「アイズ2015年」のネタバレあらすじ結末

アイズ(2015年)の紹介:2015年公開の日本映画。『リング』『らせん』などの代表作で知られる、ホラー作家・鈴木光司による短編集『アイズ』所収の一編『しるし』を長編映画化。女性アイドルグループ乃木坂46の伊藤万理華が映画初主演を飾り、『×ゲーム』『ビンゴ』の福田陽平監督がメガホンをとった。

予告動画

アイズ2015年の主な出演者

山本由佳里(伊藤万理華)、山本由布子(おぞねせいこ)、山本和弘(山田太一)、山本翔太(中川慶二)、遠藤宗介(遠藤耕介)、松原奈保(山田朱莉)、田中太一(西洋亮)、白石健児(高橋健一)、バス運転手(今野浩喜)、白服の少女(小林愛奈)、小田美由紀(優恵)、松田亮太(上川雄介)

アイズ2015年のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①高校生・由佳里の家の表札に「F」の字が書かれる。消しても「A」の字が加わる。何かの英単語を綴っているのかと思う由佳里は、白い服の少女と、白い服の女の幻影を見るようになった。 ②白い服の女は、事故で流産した父の会社の女性・美由紀。美由紀が翔太を奪おうとし、翔太は死んだ。父は翔太の死を隠匿し、由佳里に翔太はいると吹き込んだため、由佳里は翔太の幻影を見ていた。

【起】- アイズ2015年のあらすじ1

山本由佳里は父・和弘、母・由布子、幼稚園生の弟・翔太と暮らす平凡な女子高校生です。由佳里は団地のような集合住宅に住んでいます。
ある夜、由佳里は玄関でコンコンという軽いノックのような音を聞き、覗き穴で外を覗きました。最初は無人でしたが、もやっとした白い人影が見えます。
気になった由佳里はソファでうたたねして、朝に母・由布子に起こされました。新聞受けから新聞を取った由佳里が、玄関を気にして開けると、表札のところに「F」のアルファベットが書かれていました。
それを話すと、父は「マーキングだ」と言います。新聞屋や勧誘の人が記す暗号で、泥棒などが記すこともあるそうです。
母・由布子は不気味がり、由佳里に「消しておいてよ」と命令しました。母は由佳里に厳しく接します。父は「K」にも見えると言いました。
由佳里が玄関の「F」の字を消していると、雨が降って来ました。携帯に親友・松原奈保から電話があります。奈保と由佳里はいつも一緒に登校する仲でした。
雨が降って来たので今日はバス通学にすると由佳里が言うと、奈保も自転車を置いてバスにすると言います。
由佳里はまだ家を出ていないことを告げ、先に行ってくれと奈保に頼みました。奈保はバスに乗ろうとしますが、乗客に同じ高校の太めの男子生徒・田中太一がいたので、乗るのをやめます。
奈保は次のバスに乗りました。家を出る時間が遅れた由佳里は、弟・翔太を遊園地に送る父・和弘に頼んで車に乗せてもらい、先に高校に行ってくれと頼みます。
運転手が運転中に意識を失い、奈保の乗ったバスがトラックと衝突しました。バスとトラックの運転手と、奈保の3名が死亡します。
登校した由佳里は、バスに乗った筈の奈保が登校していないことに気づきます。先生がクラスの生徒に、奈保の交通事故死を告げ、由佳里はショックを受けました。
バスに乗る気になれない由佳里は、その日の帰り道は同級生の男子生徒・遠藤宗介と徒歩で帰ります。
帰宅した母が「なぜ消していない」と怒ります。見ると新たに「A」の字が書かれていました。
由佳里はバス事故で親友の奈保が死んだことを母に言いますが、母は相手にせず「そんなことより消せ」と言います。父が帰宅して「バスの事故、由佳里が乗っていなくてよかった」と声をかけました。
奈保の葬式に由佳里は行きます。奈保の死に顔を見た由佳里は、一瞬目が開いたような気がしてぎょっとしました。
翌日の授業時に奈保の幻影を見た由佳里は、白い服の女性が交通事故に遭う映像が脳内をよぎり、思わず悲鳴を上げてクラスの生徒の注目を浴びます。
休み時間に遠藤が話しかけてきました。遠藤も、時々奈保がまだいる気がするそうです。
由佳里と遠藤は、同級生の田中が飛び降り自殺しようとするのを目撃し、止めます。田中は自分のせいで奈保が死んだと思っており、「だったら絶対死ぬなよ」と遠藤が言いました。
帰宅すると父・和弘が落書きを消したと言いました。 この映画を無料で観る

【承】- アイズ2015年のあらすじ2

マーキングの具体的な意味を由佳里が聞き、父がパソコンで調べます。「F」は家族で住んでいるという意味で、「A」はアンケートに答えたか否かだそうです。
もし最初の文字が「F」ではなく「K」だったらという話になり、父は調べておくと言いました。
最近母が厳しいのは、仕事で疲れているからだと父は由佳里に説明しました。父の仕事がうまくいっておらず、母も勤めに出ていました。父は、頑張るからと由佳里に言います。
その頃から、由佳里は時折、白い服の少女と白い服の女性を見ます。自室へ入ろうとすると、廊下を通る白い影がよぎり、由佳里が見ると玄関付近に白い少女が立っています。しかし電気をつけるといませんでした。
次には表札に「I」とも「T」ともつかない文字が書かれます。よく見ると「T」です。
遠藤と由佳里は、学校に残った奈保の遺品を松原家に届けました。感謝の念を伝えながらも、奈保の母は「つらいから、思い出すからもう来ないでね」と言います。
弟・翔太が公園で遊ぶのを見た由佳里は遠藤と別れ、姉弟で帰宅します。ふと気になって隣の家の表札を見ると「M」でした。男性の独り暮らしという意味です。
父が「K」はドアを開けてももらえず断られたという意味だと言い、これは何かひとつの英単語を綴っているのではないかと述べました。
由佳里は時折見かける白い服の少女が書いたのではないかと思います。少女は幽霊で、何かが起きるだろうと考えました。
次の日、帰宅すると表札には何もありませんでした。リビングのカーテンに人影があり、カーテンから幼い足が出ています。由佳里がめくると人はいませんでした。
ソファでうたたねした由佳里は、父と翔太と白い服の女性の夢を見ます。
その日は母が夜勤で帰って来ないので、父・和弘と由佳里が晩ご飯を作りました。冷蔵庫の中に生首があり、髪の毛が垂れさがっています。
その夜、由佳里は夢を見ました。車の前で父と母が倒れ、白い服の女が笑う夢です。夜中に起きた由佳里は思わずトイレで吐きました。トイレの水に少女の顔が映り込みます。
起きて来た翔太と手をつないだ由佳里は、気配を感じて奥の部屋に見に行きます。カーテンの傍に白い服の少女がおり、翔太の背後にも白い服の女性がいて、翔太は白い服の女性にひきずられました。
由佳里が玄関の外に出ると、外の路上を父・和弘が歩いていました。由佳里は追いますが、T字路の先に白い服の少女がおり、次の瞬間、父の姿が消えます。
翌朝、父・和弘はおらず机の上に『自分の人生を生きろ』というメッセージが残されていました。表札には「E」の字があります。
夜勤明けで帰宅した母・由布子に父がいないと言うと、母は黙って着衣のままシャワーを浴びました。「白い服の少女が連れてったんだ」と由佳里が言うと、母・由布子は由佳里を病院へ連れていきます。
女性の精神科医は、親友・奈保が死んだことによるPTSD(トラウマ)で、由佳里が白い服の少女の幻覚を見るようになったと言います。
由佳里は同級生・遠藤に父のメモを見せ、相談しました。母にはメモの存在は告げずにいます。表札のことや白い服の少女の話もしました。
遠藤は「FATE(運命)」という意味ではないかと答えます。

【転】- アイズ2015年のあらすじ3

由佳里が遠藤を連れて帰宅すると、表札が取られていました。母・由布子が外したのです。由布子は以前に「H」の落書きを見つけ、消したことを告げます。
母は由佳里に、父には愛人がいたと告げました。その愛人のところへ行ったのだと母は言い、由佳里は母の被害妄想だと思います。
母は、表札の落書きを書いた犯人は、浮気相手の愛人だと思っていました。何か暗号があって、それで父が出て行ったと思っています。
母の話を聞くうちに、由佳里の頭にある映像が浮かびます。父と母と翔太と、白い服の女性がいて、白い服の女性が交通事故に遭遇するというものです。
白い服の女性が浮気相手なのかと由佳里が考えていると、母がふらふらと玄関から外に出てきました。そして遠藤と由佳里が見ている前で、母・由布子は階段から投身自殺を図ります(由佳里宅は604号室、6階)。
救急病院に運ばれた母は助かります。由佳里は付き添いますが、翌日の昼、由佳里は病院の外に白い服の女性を見ました。
遠藤は由佳里の父のパソコンのロックを解除しようとしますが、できません。田中ならできると思うと遠藤は言います。
その際、遠藤は由佳里の父の机の上に伏せられた写真を見ました。そこには七五三の衣装を着た由佳里と翔太の写真がありました。
田中に事情を話して呼び、パソコンのロックを解除してもらいます。
由佳里の父は株式投資をしていました。複数の会社に少額の株を所持していましたが、ある時から一社にけっこうな金額をつぎ込んでいたと分かります。
その会社は新薬の開発で有名になっていました。会社名は「FAITH」と言いますが、会社のHPでは「I」の字が「目(eye)」のイラストに置き換えられています。
田中は、アルファベットの意味はこの会社名を指しているのではないかと指摘しました。交通事故に遭った女性は製薬会社の何らかの立場の人で、事故の犠牲者ではないかと田中は言います。
白い服の少女は事故の時に死んだ子で、翔太の代わりに生まれようとしているのではないか…そう考えた由佳里は、翔太を守らなくてはと思いました。
由佳里は製薬会社に乗り込むと、父・山本和弘を出せと連呼します。受付嬢は吃驚しますが、車椅子の女性が現れると、由佳里は気分が悪くなります。
由佳里に父から電話が入り、喫茶店で待ち合わせました。父は事情を話します。
父・和弘は以前は製薬会社FAITHの社員でした。同じ課に社長の娘・小田美由紀がおり、父・和弘の努力を評価して社長に話してくれ、父・和弘は社長に会うことになります。
ところが社長に会う日、美由紀と和弘が一緒にいるところを母・由布子が目撃し、仲を誤解されました。この時に交通事故が起き、美由紀はお腹の子を流産します。父は責任を感じて会社を辞めました。
ところがまた社長の娘・美由紀がチャンスをくれたので「運命は変えられる」と思って恩返しをしたいと思い、製薬会社で働くことを母・由布子に告げたのですが、誤解している由布子は理解してくれませんでした。 この映画を無料で観る

【結】- アイズ2015年のあらすじ4

それで家を出たのだと、父は言いました。ちゃんと業績を出してから戻って来ると、父は由佳里に告げました。
その頃遠藤は田中に、気になっていることを相談します。由佳里の家で見た七五三の写真の通りだと、実際にいる翔太はもう中学生になっている筈だと遠藤は言います。
田中は遠藤に「本当に、翔太はいるのか」と問いました。
集合住宅の前まで父が由佳里を送ります。その時由佳里は、エレベーターに乗り込む翔太の姿を見て階段で追いかけます。翔太は6階にいましたが、廊下の奥から電気が消えていきます。
家に入った由佳里と翔太の前に白い少女が現れ、白い服の女が翔太を連れ去りました。絶叫する由佳里に、家に入って来た遠藤が「翔太は9年前からいない」と告げます。
遠藤は田中にプリントアウトしてもらった、当時の探し人のポスターを見せました。翔太は9年前から行方不明になっており、それを認めたくない由佳里が翔太の幻影を作り出していたのです。父と母は由佳里の妄想に、ずっと付き合ってくれていたのでした。
由佳里は現実を受け止め、翔太の幻影は消えます。
白い服の少女は、翔太の幻覚を否定するために、生まれたのではないかと精神科医は言いました。
意識を取り戻した母・由布子は情緒不安定ぎみで、幼児化しています。
病院から帰宅した由佳里は、表札に「R」の文字を見つけました。まだ終わっていなかったのです。
文字を見た瞬間、由佳里の記憶が蘇りました。「白い服の少女」は、由佳里はずっと「事故に遭った女性の胎内にいた、生まれることのなかった少女」だと思っていましたが、「幼い頃の由佳里」でした。
そして「白い服の女性」は小田美由紀であり、現在は車椅子の女性で(母が言うところの愛人でありま)した。
事故で子どもを流産した美由紀はその事実を認められず、翔太を自分の子どもにしようとして、由佳里の家に侵入します。
翔太が連れ去られそうになったのを見た由佳里は翔太の足を持ち、美由紀は上半身を抱えて奪い合ったため、翔太は首が絞まって死にました。
動かなくなった翔太に気づいた美由紀は、由佳里に「お前が殺した」と連呼し、そこへ帰宅した父・和弘が割って入ります。
父は翔太の死体をどこかに隠し(これはどうしたのか最後まで不明)、母・由布子には翔太は行方不明と言いました。行方不明のポスターが存在するのはそのせいです(捜索願を出した)。
一方で父は由佳里に「翔太はいるよ」と吹き込みました。「翔太はいる」と何度も父に言われた由佳里は、翔太の幻影を見るようになりました。
翔太の幻影が見えていたのは「FATHER」…父のせいだったのでした。
全部の事実を知った由佳里の元に、父・和弘が明るい顔をして帰宅します。「ただいま」と言う父を、由佳里の目(アイズ)は冷たくじっと凝視します…。
(父と美由紀が愛人関係だったかどうかは不明。ただ翔太の死体隠匿などを考えると、単に社員と社長の娘という関係だけでなしに、後ろ暗い背景…やはり愛人関係…があったのではないかと思われる。推測の域は出ないが)

みんなの感想

ライターの感想

…サスペンス風味のホラー。確かに白い服で長い髪だと、幽霊みたいに見える。幽霊押しだしね。途中まで。
実は私、開始10分も経たない時点で「翔太はいない」と気づいてしまったクチなので(両親が直接翔太に話しかけない不自然さ)、以降は「どうつじつま合わせをするのか」というほうにばかり意識がいってしまったが、演出は悪くないと思う。
特に「冷蔵庫の中に生首」…これ、なにをするわけでもない。ただ、あるだけ。あるだけなのに不気味なのだ。
しかも「白い服の少女」「白い服の女」2バージョンあるから、よけいにややこしい。ややこしさと、英単語のネタでひっぱられるので、ラストまでどきどきしながら見られる。
実際、父は浮気してたんだろうか。父の言い分だけが事実とも思えないし。
母・由布子目線から見ると、すごく悲惨な家庭だよなあ。

    @ポセイドンさんの感想

    ホラー映画としては最高傑作と言える。久々に感動した。のきざかアイドルの演技はとても素晴らしいと言いたいです。感動いたしましてこちら側も涙してしまい、主演女優賞をあげたいくらいのとても感情豊かに迫真の演技で実力のある女優さんだとおもいます。

映画の感想を投稿する

映画「アイズ2015年」の商品はこちら