「クライモリデッドビギニング4」のネタバレあらすじ結末

クライモリ デッド・ビギニングの紹介:2011年製作のアメリカ映画。『クライモリ』シリーズ第4弾。1974年ウェストバージニア州の療養所で集団脱走事件が起きた。その30年後…森に遊びに来ていた大学生のケニアたちは吹雪に遭い、偶然見つけた廃墟へと逃げ込む。しかしそこは〝あの療養所〟だった! 何も知らない彼らは乱痴気騒ぎに興じていたが、仲間のひとりがいないことに気づき……。

この映画を無料で観る

予告動画

クライモリデッドビギニング4の主な出演者

ケニア(ジェニー・パダヴィック)、ブリジット(ケイトリン・ウォン)、サラ(テニカ・デイヴィス)、ジェナ(テラ・ヴァネッサ)、ダニエル(ディーン・アームストロング)、ローレン(アリ・タタリン)、クレア(サマンサ・ケンドリック)、カイル(ビクター・ジンク・ジュニア)

クライモリデッドビギニング4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①1974年、ウェストバージニア州のグレンビル療養所に近親婚による先天異常の患者が集められる。その中のヒリカー兄弟は脱獄し、療養所の職員を全滅させた。 ②2003年、ウエストン大学の若者9人(+ポーター)が雪遊びに行こうとして遭難、療養所跡にそれと知らず紛れこみ、3兄弟に血祭りに。 ③死ぬ順番「1.守衛チャーリー(首がぶされ髪留めで目刺され鼻食べられる)「2.アン・マリー・マッカード女医(電流ビリビリ攻撃)」「3.ブレンダン・ライアン所長(両手両足もげる)」(これ以降2003年)「4.ポーター(気づいたら狩られてた)」「5.ビンセント(顎に錐ぐっさ)」「6.クレア(首に鎖巻かれて泣き別れ)」「7.ダニエル(生きたまま皮膚を削がれ油フォンドゥ。最後脇腹からレバー出して玉ねぎと一緒に食される)」「8.カイル(3兄弟には舌切られた。ずだ袋かぶせられたため、女性4人にフルボッコされて死亡)」「9.ジェナ(電動ドリルで腹貫かれた)」「10.ブリジット(バイクに轢かれて血しぶきぶしゅー)」「11.ローレン(助けを求めに行き凍死)」「12.サラ&ケニア(罠で首チョンパ)」

【起】- クライモリデッドビギニング4のあらすじ1

1974年。アメリカ、ウェスト・バージニア州、グレンビル療養所。
グレンビル療養所は深い森の奥にありました。その療養所には182名の患者が収容されていましたが、いずれも近親婚による先天的な異常があり、特にC棟の患者の警備は厳重に行なわれていました。
中年の男性ブレンダン・ライアン医師は、グレンビル療養所の所長をしています。若い女性研究者アン・マリー・マッカードを迎えて、グレンビル療養所の施設内を案内しました。
C棟には独房入口の見張りとして、チャーリーという男性が門番をしています。
ライアン医師は「ここは刑務所ではないので、可能な限り患者を社会復帰させる方針だ」とアンに説明しました。患者のボビーがアンの髪の毛を引っ張り、髪留めを手に入れます。
ライアン医師がアンに見せたがったのは、ヒリカー3兄弟でした。名の由来は発見者の名からです。3兄弟は、一部が食われた両親の遺体の前で発見されました。
この3兄弟は頭がよく、最も危険な患者だとライアン医師は言います。
・上の子(通称:ソートゥース)…黒髪の、人より歯が大きく、壁で歯を研いでいる少年(かみそりの歯という意味)。職員を噛んだからマスクを着用させられている。
・中の子(通称:ワンアイ)…黒髪の、左目がない少年(片目という意味)。左目は自分でフォークで刺し、看護師の前で食べたとのこと。
・下の子(通称:スリーフィンガー)…白っぽい髪の毛の長髪の少年(3つ指という意味)。自分の指を2本髪切って食べたらしい。
3人とも究極の先天性無痛覚症で、痛みを感じない体質です。近親相姦を繰り返した同質的社会では、この症状を持つ子は珍しくなく、3人とも人語を話さずうなり声と身振りで会話をしました。
ライアン医師は他の棟を案内すると言ってアンを連れていきます。
ボブが得た髪留めで錠を開けようとしますが、向かい側の3兄弟が寄越せとアピールし、ボブが投げて渡しました。スリーフィンガーが檻を開け、ソートゥースはマスクを外して出ていくと、うたたねしていたチャーリーに噛みつき、ワンアイが髪留めで止めを刺して殺します。
3人は棟を出て行く折に全檻を解錠し、C棟の患者たちは喜んで脱走して病院内はパニックに陥りました。
3人兄弟はアンとライアン医師を手術台に拘束し、電流をこめかみに流して殺します。ライアン医師は有刺鉄線で両手両足を拘束され、ワイヤーで巻きとられて四肢を切断されて死にました。 この映画を無料で観る

【承】- クライモリデッドビギニング4のあらすじ2

…2003年、ウェスト・バージニア州、ウエストン大学。
9人の男女の大学生が、雪山に遊びに行くことになりました。現地ガイドのポーターを雇って遊ぶ予定です。
・ダニエル…金髪の男性。ジェナと肉体関係があるが、本命はローレン。
・ジェナ…こげ茶色の髪の女性。
・ローレン…金髪の女性。
・サラ…カーリーヘアの黒人女性。レズビアンでブリジットと恋人同士。
・ブリジット…こげ茶のストレートロングヘアの女性。レズビアンでサラと恋人同士。
・ケニア…黒髪ストレートの女性(主人公)。
・カイル…黒髪の男性。家は金持ち。クレアと付き合っている。
・クレア…金髪ストレートの女性。カイルと付き合っている。
・ビンセント…黒髪男性。
(・ポーター…名称ではなく「現地ガイド」という意味。)
カイルの父が金持ちでアスペンに別荘を持っていたので、去年まではアスペンで遊んでいた一同でしたが、カイルの父が別荘を売り払ったため今回は近場で遊ぼうという話になりました。
4台の雪上バイクを使って移動した一同は、現地でポーターと落ち合う約束でしたが、道に迷ってしまいます。
さらに吹雪になり遭難した一行は、見つけた洋館に入りこみました。スキー道具は外に置いたまま、まずは暖まるために急いで館に入りこみます。
館は閉鎖した病院跡地のようでしたが暖かく、今でも管理人がいるのだろうと皆は思いました。携帯電話は圏外で、ポーターと連絡が取れない一同は「カイルよりは賢いだろうから、落ち合えなくても対処しているだろう」と軽口をたたきます。
館を探索した一行は30年ものの未開封のスコッチを所長室で見つけました。ダニエルがカルテを見つけ、気味悪がります。
その頃、ポーターを狩ったヒリカー3兄弟は、館に戻ろうとしていました。彼らは30年の間、廃墟となったグレンビル療養所で暮らしながら、人間を狩っては食料にしていました。
9人の若者はそれを知りません。ビンセントが自家発電施設を見つけて作動させ、電気がついたことを喜んだ若者たちは、館内で騒ぎました。ヒリカー3兄弟は館に若者らがいるのを見つけ、物陰から観察します。

【転】- クライモリデッドビギニング4のあらすじ3

音楽を流してダンスをし、車椅子でレースをした若者たちは、講堂でフィルムを見つけて映画上映会をしますが、フィルムは映画ではなく実験の映像でした。
その映像を見ながら、ジェナが、近親婚で生まれた奇形児が人間を食べるという噂を聞いたと話します。
夜、それぞれ眠りに就きますが、眠れないビンセントが病院内を徘徊し、ベッドインするサラとブリジット(女同士)の様子を見ました。サラたちも気づきます。
その後ビンセントは1階ロビーにいる人間の後ろ姿を見て、ポーターが来たのだと思って声をかけました。それはポーターでしたが、死体です。
ソートゥースが、近寄ったビンセントの下顎からキリを刺して殺しました。
翌朝、まだ吹雪は続いています。ビンセントがいないことにローレンが気づき、探そうと言いました。ダニエル、ブリジット、サラ、ローレンは上の階に行き、カイル、ジェナ、ケニア、クレアは1階と地下を探します。
地下に行ったメンバーは、治療器具を集めている不気味な部屋を見つけました。上の階を見回るメンバーは血だまりを見つけます。
講堂で合流した一同に、ポーターの上着が投げつけられました。開けると生首が出て来て、皆びっくりします。その直後クレアが真後ろから鎖で首を吊られました。カイルは半狂乱でクレアの足を持ちますが、ヒリカー兄弟が鎖を思い切り引っ張ったためクレアの首が取れます。下で血を浴びたカイルは放心状態になりました。
他のメンバーは外へ避難して雪上バイクに乗ろうとしますが、エンジンが凍っているうえに点火プラグが抜き取られており、バイクは動きません。戻って戦うか点火プラグを探すしかありませんでした。
ローレンが、歩いてふもとまで助けを呼びに行くと言い、ローレン1人でスキーで下山します。
地下室に治療用具と武器があり、ダニエルとカイルとサラが取りに行くと言いました。ケニアとジェナとブリジットは部屋で待機します。
ダニエル、カイル、サラはすぐに武器を調達しますが、ダニエルが斧を物色していて遅れ、口を塞がれて拉致されました。ダニエルは生きたまま手術台に両手両足と首を有刺鉄線で固定され、肉をそぎ取られて油でフォンデュされて死にます。
ダニエルを迎えに行った残りのメンバーがそれを目撃し、3人の兄弟を奇襲して檻に拘束しました。そのままランプの油をかけて火あぶりにしようとしますが、ケニアが止めます。

【結】- クライモリデッドビギニング4のあらすじ4

点火プラグを見つけて脱出しようと言い、カイルが見張り、サラ、ケニア、ジェナ、ブリジットの女性4人が手分けして点火プラグを探します。
カイルが居眠りしている間に、檻の中にあった髪留め(30年前のもの)でスリーフィンガーが解錠し、カイルの首を絞め顔を拳でパンチして気絶させました。
女性4人組は所長室で仮眠を取ります。ケニアが見張りの交代に行くと言い出し、檻に誰もいないのに気づきました。女性4人は朝までたてこもって耐えようとします。
そこへ頭にずだ袋をかぶせられた男が投げ込まれました。奇襲と思った女性4人は刃物でめった刺しにしますが、顔を確認するとカイルでショックを受けます。カイルは舌を切られていて、声を出せない状態でした。
行く手に3兄弟が現れ、一時屋根裏に避難した女性4人はコートを見つけて羽織り、下の階で出口を探そうとします。
窓に金網がありましたが鉄格子が錆びており、金網を取って雪を掘って外へ脱出しようとしました。サラ、ブリジット、ケニアの順で出てきますが、ジェナが出ようとした時、電動ドリルで腹を貫かれ、死にます。
サラ、ブリジット、ケニアは走って逃げました。3兄弟は雪上バイクで追います。
そこで3兄弟が一時撤退しました。本当は、ライトを消して潜伏しています。
3兄弟がいなくなったので、落とした火かき棒を取りにいくとサラが言って去りました。
残ったブリジットとケニアは暗闇の中、二手に分かれた兄弟にケニアは棒で殴られて負傷し、ブリジットは雪の上をバイクでひきずられます(雪の上なので大した傷なし)。
戻ってきたサラはケニアの止血をした後、ブリジットを探しに行きます。
ブリジットはバイクでひきずられた後、最後にバックしてきた雪上スキーに轢かれて殺されました。サラはそれを見てショックを受けます。
同じ頃、ひとりでふもとに助けを呼びに行ったローレンは凍死していました。
ケニアを襲おうとした男をサラがスキー板で殴ってバイクから落とし、そのバイクを奪って脱出しようとします。しかし有刺鉄線の罠が仕掛けられており、サラとケニアの首が飛びました。
3兄弟はサラとケニアの生首を回収すると、立ち去りました(全滅)。

みんなの感想

ライターの感想

おおまかなあらすじからも判るとおり、徹底的にスプラッタを貫いてます。
これでもかこれでもかとばかりに、死のオンパレード。
ローレンさんがいちばんまともな死に方かも(凍死)。
対照的に「これやられたくないよね」の極致は、生きたまま肉を削がれるダニエルくん。これは…かなりグロい。
…にしても、『クライモリ』シリーズの流れからいくと、本来はこの設定はおかしいんだよね。30年も病院に住み続けてたという設定。
あと、これだけの大人数狩っても、食べきれないよね。
今作品を見ると、あとづけの設定なんだろうとは思うけど3兄弟の顔の区別がつけやすくなる(シリーズの序盤の頃は、はっきりいって3人の区別がつかなかった 笑)。

    匿名さんの感想

    犠牲者が女性多数というのが嫌だった。彼女らの中で一番惨い死に方をしたのは、ドリルで貫かれたジェナさん。あんなもので人がやられるなんて、トラウマになってしまう。
    残酷極まりない奇形3兄弟だけど、兄弟や仲間には優しいんですね。前作では、末っ子のスリー・フィンガーが別の家族の子を育てていて、それを人間の凶悪犯に殺されて嘆き悲しんだり。1作目では、木から落とされた弟を、お兄さん二人が心配して駆け寄ったり。
    残念ながら本作では、彼らは極悪人として描かれているけど、互いを大切にし合う描写をもう少し盛り込んでほしかった。(兄弟の長男が、炎から弟たちを守ろうとする、等)

映画の感想を投稿する

映画「クライモリデッドビギニング4」の商品はこちら