「クレーマー case2」のネタバレあらすじ結末

クレーマー case2の紹介:2008年公開の日本映画。悪質なクレーマーの恐怖にさらされる人々の姿を描く、連作スリラーの第2弾。とあるクレームが「呪い」へと変貌を遂げ、おぞましい事件を次々と引き起こすことになる。

この映画を無料で観る

クレーマー case2の主な出演者

宮田夏美(小野真弓)、佐倉杏那(高松いく)、浅見梨乃(長澤奈央)、大竹裕也(三浦アキフミ)、山辺製菓社長(大門正明)、荒木元雄(坂本一敏)、宮田隆聖(加藤翼)

クレーマー case2のネタバレあらすじ

【起】- クレーマー case2のあらすじ1

宮田夏美は夫・荒木元雄の女癖の悪さに辟易し、離婚して女手ひとつで5歳の息子・隆聖を育てています。
夏美は山辺製菓の「お客様相談室」で、日々かかるクレームの電話応対をしていました。
ある日、夏美はすすり泣く女からの電話を受けます。それは、山辺製菓の「moon tea(ムーンティー)」という紅茶を飲み、過剰にカフェインを摂取したせいで流産したと主張する女でした。
報告した夏美は、社長はじめ上層部の人たちに相手にするなと言われます。工場ラインに問い合わせると、確かに実際の成分はラベル表示と異なる偽装表示でした。
翌日も女性からの電話を受けますが、上層部の圧力がかかり夏美は言葉を濁します。 この映画を無料で観る

【承】- クレーマー case2のあらすじ2

女は「子供は絶対に返してもらいますから」と言って電話を切りました。
翌日、東京都在住の30代前半の女性が、神奈川県鶴見区にある山辺製菓本社ビルの屋上から飛び降り自殺しました。流産を苦にして、とのことです。
それ以降、山辺製菓のお客様相談室に不気味な電話がかかってきました。
夏美の同僚の男・大竹が電話を取ると、赤ん坊をあやすガラガラの音がしたあと「どこにいるの?」と女性が問いかけます。
その夜、呑みに行った帰りの大竹は同じ内容の電話を公衆電話BOXで受け、直後、白い手が上から伸びてきて連れ去られます。
翌朝、大竹は血まみれの惨殺死体となって発見されました。しかし警察は自殺として処理します。

【転】- クレーマー case2のあらすじ3

夏美の同僚・杏那も、ガラガラの音と「どこにいるの?」という電話を受けました。
怯える杏那は夜の会社で夏美に電話します。杏那は、自殺した女性の幽霊が大竹を殺したのではないかと言いました。夏美は会社に迎えに行きますが、杏那はいません。
夏美は帰り道、血まみれの赤ちゃんを抱いた白い服を着た長い髪の女性に会います。不気味な女性に気圧されながら、夏美は女性を救急病院に案内しました。
杏那が交通事故で死んだと、翌日夏美は聞きます。しかし夏美は杏那が死んだ後の時刻に着信を受けていました。
刑事は不思議がります。杏那の携帯は事故で破壊されていたからです。
不気味な女性が気になった夏美は救急病院を訪ねます。

【結】- クレーマー case2のあらすじ4

夏美が案内した女性は病院に行っておらず、女性の容貌を話した夏美は、1週間前に流産した女性ではないかと看護師に言われます。
その女性は交際相手に結婚する気はないと言われてショックを受け、流産した後に飛び降り自殺していました。夏美が応対したクレーム主です。
夏美の家にもガラガラの音と「どこにいるの?」の電話がかかりました。夏美にも魔の手が伸びますが、助かります。
しかし直後に元夫・元雄と息子・隆聖が旅行先の伊豆で火災に遭遇し、亡くなりました。その容疑が夏美に向けられ、夏美は逮捕されます。
そして、再びガラガラの音と「どこにいるの?」の電話がお客様相談室最後の1人・浅見にかかってきました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「クレーマー case2」の商品はこちら