「シャーク・ウィーク」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

シャーク・ウィークの紹介:2012年制作のアメリカ映画。クリストファー・レイ監督。息子の死に憤りを覚える父が、息子の死に関係ある人たちを孤島に集め、ゲームを開始。8人のゲーム参加者が次々にサメの餌食となっていく恐怖映画。

この映画を無料で観る

予告動画

シャーク・ウィークの主な出演者

リーガン(ヤンシー・バトラー)、タイブロン〔ティブロン〕(パトリック・バーギン)、ホルト(ジョシュ・アレン)、エレナ(エリン・クッカー)、キャル(バート・バゲット)

シャーク・ウィークのネタバレあらすじ

【起】- シャーク・ウィークのあらすじ1

麻薬王のタイブロン(通称・ティブロン)の息子が死に、タイブロンは嘆き悲しみ、妻・エレナとともに、関係者への復讐を思いつきます。
8人の男女は突然拉致され、孤島に連れてこられました。
1.キャル…ロサンゼルスの男性。潜入捜査官
2.フランシン…マリブの女性。判事
3.レイラ…エコーパークの女性。タイブロンの息子の情報を売った。ヤク中
4.ピート…カルバーシティの男性。救命士
5.フランキー…ベニスビーチの男性。タイブロンの元手下
6.リーガン…女性。テレビなどに少し出演している
7.(名前不明)…タイブロンの息子の友人?
8.ホルト…ロングビーチの男性、連邦検事 この映画を無料で観る

【承】- シャーク・ウィークのあらすじ2

プールの前に鎖で手首を繋いだ8人を立たせ、逆らった7番の男性をプールに落とします。中にはサメがたくさんいて、男性は死にました。
呆然とする残り7人にタイブロンはルール説明します。毎日1種類ずつ違うサメに出会う(1週間)こと、サメを殺せば次のサメまで生かしてやること。
初日は生後2ヵ月未満のサメの赤ちゃんの大群からスタートです。皆は手首の鎖で防御し、島の反対側に出ました。
食糧が置かれており、生き残れば次のサメまで生かすという言葉は真実でした。
内陸部を移動する途中フランシンが「海に入らなければサメに出会わない」と言います。

【転】- シャーク・ウィークのあらすじ3

しかしそれを嘲笑するかのように地割れが起き、皆は地下の洞窟に落ちました。
洞窟にはシュモクザメがいました。皆は鎖を繋げて輪を作り、サメを溺死させます。ピートは死にました。
翌日、食糧を探しに行ったフランキーがナイフを手に入れます。皆は石を武器に槍を作りました。
オオメジロザメ相手に格闘したフランシンが死にます。
翌日は砂浜に地雷原がありました。誤ってホルトが踏みますが、全速力で走って皆助かります。
この日はイタチザメと遭遇します。レイラが地雷原を持って囮となり、犠牲となりました。

【結】- シャーク・ウィークのあらすじ4

翌日、銛を手に入れます。海にいたオナガザメと格闘中、フランキーが餌食となり、またホルトも食べられました。残ったのはキャルとリーガンです。
2人はゴムボートまで辿り着きます。しかし海には最大の敵、ホオジロザメがいます。キャルは囮になってサメと応戦して亡くなり、リーガンが生き残りました。
リーガンにタイブロンの妻・エレナが襲いかかります。しかしエレナは地雷を踏み、死にました。
リーガンはタイブロンと対峙します。島の場所がキーウエストから南へ160kmの国際水域だと知ったリーガンは、タイブロンと揉み合いになりました。
タイブロンは海に落ち、ヨシキリザメの餌食となりました。(リーガンが生き残る)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シャーク・ウィーク」の商品はこちら