「R100」のネタバレあらすじ結末

ファンタジー映画

R100の紹介:2013年公開の日本映画。松本人志監督作品第4弾で、未体験リアルファンタジーエンタテインメント作品。SMを題材にしている。タイトルをそのままの意でとらえると「100歳未満の入場・鑑賞を禁止」となる。

予告動画

R100の主な出演者

片山貴文(大森南朋)、片山節子(YOU)、片山嵐(西本晴紀)、杉浦喜一郎(前田吟)、岸谷(渡部篤郎)、支配人(松尾スズキ)、声の女王様(大地真央)、丸呑みの女王様(片桐はいり)、唾液の女王様(渡辺直美)、女王様(寺島しのぶ)、女王様(冨永愛)、警察官(松本人志)

R100のネタバレあらすじ

【起】- R100のあらすじ1

片山貴文は、都内にある有名家具店に勤務しています。貴文の妻・節子は遷延性意識障害で何年も昏睡状態にあり、貴文は息子・嵐と2人で暮らし、家には時折義父・杉浦が訪問しました。貴文はある日、ふとした気の迷いから、謎の国際的官能組織が経営している「Bondage」に入会してしまいます。仕事と妻の見舞いと育児に明け暮れる鬱屈とした生活から脱却をしたかったのでしょう。しかし、入会を機にそれからの貴文の生活は一変してしまいます。というのも、それ以降、貴文の行く先々で「Bondage」から派遣された女王様が現れ、貴文を責めてきたのです。周囲は見て見ぬふりを装います。貴文は辟易しました。

【承】- R100のあらすじ2

慌ててクラブに電話をし、退会の旨を申し入れた貴文ですが、契約は1年間で途中退会はできません。寿司屋では大将が握ったさきから寿司を潰していく女王様、貴文に回し蹴りを食らわせ階段から落とす女王様、公園の噴水にひきずりこむ女王様…。困惑しつつも、貴文は徐々に官能の世界に目覚めていきました。貴文の職場に謎の男・岸谷が警告に来ますが、もう遅く、女王様は貴文の職場や自宅にも現れるようになっていました。ある夜、貴文の家に声の女王様と唾液の女王様が現れます。貴文と息子・嵐を縛り、声の女王様は貴文の周囲の人間の声真似でなじり、唾液の女王様はひたすら貴文に唾液を吐きかけます。

【転】- R100のあらすじ3

唾液の女王様が事故で階段から落ちました。気絶した女王様を、殺害されたと勘違いしたクラブの支配人は、弔い合戦と称して貴文のもとへ大量の女王様を派遣します。謎の男・岸谷が助けに現れますが、貴文の妻・節子と義父・杉浦は丸呑みの女王様に呑まれ、息子・嵐は車に轢かれそうになった時に恍惚の表情を浮かべました(Mに目覚めた)。BondageのCEOと女王様忍者軍団が貴文の潜伏する家を襲い、貴文は女王様が持っていた手榴弾で応戦します。しかしCEOにあえなく拿捕された貴文は懐妊し(男なのに!)、嵐と共に幸福そうな表情でグラビア撮影に臨みました。

【結】- R100のあらすじ4

……という、以上の内容が映画「R100」です。これは、実は100歳を超える大御所の映画監督が作った、新作の試写会だったのでした。試写会を見た関係者一同は、みな一様に渋面を作っています。内容があまりにも奇天烈だからでした。関係者たちは、その映画内容や矛盾点を次々に指摘します。それに対して監督のスポークスマンは「監督いわく、100歳になればこの映画の真意が理解できる」と答えました。その当の監督には周囲の声など聞こえていません。監督は自身の映画の試写を見て、ただひとり、うっとりと恍惚の表情を浮かべるのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「R100」の商品はこちら