「アリススウィートアリス」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

アリス・スウィート・アリスの紹介:初めての聖餐式を迎える妹カレンが惨殺され、その姉で奇行の目立つ12歳のアリスが疑われるが、母親が無実を訴える中、彼女の異常性は次々と実証され…という1877年制作のアメリカのスラッシャー・ホラー。当時12歳だった美少女子役ブルック・シールズのデビュー作として知られているが、邦訳版では初のDVD化。監督/脚本は「秘宮のタニア」のアルフレッド・ソウル。N・ローグ監督の「赤い影」、D・アルジェント監督作品などを強く意識したイタリアン・ホラー風の佳作である。旧タイトルは「アリス・スイート・アリス」。

この映画を無料で観る

予告動画

アリススウィートアリスの主な出演者

キャサリン・スペイジス(リンダ・ミラー)、その元夫ドム(ナイルズ・マクマスター)、その長女アリス(ポーラ・シェパード)、その次女カレン(ブルック・シールズ)、キャサリンの姉アニー(ジェーン・ロウリー)、その夫ジム(ゲイリー・アレン)、トム神父(ルドルフ・ウィルリック)、トレドーニ夫人(ミルドレッド・クリントン)、アルフォンソ(アルフォンソ・デ・ノーブル)、ブレナン刑事(トム・シニョレッリ)、スピナ刑事(マイケル・ハードスターク)など。

アリススウィートアリスのネタバレあらすじ

【起】- アリススウィートアリスのあらすじ1

若く美しい母親キャサリンは、12歳の長女アリスと9歳の次女カレンを連れトム神父の家を訪ねます。カレンは彼の母親の形見だという手の込んだ十字架のペンダントをプレゼントされ、神父に抱きついて喜びます。一方アリスは途中で席を立ちマリアの絵の心臓を撫でたり、不気味な女のマスクで、キッチンの掃除をしていた住み込み家政婦のトレドーニ夫人を脅かし叱られます。
自宅アパートでは、カレンがアリスに人形を取られたと泣いて訴えますが、キャサリンが出かけてしまったため、黄色いレインコートを着て自転車で探すうち、煉瓦造りの廃屋へと入って行きます。が、アリスがお揃いの黄色いレインコートに不気味な女のマスクで脅かし追い返されます。
カレンが家に戻ると、素知らぬ顔でアリスも戻り、母親に口答えし、カレンが喜んでいた聖餐式の白いドレスのベールを奪います。カレンは再び泣きわめき、叱られたアリスは逆ギレして出掛けますが、廊下で声を掛けた超肥満体で猫好きの家主アルフォンソにも悪態をついて無視します。

カレンの聖餐式の日、アリスは礼拝堂に現れず、キャサリンは姉のアニーとその夫ジムに探さなくていいと言い席で待ちます。カレンは祭壇奥で白いドレスにベールと神父の十字架を着け、火のついたキャンドルを持って、聖餐を受ける子供たちの最後尾で出番を待っていました。入場が始まった時、カレンは黄色いレインコートに不気味な女のマスク、白手袋に白タイツ、白い靴を履いた誰かに背後から襲われ、首を絞められます。その間も儀式は粛々と進み、神父は子供たちに聖体パンを授けていきます。
犯人がカレンを引きずって行く途中、シスターの1人が引きずられる足だけを目撃しますが見て見ぬ振りをします。犯人はカレンを奥の小さな礼拝堂の長椅子の中に入れ、十字架を引き毟り、火をつけた蝋燭を入れ蓋を閉めます。
その頃、礼拝堂では、白いハンカチを頭に着けたアリスが現れ、祭壇に1人跪き、聖体パンを授かろうと舌を出していましたが、トム神父が聖体パンを与えようとした瞬間、奥から叫び声が響きます。
小さな礼拝堂の長椅子からは煙が立ち上り、シスターは狂乱し、駆けつけたアニーは長椅子の中を見て悲鳴を上げキャサリンを呼びに行きます。
その時、キャサリンは祭壇の前でアリスを捕まえ、持っていたカレンのベールをどうしたのかと問い詰めていました。アリスは床に落ちてたと言い、行かないで!と引き留めます。キャサリンは「カレンが死んだの!」と泣き叫ぶアニーと言葉を失うトム神父を見て事態を知り慟哭します。アリスはそれを冷めた目で見てベールを黄色いレインコートのポケットに隠します。

カレンの葬儀の日、少し離れた車の中から様子を見ていたブレナン刑事は、スピナ刑事にまずアルフォンソに話を聞き、聖餐式に来なかったアリスを調べろと指示します。
教会へ向かう車に親族たちが乗り込んだ頃、キャサリンの元夫ですでに再婚している姉妹の父親ドムが到着し、彼女は抱き着いて号泣しますが、アニーは冷たく、アリスは頑健に席を譲りません。
葬儀から戻ると、しばらくここにいていいと言うドムに、アニーが自分がいるから不要だと言います。キャサリンとドム、アニーと彼女の夫ジムは、アリスと子供たちにアルフォンソにケーキを届けさせ事態を話し合います。
アリスはお悔やみを言うアルフォンソにクリームを一舐めしてからケーキを突きつけ、「神様は美人を先に奪われる」とイヤミを言われます。その後、アリスはアニーの娘で太ったアンジェラとアパートの地下室に入って行きます。
キャサリンはアリスが犯人だと決めつけるアニーに激怒し出て行きますが、彼女はそれでも刑事もアリスを疑ってたと言い、ドムは不快カンを露わにし、ジムにも往なされ逆ギレします。
ドムは警察署のブレナン刑事に会いに行き、キャサリンとアリスの保護を訴えますが、逆にアリスと話したいと言われ、彼女は遅れてきただけだし、ベールもカレンの物だと周囲が決めつけただけ、アニーは僕を嫌ってるからアリスも嫌ってるんだ、娘には会うなと言い出て行きます。
スピナ刑事は、校長は以前からアリスを精神科に診せるよう母親に言っていたが拒否されてると言って学校のアリスの資料を渡し、ブレナン刑事は「あの子イカれてるな」とこぼします。
署を出たドムは電話で、トム神父からアリスの資料を無理矢理押収されたと聞き、アリスがひどい言われようだったと話し、2人きりで会う約束をします。

その頃アパートでは、アニーは酷い悪戯を繰り返すアリスを疎んで学校に行けと怒鳴り、アリスはアニーに叩かれたとわめき散らしては、キャサリンに私は要らないの?!とすがり、彼女は心の休まる隙もありません。
彼女は、アリスに学校に行くことは大切だと言い、アルフォンソに家賃を持っていくよう頼みますが、アリスはアニーに悪態をつき出かけるふりをして、カレンの十字架をアリスが隠してるに違いないというアニーの話に耳をそばだてます。
アルフォンソはアリスを部屋に招き入れますが、彼女の言いたい放題の悪態を無視して、教会での事はお見通しだ、父親に話すのが楽しみだと笑います。ムカついたアリスは家賃の小切手を握り潰しますが、アルフォンソは彼女をドアに追い詰め、次に警察が来たらお前の地下室に案内する、死んだ妹が取り返しに来るぞと笑いながら髪を撫でキスしようとします。アリスはそばにいた子猫を引っ掴み「2度と私に触らないで!汚いデブ公!」と怒鳴って床に投げつけ逃げ出します。 この映画を無料で観る

【承】- アリススウィートアリスのあらすじ2

公園では、なぜ言わなかったんだと頭を抱えるドムにトム神父が、アリスは以前はあれほどひどくはなかったが、最近は口も聞かず心を閉ざしてしまったと話していました。
その頃、アリスはアパートの地下室にいて、大きな木箱に隠した”戦利品”を眺め、蝋燭に火を灯します。ベールを着けた泣き顔の赤ん坊人形にはカレンの十字架が掛けられていて、彼女は瓶のゴキブリに餌をやり、不気味な女のマスクをかぶって父親の写真を撫でていました。
ほどなくしてアパートの階段を白い靴に白タイツ、黄色いレインコートに不気味なマスクをかぶった誰かが上がって行きます。
そこへアニーが降りてきて、階段下にいた黄色いコートの誰かを見て「アリス!」と呼んだ途端、包丁で足を何度も刺され悲鳴を上げます。犯人は倒れたアニーに包丁を振りかざしますが、キャサリンが駆けつけ、アルフォンソも飛び出してきたのを見て逃げ出します。
アニーは絶叫しながら這いずってどしゃ降りの石畳へと逃げ、キャサリンは彼女を抱きかかえ、懸命に助けを呼びます。そこにトム神父とドムの車が通り掛かり、キャサリンはアニーを車に乗せ、ドムにアリスを探して!と言い病院に急ぎます。

ドムは裏の扉から地下に入り、小部屋にいたアリスを見つけます。アリスは3面の赤ん坊人形を突き出し、カレンが来た!私が取ったんじゃないもん!と泣きながらすがりつきます。ドムは彼女を抱きしめ、赤ん坊人形は笑い顔の面が見えています。
キャサリンは、アニーの入院先からドムに電話をし、アリスは地下室で犯人に脅されたと怯えてると言われます。
彼女はトム神父に、アルフォンソはアニーの言う事を繰り返してるだけ、アニーはもともとアリスを疑ってる上、ヒステリーである事ない事口走るに決まってると言い、病室で点滴を受けていたアニーに、2度とアリスを犯人と言ったら許さない!と迫ります。
それを黙って聞いていたアニーはスピナ刑事が来ると泣き出し、駆けつけたジムに犯人はアリスよ!と叫びます。キャサリンはみんな嘘よ!アンジェラだって教会にいたじゃない!と叫びますが、スピナ刑事は警察署に電話を掛けていました。
アリスはキャサリンに付き添われて連行され、ウソ発見器に掛けられます。
ウソ発見器では、アニーを刺したのは彼女ではないが誰か知っている、地下室にあった白いドレスとマスクは彼女のものだと出て、カレンが刺したと喚いても反応しません。スピナ刑事はキャサリンからアリスのレインコートを預かり、精神科医があの子の話は機械にかけても矛盾だらけで、胸は俺を誘ってた、正気じゃないと言うのを聞いて、逮捕したいと呟きます。

トム神父の家には、ボケた老神父とパット神父がいて、トレドーニ夫人は老神父の世話をしながらトム神父が食事に来ない事を気にしています。そこにトム神父とドムが戻りますが、聖餐式のドレスの注文リストを受け取ったドムは、アンジェラのはあるかと聞き、犯人はこのリストの中にいると言います。
別れ際、再婚宅に帰らなくていいのか?と聞かれたドムは、犯人が見つかるまでここにいると言い、トム神父の車を借りて出掛けて行きます。
ドムはキャサリンと共にアリスの病院に行き、担当の女医ホイットマンに診断には時間がかかる、母親といる事が必ずしもいいとは限らずすぐには帰せないと言われます。彼女は、アリスは母親と離婚した父親に敵意を抱き、精神分裂の兆候から暴力行為の危険性があると考えていたからです。
2人は精神科医を替えたいと言いますが受け流され、面会が許されますが、ホイットマンは、病室に向かう2人に家に帰る話はしないように、ここでは最高の治療が受けられますからと言い、キャサリンには「なぜアリスはあなたに初潮を迎えた事を隠していたんでしょう?」と問いかけ、親は想像以上に子供を理解してないと言います。
アリスは狭い中庭にいて医師に観察され、2人を見るなり家に帰りたいと言い、ホイットマンには母親とアニーがウソつきだと話した、みんな私をここに入れておきたいんだと喚きます。キャサリンは感情的になりますがドムは冷静で、妻の所へは犯人が見つかるまで帰らない、犯人は必ず見つけると約束します。アリスはカレンを見たと言いますが信じてもらえませんでした。
間もなくドムが席を外し2人きりになると、アリスは荷物の中から3面の赤ん坊人形を掴んでキャサリンを睨みつけ離れます。
カッとしたキャサリンは、私は母親よ!なぜ生理の事を先生には言うのに私には言わないの?!と怒りつけます。アリスは人形を、これは私のじゃないし人形遊びなんて年じゃないわ!持って帰って!と突き返します。キャサリンは私に当たらないで!と怒鳴って去ろうとしますが、行かないで!と泣きながらすがりつくアリスをきつく抱きしめます。

家に戻ったドムはアンジェラも怪しいと言いますが、キャサリンはカレンとアンジェラは全く体型が違うから見間違うはずがないと言い出します。その直後に無言電話が2回続き、アニーに違いない、嘘だと認めないなら話す気は無いと涙ぐみます。
ドムは大丈夫だ、俺に任せておけと言い彼女を抱きしめ口づけを交わしますが、ドムの現妻ジュリアから電話が来て、愛してると言うのを聞いたキャサリンは、早く帰った方がいいと言います。けれど、無言で去ろうとする彼にさっきは同じ気持ちだった、嬉しかったと言い友人のキスをして分れます。

【転】- アリススウィートアリスのあらすじ3

ドムがホテルに戻るとアンジェラと名乗る女性から電話が来ていましたが、相手はすすり泣き、家出して隠れてる、家にカレンの服があってママが隠せというなどと全く要領を得ません。彼は彼女が古いダムの建物にいると知り車で向かいます。
彼は森の中にある古い石造りのダムに行き、黄色いレインコートにマスクの人影を見て、アンジェラ!と呼び、ダムの建物に隠れるのを見て追って行きます。けれど木製の古い階段を登り切る直前、手すりの影から飛び出したコートにマスクの誰かに包丁で刺され転がり落ちます。
肩を刺された彼は、柱の陰に隠れたコートの誰かを見つけ「アンジェラ、怖がらなくていいよ」と声を掛けますが、ブロックで殴られ気を失います。そこはダムの壁面にある倉庫で、片側には大きな扉があり、コートの誰かは彼をロープで縛って転がし、その扉から落そうとしていました。
気づいた彼は必死でもがきますが、犯人はいきなりマスクを取り、「あんたたちのせいよ!あの淫売とあんたが!罰を受けなさい!」と弱々しい拳でぶちます。それはトム神父の家の家政婦トレドーニ夫人でした。
彼女はなおも彼を転がしながら「神父さまは教会の人よ!私のなの!」と言い、彼が必死で噛みしめていた十字架も自分のものだと言い白い靴で顔を何度も殴り、「悪魔や邪悪な魂の持ち主は地獄へ堕ちればいいのよ!」と叫び突き落とします。

彼女はコートのまま暗い教会に逃げ込みキリスト像に跪きますが、間もなく明かりがつき、あわてて懺悔室に隠れます。
入ってきたのは大勢の子供たちを連れたトム神父とシスターたちで、神父は「今日は最後の告白の日です」と明るく話し、ランプの付いている懺悔室に向かいます。中ではトレドーニ夫人がコートを着替えている最中でしたが、神父に促され慌てて懺悔を始めます。
夫人はカッとなってつい他人につらく当たった、朝のお祈りもないがしろにしたと言いますが、夫人だと気づいた神父が、夫人が我々のために全てを捧げる良い女性だと大いに褒め、私はあなたの友人ですと言うため、結局肝心な事を告白せぬまま、神父の言葉に酔いしれて終わります。

翌日、トム神父の家にキャサリンがやってきて、追い返そうとするトレドーニ夫人に、ドムを探してる、神父と電話で話していたので神父を待たせてもらえないかと居座ります。夫人は諦めて家に入れ待たせますが、ほどなくして彼女をキッチンへ誘いコーヒーを振る舞い、彼女の前で魚をさばき始めます。
キャサリンは不安げに帰ろうかしらと言いますが、夫人は神様がまた一人大事な人を奪いに来たと思った?、私も娘が死んだ時、神様はなんて酷いと思ったけどとこぼし、娘さんがいたなんて知らなかったと言う彼女に、あれは最初の聖餐の時で、親の罪を子が償うという事が解る?それ以来、私は神父さまの面倒を見てる、あなたじゃないわ!と言い包丁を突きつけます。
その時、表でトム神父の声がして彼女は逃げるようにキッチンから出て行きますが、彼はドムが事故に遭ったと言い、彼女の悲痛な叫び声が続きます。夫人は笑いながら魚の血をエプロンで拭います。

刑事やトム神父はまだアリバイの無いアンジェラを疑っていましたが、検死の結果、ドムの喉から十字架が発見され、犯人の持ち物だと断定されます。
トム神父は喪服のキャサリンを車に乗せ、アリスを迎えに行きますが、ずっと父親がいなかったのにまたショックを受けるから話したくないと言う彼女に、死も経験だから知らせるべきだ、普通の死なんて無いと言います。
病院に着いてもキャサリンはまだ、アリスはここにいた方が安全かもと言いますが、トム神父に促されアリスを抱きしめます。そして、パパは帰った、あなたを迎えに来られたのもパパのおかげだと言い、さよならも言ってないのにと言う彼女に、家に帰ったら話すと言います。

【結】- アリススウィートアリスのあらすじ4

一方、トレドーニ夫人はトム神父の家の自室で白いレースのワンピースを着て、死んだ娘と神父との思い出に浸り、微笑んでいる神父の写真に笑い掛け、キャサリン殺害を決意、紙袋に着替えとマスクや包丁を入れて黄色いコートを着て出掛けます。
老神父は音に気づき、パット神父が行き違いますが、彼女だとは気づきません。また、キャサリン宅の玄関が見える場所で張り込みしていたスピナ刑事は、黄色いコートの子供を見て後を追います。
その頃、ソファで居眠りしていたアルフォンソの部屋に黄色いレインコートにマスクの誰かが侵入し、腹の上に蓋を開けたゴキブリの瓶を置きます。それはアリスで、してやったりと言う満面の笑顔で部屋を出た時キャサリンと出くわし、挨拶して来たと嘘をつきます。
その時、黄色いコートのトレドーニ夫人が裏口から建物に忍び込みますが、入れ違いにキャサリンとアリスは外出してしまい、夫人がいくらドアを叩いても返事はありません。間もなくスピナ刑事の車は家のそばに戻り、アルフォンソの腹にはゴキブリが這い出します。
彼の悲鳴に驚いたトレドーニ夫人は逃げ出し、廊下でアルフォンソと出くわします。彼はそのコートとマスクでアリスと思い、捕まえてマスクをはぎ取りますが、トレドーニ夫人と知った瞬間包丁で胸を刺されます。
スピナ刑事は彼の悲鳴を聞きアパートに入ろうとしますが扉が開かず、牛乳箱で窓を壊したところで逃げるトレドーニ夫人を目撃します。アルフォンソは、部屋中暴れまわった果てに息絶えていました。

その日、教会では礼拝が行われていて、キャサリンと黄色いコートのアリスとジム親子たちも着席していました。そこに黄色いコートのまま紙袋を持ったトレドーニ夫人が現れ、2人を確認するとじりじりと間を詰めていきます。
外には警察が来ていて、スピナ刑事は逮捕を急ぎますが、トム神父はアリスたちの安全確保と教会内での刃傷沙汰を避ける意味で、自分が説得して連れ出すと言い張り、警察は外で待機することに。
礼拝は粛々と進み、やがて聖体拝領式が始まり、祭壇に跪く人々に司祭とトム神父が聖体パンを乗せていきます。
いよいよキャサリンとアリスが祭壇に跪いた時、焦れたトレドーニ夫人はアンジェラを突き飛ばし、アリスの隣に割り込み跪きます。アリスは異様な風体の夫人をじっと見つめますがキャサリンは気にも掛けません。
トム神父は司祭を急かし、ジム、キャサリンと拝領した後、アリスを飛ばし、目を閉じ舌を出すトレドーニ夫人に「一緒に来てください」と声を掛けます。
夫人は拝領がまだだと言いますが、トム神父は今はあげるわけにはいかない、警察と約束したからと言い、ようやく事態を理解した彼女は狼狽え、席に戻っていたキャサリンを指差し「淫売にはあげたじゃない!」と叫びます。
トム神父はそれでも彼女の手を握り、じっと顔を寄せて見つめていましたが、カッとした夫人は紙袋から包丁を取り出し神父の首を刺します。
礼拝堂は悲鳴に包まれ皆が騒然とする中、夫人は、倒れ込んできたトム神父を抱きしめ、満足そうに微笑みます。
アリスは一人、無表情で祭壇を離れていきますが、皆彼女には構わずぶつかって通り過ぎます。
その手にはトレドーニ夫人の紙袋が握られ、中にあった血塗れの包丁を確認し、空虚な眼をして顔をあげます。

みんなの感想

ライターの感想

長年待ち望まれていた邦訳版初のDVD化で、一部にビデオ版は邦訳が怪しかったなどの噂があったようですが、今回のDVD版では問題が無いように感じました(英語力はないので保障はありませんが)。
黄色いレインコートに女のマスクと言うド派手な出で立ちの殺人鬼に翻弄される、なかなか手の込んだサスペンスですが、なによりダリオ・アルジェントを意識しまくりなのは明らかで、ピースやアイテム、ビジュアルの狙いどころは的を射てるんですが、肝心の美学や芸術性が無いのが致命的という本当に残念な作品です。
カレン役で当時12歳だった超絶美少女ブルック・シールズのデビュー作と言う事で着目されている本作ですが、アリス役ポーラ・シェパードは当時なんと19歳、初登場シーンではどちらも同じ服装と髪型で一見美少女なんですが、天使のように可憐でいたいけなのは間違いなくブルック・シールズ、大人をねめつけ小バカにする手に負えない悪ガキポーラ・シェパードはただひたすら不快な事を繰り返し異様な歪みを醸していて、ラストにもイイ感じの余韻を残します。
ちなみにむき身だと不気味な赤ん坊人形、2面だと思ったら3面だったんですね。この人形、3面タイプと言うだけなら時折オークションなどに出ているようです。聖餐式の衣装も可愛くて素敵だし、アリスを迎えに行く時のキャサリンのスタイルもイケてます。

映画の感想を投稿する

映画「アリススウィートアリス」の商品はこちら