「らせん」のネタバレあらすじ結末

らせんの紹介:1998年公開の日本映画。見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオ」にまつわる鈴木光司の小説「リング」の、続編にあたる作品である。原作は鈴木光司の同名小説『らせん』。前作『リング』と同時上映された。

この映画を無料で観る

らせんの主な出演者

安藤満男(佐藤浩市)、高野舞(中谷美紀)、高山竜司(真田広之)、宮下(鶴見辰吾)、山村貞子(佐伯日菜子)、吉野(松重豊)、前川警部補(小木茂光)、浅川玲子(松嶋菜々子)、伊熊平八郎(伴大介)、小林(真鍋尚晃)、舟越(安達直人)、安藤利恵子(加倉井えり)

らせんのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東京都監察医を務める安藤は、わが子を幼くして亡くして以来、死ばかり考えている。安藤の元に学生時代の友人・高山竜司の遺体解剖が持ち込まれた。解剖した安藤は「DNA PRESENT」という暗号を見つける。 ②同僚の宮下は高山から謎の潰瘍を摘出。それが天然痘ウイルスだと知る。呪いのビデオと手帳が持ち込まれた安藤は、呪いが本物と知りビデオを破棄、これが高山のメッセージだったと思う。 ③高山の恋人・舞と関係を持った安藤は、貞子をこの世によみがえらせてしまう。ビデオはなくなったが「手帳」で新たな呪いが伝染した。安藤は貞子に協力することで息子・孝則を取り戻し束の間の幸福を得た。

【起】- らせんのあらすじ1

安藤満男は東京都監察医をする男です。
2年前に海難事故で幼い息子・孝則を亡くして以来、人生に対してやる気を失い、毎日死ぬことばかりを考えていました。
孝則を救えなかった時に結婚指輪についた息子・孝則の頭髪と、息子の写真を眺めて毎日暮らしています。
ある日安藤は、大学時代の同級生で、かつ友人であった高山竜司が死んだ知らせを受けます。
変死なので、安藤の勤務する東京都監察医務院に高山の遺体は運ばれました。安藤が解剖を担当します。
高山の遺体は特に外傷もなく、原因不明なので行政解剖になりました。いわゆる突然死扱いです。
同僚の宮下と一緒に解剖を始めた安藤は、高山の心臓左側に壊死の痕を見つけ、左冠動脈閉塞による心筋梗塞とみなしました。
高山の喉に小さな潰瘍ができているのを宮下が見つけ、取っておきます。
高山の胃の中から「4141 74262918」と書かれた小さな紙片を見つけた安藤は、生前の学生時代に暗号作りが流行し、高山が「俺の作った暗号を解けたのは、安藤だけ」と言っていたことを思い出しました。
高山の、人とは違う能力を知る安藤は、高山の遺体が安藤に解剖されることまで予知して残した、自分宛の高山の最期のメッセージだと思いました。安藤は暗号解読に着手します。
安藤は高山の恋人・高野舞と会いました。死ぬ直前の高山の健康状態について質問しますが、特に変わったところはないと舞は言います。
舞は「死因はビデオテープ。ビデオを見たら死ぬ」と言っており、安藤はそれが気になりました。
ところで高山の死因は血管にできる腫瘍によるもので、喉の潰瘍は天然痘に似ていると宮下が言います。
そんな折、高山の元妻・浅川玲子と息子・陽一が自動車事故で見つかったという知らせが入りました。
陽一は事故の前に死んでいた可能性があり、玲子は運転途中で後部座席の息子が死んでいるのを見つけて、振り返ったことによって運転を誤ったのではないかと目されます。 この映画を無料で観る

【承】- らせんのあらすじ2

玲子の上司のTVディレクター・吉野は安藤を訪ね、聞きこみをしました。安藤は「自分の遺伝子をこの世界に残したことを後悔している」と高山が言ったことを思い出します。
吉野は「ぜひ見てもらいたいものがある」と言い、玲子が残した手帳とビデオを安藤に渡しました。手帳を読んだ吉野は、そのビデオは「母・志津子が自殺し、実の父に殺された山村貞子の怨念が宿り念写された」もので、貞子には人を呪い殺す力があったと告げます。
科学的な見地から裏付けが欲しいので、ぜひ安藤に協力してもらいたいと言うと、吉野は咳をしながら去りました。
高山のメモから導き出された暗号は「DNA PRESENT」でした。ばかばかしい…と思いながらも、安藤は気になって仕方ありません。
吉野刑事から託されたビデオテープを視聴した安藤は、ビデオ視聴の後もさらに、南伊豆診療所で縁が1か所欠けた井戸と、ナタを持つ父に襲われて井戸に落ちる貞子と「生まれてくるべきじゃなかった」と父に言われる幻影を見ました。貞子がテレビから出てきます。
ビデオテープに呪いが本当にこもっていると感じた安藤は、ビデオテープを何度も打ちつけて壊します。
そして吉野に連絡を取り、「この事件は報道してはならない」と進言しました。貞子の怨念がこもっている、本物の呪いだとも告げます。
しかし吉野は編集して、放送する気です。すでに貞子の出生についてもあれこれ調べていました。
吉野が持っているマスターテープを渡せと安藤は詰め寄りますが、取っ組み合いをしても吉野は渡しませんでした。
同僚の宮下が、同じ症状で死んだ人間が4人いることをつきとめ、喉にあった潰瘍は一種のウイルスかもしれないと安藤に言います。
舞が訪れ、最後に高山が残した分厚い封書を安藤に見せます。大量の数式の後、最後の一枚は海辺で手を繋ぐ父子のイラストでした。
安藤は「自殺しても死にきれない自分に死をもたらす代わりに、ビデオテープをこの世から消滅させてほしい」というのが高山の願いだと思います。
舞は「違う」と言いますが、安藤はそう思います。
安藤は吉野から電話をもらい、訪問します。ビデオを見ていない吉野は「貞子の井戸は、1か所フチが欠けていないか」と聞きました。安藤がその通りだと答えると、吉野はマスターテープを渡します。

【転】- らせんのあらすじ3

吉野は「誓ってテープは見ていない」と言います。しかしそれでも夢に貞子が出てくるのだそうです。吉野はそれを、ビデオテープがそばにあるからだと思っていました。
その後、吉野は死に、安藤の元に手帳とビデオが残ります。ビデオを破棄した安藤は「これで終わりだ」と思いました。ビデオを見たのは自分が最後で、これで呪いは終わると考えます。
しかし、一方でなぜビデオを見ていない吉野が貞子のことを夢に見たのかという疑問が残りました。
舞にすがった安藤は、舞と肉体関係を持ちます。舞も高山と同じ能力があると聞かされました。
吉野の死因が窒息死と判明します。天然痘のウイルスは見つかったものの、今までのものと死因が異なりました。
安藤は同僚・宮下に玲子の手帳を見せ「光通信で、体内でウイルスを再構築したのではないか」と言いました。目で見ることにより、感染させるという意味です。
貞子の生きた時代が30年ほど前で、結核と天然痘が流行していることも併せて考えます。
その頃、舞は自室で吐き、鏡に白い女性・貞子を見て謎の失踪を遂げますが、安藤は知りません。
安藤は舞に連絡を取りますが、電話を何度かけても繋がりませんでした。安藤の死ぬ1週間め、思い余った安藤は舞の自宅を訪問しますが、ドアチャイムを鳴らしても誰も出てきませんでした。
落胆してドアにしゃがみこんだ安藤は、舞の部屋の扉から水があふれるのを見て、窓を割って侵入します。部屋は無人で、浴槽にあふれた水が玄関まで流れ出ていました。
1週間を過ぎても安藤は死にませんでした。同僚の宮下に検査してもらっても、体内にウイルスは発見されませんでした。
一方、玲子の上司・吉野の方には、今までのと形状が異なるウイルスが混じっていました。死因が異なっていたのはそのせいです。
舞と何かあったのかと宮下は聞きますが、安藤ははぐらかしました。宮下は咳をしながら研究室を出ていきます。
安藤の職場に舞が戻ってきましたが、服装や化粧が変わっていました。派手になった舞は今度は積極的に安藤に迫ります。

【結】- らせんのあらすじ4

その頃、港の近くの廃ビル屋上にある通風口で、舞の死体が見つかっていました。通風口は井戸に似た形状で、舞の身体には出産した形跡が見られました。
事件を担当した前川警部補は「呪われてる」と思います。
前川警部補の話を聞き、安藤はにわかには信じられませんでした。つい先日舞に会って抱いたばかりだからです。
そこへ同僚・宮下も来て「貞子の井戸はフチが1か所欠けていないか」と聞きました。宮下の首には赤い発疹ができています。
吉野はビデオを見ていないのに感染し、今また宮下も感染していると気づいた安藤は「ビデオではなく手帳で感染した」と結論づけました。
貞子の呪いから助かったのは玲子と安藤自身ということを考え、助かる方法は「貞子の呪いのウイルスの増殖に手を貸す」「貞子の協力者になる」ことだと気づきます。
派手になった舞は貞子だとも気づきました。安藤と舞が関係を持ったことで、貞子が生まれて蘇ったのです。
貞子の本当の目的は、生きたまま井戸に突き落とされて殺された恐怖を、世間の皆に伝えることでした。
貞子は安藤に、自分の受精卵を取り出して高山のDNAデータを組みこみ、子宮に戻すことを要求します。細胞分裂を早めるホルモンを使えば、2~3週間で死んだ時の年齢まで戻るそうです。
「そうすればあなたの願いも叶えられる(息子・孝則を蘇らせる)」と言われた安藤は、宮下に協力させて、計画を実行します。宮下に手伝わせることで、宮下も死を免れます(貞子の協力者になるから)。
「裏切った相手は、この世界か、それとも神か」と言いながら、宮下は手伝いました。
蘇った高山竜司と貞子(見た目は高野舞)は、玲子の手帳を出版してさらに広めると言い残して去ります。これからまた、人類には次の真価が始まるとも言いました。
安藤は高山に、自分の子・陽一を蘇らせなくてよいのか問いますが、高山は「残酷だから引き戻したくない。安息が訪れるのは、もっとずっと先なんだよ」と答えます。
立ち去る高山と舞を見送った安藤は、それでも息子・孝則が蘇ったことを喜びました。海辺で手を繋ぐ父子の姿は、高山が残した封書の最後のイラストと同じでした。

みんなの感想

ライターの感想

『リング』シリーズの第2弾、正式な続編。
シリアスなホラーに対し、今作品『らせん』は医学的見地なる新たな要素が加わった。
但し見終わっても、なんだかすっきりしない。
人類が新たに進化するらしいんだが…どう「進化する」のかが判らないっていうのもあるし。
怖いって感じとも異なる。天然痘やら結核やら次々に出されるから、焦点がぼやけてしまったのもあるな。
高野舞演じる中谷美紀の妖艶さはよく出てたと思う。
…でも、見終わった後、なんかしっくりしないんだよね。
正直なとこ、まだ『リング2』路線のほうがいろいろと納得できるかな。ただ、『リング2』より、この『らせん』のほうが重厚な造りではある。

映画の感想を投稿する

映画「らせん」の商品はこちら