TED

「TED(テッド)」のネタバレあらすじ結末

TEDの紹介:アメリカで製作されたセス・マクファーレン監督のファンタジーコメディ映画です。国によってはR指定されています。中年テディベアテッドとジョンの物語。

映画「TED(テッド)」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「TED(テッド)」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

TED(テッド)の主な出演者

テッド(声:セス・マクファーレン)、ジョン・ベネット(マーク・ウォールバーグ)、ロリー・コリンズ(ミラ・キュニス)、レックス(ジョエル・マクヘイル)、ドニー(ジョヴァンニ・リビシ)、ロバート(エイディン・ミンクス)、ガイ(パトリック・ウォーバートン)、トーマス(マット・ウォルシュ)、タミ=リン(ジェシカ・バース)、フランク・スティーヴンス(ビル・スミトロヴィッチ)、サム・J・ジョーンズ(サム・J・ジョーンズ・本人役)、ノラ・ジョーンズ(ノラ・ジョーンズ・本人役)

TED(テッド)のネタバレあらすじ

【起】- TED(テッド)のあらすじ1

世界で科学や産業が発展すると共に、人間は「魔法」というものを信じなくなりました。しかしそれでもなお「魔法」を信じる、一部の純粋な少年がいました。
そしてそれは、1985年のアメリカ・ボストンの郊外の街で起こります…。
ジョン・ベネットという少年が住んでいました。彼は内気な少年で、仲間や友達を作れずにいる子です。
「親友が欲しい。もし親友ができたら、一生手放さない」ジョンはいつもそう考えていました。
クリスマスの朝、ジョンは両親からクマのぬいぐるみをプレゼントにもらいました。幼いジョンと同じくらいの大きさの、茶色いぬいぐるみです。
抱きしめて胸のボタンを押すと「I love you(愛してるよ)」と言葉をしゃべるそのぬいぐるみを、ジョンは「テッド(TED テディ)」と名付けて、本物の友達のように扱いました。
「本当に話せたらいいのに。そしたら永遠の友達になれる…」
純粋な少年の心ほど、奇跡を起こすにうってつけのものはありません。
翌朝ジョンが起きると、なんとテッドは動いて喋れる、感情を持つぬいぐるみになっていました。ジョンの願いは叶い、ジョンは世界一幸せな少年になったのです。
ジョンは早速、両親にこのことを打ち明けました。冗談だと笑って流していた両親も、本当に動いて喋るテッドを実際に見ると、ヒキます。警察に通報するか、はたまたこの珍妙な生き物を銃で撃つか…などと騒動になりますが、息子・ジョンの願いが通じたのだと分かると「奇跡は本当に起こるのだ」と感激しました。
こういった話題はすぐに世間に知れます。あちこちのテレビ局でニュースに取り上げられ、またたくまにテッドは超有名人物(?)になりました。
テッドはすぐに人気セレブの仲間入りとなります。テレビ番組にひっぱりだこの人気者となったテッドでしたが、それでもジョンとはよき親友でした。
雷が怖い2人は1つの毛布にくるまりながら「一生、雷兄弟だ」と誓いを交わします。
しかし…喋って動くぬいぐるみ、この手のニュースに対し、世間が飽きるのも早かったのでした。短期間で皆の知る存在となったテッドは、その後、ジョンの成長と共に「やんちゃ」も覚えていきます。
幻覚キノコで逮捕されたり、酒とドラッグに浸ってみたり…唯一変わらないのは、ジョンとの友情だけでした。ずっと一緒に成長し、これからもいつまでも一緒…ジョンとテッドはそう思っています。
ジョンが30歳を越えてロリー・コリンズという女性と交際を始め、同棲してもテッドとの仲は相変わらずでした。

【承】- TED(テッド)のあらすじ2

そして2012年現在…35歳になったジョンは、『リバティ・レンタカー』の従業員として働きつつも、テッドと仲良しです。
いつも2人で行動するジョンとテッドの精神年齢は小学生レベルのままで、少々幼稚すぎることもありました。休日にはマリファナを回し飲みしながら、幼少から愛してやまない映画『フラッシュ・ゴードン』を見ては喜ぶ生活です。
これに業を煮やしたのは、ジョンの恋人・ロリーでした。いつまでも子どもの心を忘れず、自分を驚かせてくれるジョンのことは好きですが、付き合って4年も経つのに2人の仲は発展することもなく、ジョンはぬいぐるみと戯れている…これでは、どっちが恋人なんだか分かりません。
ロリーの感情を爆発させる出来事がありました。ジョンとロリーが付き合って4年の記念日、2人はいいムードでレストランで食事して帰宅します。
すると留守番をしていたテッドが4人のデリヘル嬢を連れ込み、映画鑑賞していました。しかもデリヘル嬢の1人が部屋の隅で脱糞していました。罰ゲームで、です。
怒り狂うロリーと対照的に、ジョンはレストランから持ち帰ったエビの殻で応対するという、誠に「お前ら子どもか」状態…そう、精神年齢は8歳児のテッドとジョンなのです。
ロリーは自分かテッドのどちらかを選べとジョンに迫り、ジョンはやむをえずテッドに別居を切りだしました。一生雷兄弟の、別れの時です。
部屋を借りたテッドは、家賃を払うために職探しを始めました。スーツを着たテッドは面接に臨み、スーパーの店長・フランクに気に入られてレジ店員に採用されます。
ジョンとテッドは別れて暮らし始めました。
別れて暮らし始めてからも、ジョンとテッドは変わりません。大好きなテレビドラマ『チアーズ』のDVD-BOXが手に入るとテッドは嬉々としてジョンに電話をかけ、ジョンは恋人・ロリーがケガをしたとウソをついて仕事を抜け出し、テッドの家に行く始末です。
テッドはスーパーのレジ店員仲間の女性・タミ=リンと親しくなり、交際を始めました。ジョン&ロリー、テッド&タミ=リンでダブルデートをしますが、タミ=リンとロリーの波長が合いません。
ロリーを怒らせる決定打がありました。
『プリマス広告社』で働くロリーは、レックス社長に言い寄られていました。断ってもしつこく何度も迫られます。
レックス社長の家で創立20周年パーティーが開かれました。カップルで出かけたジョンとロリーですが、ジョンはテッドからの電話を受けます。
今日ばかりは…と断るジョンに、テッドが耳寄りな情報をもたらします。テッド宅で開いたパーティーに、なんとダチのいとこのダチでサム・J・ジョーンズが来たというのです。

【転】- TED(テッド)のあらすじ3

サム・J・ジョーンズといえばジョンとテッドが幼少期からリスペクトする『フラッシュ・ゴードン』の主演俳優さんでした。年を取っても髪の毛は6:4分けで、フラッシュ・ゴードンのままです。
ジョンにとってサム・J・ジョーンズは導師であり、善悪を教えてくれた存在であり、テッドとの友情の証なのです。会わずばなるまい…そう思ったジョンは、レックス社長に「30分だけ留守にする」と言ってパーティーを抜け出し、「気分はナイトライダー」でテッド宅へ行きました。
生のサム・J・ジョーンズと会って感激したジョンは夢心地になり、時間の経過を忘れます。テッド宅ではバカ騒ぎで壁に穴を開け、隣人のアジア系男性(とアヒル)が乱入してくる事態も起きました。
ジョンが我に返った時には既に時間は22時半を過ぎており、レックス宅のパーティーはとっくに終わっていました。
ロリーがテッド宅に現れて、ジョンに同棲解消…つまり別れを切り出します。テッドにも八つ当たりするロリーには取りつく島もなく、ジョンは寂しくビジネスホテル『ミッドタウン・ホテル』に身を寄せました。
ジョンとロリーが別れたことはすぐにレックスに知れ、ロリーはデートを断りきれなくなります。1度だけ、野外音楽堂のノラ・ジョーンズのライヴに、一緒に行くことを約束しました。
レックスとロリーが一緒にいるところを見たテッドが、ジョンに告げに来ましたが、ジョンはなかなか信じません。
ロリーと別れたジョンは破れかぶれになっていて、テッドとジョンは生まれて初めて大喧嘩をしました。口論から始まり、殴り合いの喧嘩に発展します。
2人とも本気で戦いますが、戦い疲れて泣きだしたジョンとテッドは仲直りし、「ロリーを取り戻そう」と一致団結しました。2人で野外音楽堂に行きます。
ノラ・ジョーンズと10年来の友人だったテッドが話をつけ、ノラ・ジョーンズのコンサートの途中にジョンが登場するというサプライズを決行しました。
そこでジョンはロリーとの思い出の曲『All Time High』(映画『007/オクトパシー』の主題歌)を歌いますが、あまりにも音痴なので周囲からブーイングの嵐です。しかも「殴ってやる」と乱入した男を、ジョンが思わずスタンドマイクで殴る騒動も起き、会場はムチャクチャになりました。
見かねたテッドがひとりでロリーを訪問し、ジョンのことでロリーを説得します。「俺はもう二度と現れないから」とテッドは究極の選択をするのですが、ロリーは「これは二人(ジョンとロリー)の問題で、修復不可能」と答えました。
でもとにかく会ってやってくれとテッドが頼み、ロリーはジョンのいる店へ足を運びます。ロリーがやってきたことをジョンは驚きながらも、潔く別れようと決めました。本当はまだジョンが好きなままなので、ロリーはまたも揺れます。

【結】- TED(テッド)のあらすじ4

ロリーを送りだしたテッドは、ジョンと決別しようと決めました。その時に、テッドの大ファンのドニーとロバート親子に拉致されます。
ドニーはジョンと同年代で、テレビでテッドが活躍するのを見てずっと憧れていました。そして自分に息子ができたあかつきには、絶対にテッドのようなぬいぐるみを与えたいと考えています。
ドニーとロバートは自宅へテッドを持ち帰りますが、ロバートはテッドを乱暴に扱いました。耳をちぎられたテッドは、ホッチキスでくっつけますが本能的に恐怖を感じ、隙を見てジョンの携帯に電話をかけます。
ジョンは「話がある」と言われ、ロリーの車に乗っていました。ジョンにとっては正念場で「大事な話」と言われましたから、非通知の着信には出ませんが、何度もかかるのでロリーにも促されて電話を取ります。
声の主はテッドで、しかも変態親子(ドニーとロバート)に拉致されたという内容でした。通話は途中で切られます。ドニーに電話線を切られたのです。非通知なのでかけ直しもできません。
しかしジョンは思い出しました。テッドがアパートを探している頃、「テッドを売ってくれ」とドニー親子に声をかけられて、連絡先の住所をもらっていたのです。
ロリーも協力し、ジョンとロリーはダニー宅へ向かいました。
電話で連絡を取られたドニーとロバートは、車で逃げる途中でした。カーチェイスを展開したドニー親子とジョンらは野球場に向かい、ドニーはテッドを連れてライトの鉄塔にのぼります。
テッドは無理に引っ張られ、上半身と下半身がまっぷたつに裂けました。パトカーがやってきて、ドニー親子は逃げます。
球場で綿を集めてテッドを連れ帰ったロリーとジョンは、家で必死に縫い合わせますが、テッドは命を失った、ただのぬいぐるみに戻りました。ジョンは落胆します。
ロリーも罪の意識を感じ、夜空の星に祈りました。
…翌朝、再び奇跡が起きました。テッドが生き返ったのです。ロリーの願いが叶えられたのでした。
ロリーとジョンは仲直りし、ジョンはプロポーズします。ジョンにはテッドが不可欠だと感じたロリーは同居を認め、後日、サム・J・ジョーンズの立ち会いの下、結婚式が開かれました。
…その後の話を少しだけ。テッドとタミ=リンの交際はまだ続いています。テッドは店長に昇進しました。
サム・J・ジョーンズはハリウッドで映画界に復帰を果たし、バーバンクでブランドン・ラウス(ダメな方のスーパーマン俳優)とルームシェアします。
レックスはロリーを諦めてうつ病になり、屁の爆発で他界し、ドニーはボストン警察が「ぬいぐるみ誘拐罪」で逮捕するも、罪名がアホらしすぎて告訴は取り下げました。
その息子・ロバートは大幅な減量に成功し、テイラー・ロートナー(アメリカでそこそこ有名なテレビドラマ俳優)になりましたとさ。

みんなの感想

ライターの感想

人気爆発につき、『TED2』も絶賛公開中ですが、その初回作にあたる『TED』の日本語訳についての情報です。アメリカ発の映画なのに、「これは日本人じゃなきゃわからないのでは?」という訳が付けられているシーンが多いですよね。
原文を直訳した言葉では、現地で暮らしている人でなければ理解ができないであろう、人の名前などがよく登場します。そのために、日本人でもわかるように翻訳したのですが、直訳の内容から変更する際は、翻訳案を公募して決めたそうです!「くまもん」「星一徹」「ガチャピン」などなど。日本ならではの名前が登場したのは、こういうわけなんですね。でもこの訳のおかげで、お腹をかかえて笑うことができました。翻訳の深さに感謝ですね。

ライターの感想

斬新。モフモフなのにブラックコメディ! 可愛いはずなのに、声がおっさん!
でもこのジョンとテッドの意気投合ぶりを見ていると、なんか癒される…。
ほんとに仲がいいんだろうなあ…周囲には、はた迷惑極まりないんだけど。
今作品は好評を博し、続編まで作られることになった。
だって面白いもん。
アメリカだからこそ判るネタが随所にちりばめられており、それを「日本的に訳す」のに苦労したっていうのも納得。
字幕版でも吹き替え版でも、二度楽しめそうな感じ?
ノラ・ジョーンズが本当に出演してたのには、吃驚仰天した(笑)。

ライターの感想

テッドと、ジョンとその彼女のローリーの3人でコンサートに行くシーンが印象的です。
結婚に踏み切れないジョンのために、テッドはローリーにいいところを見せるため、ジョンをステージに上がらせて歌を歌わせます。
せっかくのチャンスなのにジョンはとても音痴なので、その場の空気を台無しにしてしまいます。
驚いたのは、そのコンサートにでている歌手が本物のノラ・ジョーンズで、そのまま本人役で出演しているということでした。しかもテッドの元セフレという設定で面白かったです。

映画の感想を投稿する

映画「TED(テッド)」の商品はこちら

テッド [DVD]