「エルム街の悪夢3 惨劇の館」のネタバレあらすじ結末

エルム街の悪夢3 惨劇の館の紹介:1987年制作のアメリカ映画。夢の中の殺人事件が現実にも起こるというスプラッター映画『エルム街の悪夢』の第3弾。今作品で初めてフレディの出生の謎が明らかにされる。

予告動画

エルム街の悪夢3 惨劇の館の主な出演者

フレディ・クルーガー(ロバート・イングランド)、クリスティン・パーカー(パトリシア・アークエット)、ナンシー・トンプソン(ヘザー・ランゲンカンプ)、ニール・ゴードン(クレイグ・ワッソン)、ドナルド(ジョン・サクソン)、アマンダ・クルーガー〔メアリー・ヘレナ〕(ナン・マーティン)

エルム街の悪夢3 惨劇の館のネタバレあらすじ

【起】- エルム街の悪夢3 惨劇の館のあらすじ1

エルム街で惨劇が起きて(『エルム街の悪夢』参照)から6年後…。
エルム街に住む女子高校生・クリスティンは、悪夢に悩まされました。
悪夢には必ず、赤と緑のセーターを着て茶色の中折れ帽をかぶった男が出てきます。男は全身やけどの痕があり、右手に鉄の爪がついた手袋をしていました。
クリスティンは悪夢のせいで自殺未遂を図り、精神病院に送られます。そこにはクリスティンと同じ悩みを持つ同年代の男女が集まっていました。
夢遊病患者扱いされる青年・フィリップ、乱暴者扱いの黒人青年・キンケイド、口がきけなくなった青年・ジョーイ、眼鏡をかけた両足骨折の青年・ウィル、金髪の女性・ジェニファー、黒髪の女性・タランです。 この映画を無料で観る

【承】- エルム街の悪夢3 惨劇の館のあらすじ2

全員、同じ男の夢を見ているのですが、担当の男性医師・ニールと初老の女性医師・エリザベスは信じません。
大学院生の研究員・ナンシーが病院に来ました。ナンシーはエルム街でフレディと戦った女性です。
クリスティンと同じ夢を共有したナンシーは、精神病院で起きていることにすぐ気づきました。患者全員に男の名がフレディだと言います。
ナンシーの説明を聞き、医師・ニールもフレディの存在を信じ始めました。
患者たちが不可思議な死を遂げます。皆の見る前でフィリップが投身自殺し、ジェニファーがテレビに頭を突っ込んで死にます。
ニールとナンシーは催眠療法を施しますが、その最中にジョーイが昏睡状態に陥ってしまいました。

【転】- エルム街の悪夢3 惨劇の館のあらすじ3

2人は院長から担当を外れるよう言い渡されます。
ニールは白い修道女(シスター)メアリー・ヘレナを見かけて声をかけます。シスターはフレディの出生について語りました。
1940年代に閉鎖された精神病棟には、かつて精神病を持つ囚人が監禁されました。そこへ若い看護師が連れ込まれ、隠されて繰り返しレイプされて妊娠しました。その女性はアマンダ・クルーガーといい、生まれた子がフレディでした。
シスターは、フレディの遺骸を見つけて神聖なる大地に葬れと告げます。
ナンシーはニールを連れ、酒場で飲んだくれる警官の父・ドナルドに話をしに行きます。その時クリスティンが隔離室に入れられたと連絡がありました。 この映画を無料で観る

【結】- エルム街の悪夢3 惨劇の館のあらすじ4

ナンシーは病院に行きます。ニールはナンシーの父・ドナルドを脅してフレディの遺骸を探しに行きました。
ナンシーは皆と一緒にクリスティンの夢に入り、フレディと対決します。
同じ頃ニールは教会で聖水と十字架を手に入れ、ドナルドの案内で廃車処分場に行きました。ニールはフレディの遺骸を見つけ、聖水をかけて十字架で触れます。
夢の中ではフレディとクリスティンたちが戦っていましたが、ニールが十字架で触れた瞬間、フレディは消滅しました。ナンシーが命を落とします。
ナンシーの葬儀に出たニールは、シスターがフレディの母だと墓石で知りました。
フレディは消滅したはずですが、ナンシーが住んでいた館の模型が光ります…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「エルム街の悪夢3 惨劇の館」の商品はこちら