「のぞきめ」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

のぞきめの紹介:TV局の新米ADの彩乃はある青年の怪死事件を取材することになるが、被害者の恋人は「彼は呪い殺されたんです」と口走る。山奥の廃村に伝承される「のぞきめ」という化け物のことを調べる彩乃の身辺に次々と怪異が起こり、彩乃自身にも魔の手が伸びる。原作は三津田信三の同名小説。2016年4月2日公開。監督:三木康一郎。

予告動画

のぞきめの主な出演者

三嶋彩乃(板野友美)、津田信二(白石準也)、岩登和世(入来茉里)、岩登佳世子[和世の母](東ちづる)、四十澤想一<あいざわそういち>(吉田鋼太郎)、城戸勇太郎(小澤亮太)、宮澤奈美(武田玲奈)、スズ(石井心愛)、中岡仁(池田鉄洋)、高田恵一(つぶやきシロー)、若き日の四十澤想一(玉城裕規)

のぞきめのネタバレあらすじ

【起】- のぞきめのあらすじ1

TV局の新米AD三嶋綾乃は深夜残業している時に事故発生の連絡を受け取材に行きます。
大学生の城戸勇太郎が自宅マンションの階段から転落死したのですが、死体の腹部が異様にねじれて口には泥が詰まっていました。
後日現場に取材に行った彩乃は勇太郎の恋人の岩登和世に会いますが、和世は「勇太郎は隙間から覗かれて呪い殺された」と言います。
部屋の中は隙間という隙間にガムテープが貼られていて、和世は鈴の音とキッチンの排水口の中から覗く目を見て飛び出して行きます。
彩乃が和世の家を訪ねると、和世は自分の部屋に閉じこもって勇太郎と同じように隙間を全部塞いでいましたが、わずかな隙間から目を見てしまい錯乱して入院します。
病院で落ち着いた和世は、サークルの合宿の時に勇太郎と2人だけで六武峠を越えて廃村に行き、村の中にあったお堂の窓から誰かに覗かれて以来おかしくなったと話します。
彩乃は恋人の津田信二と一緒にその村へ行くことにします。 この映画を無料で観る

【承】- のぞきめのあらすじ2

彩乃と信二が六武峠に行くと、峠から和世が撮った写真の村があった場所は湖になっていました。峠を越えようとすると巡礼姿の少女が現れ、2人は引き返します。
帰ってネットで調べると、あの湖は総名井(そうない)ダムと言って50年前にできたものでした。ダムの底に沈んだ村の名前は侶磊(ともらい)村といいます。
和世と勇太郎は50年前にダムに沈んだ村にどうやって行ったのか?小説家志望の信二がいろいろ調べていると「侶磊村に「のぞきめ」という六部殺しにまつわる化け物の伝承がある」と書かれた本を見つけます。
六部とは六十六部の略で、全国各地の霊場を巡り歩いた巡礼者のことです。その六部をもてなすふりをして家に泊めて殺し金品を奪う「六部殺し」の伝説は日本各地に伝わっています。
本の著者の四十澤想一を訪ねた彩乃と信二は、四十澤が50年前大学生の時に六部殺しの調査で侶磊村を訪れ、鞘落(さやおとし)という屋敷に泊まった話を聞きます。
その頃病院にいた和世は鈴の音と天井の換気口から覗く目に怯えて病院を脱走し彩乃と信二の目の前でトラックに轢かれますが、その死体は腹部がねじれていました。

【転】- のぞきめのあらすじ3

彩乃が信二の部屋に行くと中は真っ暗で、シンク下の引き戸が少し開いています。開けると、中には血まみれで体を折り畳まれた和世が詰まっていました。
信二は「最近ずっと誰かに覗かれている、次は俺が狙われる」と錯乱状態になって精神病院に入院してしまい、彩乃は再び四十澤を訪ね話の続きを聞きます。
50年前、夜密かに鞘落家の敷地に入った四十澤がお堂を見つけると、床下の穴倉に10歳くらいの少女が監禁されていました。少女はタエという孤児で、昔鞘落家の先祖が殺した巡礼の少女の怨霊を鎮めるための生贄とされていたのです。
四十澤はタエを連れて村を逃げ出し、祟りを鎮められなくなった侶磊村は滅びてダムの底に沈みました。しかしその後タエは死に、四十澤も常に誰かに覗かれるようになり自ら目を潰してしまいますが、覗かれる気配は消えませんでした。
「一度覗かれれば、のぞきめの恐怖からは逃れられない」
入院している信二も恐怖のあまり箸で自分の目を潰してしまいます。
のぞきめが「助けて」と言うのを聞きもう一度六武峠に行く決心をした彩乃に、四十澤はタエが持っていた念珠を渡します。 この映画を無料で観る

【結】- のぞきめのあらすじ4

六部峠に着いた彩乃の前に少女が現れます。彩乃は少女の怒りや苦しみ、悲しみなどを聞くと言うと、少女は彩乃を50年前の侶磊村へ案内します。
少女の名前はスズ。母と2人で巡礼の旅をしていて侶磊村に着き、鞘落家に泊まりました。夜中になると家の者は母親を斧で腹を斬りつけ殺してスズを生き埋めにしました。
我に返った彩乃は、タエが持っていた念珠がスズの母親の形見だったと知り、スズの埋められた場所に供えます。
その時、土の中から手が出て彩乃の足を掴み「お母様」と呼びながら引きずり込もうとします。
「わたしはあなたのお母様じゃない!」必死に抵抗する彩乃でしたが、ずるずると土の中へと消えて行きました。
一年後、信二は退院して盲目の作家・三津田信三となって「のぞきめ」を出版しました。夜になって一年前に彩乃のために買った指輪を指で触っている信二の耳に鈴の音が響きます。
「いつくれるの?」
カーテンの向こうから声がします。
「いつくれるのよ?それ」
窓の外に血まみれの彩乃が立っていました。

みんなの感想

    mieさんの感想

    トントンと話が進んでいくので、まどろっこしい進み方が苦手な方は観やすいかと思います。
    ストーリーも何回も観ないと理解出来ない内容ではないので、じっくり観たい方には物足りないんじゃないかなと思いました。
    ホラーですが、所々ビックリする場面もありましたが、そこまで気持ち悪くなるような描写はないので、あまり気負いせずに観られます。

    主演の板野友美さんは好きでも嫌いでもありませんが、あの独特の吐き捨てるように早口になってしまうセリフ読みが「気だるさ感」が出てしまっているな~と気になってしまいました。

映画の感想を投稿する

映画「のぞきめ」の商品はこちら