「ジョーカーゲーム 脱出」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ジョーカーゲーム 脱出の紹介:2013年公開の日本映画。トランプの“ババヌキ”で戦う映画『ジョーカーゲーム』の続編にあたる。ババヌキで負けた者が送られる「矯正施設」で、新たな試練が課されるさまを描く。

予告動画

ジョーカーゲーム 脱出の主な出演者

大野真希(鈴木裕乃)、島本紀子(松野莉奈)、小島理恵(宮武美桜)、下川ちひろ(吉田まどか)、林沙織(愛名ミラ)、本多明日香(佐藤優津季)、江川知巳(京佳)、大野香奈(高月彩良)、大島由美教官(原史奈)

ジョーカーゲーム 脱出のネタバレあらすじ

【起】- ジョーカーゲーム 脱出のあらすじ1

【文科省認可教育強化プログラム】
〝ババヌキ〟による優秀な人間の選別。
それが教育強化プログラムである。
勝者はさらなる高等教育が受けられる場へ、
敗者は矯正施設で人格の修正を義務とする。
…〝ジョーカーゲーム〟で負けた7人の女子高校生は、矯正施設「関東みらい教育施設」で大島教官の指導のもと、快適な生活を送っています。
入所3ヵ月が経過したある日、身体測定と称して注射を打たれた7人は意識を失い、目覚めると廃墟のような部屋にいました。
部屋のテレビ画面がつくと、説明が始まります。2時間以内に脱出しないと体に毒が回って死ぬこと、皆のポケットにあるヒントを持ち寄り協力するのが大事だということ…。

【承】- ジョーカーゲーム 脱出のあらすじ2

計算式を見つけた一同は64(ムシ=虫)を手がかりに紐を引っ張り壁板を外しますが、その瞬間ガスが噴射され、知巳の顔面がただれて死にます。
計算式が携帯電話の操作キーで「トムソーヤ」と変換できるのを知り、本に隠された封筒のカードを見つけました。
中には7つの大罪のカードがあり、見つけた瞬間にVTRが流れます。
VTR通りに7つの大罪を解釈すると、「暴食」=知巳、「色欲」=沙織、「傲慢」=明日香、「強欲」=紀子、「嫉妬」=理恵、「憤怒」=真希、となりました。「怠惰」のカードは最初からちひろが持たされていました。
皆それぞれのカードを持つと、扉を開く人間を怠惰のちひろが選ばされます。

【転】- ジョーカーゲーム 脱出のあらすじ3

沙織が指名されますが、揉み合いになった拍子に明日香に矢が刺さり死にました。
真希の持つグラスの足部分に見合うグラスを見つけ、沙織が死者の血を注ぐと、パスワードがグラスに浮かび上がります。
沙織、真希、紀子、理恵、ちひろは部屋を脱出しました。
次の部屋に移動すると、ナイフと注射器がありました。注射器は解毒剤だと思われます。
解毒剤欲しさに沙織がナイフでちひろを人質にして真希に注射器を要求しました。油断した隙にちひろが沙織を刺し、沙織もちひろを刺します。2人は亡くなりました。
机に置かれた箱を開くと、もう1つの解毒剤とトランプが見つかります。
解毒剤は2つ、生き残りは真希、紀子、理恵の3人。

【結】- ジョーカーゲーム 脱出のあらすじ4

ババヌキで決めろという意味だと思い、3人はゲームを開始しました。
理恵があがり、続いて紀子もあがります。すぐ注射を打った理恵が倒れました。最初に見つかった注射器は偽物だったのです。
憶する紀子に本物の解毒剤を真希が打ちました。真希と紀子は助かります。
実は真希には毒が打たれておらず、真希は大島教官のもと、皆をリードする役目をおおせつかっていました。
真希がその役を受けたのは、同じゲームを受けて敗北したうえに、さらに逃亡を企てた妹・香奈を助けるためでした(『ジョーカーゲーム』参照)。
しかし監視カメラで一部始終を見ていた大島教官は、真希の妹・大野香奈のカードに「不可」のスタンプを押しました。

みんなの感想

  • 傲慢さんの感想

    面白かったなー

映画の感想を投稿する

映画「ジョーカーゲーム 脱出」の商品はこちら