「ジョーカーゲーム」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ジョーカーゲームの紹介:2012年公開の日本映画。学校の合宿と称して、トランプの“ババヌキ”を利用したサバイバルゲームに巻き込まれた高校生たちの運命を描いた作品。翌2013年には続編『ジョーカーゲーム 脱出』も公開された。

この映画を無料で観る

予告動画

ジョーカーゲームの主な出演者

赤沢千夏(北原里英 AKB48)、大野香奈(高月彩良)、横江美奈子(小池唯)、高島洋平(大久保祥太郎)、神田智(白又敦)、横山直哉(根岸拓哉)、浅野圭一(溝口琢矢)、上田陽子(伊倉愛美)、下川ちひろ(吉田まどか)、校長(螢雪次朗)、滝沢先生(古舘寛治)

ジョーカーゲームのネタバレあらすじ

【起】- ジョーカーゲームのあらすじ1

日本児童の学力低下が嘆かれ、IQテストの結果は先進国で最下位に転落しました。これを憂えた文科省は、教育強化プロジェクトを発動します…。
赤沢千夏の学校で4日間の合宿が開かれ、担任の滝沢先生は合宿の最初にビデオを見せました。
ビデオでは「笹下第三高等学校専用プログラム 文科省認可 教育強化プロジェクト・第五試験」と題し、ババヌキをする合宿方法が説明されます。
各自10枚のカードを持ち交換方法も自由で、制限時間内であれば校舎内の移動も自由です。手持ちのカードがなくなれば「あがり」です。
また「契約システム」によって他者にカードを引き取ってもらうことも可能です。

【承】- ジョーカーゲームのあらすじ2

委託されたプレイヤーは奨学金を貰え、さらに7名以上と契約すると全国全ての大学に推薦合格が保証されます。
1枚だけあるジョーカーを最後まで持つ者が失格です。
【初日】
千夏のカードにジョーカーがあり、美奈子はちひろと3人でババヌキをし、ちひろにジョーカーを渡します。残り5人でババヌキになり、ちひろが負けました。
その途端、武装した警備員2人がちひろに注射を打ち連行しました。生徒たちは茫然とします。
滝沢先生は「下川には矯正施設に入って勉強してもらう」と言いました。
【2日目】
4人の生徒が欠席して失格者となり、撲殺されました。学校側は緊急会議を開くため、自習となります。

【転】- ジョーカーゲームのあらすじ3

【3日目】
男子生徒のリーダー格・神田が横山にカードを見せろと脅し、それを咎めた高島がどさくさに紛れて自分の持つジョーカーを横山のカードとすり替えました。
高島は神田たちのカードを一手に引き受け契約者となります。女子生徒は陽子に委託しました。
横山、高島、陽子、香奈が残ります。横山があがった後、陽子が突然、委託人数を引き合いに出して香奈に負けろと言い始めました。負けると委託した者たちも連帯責任を取らされるからです。
香奈は「負ける」宣言をしてジョーカーのカードを教えますが、信じなかった高島が負け、神田ら男子生徒は連帯責任で矯正施設に送られました。 この映画を無料で観る

【結】- ジョーカーゲームのあらすじ4

【最終日】
香奈は千夏に「負けたいのだ」と告白します。実は香奈の姉も1年前に同じテストを受け、矯正施設に送られていたのです。香奈は姉を救うために矯正施設に行くつもりでした。
女子生徒と契約した美奈子と香奈、そして千夏の3人で戦います。ジョーカーを持っていたのは千夏でした。
千夏のジョーカーをひいた香奈はジョーカーを美奈子に教え、美奈子はあがります。直後、滝沢先生が香奈に、香奈の姉は矯正施設にいないと告げました。
千夏と香奈が戦い、香奈が負けました。香奈は連行されます。
しかし千夏はその車両の前に現れ、警備員の注射器を奪って警備員に次々に打ちました。
千夏と美奈子は逃走しました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ジョーカーゲーム」の商品はこちら