「ザインシデント」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ザ・インシデントの紹介:2011年制作。精神科保護施設を舞台に、停電によって電気や保安システムが機能しない状態でのサバイバルを描いている。トロント国際映画祭で話題を集めたスリラー作品。

予告動画

ザインシデントの主な出演者

ジョージ(ルパート・エヴァンス)、マックス(ケニー・ドーティ)、リッキー(ジョセフ・ケネディ)、JB(デイヴ・レジーノ)、ウィリアム(マーカス・ガーヴィー)、リン(アンナ・スケラーン)、グリーン(リチャード・ブレイク)

ザインシデントのネタバレあらすじ

【起】- ザインシデントのあらすじ1

ジョージは、サンズ精神科保護施設のコックとして働いています。バンド仲間のマックスやリッキーも一緒です。
レコーディング前ですが、ジョージは肉に下味をつけたいと料理に余念がありません。ドジってしまって、指を切ってしまいます。
夜になってレコーディングをしますが、再度演奏を要求されたマックスは代理だぞと怒っています。ジョージは帰ることにし、マックスは割引がきかないことに文句を言い続けます。
1989年の11月6日、リッキーが遅刻してきます。昨日のレコーディングを忘れていたことに、マックスが激怒してきます。デカ女の彼女といたのだとマックスは文句を言い続けます。
今日のメニューは、チキンのクリームカレーです。警備職員リーダーのJBから、明日の精肉店の配達が明朝の7時になると変更を言われます。夜中にライブがあるのにと、ジョージは怒ります。
入所者が食事室にやってきて、厨房にいるコックたちとは仕切りがしてあります。看護師が安定剤などの薬をコップに入れ、ジョージたちが料理をお盆に乗せていきます。
入所者が暴れると、JBが最後尾に並ばせます。入所者のピートは印象が良いのですが、グリーンは睨んできたりと恐怖を感じる素振りを見せてきます。
ジョージには大切な恋人のリンがいました。ライブ前で緊張している中、彼女とキスをして向かいます。
そして翌朝、ジョージは5時に起床をしてシャワーを浴びます。出勤していると、ラジオから天気予報が流れます。激しい雷雨が明日の朝まで続き、3度まで急激に冷え込みます。
JBなど警備職員が集合する中、眠そうなジョージもやってきます。肉が届いていると聞いて、見に行くと鳥の頭がついていました。
また、何か分からない肉の袋詰もあり、ジョージは落としてぶちまけてしまいます。中から臓器や骨などが出てきます。

【承】- ザインシデントのあらすじ2

今日もお盆に料理を配っていると、マックスがジョージに文句を言います。リンに縛られてばかりだと言われ、ジョージは寝不足と疲れから激怒します。それに刺激され、入所者が暴れだしてしまいます。
JBが連れ出していると、グリーンが他の入所者にボソボソと語りかけます。その入所者は薬を飲まずに吐き出していきます。ジョージはその姿を見て恐怖を感じます。
先程暴れた入所者は、仕切りの窓ガラスに料理をぶちまけていました。その隙間から、グリーンが笑いかけながらジョージを見てきます。ジョージはお玉で窓を叩き始めます。マックスがジョージの様子を察して、少し眠るようにと勧めます。
一人の警備職員が入所者の2人を部屋まで連れていっていました。すると停電が起こり、施設は真っ暗になります。警備職員は歩けと命令すると、2人の入所者は偉そうにと彼を襲います。
予備電力も動かず、自動ドアも開かなくてマックスたちは閉じ込められます。ジョージを起こすと、6時になっていました。
入所者たちは暗い食事室で座っていました。JBが配線を調べますが、完全にショートしていました。電球も全滅していました。
JBは電力会社に連絡よりも、入所者の対応が先決と考えていました。薬が効いてるうちに、部屋に戻さなければなりません。他の警備職員はビルの反対側にいることから、ジョージたちに入所者を部屋に戻すのを手伝ってと頼みます。
マックスは仕事じゃないので拒否します。緊急事態だというJBに、一度は断ったジョージでしたが応じることにします。
ジョージとコックのウィリアムが手伝います。リッキーとマックスは厨房で待っておきます。
JBが食事室に残り、ジョージとウィリアムが一部の入所者を部屋まで連れていきます。ジョージは鍵を開けていきながら、扉を進んでいきます。
途中、中々開かない扉があり、一人の入所者はジョージがビビってると言って暴れだします。近くにいた入所者は殴られて顔から血を流します。ジョージとウィリアムが暴れた入所者に手錠をかけ、部屋に一人ずつ入れて鍵をかけていきます。
反対側にいる他の警備職員たちは復旧を待っていました。2人の入所者が這いながら潜入し、次々と職員たちを襲っていきます。女性職員は殴られ、男性職員は持っていたスタンガンを目にくらわされます。

【転】- ザインシデントのあらすじ3

ジョージとウィリアムが食事室に戻ると誰もいませんでした。厨房に向かうと、入所者のカッターが小便をしていました。
ガスコンロに火をつけ、包丁を手に持っています。料理しようかと近寄ってきて、ぐるりと回りながら逃げてると包丁を投げてきます。ジョージとウィリアムはドアに鍵をかけ、机をくっつけて厨房に入って来れないようにします。
食品庫を見に行くと、マックスとリッキーが隠れていました。リッキーは恐怖からおかしくなっていました。電話がなくて助けが呼べない状況でした。
食事室に入所者が何名か現れます。リッキーは食品庫に閉じこもり、他の3名は厨房に伏せて見つからないように隠れます。
入所者たちは仕切っている窓ガラスに物をぶつけてきます。壊れないと思ってると、ぶち破ってきて入ってきます。
彼らが料理に目がいってる隙に、3人は仕切りを飛び越えて逃げ出します。ライトを見つけて拾うと、首から上のない警備職員の死体がありました(おそらくJBの死体)。
部屋の扉は全て開いており、いつも施錠されている扉も開いていました。彼らは鍵を手に入れていたのです。
3人はJBのオフィスに行って電話をかけにいきます。少し離れた場所からオフィスを見ると、知らない顔の看護師がいました。
ジョージが入り込み、JBが殺されて警察に通報したか聞きます。大声を出すなと看護師の男は言ってきます。と思ったら、彼はパンツ一丁に上から看護師の服を羽織ってるだけでした。
彼は電話機を投げつけてきて、ジョージは鼻を怪我します。マックスが飛び出してきて、頭を何度も壁に打ち付け、腹を蹴りまくります。
意識が無くなったことから、ウィリアムが止めに入ります。ジョージが電話機を直して、警察に連絡をします。警察から最低でも1時間ぐらいはかかると言われます。
ジョージはこの件がグリーンの企みだと思いますが、ただの患者だろと反論されます。マックスからリンのことを言われ、ジョージは彼女が停電で安全なのかを電話して聞きます。
リンが大丈夫と知って安心したのも束の間で、リッキーの叫び声が廊下から聞こえてきます。顔をアルミで覆われ、2人の入所者に拘束されていました。もう一人に尖った棒でリッキーは刺されて死にます。
そしてオフィスの窓ガラスを破ってきて、顔を窓から出したマックスの鼻を食いちぎってきます。そしてオフィスに彼らは侵入してきます。
ジョージは一人を棒で刺し、ウィリアムはボディーブローで応戦します。また、目もつぶしてやります。マックスを担いで逃げます。

【結】- ザインシデントのあらすじ4

警備職員たちがいた場所では、入所者が暴れていました。そこを通り抜けようとすると、女性職員が縛られていました。ジョージは背後から殴られて気絶します。ウィリアムは一人逃げ出します。
ジョージが目を覚ますと、厨房で拘束されていました。真っ裸にされていて、目の前にグリーンがやってきます。彼はジョージの口の中を確かめてきて、ジョージが嫌がると怪我している鼻を痛めつけてきます。
そしてマックスが連れてこられ、ガスコンロの上に拘束された状態で置かれます。強火で全身を焼かれて黒焦げになります。入所者の2人はその様子に笑っています。
彼らが去った後、ピートがジョージの前に現れます。油を塗り始めて、ジョージの毛を肉ごと剃り始めます。
ジョージは親切だったから助けてくれと頼みます。ピートは確かに悪いと思っていることから、グリーンを探しにいってあげます。
その間に、ジョージは縛られてる机をひっくり返して拘束を解きます。しかし、グリーンたちに気づかれてしまい、逃げ出しますが殴られて気絶します。
机の上に縛られたジョージに、グリーンが目の前で自らの指を食いちぎりながら食べていきます。近くではガス漏れがしていました。
グリーンがどこかに行くと、パトカーのサイレンと共に助けが来ます。助け出される時に、ジョージはグリーンがなぜか死んでいるのを発見します。
病院のベッドの上にいるジョージに、リンが御見舞に来てくれます。すると施設で流れていた音楽が聞こえてきます。ジョージの視線の先には、いつもの光景の下味をつけている自分と皆の姿がありました。
ジョージがマックスに仕事を頼みます。するとマックスは自分の指を切り始めます。リッキーたちはその様子に笑っています。
ジョージが扉を開けると、入所者たちが大勢いました。奴らが来て襲われると思ったジョージの叫び声が聞こえてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、終始暗い状態での恐怖シーンの連続が映し出されます。その暗くて不気味な雰囲気に、グロテスクな描写と入所者たちの狂気が恐怖を高めています。
首から上が無い警備職員や、指を食いちぎって食べるグリーンの姿はグロテスクで恐ろしい限りです。
今作で気になったのは最後のグリーンが死んでいた場面です。ジョージが見ていたグリーンは夢だったのか謎に感じました。
また、病室のベッドの上にいるジョージの場面が、実は入所者だったのかもしれないと思わせてきます。物語の答えを見る側に委ねた映画で考える楽しさがあります。

映画の感想を投稿する

映画「ザインシデント」の商品はこちら