「エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメア」のネタバレあらすじ結末

エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメアの紹介:1991年制作のアメリカ映画。夢の中の殺人が現実にも起こるスプラッター映画『エルム街の悪夢』の第6弾で、完結編。この映画でデビューしたジョニー・デップもちらっと登場。フレディが実娘と対決する。

この映画を無料で観る

エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメアの主な出演者

フレディ・クルーガー(ロバート・イングランド)、マギー・バローズ(リサ・ゼイン)、ジョン・ドゥー(ション・グリーンブラット)、ドック(ヤフェット・コットー)、トレイシー(レズリー・ディーン)、スペンサー(ブレッキン・メイヤー)、テレビの中の男性(ジョニー・デップ カメオ出演)

エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメアのネタバレあらすじ

【起】- エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメアのあらすじ1

オハイオ州スプリングウッドのエルム街で、かつて惨劇が起きました。30人もの少年少女を殺したフレディは無罪となり、それを不服とした家族によって、フレディは焼き殺されます。
フレディは夢の中で殺人を繰り返しました。フレディは赤と緑のセーターを着て茶色の中折れ帽をかぶった男で、全身やけどの痕があり、右手に鉄の爪がついた手袋をしています。
スプリングウッドではフレディが原因で動機不明の連続殺人と自殺が続き、未成年者は全滅しました。残された大人たちは、集団で精神錯乱を起こします。
スプリングウッドのティーンエイジャーは、ただ1人・ジョンだけです。ジョンはある夜夢を見て、記憶喪失で矯正施設に入れられます。 この映画を無料で観る

【承】- エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメアのあらすじ2

矯正施設はスプリングウッドの隣にあり、未成年者を収容していました。
幼い頃から父親に性的虐待を受け、肉体鍛錬に励む少女・トレイシーと、金持ち息子ながら父親の威光に脅かされる少年・スペンサー、母親から暴力を受けて右耳の鼓膜が破裂し、補聴器を使う少年・カルロスがいます。
彼らは黒人の医者・ドックと、カウンセラーの女性・マギーらにケアされました。
その矯正施設に収容された少年・ジョンは、眠りたくないと主張します。やっと眠ったジョンは、茶色の髪に赤いリボンの幼女が出てくる夢を見て、マギーも同じ夢を見ていました。
マギーはドックに相談し、まずはジョンの記憶を取り戻すためスプリングウッドに行きました。

【転】- エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメアのあらすじ3

マギーとジョンの乗る車に、トレイシーとスペンサー、カルロスもこっそり乗り込みます。マギーは3人に施設へ戻るよう言い、ジョンを連れてスプリングウッドを探索しました。
スプリングウッドはすっかり寂れて閑散とし、祭りに子どもの姿はありません。
高校に入ったマギーは、フレディの存在を教師から教わります。ジョンは「自分こそがフレディの息子だ。だって殺さなかったから」と言い始めました。
エルム街に入ったトレイシー、スペンサー、カルロスは何度も同じ道を通り、出られません。
空き家に入った3人は眠り、カルロスは夢で頭が爆発して死にました。続けてスペンサーがテレビゲームに入り、フレディの操作で死にます。

【結】- エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメアのあらすじ4

息子だと信じるジョンがフレディと会い、否定されます。フレディはジョンを使い「娘」と接触しようとしたのです。ジョンは巨大剣山の上に落ちて死に、フレディはマギーの中に入りました。
妻や少年少女を殺す事件を起こして逮捕されたフレディの娘・キャサリンは、里子に出されマギーとして成長しました。育ての母もキャサリンの出自は知りません。
ドックとトレイシーの協力を得たマギーは、3D眼鏡(注:この時代は赤と緑のセロファンで作られた眼鏡)をかけて眠り、フレディを現実世界に連れ出します。
マギーはフレディと格闘の末、鉄の爪の手袋で刺し、ダイナマイトを傷口に差し込んで殺しました。
(エンドロール)過去作品の名シーン

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「エルム街の悪夢 ザファイナルナイトメア」の商品はこちら