「カニングキラー殺戮の沼」のネタバレあらすじ結末

カニング・キラー/殺戮の沼の紹介:2007年公開のモンスターパニック映画。ブルンジ共和国に取材することになった主人公達が、巨大ワニに襲われる恐怖を描いた作品。実在する巨大ワニを基に制作された。監督はテレビドラマ「ギルモア・ガールズ」や「トゥルー・コーリング」などを手掛けたマイケル・ケイトルマン。本作で初めて長編映画の監督を務めた。出演は「ウォールストリート・ダウン」のドミニク・パーセル、「U・ボート」のユルゲン・プルホノフ。

この映画を無料で観る

カニングキラー殺戮の沼の主な出演者

ティム・マンフリー(ドミニク・パーセル)、アビバ・マスターズ(ブルック・ラングドン)、スティーブン・ジョンソン(オーランド・ジョーンズ)、ジェイコブ・クリーグ(ユルゲン・プルホノフ)、マット・コリンズ(ギデオン・エメリー)、ジョジョ(ガブリエル・マレマ)、ロジャー・シャープ(パトリック・リスター)

カニングキラー殺戮の沼のネタバレあらすじ

【起】- カニングキラー殺戮の沼のあらすじ1

内線の続くブルンジ共和国に、虐殺の通報を受けた白人女性が調査に来ます。多数の死体が転がる中、違う場所を探しに行きます。すると隠れていた巨大ワニに、女性は食べられてしまいます。
巨大ワニはグスタブと名付けられ、世界中に恐怖をまきます。次々と現地の村人や訪れた外国人が犠牲者となっていきます。
ニューヨークのテレビ局で働くティムは汚職事件で失敗してしまいます。上司のロジャーに呼び出されます。
そこには動物レポーターのアビバが来ていました。彼女はグスタブの取材をしていて、ティムも協力するようにロジャーから指示されます。
カメラマンのスティーヴンと一緒にブルンジ共和国に向かいます。到着すると、役人が船の手配をしてくれます。
ブルンジ共和国は停戦になっているとは言え、危険な国でした。船で向かう途中、リトル・グスタブと呼ばれるリーダーの支配下の戦闘地帯に入って銃撃戦が始まります。 この映画を無料で観る

【承】- カニングキラー殺戮の沼のあらすじ2

役人の指示で数名の軍人が警護してくれます。現地にいるグスタブを捕獲したいマットが檻を開発していました。
マットと共に陸に上がると、現地のガイドのクリーグが仲間に加わります。彼は妻をグスタブに食われて、絶対に殺したい思いを持っていました。
村に到着して、長老のシャーマンから占いを受けます。その後、村人の手を借りて檻を運びます。道中、怪しい男たちが見張っていました。
檻を下ろし、監視カメラをセットして罠を張ります。そこにアメリカに行きたい村人のジョジョが接してきます。
グスタブがやってきて、マットが発信機を撃ち込みます。賢いグスタブは罠にはかからず、帰って行きます。
翌日、餌の動物は逃げていて、雨で監視カメラの映像は撮れていませんでした。餌の肉を探しにスティーヴンが一人で村に帰ります。
帰る途中、怪しい男達が長老達を殺していました。スティーヴンはカメラに収めてティム達のキャンプ場所に戻ります。
世界に公表するか話し合います。その事を警護している軍人が盗み聞きして、ボスであるリトル・グスタブに報告します。

【転】- カニングキラー殺戮の沼のあらすじ3

実は役人がリトル・グスタブで軍人も怪しい男達もグルだったのです。その頃、ジョジョは活躍してアメリカに連れて行ってもらおうと檻の中にワザと入ります。
するとグスタブが襲ってきてジョジョは川に檻ごと沈んでしまいます。ティムとスティーヴンが助け出します。
アビバがいないことに気づきます。彼女は性欲いっぱいの軍人に襲われていました。その時、グスタブが現れて軍人を食べてしまいます。
ティム達がやってきて退却することを決めます。それを聞いた軍人の一人が川辺に殺す気で彼等を連れて行きます。
息を吹き返したジョジョが軍人を銃殺して、ティム達は一命をとりとめます。雨が降ってきて、屋根のある川辺の小屋に避難します。
するとグスタブが襲ってきます。軍人に撃たれていたクリーグは、グスタブに捕まって手榴弾を投げて相打ちを図ります。しかし、グスタブは生きていました。
グスタブは満腹になって、小屋の近くで眠っている状態です。桟橋を壊されて皆は食われるしかないのかと落ち込んでます。

【結】- カニングキラー殺戮の沼のあらすじ4

ロジャーに知らせた無線がかろうじて繋がっていて、助けのヘリがやってきます。しかし怪しい男達がロケット弾でヘリを狙います。
小屋からヘリに向かったティム達は、男達から逃げるために別々に走り出します。ジョジョが撃たれて、ティムが助けに行きます。
怪しい男達の一人がグスタブに襲われて食われます。スティーヴンも食われます。ティムはスティーヴンが残したカメラを拾って、アビバとジョジョと歩いて逃げます。
そこに役人のリトル・グスタブが助けに来たフリをしてきます。カメラで撮られた映像が都合に悪いのです。またパソコンも狙っていました。
ティムとアビバにパソコンの在り処まで案内させます。ティムはパソコンに発信機を取り付けていると嘘をつきます。
グスタブが吐き出した発信機の先にはスティーヴンの死体がありました。隙をついてリトル・グスタブの護衛をナイフで刺します。
リトル・グスタブが銃で追ってきますが、アビバが血の混じったフェロモンの液体を彼に被せていました。グスタブが現れて、リトル・グスタブを食べてしまいます。
スティーヴンのカメラを飛行機の中で見ます。ジョジョをアメリカに連れて帰ります。
未だに生存しているグスタブによって、犠牲者が続いているテロップが流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、リトル・グスタブが最後にグスタブに食べられる場面です。悪人の末路としては悲惨でぴったりな恐ろしい映像です。あまりのグスタブの顎の力で、リトル・グスタブが潰れる映像は圧巻です。
また、グスタブの脅威ばかり描いているのではなく、人間の恐ろしさを描いているのもこの映画の特徴になります。
リトル・グスタブ達による残虐な行為など内戦によって、多くの死体が出てしまいます。それを肥やしにして育ったワニが、グスタブとして現れたのです。そういったニュアンスのセリフをティムが言った事から、そう思いました。
この作品には、ユルゲン・プルホノフが出演しています。一際、彼だけの雰囲気が突出しているのが印象的です。正直なところ、彼の雰囲気のほうがグスタブより怖かったです。
最後まで見終わって、何でそっちに逃げるんだと突っ込みたくなる場面が所々にありますが、グスタブの驚異的な足の速さは恐ろしかったです。ユルゲン・プルホノフの演技も見ることができて良かったです。

映画の感想を投稿する

映画「カニングキラー殺戮の沼」の商品はこちら