「ザマミー呪われた砂漠の王女」のネタバレあらすじ結末

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の紹介:2017年のアメリカ映画。呪われた古代エジプトの王女がミイラとして現代に復活するという物語で、1932年のホラー作品『ミイラ再生』のリブート作品でもある。また、さまざまなホラー映画のモンスターキャラクターを同じ世界観で共演させるという『ダーク・ユニバース』シリーズの一作目として製作され、本作のキャラクターは製作予定の同シリーズにも登場する予定である。監督は『ミッション:インポッシブル3』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』など数々の作品で脚本を担当してきた脚本家兼プロデューサーのアレックス・カーツマン。

予告動画

ザマミー呪われた砂漠の王女の主な出演者

ニック・モートン(トム・クルーズ)、ジェニー・ハルジー(アナベル・ウォーリス)、アマネット(ソフィア・ブテラ)、クリス・ヴェイル(ジェイク・ジョンソン)、グリーンウェイ大佐(コートニー・B・ヴァンス)、ヘンリー・ジキル博士(ラッセル・クロウ)

ザマミー呪われた砂漠の王女のネタバレあらすじ

【起】- ザマミー呪われた砂漠の王女のあらすじ1

12世紀のイギリスで、十字軍の兵士の埋葬が行われていました。その際、一人の騎士の棺桶に深紅の宝石が一緒に埋葬されたのでした。
時が流れて現代、地下鉄工事の現場で地下に隠された十字軍兵士の墓所が発掘されます。そして工事現場にスーツ姿の男に率いられた一団がやってきました。スーツ姿の男は政府から権限を委託されたらしく、この現場を仕切るといって作業員たちを追い出します。男は墓所の壁に描かれた古代エジプトの絵文字に目を止めました。そこにはエジプト王朝で王位継承を狙った王女アマネットが、邪悪な死の神セトと契約して邪神の力を具現化するダガー(短剣)を賜ったこと、そして生まれたばかりの弟や父・メネプトレ大王までも手にかけたことが記されていました。アマネットはダガーで恋人を刺し、セトを宿らせようとしましたが、その寸前に神官たちに捕らえられました。そしてアマネットは生きたままで棺に封じ込められ、エジプトから遠い場所へと埋葬されたのでした。
かつてのメソポタミア、現在はイラクと呼ばれている地で、米軍の偵察兵ニックは反乱軍に占拠された街を偵察していたところ、たまたま手に入れた地図に記載された宝の在処だと気づきました。ニックは相棒ヴェイルをけしかけ、反乱軍たちを排除しにいこうと誘います。ヴェイルは自分たちの任務は偵察だと反対しましたが、ニックは「冒険こそ命だろ?」と言って強引に彼を連れ出します。
敵の数は圧倒的で、ニックとヴェイルはたちまち追いつめられてしまいましたが、爆撃支援によってなんとか敵を追い払うことに成功します。ところがミサイル攻撃を受けた建物が崩壊し、地面に大きな穴が空きました。その穴からは謎の石像が顔を覗かせていたのでした。
米軍の本隊が到着し、司令官のグリーンウェイ大佐はニックの勝手な行動を叱責します。さらにそこにやってきた女性考古学者のジェニーがニックの頬を叩いて、地図を盗んだことを詰りました。昨夜ニックとベッドをともにした時に地図を盗まれたというのです。さらにジェニーはこの石像が古代エジプトもので、メソポタミアにあるはずがないと言い、遺跡の調査のために穴に入ると言い出しました。大佐は彼女の手伝いをニックとヴェイルに命じました。
地下の巨大な空間に入っていったニックたち3人を、さらなる石像が出迎えます。石像に囲まれた一角には水銀の井戸がありました。ジェニーは水銀には邪悪なものを封じる力があると言い、これが墓所ではなく何かを封印した監獄だと指摘しました。しかし構わずニックは仕掛けを作動させ、水銀の中に沈められた棺を浮上させてしまいます。すると周囲から無数のクモが湧き出してきて、ヴェイルが噛まれてしまいました。パニックになって銃を乱射するヴェイルを止めようとしたニックは、アマネットの幻覚を見ます。アマネットはニックを誘惑するかのようにセテパイ(選ばれし者)と呼びかけてきました。その幻覚はすぐに覚め、ニックたちは棺をヘリで外に運び出すと、そのまま基地へと輸送します。
まるで彼らを追うように砂嵐が押し寄せてきましたが、グリーンウェイ大佐はニックたちとともに棺を飛行機に運び込み、そのまま輸送機に同乗してイギリスへと向かいました。
機内で棺を調べていたジェニーは、そこに記載された絵文字から「アマネット」の名前を読み取りました。その名前を聞いた途端、ニックは再びアマネットの幻覚を見ます。一方、クモに刺されたヴェイルにも異変が起きていました。その箇所をしきりに掻いていた彼はいつしか意識を失い、まるで操られるように虚ろな目つきでアマネットの棺を開けようとしました。グリーンウェイ大佐がそれを止めようとすると、ヴェイルに刺殺されてしまいます。
さらにヴェイルはニックとジェニーにもナイフを向けました。ニックは最初は彼を止めようとしたものの、ナイフで刺されそうになって逆に銃で撃ってしまいました。
ニックたちが呆然した時、さらなる異変が輸送機を襲います。無数の鴉が襲いかかってきたのです。鴉の突入でジェットエンジンが破損し、さらにコクピットに激突してくる鴉によってパイロットが死亡し、輸送機はたちまち墜落していきました。
自由落下状態に陥った機内で、ニックはとっさにジェニーを助け、パラシュートを彼女に装着して脱出させます。それ以上の行動を起こす間もなく機はイギリス本土へと墜落していきました。

【承】- ザマミー呪われた砂漠の王女のあらすじ2

死体袋に入れられ安置所に置かれていたニックでしたが、不意に生き返り傷一つない状態で袋から出てきました。するとそこに精気を失った状態のヴェイルが現れ、
「アマネットがセト神を蘇らせるため、その肉体を探している」と告げられました。呆然としているところにジェニーが身元確認のためにやってきます。彼女はニックが生きていることに呆然としました。ニックも自分が裸だったことに気づいて動揺しましたが、ふと気づくとヴェイルの姿はどこにもありませんでした。
一方、落下した輸送機の墜落地点で遺体の捜索をしていた警官が、不気味なミイラを発見します。そのミイラは不意に警官に襲いかかり、たちまち精気を吸いとってミイラ化してしまいました。精気を吸いとったミイラはアマネットの姿へと戻りつつありました。
その頃、ニックとジェニーはパブで一息ついていました。ジェニーは一つしかないパラシュートを譲って助けてくれたお礼を言いました。ニックは「他にもパラシュートがあると思った」と答えます。さらにジェニーは、アマネットが復活しようとしていることや、アマネットの狙いがセト神を甦らせる力を秘めた宝石であること、その宝石を柄に填めたダガーで刺した者にセト神の力が宿ることを話しました。そんな話を聞いている間にも、ニックはゾンビのようになったヴェイルの幻が見えています。ニックはその場を離れてトイレに入り、ヴェイルに話しかけました。ヴェイルは「お前はあの女に選ばれたんだ」と話しかけます。
ニックが中座している間、ジェニーは電話で誰かに報告していました。その相手こそ冒頭のスーツの男でした。彼はニックをロンドンに連れてくるよう指示しました。
ヴェイルの幻覚から逃げ出すようにパブを出たニックは、暗い路地の奥から不気味なミイラが這いだしてくるのを見ました。ミイラは無数のネズミを引き連れてニックを襲わせます。ニックがもがき苦しんでいるところにジェニーがやってきて、ニックの見ていたものが幻だとわかります。
ニックは自分がアマネットの呪いを受けたのだとジェニーに言い、それを証明するために半信半疑の彼女を連れて輸送機が落下した場所へと向かいます。
しかし彼が向かった場所は墜落地点の近くにあった古い教会でした。ジェニーが墜落したのは別の場所よと言いますが、ニックは「いや、ここでいい」と言って教会の中へと入っていきます。
いつしかジェニーとはぐれたニックの前に、アマネットのミイラが現れました。アマネットは精気を吸って殺した警官たちのミイラを手下とし、ニックを捕らえます。そして教会の祭壇に彼を押さえつけさせると、近くにあった天使像の中からダガーを取り出しました。しかしニックを刺そうとした瞬間、アマネットはダガーの柄に宝石がないことに気づきます。
その時、教会の中にジェニーが入ってきました。アマネットはジェニーに襲いかかり、彼女からも精気を吸いとろうとします。ニックはなんとかミイラたちをはね除けてジェニーのところに駆け寄ると、ダガーを奪ってアマネットを刺しました。そしてアマネットが怯んだ隙にジェニーを連れて駆け出していきます。
近くに停まっていたトラックに乗ってその場から逃げ出した二人でしたが、ジェニーはニックが操られていると指摘します。最初は否定したニックでしたが、気づいたら彼は教会に向かってトラックを走らせていました。
フロントガラスに映るアマネットの姿に、自分が操られていることを自覚したニックは再び彼女のもとから逃走します。しかし先回りしたミイラたちが次々とトラックに襲いかかってきて、ついにはニックは運転を誤ってトラックを転倒させてしまいました。
ニックは悠然と追いついてきたアマネットに挑みかかりますが、彼女に一蹴されて跳ねとばされます。さらにアマネットはジェニーに襲いかかりましたが、どこからともなく飛来した銛がアマネットを串刺しにしました。さらに複数の銛がアマネットに打ち込まれ、さすがの魔物も動けなくなってしまいます。銛を撃った男たちはこちらに駆け寄ると、ジェニーを助けてニックを麻酔銃で眠らせたのでした。

【転】- ザマミー呪われた砂漠の王女のあらすじ3

何処とも知れない場所で目覚めたニックは、怪しげな組織の一室へと連れて来られます。そこは拷問用とおぼしき設備が備えられ、厳重なドアと指紋認証システムで閉ざされた一室でした。その執務デスクにいた者こそ、冒頭のスーツ姿の男でした。彼はヘンリー・ジキル博士と名乗りました。ジキルは何やら得体の知れない薬を自分に注射しながら、ここが世界中の邪悪な存在に対抗する組織「プロジウム」の本部だと教えます。
ジキルはニックを連れ、広い実験室へと案内しました。そこにはジェニーもいます。彼女もこの組織の一員だったのです。実験室の中央にはアマネットが鎖で厳重に拘束され、水銀を体に流し込まれて力を振るえない状態に置かれていました。
ジキル博士はアマネットの力を封じたまま、解剖するつもりだと言います。ジェニーは貴重な古代の生き残りだからと反対しましたが、ジキルは聞く耳をもたない様子でした。
実験室を見下ろす通路で、ジェニーはニックに改めてパラシュートの礼を言い、「あなたには善い心がある」と言いました。だから魔物の呪いに負けないで、と。
元の執務室に戻ったジキルは、ニックに対して「アマネットが儀式を遂げるのを妨害しない」と宣言します。あのダガーで刺されたニックにセト神が宿った時こそ、セト神を倒す絶好の機会だというのです。人類のためにニックを犠牲にしようというのが彼らの企みでした。さすがにニックは抵抗し、ジキルが自分に注射しようとした注射器を奪い取りました。それを取り返そうとするジキルと格闘になります。
ニックはジキルを締め上げて彼の手でドアの認証システムを開けようとしますが、「ハイド」と名前が表示されてドアが開きません。ジキルはハイドという別の人格を持っていて、それが表に出ている時は反応しないのです。ジェニーは外からニックを助けようと組織のメンバーと格闘します。
その間にも実験室では、アマネットが魔力によって小さな虫を呼び出し、研究員の耳に入り込ませて彼を操って拘束を外させていました。気づいた警備員たちが取り押さえようとしましたが、たちまち逃げ出したアマネットによって精気を吸われてしまいます。そしてアマネットはダガーを奪って施設から逃げ出してしまいます。
一方、ニックはハイドとなったジキルにもう一度薬を打ち、彼の人格を抑え込んで、部屋から脱出に成功します。ジェニーとともにニックはプロジウム本部を出ると、そこは大英博物館の一角でした。
解き放たれたアマネットは、ニックを追うべく魔力を解放しました。そのパワーであたり一帯のガラスが次々と砕けて砂となり、ロンドンの一角を砂嵐が襲います。
ジェニーとともに逃げまどっていたニックは、砂嵐に飛ばされてきたバスを避けた時、彼女と離れ離れになってしまいました。そんなニックの前に再びヴェイルが現れてアマネットの方へと誘います。

【結】- ザマミー呪われた砂漠の王女のあらすじ4

その頃プロジウムの本部では、アマネットの脱走に対し十字軍の墓地の発掘現場に連絡して発掘した宝石を移送するよう指示していました。しかしアマネットの魔力によって墓地に埋葬されていた十字軍騎士たちの死体がミイラとして復活、その場の者を皆殺しにしてしまいます。入り口を守っていたプロジウムの護衛たちも、やってきたアマネットに為すすべもなく全滅させられてしまいました。
地下鉄をさまよっていたジェニーは地下から現れたミイラに襲われましたが、駆けつけてきたニックに救われます。しかし襲ってきたミイラと戦ううち、二人は地下水道へと落ちてしまいました。そこにアマネットが現れ、ジェニーがさらわれてしまいます。
ジェニーを追い、水の中を潜っていったニックは十字軍墓地の洞窟へと辿り着きました。そこには無数のミイラたちと、すでに息をしなくなったジェニーの体がありました。ニックが呆然としていると、アマネットがやってきます。役目を終えたミイラたちはすべて砂となって消えていきました。
アマネットは宝石を填めたダガーを手に、セトを復活させる儀式を行おうとニックに向かってきます。ニックはアマネットに向かっていきましたが、彼女の圧倒的な力にはとても敵いません。
追いつめられたニックはとっさにセトのダガーを奪い取りました。その手際の良さに「泥棒め」と悪態をつくアマネットに対し、ニックはダガーの宝石を砕こうとしました。しかし「セトを復活させ、二人で世界を支配しよう」と懇願するアマネットの言葉を聞いたニックは、ダガーを自分に突き刺しました。
セトの力を宿したニックはアマネットを襲い、彼女の精気を吸い取ってミイラにしてしまいます。そして死体となったジェニーのもとへ行くと、必死に名前を呼びかけ「死ぬな」と懇願します。するとニックの形相が魔物のようになり、ジェニーは息を吹き返しました。
意識を取り戻したジェニーは、宝石の砕かれたダガーを見つけてそれを手に取ります。その時、背後に気配を感じて振り返ったジェニーは、暗がりの中に隠れたニックに気づきました。ニックは変わり果てた姿を見られたくないと言い、ジェニーに別れを告げます。ジキルに率いられたプロジウムの部隊が地下墓地にやってきた時、ニックの姿はどこにもありませんでした。
動かぬミイラとなったアマネットは棺に収められ、水銀漬けにされてプロジウム本部の地下に厳重に隔離されることとなりました。その様子を見ながら、ジキルとジェニーはニックに思いを馳せます。ニックは怪物となってしまいましたが、怪物と戦えるのは怪物だけです。再び災いが起これば、きっとニックは帰ってくるだろうとジキルは語りました。
そのニックは馬に乗って砂漠を旅していました。傍らには復活したヴェイルがいます。生き返らせてくれたことに感謝しつつも、どうして砂漠なんだとぼやくヴェイルにニックは「冒険こそ命だろ?」と言って、馬を走らせたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

「ダークユニバース」シリーズの一作目として鳴り物入りで公開されたこの映画ですが……うーん、微妙。110分という短い上映時間で話がとんとん拍子に進むおかげで退屈はしないんですが、逆に全体的に説明不足。単に古代のミイラが甦って襲ってくるというだけの話であれば問題ないんですが、この作品の場合は善と悪との戦いってテーマがある分、それだけじゃ不足なんですよね。
主人公のニックが財宝狙いの小悪党でありながら、命を捨てて女性を救う自己犠牲を発揮したりするところがまさにそこで、自分の欲望のまま生きてきた男が邪悪な存在と対決するうちに善意に目覚めるってプロットがいまいち決まってないんですよね。もうちょっと善悪の間で揺れる描写が必要だったのではないかと。ぶっちゃけ、トム・クルーズが演じてるからなんとなく形になったようなキャラクターなんで、これ小説とか漫画とかで描いたらものすごく印象が弱くて魅力ゼロになる主人公なんじゃないかと。
テーマを象徴するジキル博士という二面性をもったキャラクターも、ただ単に説明役として出てきただけで、上手く機能しているとは言えません。なんでこんな薬で人格を抑えてないといけない厄介な人間に秘密組織のボスをやらせてるのか全然わかんないですし。
一作目なんだからプロジウムそのものはもっと控え目な描き方にして、後始末だけをさせる形にした方が良かったんじゃないかとも思います。その分の浮いた尺で、きっちりとニックとアマネットの対決を描いて、それぞれのキャラクターを生かしてれば。圧倒的な力をもつ魔物に対し、詐欺師の小狡さで上手くピンチを切り抜けていく、みたいな話とか。
参考にしたであろう「マーベル・シネマティック・ユニバース」の一作目『アイアンマン』でも、他のシリーズとの繋がりはラストのフューリー登場場面だけでしたからね。

映画の感想を投稿する

映画「ザマミー呪われた砂漠の王女」の商品はこちら