「オキュラス 怨霊鏡」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

オキュラス 怨霊鏡の紹介:2013年製作のアメリカ映画。呪われた鏡によって両親を失った姉弟が、事件の再調査に乗り出したことから超常現象に遭遇する様子を描いたホラー。タイトル『Oculus』は「眼」の意味。

予告動画

オキュラス 怨霊鏡の主な出演者

ケイリー・ラッセル(カレン・ギラン)、ティム・ラッセル(ブレントン・スウェイツ)、マリア・ラッセル〔マリー〕(ケイティー・サッコフ)、アラン・ラッセル(ローリー・コックレイン)、ケイリー〔幼少期〕(アナリース・バッソ)、マイケル・デュモン(ジェームズ・ラファティ)

オキュラス 怨霊鏡のネタバレあらすじ

【起】- オキュラス 怨霊鏡のあらすじ1

アメリカのある地域で、新居に引っ越したばかりの一家に悲惨な事件が起こりました。
父・アランが母・マリーを監禁、拷問して殺害し、父・アランは娘・ケイリーと息子・ティムを襲おうとして逆襲に遭い、ティムに銃殺されます。当時10歳のティムは父親殺害容疑で、精神病院に収容されました…。
…11年後。
聖エイダン精神療養施設で精神科のカウンセリングを受けたティムは、過去の罪を克服したと診断され、退院が決まります。
同じ頃、アンティーク家具の売買に携わる会社に勤務する姉・ケイリーは、〝ラッサーの鏡〟を見つけました。マイケルと婚約するケイリーはティムを迎えると、綿密な計画を練って鏡を退治しようと言いました。

【承】- オキュラス 怨霊鏡のあらすじ2

11年前、父・アランの仕事部屋に置いた〝ラッサーの鏡〟が一家を狂わせ幻覚を見せます。父・アランは鏡の部屋に閉じこもり、部屋に女性がいたとケイリーが発言したことで母・マリーは浮気を疑い、父母は徐々に正気を失いました。
過去400年にわたり45人もの死に鏡が関わることが判明しました。ケイリーは買い手のつかない実家を確保して鏡を持ちこみ、ビデオカメラやPC、照明で鏡にまつわる超自然現象を映像に収めようと考えました。
・何かあるとカメラに記録される
・一定時間ごとにリセットしないと天井から吊り下げた錨で鏡は破壊される
・一定時間ごとに婚約者・マイケルから電話がある
11年振りに姉弟は鏡と対決しました。

【転】- オキュラス 怨霊鏡のあらすじ3

鏡を置いた家は植物が枯れ、ペットは行方不明になります。ケイリー宅の当時の愛犬・メイソンも姿を消しました。
カウンセリングで心の病だと結論づけたティムは、実験をやめようと言いますが、ケイリーの言う通り植物が枯れ、実験は続行されます。
鏡を前に話し合うケイリーとティムの当時の記憶は少しずつ違っていました。そのうちに、今が現在なのか、11年前の出来事なのか分からなくなります。
さらに当時の幻影を見始めた2人は鏡のせいだと思いますが、なす術はありません。やってきた婚約者・マイケルを霊だと見間違えたケイリーは、陶器の破片でマイケルの首を刺し、殺します。
電話をかけても鏡の力の範囲だと捏造されます。

【結】- オキュラス 怨霊鏡のあらすじ4

ティムが鏡を壊すスイッチを入れると、鏡の前にいたケイリーの頭部に刺さりました。その一部始終がカメラに録画され、ティムは逮捕されます。
連行されるティムを父・アラン、母・マリー、新たに加わった姉・ケイリーの霊が部屋から見送りました…。
(鏡の呪いは真実のようだ。鏡の効力でティムとケイリーは少しずつ幻影を見始める。
映画自体が「現在」と「事件当時」を繰り返し描写する形式をとっているために、少しずつ姉弟の証言が食い違い始めたり、現在と過去とが混同し始めたりする様子が描かれても、すぐにそれとは気づきにくい。
姉弟は鏡による幻覚を見始めたと気づいて逃げようとするが、すでに遅く、脱出を試みても無理だった)

みんなの感想

  • ともみさんの感想

    とってもこわかった

映画の感想を投稿する

映画「オキュラス 怨霊鏡」の商品はこちら