「ひきこさんVS貞子」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ひきこさんVS貞子の紹介:2015年製作の日本映画。都市伝説ホラーである「ひきこさん」シリーズの第4弾。ひきこさんと、伝説の超能力者・貞子が対決する。どちらが勝っても明日はない…。

この映画を無料で観る

予告動画

ひきこさんVS貞子の主な出演者

夏目しおり(高山璃子)、三浦なぎさ(五十嵐夏実)、ゆりえ(呉地佑菜)、草野りさ(三浦絵里香)

ひきこさんVS貞子のネタバレあらすじ

【起】- ひきこさんVS貞子のあらすじ1

高校生の夏目しおりは、学校でイジメを受けていました。
ノートに「死ね」と書かれたり、授業中に画鋲で背中に「死ね!!!」という貼り紙を貼られたり、授業中でも物を投げつけられたりします。
授業中なので先生も気づくはずなのですが、見て見ぬふりをします。
いじめグループのリーダー格は、ゆりえという大病院の院長の娘でした。ゆりえは学校でもみんなを率いる立場にあり、誰も逆らえません。
非常階段でしおりを突き飛ばして「飛び降りろよ」と命令した後、落ちたしおりの財布の中から、ゆりえたちはお札を抜きとりました。
そのお金は、しおりの家の食費です。お札を抜かれたので小銭しかなく、帰りの買い物に困ったしおりは、さつま揚げを買って夕食を作りました。
しおりの両親は健在です。家でもしおりは虐待を受けていました。
両親はしおりに毎日家事や掃除を強要します。いじめグループにお金を巻き上げられて、さつま揚げの煮物しか出せないしおりを、飲んだくれの父は殴る蹴るをして憂さを晴らしました。
テレビ番組で催眠術が話題になった翌日、クラスで早速「催眠術」と称したいじめがしおりになされます。
「催眠術にかかったんだから」としおりを無理やり座らせてモップで叩き、「ブタにした」と言って四つん這いにして歩かせ、モップでつつきました。
いじめはエスカレートして、「服を消してみせます~」と言って、クラスの生徒たちがしおりの服を脱がせます。男子生徒たちは、一斉に携帯カメラで撮影しました。
しおりには親友・三浦なぎさがいました。なぎさだけはいじめグループに加わらず、しおりへのいじめを止めたいと考えています。
でもいじめを止めると自分もいじめられるので、なかなか言い出せません。しおりもそれを分かっていて、なぎさに「止めなくてもいいよ」と言いました。
催眠術と称したいじめの翌日、しおりの上半身下着姿の写真がプリントされ、教室中に貼られます。
写真だけでなく「インラン」「ペチャパイ」「ヘンタイ」などの言葉も書きなぐってありました。
さすがに腹にすえかねたなぎさがクラスの男子に食ってかかり、しおりとなぎさはクラスのいじめの対象になります。
クラス中が煽って、2人はスカートをめくられたり、突き飛ばされたりしました。
その日の放課後、しおりはなぎさに感謝しつつ「いじめには理由なんてないんだよ。飽きれば終わる」「あの人たちとずっと一緒ってわけじゃないし」と言います。
なぎさの気持ちが嬉しいしおりは、なぎさの手をぎゅっと握りました。 この映画を無料で観る

【承】- ひきこさんVS貞子のあらすじ2

なぎさが「ひきこさん」という都市伝説をしおりに話します。ネットで話題になっているのですが、しおりは携帯を持っていないので、知りませんでした。
『ひきこさんとは…
都市伝説のひとつ。学校でのいじめや両親の虐待に耐えかねたひきこさん、本名・森妃姫子(もりひきこ)が、怪異化したもの。
白いぼろぼろの服を着た女性が餌食となる人間を捕まえると、肉塊になるまで引きずりまわすというもの』です。
さらになぎさは、『救世主 ひきこさん』というホームページの情報を知らせました。
そのサイトは「私たちがイジメに苦しむとき、必ずひきこさんが助けにきてくれる…」というものです。
そこへ書き込みをすると、いじめの場にひきこさんがやってきて、いじめっ子を退治してくれるというものでした。
ひきこさん自身がいじめや家庭内暴力に悩まされたから、いじめられている人の気持ちが理解できるというのです。
「妖怪なのに?」と訊いたしおりに、なぎさは「人間の方が残酷なのかもね」と答えます。しおりは、なるほどと思いました。
その夜、なぎさはしおりのために書き込みをし、月に向かってお祈りしました。
同じ頃、夜道をあるく女子生徒・伊熊みすず、中野あやか、山岸たかこの3人が、何者かによって連れ去られます。水の音がして、白い服の女の姿が現れました。
結局みすず、あやか、たかこら3人は行方不明のままでした。3人はしおりをいじめていた生徒たちでした。
病院長の娘・ゆりえが、父の病院に勤務し、催眠術を操れるという若い男性の宝来先生に頼み、腕前を見せてもらいます。
ゆりえはクラスメイトの取り巻きの1人・草野りさに催眠術をかけるよう、宝来先生に命じました。宝来先生は本当に催眠術をかけます。
催眠術にかかったりさは、宝来先生が手を叩くとぴょんぴょんと跳びはね、犬になって四つん這いで周りを歩き始めました。
しかし催眠術の途中でりさは痙攣をしはじめます。「まずい」と言った宝来先生は合図をしてりさを元に戻しますが、催眠術は完全に解けてはいませんでした。
りさはその後、謎の頭痛に悩まされます。

【転】- ひきこさんVS貞子のあらすじ3

登校したりさは、クラスメイトの心の声が聞こえるようになっていました。頭痛もひどく、りさは保健室に行きます。
廊下でみすず、あやか、たかことひきこさんの幻影を見たりさは、悲鳴をあげました。
そこへ宝来先生と助手の若い女性看護師・カミーラが現れ、りさに注射を施して連れ去ります。
宝来先生は、りさの変化に気づきました。厳密には、催眠術自体は解けているのですが、催眠術がきっかけで千里眼(遠くの出来事や将来を見通す力、隠していることを知る能力)が目覚めたことを知ったのです。
大正時代に千里眼を持つとされる3人の女性霊能力者がいました。「尾上千鶴子」「長瀬郁子」「高村貞子(注:一般的によく知られている貞子は「山村貞子」)」の3人です。
3人の中でも特に高村貞子は能力が強く、ヒステリックで激高しやすいタイプの女性でした。
りさが催眠術にかけられた後、性格がヒステリックになったことで「高村貞子」が憑依したことを知った宝来先生は、りさを研究対象にして一躍時の人になろうともくろみました。
りさは、自分の中にもう1人の人格・貞子がいることに怯え、とってかわられるのではないかと恐怖します。
元の自分に戻してほしいと頼むりさに、宝来先生は「研究に協力してくれたら」と約束しました。
りさは、生前の貞子が自殺したのではなく、千里眼に怯える民衆に捕らえられて「吊るされた」と知ります。宝来先生は、この呪いは根深いと思いました。
実はりさは、しおりのことが好きでした。同性愛です。りさがいじめのグループに加わったのも、しおりがなぎさと親しくしていて、自分のことを見てくれないという嫉妬からでした。
嫉妬によるりさのねたみはしおり自身に向かい、「死んでしまえ」「みんな死んでしまえ」と教室で叫びます。
りさに触発され、しおりは男子生徒に捕まって輪姦されました。
りさの顔つきは変化してただれ、服も着物に変わります。りさが頭を鷲掴みにした女子生徒2人は、千鶴子と郁子に変化しました。
黄泉の国から蘇った2人は、自分たちを死に追いやった民衆たちを後悔させるため、誰彼なしに攻撃を開始します。
男子生徒たちは首の骨を折られ、血祭りにあげられました。しおりはそんな中、放心状態で帰宅します。
レイプされたしおりは、河原で手首を切って死のうとし、なぎさが駆け付けました。自殺を止めてしおりを家まで送ったなぎさは、しおり宅に異変を感じます。

【結】- ひきこさんVS貞子のあらすじ4

しおり宅には白いワンピース姿のひきこさんが登場し、両親は殺されていました。父は拷問されて口の中に財布を入れて殺され、母はしおりとなぎさの目の前で、頭を何度も壁にぶつけられて死にます。
ひきこさんは次に、なぎさをひきずり始めました。なぎさが「(いじめているのは)私じゃない」と言っても聞きません。
なぎさを探して学校へ行ったしおりは、そこでなぎさをひきずるひきこさんを見つけます。同じ時、学校の生徒たちを惨殺した3人の和服姿の霊能力者・貞子、千鶴子、郁子が登場しました。
お互いに「物の怪」の存在だと知った両者は、念を送って戦います。
千鶴子が腹をえぐられ、郁子はひきこさんに首を持ち上げられ、首の骨を折られました。ひきこさんはその後、しおりを蹴ってなぎさを捕まえ、ひきずりながらどこかへ消えました。
家に戻ったしおりは、自宅のノートパソコンを探しだしてなぎさが言っていたホームページを閲覧します。なぎさがまだ生きていると知ったしおりに、貞子が接近しました。
貞子はひきこさんと決着をつけるため、しおりを人質にします。ひきこさんは「いじめる相手」をやっつけた後、最後に「いじめられた子」も「主食」にして満足していました。
貞子はしおりを盾にとり、ひきこさんの世界に入り込みます。
ひきこさんの世界は廃墟となっており、そこにはこの世の者とは思えない人たちの苦しむ声が聞こえました。
ひきずられた相手が、たくさん壁に吊るされています。吊るされた中には、宝来先生もいました。天井にも犠牲者が飾られています。
奥の部屋にひきこさんとなぎさはいました。天井からぶらさがる裸電球をつけると、一斉に壁の人間たちがしおりに群がってきます。
その中で、奥にいたなぎさを助けたしおりは、一緒に逃げようとしました。
奥からひきこさんが現れ、貞子はひきこさんと立ち向かいます。
貞子はハンドパワーで、ひきこさんはカッターで戦います。
ひきこは「私の力なしでは、ここから抜け出せない」と言い、貞子は「現世の愚民どもを呪い殺してやる」と言いながら格闘しました。
戦いはひきこさんの勝利で、貞子は首の骨を折られて、りさの姿に戻ります。
「逃げて」と絶叫するなぎさでしたが、しおりはひきこさんに捕まり、ひきずられました。
(ひきこさん以外、登場人物は全滅)

みんなの感想

ライターの感想

タイトルが『ひきこさんVS貞子』とあるだけに、あの貞子と思ってしまいますが、違いました…。
なので言うほどバトルも激しくありません。
ひきこさんシリーズの系統なので、バトルはあっけなく、ひきこさん勝利に終わります。
映画のレベルはあまり高くありませんが、バトルに至るまでの経緯が
ある程度は、説得力があります。
…むしろ、主人公・しおりの置かれた立場が可哀想なので、
しおりにとってハッピーな結末にしてほしかったなあ。

    あおしさんの感想

    怖すぎる…

    アンチさんの感想

    なんも面白くない怖くない、(個人的意見)
    頑張って映画作った中申し訳ないが、もう、監督職やめろ!糞映画、ウケ狙いで作ったならば、納得できるが、そもそも、演技が素人すぎ、役者をなめすぎ、正直殺意が芽生えた。BGM意味不明、効果音理解不能、画面くらすぎ、ホラーやからと言っても限度がある、金さえあれば、誰でもつくれる、タイトル画像詐欺ってる、金があったとしてももっと良いの作れる。

    長文ごめんなさいさんの感想

    懲役90分の刑。
    ただでさえ滅茶苦茶なストーリーとパチモン貞子に、
    稚拙な役者の演技と場違いな音楽、効果音を
    ミキサーでグチャグチャにしてぶちまけて生まれた、
    クソみたいな映画です。

    まず、最初から貞子を召喚するまで、見ていてダルいです。
    全く面白くもないギャグや、
    ところどころの意味不明な部分を楽しめない限り、
    苦痛になること間違いなしです。
    最後のバトルも粗末だったし、
    終わりの方も、最後まで見ていた良かった感0です。

    また、パッケージに
    『リングシリーズの貞子』を出しておきながら、映画本編に『自分のことをその有名な貞子だと思いこんでいる?貞子』が
    出すという始末です。
    この映画を製作した監督は貞子を出してりゃ、
    駄作が名作になるとでも思ってるのでしょうか。
    人をバカにするのも大概にしてほしいものです。

    そして、一番の極めつけは
    幼稚さがにじみ出る、音楽や効果音です。
    場面に合わない音楽や、
    大したことないのに無駄に迫力のあるバラエティ効果音が
    大きな問題となってると感じます。

    以上の点から、
    製作に使われた時間と費用、
    あと、この作品を見るのに使ったお金と時間を
    無駄にしてしまったと実感できる作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「ひきこさんVS貞子」の商品はこちら