「クロコダイル」のネタバレあらすじ結末

クロコダイルの紹介:2000年制作のアメリカ映画。東南アジアのリゾートアイランドに突如現れた巨大なワニが、人々に襲いかかるモンスターパニック。『ハートブルー』の製作者ロバート・L・レヴィ脚本、ダンカン・リーガル、ダックス・ミラーほか出演。

クロコダイルの主な出演者

ジョン・ダークス船長(ダンカン・リーガル)、ボッグ・ホール(ダックス・ミラー)、シシリー・ハロイド(ケティ・フィッシャー)、ジェレミー(ジョエル・ウエスト)、ザック・ジャーディン(マット・ボーレンジー)、アーティ(タリン・リーフ)、レミヤ(モーリーン・ララザバル)

クロコダイルのネタバレあらすじ

【起】- クロコダイルのあらすじ1

カメラで撮影した映像を売る仕事の、4人の若者がいました。
リーダーは監督のザック・ジャーディンで、ザックの恋人・シシリーはカメラ担当です。
チームのムードメーカーの青年・ジェレミーと、シシリーに横恋慕する青年・ボッグはサーフィン担当です。
4人は東南アジアのパーム・アイランドに行き、サメと一緒のサーフィン〝ブラッドサーフ〟を撮影する予定でした。
サメのいる名所リロ・ケイ島に行きたいとザックは地元の船に交渉しますが、皆断ります。ヒューリー号船長のジョン・ダークスは若者たちを心配しました。
唯一引き受けたソニーと妻・メルバ、娘・レミヤが乗るピクニック号に4人は乗り込み、島へ行きます。

【承】- クロコダイルのあらすじ2

撒き餌でサメを呼び寄せ、ジェレミーとボッグがサーフィンを開始します。水中で撮影するシシリーは、金属製スーツを着用します。撮影は成功しました。
小休止で立ち寄った島で、ジェレミーとレミヤはアバンチュールを楽しみます。船に残ったソニー船長が海にひきずり込まれ、妻・メルバも襲われました。ピクニック号は破壊されます。
ヒューリー号のダークス船長がピクニック号に無線連絡を入れますが応じず、ジョン船長は島へ急ぎました。
ジェレミーが寝ている間に水着を洗いに行ったレミヤが襲われ、姿を消します。
船に戻ったザック、シシリー、ボッグ、ジェレミーは異変に気付きました。テープを回収にボッグが船に入り、怪物を見ます。

【転】- クロコダイルのあらすじ3

それは全長10m、体重1300kgの巨大ワニでした。海水に生息するイリエワニですが、サイズが超巨大です。
ボッグはカメラを回収して逃げます。巨大ワニが追って来て、ワニの尻尾で桟橋があっという間に壊れました。
島内に逃げた一行は武装した海賊4人に襲われ、シシリーがレイプされそうになります。巨大ワニがシシリーを襲った相手を咥えて去りました。海賊の船は燃えます。
ダークス船長が若い恋人・アーティと助けに来ました。
ダークス船長はかつて一流のガイドでしたが、巨大ワニに4人の若い客を襲われて以来ガイドをやめ、巨大ワニに復讐するのが目標でした。それを知ったザックは人食いワニ捕獲の映像を撮ろうと企みます。

【結】- クロコダイルのあらすじ4

罠を仕掛け巨大ワニの鼻先に銛を打ちますが、ワニは逃げました。ジェレミーがワニに丸呑みされます。逃げたザックは勝手に行動してワニの餌食となりました。
ダークス船長は船を爆破してワニを殺そうと思いますが、下半身を食べられ死にます。ボッグが爆弾を持ち出しました。
襲ってきた海賊の残党を、シシリーとアーティの女2人で撃退します。
森の奥の滝に辿りついた2人をワニが追いますが、淡水なので入れません。ボッグが2人に追いつきました。
爆弾を仕掛けワニを退治し、喜んだアーティがワニを蹴り、食べられます。ワニは気絶していただけでした。
海にダイブしたボッグとシシリーを追ったワニは、尖った岩に刺さり死にました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「クロコダイル」の商品はこちら