「シェアハウスウィズヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイアの紹介:2014年のホラーコメディ映画。現代を舞台に、共同生活を送るヴァンパイア達の日常をモキュメンタリータッチで描いた作品。トロント映画祭など世界中の映画祭で観客賞を受賞した。「グリーン・ランタン」に出演したタイカ・ワイティティと、コメディアンとしても活躍し、「メン・イン・ブラック3」にも出演したジュマイン・クレメントが監督・脚本を手掛けて出演もしている。

この映画を無料で観る

予告動画

シェアハウスウィズヴァンパイアの主な出演者

ディーコン(ジョナサン・ブロー)、ヴィアゴ(タイカ・ワイティティ)、ヴラド(ジェマイン・クレメント)、ニック(コリ・ゴンザレス=マクエル)、スチュー(スチュワート・ラザフォード)、ジャッキー(ジャッキー・ヴァン・ビーク)

シェアハウスウィズヴァンパイアのネタバレあらすじ

【起】- シェアハウスウィズヴァンパイアのあらすじ1

共同生活をしているヴァンパイア達の一軒家に、ついに取材が許されます。もちろん取材班は十字架をつけて保護されています。
カメラに向かって解説してくれるのは、ヴァンパイアで379歳のヴィアゴです。ヴィアゴはミーティングを開くために皆を起こしに行きます。
183歳のディーコン、862歳のヴラドが起きて来てミーティングの開始です。8000歳のピーターは、年齢もあるので除外とします。
ヴァンパイア達の紹介がされます。ディーコンは反抗期で、昔ピーターに咬まれてヴァンパイアになりました。
ヴラドは人々から恐れられているヴァンパイアでしたが、宿敵のビーストに敗れてからは一転した様子です。
ヴィアゴは愛するカトリーヌと結婚するために、船に乗り込んだのですが、船賃が違ってて会うのに1年がかかりました。
気付いたらカトリーヌは結婚していて、彼女を見守ることにしたヴィアゴです。
ミーティングの論点はディーコンの散らかしている食器類です。皆は血まみれで困っているのです。家事の役割分担を決めて今日はお開きです。 この映画を無料で観る

【承】- シェアハウスウィズヴァンパイアのあらすじ2

今晩は街へ乗り出すことにして、3人はおめかしを頑張ります。招いてもらわないと店に入れないので、ヴァンパイアが経営している店に入る事にします。
ディーコンは催眠術を利用しながら、ジャッキーを召使いにします。処女の女性など連れてくるように彼女に命令します。
ジャッキーは童貞のニックと、処女の女性を連れてきます。様子を伺うと、どちらも童貞でも処女でもありませんでした。
催眠術をかけて遊んだあと、ヴィアゴが女性の血を吸いつくします。みんなで逃げるニックを追いかけて遊びます。結局、最後はピーターにとられてしまいます。
それから2カ月が経って、ニックはヴァンパイアになってしまいました。皆と共同生活を送る事にします。
ニックの友人のスチューは、ヴィアゴ達とつるむようになります。皆はスチューを襲わない事を誓います。
スチューはお洒落なクラブの店員と知り合いでした。スチューのおかげで、皆は招いてもらってクラブに入れます。

【転】- シェアハウスウィズヴァンパイアのあらすじ3

帰り道で、狼男達と出くわして喧嘩になりそうになります。スチューはIT関係の仕事をしていたので、ヴァンパイア達にインターネットを紹介すると、彼らはハマっていきます。
夜の街に繰り出して遊んでいると、ニックがヴァンパイアであることを言いふらします。一人の男性がヴァンパイアハンターだと言ってきます。ニックは冗談だと思います。
ヴラド達が秘密にするように注意をします。それでも辞めないニックに、ディーコンが我慢できなくなります。
二人はコウモリに変身してバトルの開始です。ディーコンのほうが上手で、ニックを吹っ飛ばした後、ジャッキーの家に向かいます。
ニックがヴァンパイアになったから、ジャッキーの番は後回しになったと言います。ジャッキーはヴァンパイアになりたかったので、残念がります。
ヴァンパイアハンターが侵入してきて、ピーターが倒します。しかし、窓ガラスが割れていて日光が入ってきます。ピーターは焼け死にます。
警察官が近所の通報を受けてやってきます。催眠術をかけて乗り切ります。

【結】- シェアハウスウィズヴァンパイアのあらすじ4

ヴィアゴ達は裁判を開いて、重罪なニックを無期限で家から追放します。スチューは来ても良いと言います。
数カ月が経って、ヴィアゴ達宛てに吸血鬼団体とゾンビ組合が開催する舞踏会の招待状が届きます。
ヴラドだけが喜びませんでした。なぜなら主賓が宿敵のビーストだったからです。実はビーストはヴラドの元恋人だったのです。
ヴラドは当日行かないと駄々をこねます。舞踏会にスチューを連れて行くと、人間であることがバレます。ヤバい雰囲気になるとヴラドが登場して難を逃れます。
逃げていると狼男達と出会います。満月の夜で彼らは変身してしまいます。スチューが襲われて、彼の死を皆で悲しみます。
ある日、家をノックする音が聞こえます。なんとスチューが生きていたのです。彼は狼男となって帰ってきたのです。
ヴァンパイア達と狼男達は仲良くなって、一緒に住み始めます。ヴィアゴはカトリーヌをヴァンパイアにして家に招待します。
ヴラドはビーストとよりを戻します。ジャッキーはニックにヴァンパイアにしてもらって、夫を召使いにしてやります。
最後にディーコンが、この映画を見た記憶を消す催眠術をかけて終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はゆるい笑いが特徴的です。催眠術でパスタを虫にかえたりできるのですが、ニックが試しにポテトでやると失敗します。
そしてポテトを食べたニックは嘔吐を繰り返して死にかけます。ポテトが大好物なニックが残念がります。その演出がホラー要素も取り入れていて、ゆるくて面白かったです。
後は舞踏会の場所が絶望の聖堂だったり、招待状の凝った演出を紹介したりする場面もゆるくて面白かったです。
また、裁判を開いて、無期限の意味の解釈で口論する場面も良かったです。
ホラーな部分もあるので、血が出る場面があります。ヴィアゴが大動脈を咬んでしまう場面では血が噴き出るので、苦手な方はその時だけ目を背けた方が良いかもしれません。
ドキュメンタリーチックな描き方で、ホラーとコメディを併せた作りなので最初は戸惑うかもしれません。しかし、段々とみていると面白さが分かってきます。
斬新な描き方なので、慣れると面白くなっていく不思議な映画です。気づいたら面白くなって、もう一度観たくなる、そんな作品でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「シェアハウスウィズヴァンパイア」の商品はこちら