「シャークトパス」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

シャークトパスの紹介:2010年製作のアメリカTV映画。1984年のイタリアの映画『死神ジョーズ・戦慄の血しぶき』のリメイクで、上半身がサメ、下半身がタコという遺伝子操作巨大怪物が次々に人を襲う。後にシリーズ化もされた。

予告動画

シャークトパスの主な出演者

アンディ・フリン(ケレム・バーシン)、ニコール・サンズ(サラ・マラクル・レイン)、ネイサン・サンズ(エリック・ロバーツ)、ステイシー・エヴァーハート(リブ・バウン)、ボーンズ(エクトル・ヒメネス)、サントス(ジュリアン・ゴンザレス・エスパーザ)、ペズ(ブレイク・リンゼー)

シャークトパスのネタバレあらすじ

【起】- シャークトパスのあらすじ1

アメリカ・サンタモニカのビーチでは、海水浴を楽しむ若者が大勢いました。
海で泳ぐビキニ女性・ブリーの後ろに、背びれが見えます。サメです。女友達はブリーにサメ出現を告げ、ブリーは急いで逃げました。でも間に合いそうにありません。
その時、出没したサメが海上に高く掲げられました。サメを海上に出したのは、上半身がサメで下半身がタコという巨大な生物でした。生物はサメを触手で絡め取ると、尖った牙でサメを噛み砕きました。
…その巨大な生物は、ブルー・ウォーター社(BW社)が遺伝子操作で生み出した「S-11(シャークトパス)」という生物です。
アメリカ海軍に軍事兵器の開発を依頼されたBW社の社長・ネイサンは、娘・ニコールにS-11(シャークトパス)を作らせました。
若い女性・ニコールは遺伝子を操作して生物を作った後、大脳皮質に電流を流す装置を取り付けて電圧の負荷によりS-11(シャークトパス)を制御します。
試作実験(女性を襲ったサメを退治したシャークトパスの映像)を見たアメリカ海軍・コックス中佐は大満足で、すぐにも実用化したいと言いました。
しかしその矢先に事故が起きます。
ヨットクルージングのAQUAH号の急な針路変更で、ヨットがS-11(シャークトパス)と接触し、背中についていた制御装置が外れてしまいました。AQUAH号は岩礁にぶつかり炎上します。
制御装置が外れたS-11(シャークトパス)は、BW社の研究者たちの指揮下から外れて、勝手に暴走を始めました。
近くの岸に停泊していた豪華客船〝クィーン・メアリー号〟の外壁を修理していた作業員2人が、早速S-11(シャークトパス)の餌食となりました。

【承】- シャークトパスのあらすじ2

S-11(シャークトパス)は触手で獲物を捕まえては、大きな口に生えている鋭い牙で切り裂きます。触手の先端は鋭利に変化し、獲物を串刺しにすることもできます。
食べるためではなく、殺戮が目的でした。
S-11(シャークトパス)を作ったのは娘・ニコールですが、父・ネイサンはプログラムに修正を加え、攻撃性を増した殺人鬼に仕立てていたのです。軍事兵器のためです。
ニコールは黙ってプログラムを書き換えた父・ネイサンに怒りますが、後の祭りでした。
南下するS-11(シャークトパス)を捕獲するため、ネイサンはメキシコ・プエルトバヤルタで元社員の若者アンディ・フリンを仲間に引き入れます。
ネイサンにクビにされた男・アンディは、成功報酬30万ドルで引き受けました。ネイサンはアンディに、生きたままの捕獲を要求します。
ネイサン社長は操縦士と共に豪華クルーザーに残り、アメリカ海軍・コックス中佐と連絡を取りながら、実行部隊にも無線で指示します。
実行部隊は「男性操縦士・サントス」「PC担当の男性」「製作者・ニコール」「S-11担当・アンディ」の4人が小型クルーザーに乗り込み、麻酔銃をS-11(シャークトパス)に打ち込んだ後、パソコンから追跡可能にしてインターフェースを修理する予定でした。
同じ頃、TV局CNEの女性キャスター・ステイシーとカメラマン・ボーンズは、上半身がサメで下半身がタコの生き物の目撃情報を聞きつけて、取材に回っていました。
地元の釣り人ペズ・キングスベリーに問い合わせたステイシーは、S-11を目撃してカメラに収め、テレビ放送で流します。その際、ステイシーが「シャークトパス」という名称を用いました。

【転】- シャークトパスのあらすじ3

(注意:以降、一般人にとっては「シャークトパス」と呼ばれるが、製作したニコールらには最後まで「S-11」と呼ばれる)
シャークトパスのニュースは瞬く間に話題となり、CNEは別のレポーターも派遣するとステイシーに告げます。しかし納得できないステイシーは、さらにスクープを狙ってボーンズを連れて取材を続けました。
シャークトパス出現のニュースを聞いた女性・ステフィーは、地元FM局のDJキャプテン・ジャックに知らせます。キャプテン・ジャックは「プラヤ・デル・ソル付近でシャークトパスを目撃した」とラジオで流しますが、ジャック自身はシャークトパスの存在を信じませんでした。
プエルトバヤルタのビーチにシャークトパスが出現し、人々を襲い始めます。
ニュースを見たアメリカ海軍・コックス大佐は、被害者が出てシャークトパスが公になってしまったので、事件の隠蔽を図るため密かに処理しろ(殺せ)とネイサン社長に言いますが、ネイサンは自分が開発した最高傑作に固執し、生け捕りを狙いました。
アンディは1度は麻酔銃を放ってシャークトパスに命中させますが、触手ですぐ引き抜かれてしまい、効果はありません。しかも怒ったシャークトパスの反撃に遭い、アンディが連れてきた仲間2人が殺され、アンディ自身も右足を噛みつかれる重傷を負います。
生け捕りに執着するネイサンに、「シャークトパスに止めを刺す」と仲間を殺されたアンディは言いました。ネイサンは100万ドル払うと言いますが、アンディは「金はいらん」と切り捨てます。
シャークトパスは、ひたすら南に向かいます。
水上バイクで遊ぶ若者たち3人を殺し、釣り人ゴードンとマリアのカップルを船ごと破壊して2人を殺したシャークトパスは、ラジオ局のキャプテン・ジャックを触手で引き込み惨殺します。

【結】- シャークトパスのあらすじ4

先回りして待ち伏せしたアンディたちですが、シャークトパスにすべて読まれていました。その狡猾さに改めて、アンディは殺さねばと思います。
シャークトパスとの交戦で船のプロペラが壊れ、さらに操縦士・サントスを殺されて、アンディとニコールだけになりました。2人は低速で波止場に戻りました。
その波止場近くのビーチでおこなわれるダンスイベントを、シャークトパスが襲います。陸上でも、シャークトパスは自由自在に動けます。
ショーの演出かと観客が思った次の瞬間、女性ダンサーが2つの触手で掴まれ、牙で切り裂かれました。会場はパニックに陥ります。
ネイサン社長と会ったアンディとニコールは、シャークトパスの攻撃に遭います。ネイサン社長は娘・ニコールをかばい、首を触手の先端で切り裂かれました。虫の息のネイサン社長は「爆破スイッチがあり、アクセスできるかもしれない」とニコールに告げて息絶えました。
シャークトパスは川を遡上しました。TV局リポーター・ステイシーの船を借りて移動したアンディとニコールは、川幅が狭まっているところで待ちうけて殺そうと計画します。
爆破スイッチを起動させるには、ニコールのPCの近くにシャークトパスをおびき寄せる必要がありました。アンディがおとりになります。
川で暴れ始めたシャークトパスを探してスクープを狙うステイシーは、カメラマン・ボーンズの姿が消えてカメラが落ちているのに気付きました。
その意味するところを察した瞬間、ステイシーもシャークトパスの触手で両手を持ちあげられ、首を刺されます。
アンディはステイシーを狙うシャークトパスの後ろに回り込み、麻酔銃を発射しました。向かってくるシャークトパスに丸太で応戦しておびき寄せたアンディは、ニコールに合図を送ります。
ニコールは父・ネイサンのパスワード(パンプキン)を解除して起爆装置を作動させ、シャークトパスは破壊されました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シャークトパス」の商品はこちら