「ザグリード」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ザ・グリードの紹介:1998年公開のパニック映画。大海原に浮かぶ豪華客船を舞台に、巨大なモンスターに襲われる人々を描いた作品。監督・脚本は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ。音楽は、数々の名作を担当し、緊迫感のある場面の効果音をつけることにおいて抜群の手腕を持つジェリー・ゴールドスミス。主演は「エバーウッド 遥かなるコロラド」のトリート・ウィリアムズ。

映画「ザグリード」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ザグリード」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ザグリードの主な出演者

ジョン・フィネガン(トリート・ウィリアムズ)、トリリアン・セント・ジェームズ(ファムケ・ヤンセン)、ジョーイ・パントゥーチ(ケヴィン・J・オコナー)、ハノーバー(ウェス・ステュディ)、サイモン・キャントン(アンソニー・ヒールド)、アサートン(デリック・オコナー)、モリガン(ジェイソン・フレミング)

ザグリードのネタバレあらすじ

【起】- ザグリードのあらすじ1

密輸船の船長、フィネガンは乗員のパントゥーチとレイラと、豪華客船が浮かんでいる海上を目指していました。依頼者の武装集団も一緒です。
パントゥーチは、彼らが魚雷を積んできているのを見てしまいます。ボコボコにされてしまって、フィネガンが助けます。
豪華客船では、全財産を出資したキャントンが富豪達相手に演説中です。その隙にIDカードを掏った指名手配犯のトリリアンは、金庫に忍び込みます。しかし、見つかってしまって監禁されます。
キャントンは、自らの陰謀のために豪華客船のシステムを破壊します。すると、海底から巨大なモンスター、グリードが突撃してきます。そして、人々を食べて行きます。
グリードの突撃の衝撃で、避難用のボートが落下します。フィネガン達の船は、そのボートに当たって大穴が開いてしまいます。
エンジンも故障してしまって、修理が必要になります。豪華客船が目の前だったので、修理パーツを取りに武装集団のリーダーであるハノーバーに命令されます。レイラと武装集団のビリーは船に残ることになります。
豪華客船に乗り込むと、人の気配が無くて不気味です。二手に分かれることにします。

【承】- ザグリードのあらすじ2

フィネガンとパントゥーチは武装集団に見張られながら、修理パーツを探しています。するとグリードが襲ってきて、見張りの二人は殺されてしまいます。
密輸船を修理中のレイラとビリーは、グリードに襲われて食べられてしまいます。
トリリアンは、電子盤をいじって監禁室から逃げ出します。金庫にもう一度侵入しようとすると、ハノーバー達に見つかってしまいます。
金庫を開けると、グリードと思った生存者が斧で襲い掛かってきます。武装集団のヴィーヴォがそれで死んだので、銃撃して生存者の3人を殺します。
艦長のアサートンとキャントンは死なずに済みます。トリリアンはエレベーターに逃げます。
すると、グリードから逃げていたフィネガンとパントゥーチと合流します。その後、生き残りの武装集団とアサートン、キャントンがエレベーターで合流します。
グリードはエレベーターにも襲い掛かってきます。エレベーターが壊されて、全員下の階まで落っこちます。
エレベーターから出ると、グリードから体液を奪われた人間の骨と血が渦巻いていました。
追ってくるグリードから逃げて、システムが破壊されて救難信号が送れないことが分かります。そのシステムを破壊したのがキャントンであることがバレます。

【転】- ザグリードのあらすじ3

キャントンは保険金目当てで客船を襲わせようとしていたのです。そのための武装集団の魚雷でした。
グリードが襲ってきて、銃で撃ちまくります。すると半分体液を吸われていたビリーが出てきます。溶けて死亡します。
アサートンが襲われて、グリードに食べられます。フィネガンはさっさと密輸船に戻って、帰る事を提案します。
道が海水で満たされていて、潜らなければならなくなります。フィネガンやハノーバーの3人が先に様子を見に行きます。安全だと思ったら銃を2発撃つことを合図とします。
残った4人にグリードが襲ってきます。キャントンは怖くて合図を待たずに潜っていきます。
弾が切れていって、続々と潜っていきます。最後にメイソンが潜りますが、グリードに捕まってしまって爆弾と一緒に爆死します。
気密室にたどり着いた一行でした。武装集団の小心者のモリガンは、救助が来るまで立て籠もる事を提案します。
グリードはタコに似ていたので、フィネガンがコルク栓の中に餌を入れたタコの話しをします。見事にタコはコルク栓を抜いて、餌を食べたそうです。
その話しの後、グリードが背後から襲ってきてモリガンは食べられてしまいます。

【結】- ザグリードのあらすじ4

キャントンは一人だけ別の道に行きます。ハノーバーは、パントゥーチを餌にするために彼の足を撃ちます。しかし、食べられたのはハノーバーのほうでした。
フィネガンは修理パーツを落としてしまいます。良い事を思いついて、トリリアンにモーターボードと鍵を取ってくるように頼みます。
フィネガンは、かろうじて動く密輸船に魚雷を取り付けて、オートパイロットにして豪華客船にぶつかるようにセットします。
パントゥーチに密輸船を任せて、フィネガンはキャントンに襲われているトリリアンを助けます。
フィネガンはグリードと直接対決になって、顔面に銃を撃ちこんで逃げます。パントゥーチの姿は密輸船になく、死んだ者と考えます。密輸船をオートパイロットで発進させます。
キャントンは密輸船に乗り移って足を骨折します。無事に帰れると思いますが、豪華客船に魚雷と共に密輸船ごとぶつかって爆死します。
フィネガンは、トリリアンと共にモーターボードで脱出します。近くの島に到着して、彼女とキスをします。
そこに死んでたと思っていたパントゥーチが泳いでやってきます。無事を祝うのも束の間、島の森の方からモンスターの声が聞こえてきてエンディングです。

関連する映画

ホラー映画

みんなの感想

ライターの感想

この作品は、高評価されているSFパニックホラー映画です。ワームの一種でタコに似ているモンスター、グリードが襲ってくる恐怖は中々お目にかかれない面白さがあります。
それを引き立てている要因の一つは、出演者達の演技の素晴らしさだと思います。その場に恐ろしいモンスターがいることを実感させてくれるリアクションの数々は、恐怖と驚きを与えてくれます。
また、パントゥーチ演じるケヴィン・J・オコナーの役柄や台詞が更に面白くさせています。いいキャラなので注目して欲しいです。
監督・脚本を担当したスティーヴン・ソマーズが上手にまとめているのも面白さを引き立てている要因です。
そして何と言っても音楽が素晴らしいのが、見聞きしていて一番の見所だと思いました。ジェリー・ゴールドスミスは、アクションやサスペンスものの緊迫感のある場面において、他に追従を赦さない抜群の手腕を持ちます。
彼が担当した作品では、「猿の惑星」「エイリアン」「オーメン」「ランボー」「ポルターガイスト」「グレムリン」「インビジブル」などがあります。
最後まで見終わって、グロテスクな部分もあってホラー映画として完成度の高い印象を受けました。ストーリーは頭で整理しやすく、楽しめる作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ザグリード」の商品はこちら