「ジョーズ3」のネタバレあらすじ結末

ジョーズ3の紹介:1983年制作のアメリカ映画。映画『ジョーズ』シリーズの第3弾。大型水族館を襲うホオジロザメと人間との戦いを描いた作品。

この映画を無料で観る

ジョーズ3の主な出演者

マイケル・ブロディ〔マイク〕(デニス・クエイド)、キャスリン・モーガン(ベス・アームストロング)、カルヴィン・ボーチャード(ルイス・ゴセット・ジュニア)、フィリップ・フィッツロイス(サイモン・マッコーキンデール)、ケリー・アン・ブコウスキ(リー・トンプソン)

ジョーズ3のネタバレあらすじ

【起】- ジョーズ3のあらすじ1

警察署長・マーティン・ブロディ(『ジョーズ』『ジョーズ2』参照)の息子・マイケル、通称・マイクは立派な大人に成長し、エンジニアになりました。
特殊ガラスで作ったトンネルを海底に作り、客が自由に海底を見て回れるレジャー施設『シー・ワールド(海底王国)』がフロリダに完成します。マイクはシー・ワールドのチーフ・エンジニアとして勤務していました。
マイクには海洋生物学者の恋人・キャスリンがおり、キャスリンもシー・ワールドで働きます。
開園を翌日に控えた前日、海洋映画作家・フィリップをはじめとする来賓者が訪れました。マイクの弟・ショーンも会場に来ます。 この映画を無料で観る

【承】- ジョーズ3のあらすじ2

その時、シー・ワールドと海底を区切るゲート部分が故障したという知らせが、カルヴィン所長のところに入りました。カルヴィンは早速、スタッフの一人を修理に向かわせます。スタッフはそのまま行方不明になりました。
翌日、いよいよシー・ワールドがオープンし、大勢の観客が押し寄せます。
その観客の前に、無惨な人間の死体が現れました。前日に修理に向かったスタッフの死体です。
マイクは死体を見て、人食いザメの仕業だと確信しました。カルヴィン所長はサメの捜索を指示し、作家・フィリップの協力もあってサメの生け捕りに成功します。
キャスリンはサメの人工飼育を提案しました。

【転】- ジョーズ3のあらすじ3

サメはそのまま水族館で飼育されますが、カルヴィン所長が強引にショーに出したため、サメは死んでしまいます。
ところで、マイクはスタッフの死体の傷口からすると、その後捕獲したサメは小さすぎるという指摘をしていました。
その予想どおり、生け捕りに成功しその後ショーで死んだのはサメの子供でした。そのサメの親がシー・ワールドのトンネルめがけて攻撃を開始します。
親のサメはホオジロザメで、体長10mほどの、見たこともないほど巨大なサイズでした。
サメの攻撃によって、トンネルはあっという間に壊れて浸水します。

【結】- ジョーズ3のあらすじ4

カルヴィン所長はトンネルの閉鎖を命令しますが、多くの客がトンネル内部に取り残されてしまいました。
マイクとキャスリンは、トンネルの修理を開始して観客を救おうとします。フィリップはサメを捕獲することを考えました。
立てた作戦通りに水路にサメを誘導することには成功しましたが、フィリップはサメに食べられました。
サメは水路の柵を破壊して、マイクとキャスリンを襲います。
指令室に逃げ込んだマイクとキャスリンは、おとりとなってカルヴィン所長と観客を先に逃がしました。
そしてサメの口の中に、手投げ弾を入れました。
サメは手投げ弾で爆破されました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ジョーズ3」の商品はこちら