしまったのです。

その頃オフィスタワーでは、おしごと大王がブロックシティで開催する「タコスデー」に備えていました。表向きは愛とタコスを振る舞う日と宣言していましたが、実は世界中をタコ足の巨大メカで自分が理想とする形に固めてしまうという、世にも恐ろしいタコ足攻撃デー(略してタコスデー)だったのです。奇跡のパーツには、タコスデーに必要なスパボンを封じ込める力がありました。

西部の町では、ワイルドガールが師匠のウィトルウィウスと再会を果たしていました。さっそくウィトルウィウスは、エメットの脳内に入り込みます。彼の創造力を確かめますが、エメットの頭の中は見渡す限りの地平でした。
エメットが唯一創造するものは、「2段ソファー」です。上段は真ん中にいる人間が降りづらく、下段は上段に座る人間の足が邪魔になる、まったく役に立たない代物でした。
落胆するワイルドガールとウィトルウィウスでしたが、エメットはマスタービルダーたちが「上の人」と呼ぶもののビジョンを見たと言います。そしてウィトルウィウスは、エメットの頭が空っぽだからこそ、ビジョンをありのまま受け入れることができたと発見します。こうしてエメットは、マスタービルダーとしての訓練を受けることになります。

そうこうしているうちに、バッドコップが西部の町に突入してきます。逃げるエメット一行でしたが、逃走中に車輪が壊れてピンチに陥ります。ここでマスタービルダーとしての力量を試されたエメットは、自分の頭に車輪を取り付けて、自ら歯車となって活躍するのでした。
しかし、線路を渡ろうとしたときバッドコップから攻撃を受けて、ワニが待ち構える川へ墜落しそうになります。エメットたちが死を覚悟したその瞬間、ワイルドガールの恋人であるバットマンが助けに来ます。バットマンはバッドコップを追い払い、マスタービルダーたちが身を潜める中つ国(「指輪物語」のファンタジー世界のパロディ)にある、ユニキャット姫の国へと向かいます。

エメットは大勢のマスタービルダーたちの前で、全員でおしごと大王を倒すために、結束を促す演説をします。ところが、エメットがマスタービルダーではないことと、かつておしごと大王に挑んで惨敗したロボヒゲの反発もあり、信頼を得られませんでした。
そこへバッドコップが再登場し、ユニキャット姫の国は破壊されてしまいます。そして、多くのマスタービルダーが捕らわれてしまうのです。絶体絶命の危機に追い込まれたエメット一行の前に、宇宙飛行士のベニーが現れます。
こうしてエメット、ワイルドガール、ウィトルウィウス、バットマン、ユニキャット姫、ベニーの6人で、潜水艦を作って脱出を図ります。どうにか追手からは逃れますが、それぞれが好き勝手に組み立てた潜水艦の出来は最悪で、すぐに浸水して圧解してしまうのでした。

【転】- LEGO(R)ムービーのあらすじ3

海を捜索するバッドコップでしたが、潜水艦の残骸と2段ソファーしか確認できませんでした。エメットたちは死んだものと見なされ、そのまま引き上げていきました。
しかし、エメット一行は2段ソファーの収納ボックスに隠れて、生きながらえていました。そこへ首尾よくロボヒゲの海賊船がやってきて、ソファーごとエメット一行を引き揚げます。最初はエメットを快く思っていなかったロボヒゲでしたが、実用性がないと誰もが思っていた2段ソファーに無限の可能性を見出し、協力することにしたのです。

エメットはずばりマスタービルダーの弱点は、協調性がないことだと説きます。一方自分の強みは、マニュアルさえあれば何でも作れることだと言います。エメットは建設現場で働いていた知識と技術を生かして、おしごと大王を倒すためのマニュアルを作成します。
個性の強いマスタービルダーたちは、四苦八苦しながら初めてマニュアル通りに物を作ります。宇宙船に忍び込んだバットマンの機転もあり、宇宙船作りに必要なハイパードライブも無事に手に入れるのでした。

いよいよエメット一行は、オフィスタワーへと侵入します。普通の宇宙船に紛れることで難なくゲートを通過し、エメットとワイルドガールはスパボン室へと向かいます。
突入する前ワイルドガールは、本当は自分が選ばれし者になりたかったと漏らします。そして、自分の本名がルーシー(以下、ワイルドガールではなく「ルーシー」と表記)であると告げます。いい雰囲気になったエメットと手をつなぎかけたときに、任務を終えたバットマンが参上します。
ついにベニーとロボヒゲがスパボンのシールドを解除します。エメットはスパボンに奇跡のパーツを取り付けようとしますが、そこへおしごと大王が現れ、全員捕まってしまうのでした。

因縁の相手であるおしごと大王に「じじい」と罵られたウィトルウィウスは、たった一人でモブキャラたちを掃討します。ところが背後から襲われ、ウィトルウィウスは頭だけになってしまいます。ウィトルウィウスは最期に、エメットに向かって予言はウソだったと告白するのでした。
おしごと大王は、無の世界というオフィスタワーの下に広がる闇の中へ、エメットから取り上げた奇跡のパーツを投げ捨ててしまいます。そして捕まえたマスタービルダーたちを処刑する準備を整えると、いよいよ「タコスデー」を実行に移すのでした。
絶望に浸るエメットの前に、幽霊となったウィトルウィウスが現れます。そして「確かに予言はデタラメだったが、信じれば誰もが選ばれし者になれる」と語りかけるのでした。ウィトルウィウスの言葉に胸を打たれたエメットは、自分とつながっている処刑用のコードを引っ張り、自ら無の世界に落ちることで、仲間たちを救います。
助かったルーシーたちは、エメットの勇姿を世界中の人々に伝えるために、「ぼくズボ」の収録現場に乗り込みます。ルーシーは「おしごと大王に固められないように、皆で武器を作って戦おう」と訴えるのでした。
オフィスタワーを脱出する際、バッドコップから手描きの顔で善人となった「グッドコップ」と合流し、ベニーお手製の宇宙船に乗り込みます。街に行くと、人々は自分で武器を作って、敵と戦っていました。

【結】- LEGO(R)ムービーのあらすじ4

エメットは無の世界へと落ちていきました。目を覚ますと、そこにはレゴブロックで遊ぶ人間の男の子がいました。
実は無の世界というのは、上の人(=人間)が住む世界だったのです。そこへ仕事から帰ってきた男の子の父親が現れます。彼こそが上の人の正体で、エメットたちの世界の創造主でした。
父親は自分のレゴで遊ぶ息子を叱ります。完璧に統御されたレゴコレクションのジオラマは、まさしくおしごと大王が侵略する区切られた世界でした。父親はせっかく組み立てたレゴをバラバラにして、自由に組み替える息子に我慢ならなかったのです。
レゴは子どものおもちゃと言う息子の主張を無視して、父親は息子が遊べないように、スーパーボンドでレゴコレクションを固定し始めます。その姿は、タコスデーと称して世界を固めるおしごと大王そのものでした。
エメットは一生懸命身体を動かして、男の子に自分の存在をアピールします。男の子はエメットを見つけると、奇跡のパーツ(=スーパーボンドのフタ)をエメットの腕に取り付けて、レゴの世界へと帰すのでした。

レゴの世界では、おしごと大王の夢が達成目前となっていました。そこへマスタービルダーの力に目覚めたエメットが帰還します。無事に仲間たちと再会し、ルーシーは大喜びします。その様子を見ていたバットマンは、潔く身を引くのでした。
エメットが戻ってきたことで、あきらめかけていた人々も再び立ち上がります。そしてエメットは、単身でおしごと大王の元へ向かいます。
ところが、エメットはおしごと大王に拘束され、スパボンで固められそうになります。絶体絶命のピンチに瀕して、エメットは咄嗟に選ばれし者の力を使うと宣言します。馬鹿にするおしごと大王でしたが、エメットはそっと手を伸ばして「握手してほしい」と言います。それがエメットの選ばれし者としての力だったのです。

一方、上の人の世界では、息子が作ったレゴに感銘を受ける父親がいました。息子(=エメット)は「自分(=マスタービルダーたち)の創造性は、父親(=おしごと大王)を見て学んだものだ」と訴えるのです。
父親はオフィスタワーの中の様子を見ます。そこには、おしごと大王と対峙して、手を差し伸べるエメットの姿がありました。仕事に明け暮れて創造する楽しさを忘れていた父親は、おしごと大王と自分を重ね合わせます。
そして息子に、エメットはおしごと大王に何と言っているのかを尋ねます。息子は、エメットは「おしごと大王は世界一すごい、選ばれし者だ。そして、皆が選ばし者になれる」と説いていると伝えます。
改心した父親(=おしごと大王)は、息子(=エメット)に歩み寄ります。親子が抱き合うと、エメットたちもハグをします。父親はエメットに付けられた奇跡のパーツ(=スーパーボンドのフタ)に、スーパーボンドを装着するのでした。

父親と息子は仲直りをして、一緒にレゴを楽しみます。そこに母親が「今夜はタコスデーよ」と呼びかけます。すると父親は思いついたように、「これからは妹にもレゴで遊ばせる」と宣言します。
その頃、レゴの世界では新しい危機に直面していました。妹が作った謎のデュプロ星人が現れ、「みんな、めちゅぼうさせる」と世界征服を宣言する場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

本作は一見コマ撮りアニメのようですが、実は全てCGで作られています。エメットたちが活動する世界の全てがレゴブロックで表現されており、シャワーの水や爆発時の煙、波まで全部レゴなのです。レゴのキャラクターたちは、光沢や小さな傷なども付いているリアルな「レゴ質感」で、ちょろちょろと動き回る姿がとても愛らしかったです。本作では、ラストに三次元の者が突如映し出されるという、思わぬ展開が待っていました。レゴブロックで無邪気に遊んだ経験がある方なら、この展開に胸を打たれるのではないでしょうか。最終的には父親も息子も娘も一緒に仲良く遊ぶという素敵な結末を迎えて、温かい気持ちになれました。また、マニュアルがあるからこそ創造性が発揮されるという作品のメッセージにも、とても好感が持てました。

映画の感想を投稿する

映画「LEGO(R)ムービー」の商品はこちら