「コープスパーティー(アンリミテッド版)」のネタバレあらすじ結末

コープスパーティー アンリミテッド版の紹介:2015年8月1日公開の日本映画。呪いの儀式をしてしまった高校生たちが、閉鎖された異空間に迷い込み恐怖と直面する、ホラーとスプラッターのワールド。もともとは、長きに渡り人気を集め小説や漫画、アニメ化など幅広い展開もされたホラーアドベンチャーゲームシリーズを、実写映画化。

予告動画

コープスパーティー(アンリミテッド版)の主な出演者

中嶋直美(生駒里奈)、持田哲志(池岡亮介)、篠崎あゆみ(前田希美)、岸沼良樹(JUN)、篠原世以子(喜多陽子)、鈴本繭(美沙玲奈)、森繁朔太郎(諒太郎)、持田由香(松浦愛弓)、鬼碑忌コウ(金山一彦)、宍戸結衣(小坂温子)、篠崎ヨシエ(竹内えり)、校長(大川ヒロキ)、柳堀ヨシカズ(真山俊作)、菅乃雪(内田さや)、吉沢遼(佐竹遥人)、篠崎サチコ(内藤穂之香)

コープスパーティー(アンリミテッド版)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①文化祭の後片付けで残った如月学園3年A組の直美たち9人は「幸せのサチコさん」をして異世界に飛ばされる。殺人鬼である用務員・柳堀や被害者の少年少女たちに襲われ、次々に生徒たちは命を落とす。 ②事件の黒幕はサチコで、サチコは校長に殺されていた。呪いを解いた直美たちは元の世界に戻る。 ③生き残ったのは直美とあゆみ。死ぬのは「1.宍戸先生(柳堀に頭パカッされる)」「2.繭(少年少女の怪力で全身を壁に打ちつけられ、ミンチ状態)」「3.世以子(首吊り自殺と思われたが後にサチコに取り憑かれた直美が殺していたと発覚)」「4.森繁(柳堀にバカバカ金槌で連打)」「5.岸沼(柳堀にハグされアバラ折れる)」「6.由香(サチコに腹を傘で刺され、舌をハサミでチョッキンされ、最後は兄にレンガでフルボッコ)」「7.持田(偽の紙片を持っていたため帰れず)」

【起】- コープスパーティー(アンリミテッド版)のあらすじ1

如月学園で11月1日(土)に行なわれた文化祭が終わり、生徒たちは後片付けをしていました。3年A組ではおしる粉の模擬店を出し、教室の飾りつけの取り外しをしています。
女子高校生・中嶋直美は、黒板につけた飾りを取っていました。時間も夜19時を回り、他のクラスはとうに片づけを終えて帰宅しています。残っていたのはクラスの一部の生徒だけでした。
同じクラスの持田哲志の妹・由香が、傘を届けに学校にやってきます。由香はまだ小学校低学年くらいの少女でした。
オカルト好きの篠崎あゆみが、片づけをしながら『幸せのサチコさん』をしようと言い出します。
…『幸せのサチコさん』にまつわる話を少し説明します。
如月学園は、建て直される前は天神小学校という呪われた学校でした。保健の先生が学校の階段から落ちて死んだり、通っている小学生が2人殺されたり、まだ行方不明の子がいたりします。
その行方不明の子が、サチコさんです。
サチコさんは以来、この如月学園の守り神となりました。サチコさん人形を作っておまじないをすると、一生離れ離れにならないという話が語り継がれています。
人の形をした白い紙・サチコさん人形を作り、みんなで「サチコさんにお願いします」と、おまじないをする人の数だけ繰り返し唱えて、唱え終わったら一斉にサチコさん人形をちぎります。
その切れ端を大切に持っている限り、離れ離れにならないということでした…。
その場にいたメンバーと、持田哲志の妹を連れてきてくれた宍戸結衣先生が加わって、合計9人が『幸せのサチコさん』をしました。
目を閉じて9回「サチコさんにお願いします」と唱え、一斉に白い紙を引っ張ります。直美はちぎった紙片を、生徒手帳に大事にしまいました。
『幸せのサチコさん』をした直後、学園で地震が起き、床が崩れます。時間は19時半ちょうどのことでした。
ふと気づくと、9人は異世界に迷い込んでいました。同じ建物のはずなのに景観はまるきり異なる、廃墟となった学校です。
・中嶋直美…ショートカットの女子高生、持田のことが好き
・持田哲志…優等生らしき男子高校生、年の離れた妹がいる
・篠崎あゆみ…オカルトが好きな女子高校生、持田のことが好き
・岸沼良樹…金髪の男子高校生、あゆみのことが好き
・森繁朔太郎…眼鏡をかけた男子高校生、繭とカップル
・鈴本繭…近々転校する予定だった女子高校生、繭が転校して去って行ってからも離れないようにと『幸せのサチコさん』をした、森繁とカップル
・篠原世以子(せいこ)…髪を2つに結んだ女子高校生、直美と親友だが直美が好き(同性愛)
・宍戸結衣…若い女性の高校教師
・持田由香…持田哲志の妹

【承】- コープスパーティー(アンリミテッド版)のあらすじ2

〔天神小学校 本館1階 職員室〕
宍戸先生が扉を壊して入った職員室には、天神小学校と書かれていました。やはり9人は異世界に迷い込んだようです。
電話も繋がらずテレビも映らず携帯も圏外です。森繁が資料を見つけました。新聞記事や資料を集めたノートで、『死逢わせのサチコさん』と書かれています。鬼碑忌コウという名も記されていました。
オカルト好きのあゆみが名前に反応しました。鬼碑忌コウは怪奇小説の作家で霊媒師でもあり、天神小学校の連続児童殺害事件について調べていたようです。
ノートには「死逢わせのサチコさんをすると、異空間に迷い込む。そしてその異空間は、天神小学校で起きた連続児童殺害事件の被害者児童の怨念が作りだした」と書かれていました。直美たちはその中に迷い込んだのです。
当時の新聞記事では、被害者は菅乃雪という少女と吉沢遼という少年をはじめ4人の子が殺害されており、篠崎サチコが行方不明でした。また用務員の男・柳堀ヨシカズを指名手配したと書かれています。
職員室の外で物音がして宍戸先生が外を見に行くと、そこに手斧を持った男がおり、宍戸先生は頭を真っ二つに割られて死にました。
他の生徒は逃げ出しますが、はからずも「直美と世以子」「持田と由香(兄と妹)」「あゆみと岸沼」「森繁と繭」の四手に分かれます。
〔天神小学校 本館3階 資料室〕
資料室に逃げ込んだあゆみと岸沼は、対策を練ろうと考えました。あゆみは『幸せのサチコさん』を自分がしようと言い出した責任感もあって、必死で鬼碑忌の資料を読みます。
死体で発見された子どもたちは、みな舌が切り取られていました。脱出方法に「逆打ち」という手段がありますが、術としては危険が大きく力のない術師が行なってはならないとあります。逆打ちの方法のページは破られて欠損していました。
あゆみと岸沼は武器になるものを探し、用務員室へ行こうとします。直美の生徒手帳を見つけたあゆみは、ポケットに入れました。
〔天神小学校 本館2階 保健室〕
逃げる時に左足を怪我した直美の手当てをし、世以子はベッドに寝かせます。直美が生徒手帳に好きな持田の写真を入れているのを知る世以子は、直美が大事にしている生徒手帳がないと気づいて探しに行きました。
直美が寝ている横で、保健室のノートに鉛筆が勝手に動いて自動筆記します。
世以子が留守の間に目覚めた直美はペンダントを見つけました。血まみれの少女に前から、背後からは手に襲われた直美は動転し、帰って来た世以子にきつい言葉で八つ当たりします。
ショックを受けた世以子は部屋を出ていき、直美は気絶しました。

【転】- コープスパーティー(アンリミテッド版)のあらすじ3

繭は教室の中にいた少年少女に話しかけます。あゆみと岸沼が通りかかり、繭が話している相手は死んだ菅乃雪と吉沢遼だと気づきますが、繭は分からず「この子たち、探し物してるって」と言いました。
その直後、雪と遼に突進された繭は壁に激突し、ミンチ状になります。
気絶から目覚めた直美は世以子を探してトイレに行き、世以子の首吊り死体を見つけました。直美はへたりこみます。
持田は妹・由香と逃げましたが、由香がトイレに行くと言ったので外で待っているうちに、由香は悲鳴だけを残して姿を消しました。由香を探す持田は、放心状態の直美を見つけます。
森繁は繭を探すうちにミンチ状の遺体を見つけ「すごい、これが肉の塊だったんだ」と興奮してスマホで撮影しました。すると繭より着信があり「私の内臓、見ないで」と言われます。
〔天神小学校 別館2階 用務員室〕
用務員室にはバケツの中にバラバラの死体が入っており、手首が出ています。
岸沼とあゆみは中に入り、「天神小学校 霊障検証」と書かれたビデオテープを見つけました。用務員室にテレビはありませんが、職員室のテレビで再生できるかもと移動します。
冷蔵庫を開けたあゆみは、ビン詰めの舌を見つけました。死んだ繭が言っていた「子どもたちの探し物」は舌ではないかと考え、持っていきます。
化け物と化した用務員・柳堀が入ってきますが、外の物音に気を取られて岸沼とあゆみは助かりました。
妹・由香は階段を歩いていて、森繁と会います。森繁は由香に話しかけますが、顔が血まみれなので(繭の血)どう見ても怖く、由香は逃げました。森繁は用務員・柳堀に金槌を何度も振り下ろされて死にます。
逃げた由香に少女が近づき、由香を連れて行きました。
〔天神小学校 本館1階 職員室〕
岸沼とあゆみは職員室に戻り、直美と持田と会います。持田は妹・由香の行方を気にしますが、再生したビデオテープを4人で見ました。
そこには和服の男・鬼碑忌がカメラマンと助手を連れ、逆打ちをする様子が映されています。トイレで除霊しますが、その後移動中に助手が用務員・柳堀に首を切断されて死にました。
最後に移った鬼碑忌は「逆打ちは失敗した。仲間の2人も殺されてしまった。この呪いを終わらせてくれ」と言って、柳堀に殺される様子が映っていました。視聴したものの、肝心の逆打ちの方法は分かりませんでした。
鬼碑忌が最後にいた場所が職員室だと気づいたあゆみは部屋を探し、「逆打ち法」と書かれた用紙を発見します。
サチコの霊を怒らせてしまった場合の対処法は「人形を持ち、人数にサチコを加えた回数を唱えて切れ端を繋げる」でした。
切れ端を挟んだ生徒手帳を紛失した直美は困ります。あゆみは直美に生徒手帳を渡そうとしましたが、直美と持田の親しげな様子を見て嫉妬し、「鈴本さん(繭)が死んだ時、拾った」と言って全く異なる紙片を差し出しました。これで儀式を行なっても、直美だけは帰れないとあゆみは思います。
遺体発見現場の音楽室に舌を届けに行きたいとあゆみは言い、持田と直美は妹・由香を探しに行きました。
〔天神小学校 別館2階 校長室〕
由香は赤いワンピースの少女と一緒にいました。この少女がサチコです。知らない由香は、サチコと仲良くします。
音楽室に行ったあゆみと岸沼は、雪と遼に舌を差し出しました。呪いが解けた雪と遼はあゆみの胸を押します。その瞬間、あゆみは事件の真相を見ました。

【結】- コープスパーティー(アンリミテッド版)のあらすじ4

雪や遼はサチコに指示された用務員・柳堀によって殺されていました。犯人はサチコで、用務員の柳堀は手伝わされていただけでした。
同じ頃、妹・由香は校長室の机に拘束され、兄のために持ってきた傘で、サチコに腹部を刺されます。その後サチコは由香の舌をハサミで切りました。
駆け付けたあゆみは、サチコを見て驚きます。持田は妹・由香を背負って逃げました。
用務員の柳堀が現れてあゆみに近づきますが、岸沼が助けに入り、岸沼は用務員・柳堀に強烈にハグされてあばらが折れます。しかし瀕死の岸沼は柳堀に鉄パイプを刺し、柳堀は黒い泡を吹いて倒れました。岸沼も死にます。
〔天神小学校 本館3階 視聴覚室〕
鬼碑忌が設置したビデオカメラを見つけた直美は、ビデオを巻き戻して視聴し、世以子が自殺したのではなく直美自身が殺したと知りました。厳密には、サチコに乗り移られた直美に、です。背後にサチコが映っていました。
ショックを受ける直美ですが、死んだ世以子から「ひとりにしてごめんね。仲直りしてくれるかな。大好きだよ、直美」というメールを受け取ります。
〔天神小学校 本館2階 保健室〕
あゆみが持田の妹・由香をベッドに寝かせ、ノートに気づきます。「私は成仏出来ず、保健室に留まった。サチコは私が寂しくないように、子供たちを殺し、ここへ送り込んできた。全て私のせい。早く薄暗い地下室から、サチコを出して」と書かれていました。
…保健室の先生・篠崎ヨシエはサチコの母でした。校長に言い寄られて拒否したヨシエは階段から落ち、頭を打って瀕死の重傷を負います。それを目撃したサチコの首を絞めて殺した校長は、地下室にサチコの死体を隠したのです。
事件の顛末に気づいたあゆみと同じ頃、サチコに襲われた持田を庇った直美も、胸ポケットに入れたペンダントネックレスの母子の写真で、ヨシエとサチコが母子だと気づきました。地下室へ急ぎます。
〔天神小学校 地下室〕
地下室に入る前に、持田が直美の紙片を預かると言い、直美は持田に渡しました。地下室の奥に白い布をかけられた死体があり、布を取るとハサミが刺さった死体がありました。
死んでもなお「お母さん」と言うので、校長は用務員・柳堀に命じてサチコの舌を切らせました。
起き上がったサチコは持田の首を絞め、持田はサチコをレンガでボコボコにします。しかし気づくとそれは妹・由香でした。由香は死にます。
直美はサチコにペンダントを見せ、母のことを思い出させました。サチコのそばに母・ヨシエの霊が現れて、抱きしめます。
サチコの呪いは解け、学校の壁が崩落し始めました。持田は直美に紙片を渡し、持田、直美、あゆみの3人は4回唱えると紙片を繋ぎ合わせます。
…現実世界に戻りました。文化祭の後片付けの途中の教室に、直美たちは戻ります。
しかし帰ってきたのは直美とあゆみだけでした。持田は両手のみが現実世界に戻り、天神小学校からの生還は叶いませんでした。
あゆみは「どうして?」と言います(意図してかは不明だが、持田が自分の紙片を直美に渡した。あゆみが作ったにせの紙片を持った持田は帰れなかった)。

みんなの感想

ライターの感想

アイドルグループが出てくる&怪談話だから、よくある「ただの怖い話」と思っていたら…まさかのスプラッター!
グロテスクな描写が多い。その最たる例が「壁にミンチ状」。
持田があゆみの企みに気づいて紙片を取り換えたのかは、最後まで謎が残った。
テンポよく話が進むのでグッドだが、グロが苦手な人は駄目かも。
主人公は直美なのだが、奮闘しているのはあゆみだよな。

映画の感想を投稿する

映画「コープスパーティー(アンリミテッド版)」の商品はこちら