「オードリーローズ」のネタバレあらすじ結末

オードリー・ローズの紹介:11歳の少女アイヴィの前に現れた謎の男フーヴァーは、アイヴィが交通事故で死んだ自分の娘オードリー・ローズの生まれ変わりだと主張する。1977年、米国。監督:ロバート・ワイズ、原作・脚本:フランク・デ・フェリッタ。輪廻転生(リーインカーネーション)をテーマに扱い話題を呼んだ作品。ロバート・ワイズは「ウェストサイド物語」の監督としてよく知られているが、本作のようなサスペンス・ホラーや「スタートレック」のようなSFなど幅広い作品を手がけた。

予告動画

オードリーローズの主な出演者

エリオット・フーヴァー(アンソニー・ホプキンス)、ジャニス・テンプルトン(マーシャ・メイソン)、ビル・テンプルトン(ジョン・ベッグ)、アイヴィ・テンプルトン(スーザン・スウィフト)、リブスコム医師(ノーマン・ロイド)、検事(ジョン・ヒラーマン)、ブライス(ロバート・ウォーデン)

オードリーローズのネタバレあらすじ

【起】- オードリーローズのあらすじ1

11歳の少女アイヴィは、NYの高級マンションで両親と何不自由なく暮らしていました。
ある日アイヴィを学校に迎えに行った母親のジャニスは不審な男がアイヴィを見つめているのに気付き、その後男はマンションまで後をつけて来ます。
父親のビルはアイヴィを付け回す男のことを警察に相談しますが、具体的な被害が出ていないので規制することはできないと言われます。
アイヴィは毎年誕生日が近づくと悪夢を見てひどくうなされます。それもジャニスの心配の種でした。
その男、エリオット・フーヴァーはその後もアイヴィの周りにつきまとい、ついにビルとジャニスに連絡を取ってレストランで会うことになります。
そこでフーヴァーは、アイヴィが11年前に5歳で交通事故に遭って死んだ彼の娘オードリー・ローズの生まれ変わりだと言い出します。
ビルとジャニスはもちろんそんな話を信じられるわけもなく、フーヴァーを狂人扱いして席を立ちます。

【承】- オードリーローズのあらすじ2

ビルは弁護士の友人の助言でフーヴァーを自宅に招きますが、寝室でアイヴィが悪夢を見て怯え錯乱状態になります。
その時フーヴァーが「オードリー・ローズ、パパだよ」と呼びかけるとアイヴィは落ち着きを取り戻しますが、周りに火の気はないのに手の平に火傷を負っていました。オードリー・ローズは炎上する車に閉じ込められ数分間苦しんで死んだため、その時の記憶が甦るのだとフーヴァーは言います。
ビルはフーヴァーを殴って追い出しますが、ビルが仕事で帰りが遅くなった日にまたアイヴィが悪夢を見て家中を転げまわり、独りではとても手に負えなかったジャニスはフーヴァーを家に入れてしまいます。
フーヴァーによってアイヴィの発作はおさまりますが、フーヴァーはこのままではアイヴィの命が危険だと警告します。オードリー・ローズの魂を鎮めるためにアイヴィの傍に居させてほしい、自分に協力してくれとジャニスを説得します。

【転】- オードリーローズのあらすじ3

ビルはフーヴァーを詐欺師呼ばわりして拒絶し、フーヴァーは発作を起こしたアイヴィを連れ出し誘拐罪で逮捕されてしまいます。
裁判でフーヴァーはアイヴィが自分の娘オードリー・ローズの生まれ変わりだと主張し、インドの高僧を証人として喚問します。
新聞にはアイヴィの顔写真入りの記事が出て、アイヴィは学校でいじめられるようになります。
フーヴァーの裁判で証人台に立ったジャニスは、アイヴィがオードリー・ローズの生まれ変わりだと思うかと聞かれて肯定し、「娘を救えるのはフーヴァー氏だけです」と言います。
検事は精神科医に相談し、アイヴィに催眠術をかける実験を計画します。妻がフーヴァーを庇う証言をしたことにショックを受けたビルは実験を承諾し、ジャニスがそのことを知って実験を止めようと大学病院に駆けつけた時にはもう手遅れでした。
実験を行う隣の部屋では、陪審員たちやフーヴァーがマジック・ミラー越しにアイヴィを観ています。

【結】- オードリーローズのあらすじ4

精神科医はアイヴィに催眠術をかけて精神を逆行させます。8歳、4歳、と遡って生まれる前まで戻った時、アイヴィの中にオードリー・ローズの最期の瞬間が甦ります。
オードリー・ローズは母親の運転する車に乗っていましたが、雨でスリップした対向車と正面衝突を起こした車は土手下に転落して炎上しました。オードリー・ローズは開かない窓を手で叩き泣き叫びながら、もがき苦しんだ末に死にました。
アイヴィは実験室の中を泣き叫んで転げまわり、医師が催眠術を解こうとしても全く反応しません。フーヴァーがマジック・ミラーに椅子を投げ割って駆け寄った時には、すでに息絶えていました。
フーヴァーは呟きます。「もう自由だ。魂は解放された」
魂の不滅を信じるようになったジャニスはアイヴィの遺骨の一部をフーヴァーに託し、フーヴァーはインドへ旅立ちます。
ジャニスはいつか自由になったアイヴィの魂が新しく生まれ変わることを祈りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「オードリーローズ」の商品はこちら