「スクリーム4ネクストジェネレーション」のネタバレあらすじ結末

スクリーム4: ネクストジェネレーションの紹介:2011年公開。3部作の前作から10年後に起こる連続殺人事件を描いた作品。監督は前作同様、「エルム街の悪夢」のウェス・クレイヴン。前作の生存者の3名、ネーブ・キャンベル、デヴィッド・アークエント、コートニー・コックスが出演。新たにエマ・ロバーツ、マーリー・シェルトン、ヘイデン・パネッティーアなど若手スターが出演した。

予告動画

スクリーム4ネクストジェネレーションの主な出演者

デューイ・"ドュワイト"・ライリー(デイヴィッド・アークエット)、シドニー・プレスコット(ネーヴ・キャンベル)、ゲイル・ライリー(コートニー・コックス)、ジル・ロバーツ(エマ・ロバーツ)、カービィ・リード(ヘイデン・パネッティーア)、アンソニー・パーキンス(アンソニー・アンダーソン)、レベッカ・ウォルターズ(アリソン・ブリー)、ロス・ホス(アダム・ブロディ)、チャーリー・ウォーカー(ロリー・カルキン)、オリヴィア・モリス(マリエル・ジャフィ)、ロビー・マーサー(エリック・ナドセン)、ジュディ・ヒックス(マーリー・シェルトン)

スクリーム4ネクストジェネレーションのネタバレあらすじ

【起】- スクリーム4ネクストジェネレーションのあらすじ1

ホラー映画のスタブ5を鑑賞しているシャーリーとトルディ。ホラー作品特有の電話がかかってきて友人の悪戯だと思います。指示通り玄関を開けると殺人鬼がいて殺されます。
これは実はスタブ6の内容でした。スタブ6を鑑賞していたクロエと友人。クロエは友人を刺殺します。
これまたスタブ7の内容で、マーニーとジェニーは一緒に鑑賞していました。二人はホラー映画の犯人の声を真似し、家の中で悪戯電話をかけ合います。すると本当にスタブにでてくるお面を被った犯人がやってきて殺されます。
前作で生存したデューイ、シドニー、ゲイル。あれから10年の時が経ち、デューイはゲイルと結婚していました。
シドニーは新たに本を出版して時の人となります。そして街に帰ってきてサイン会を開きます。
シドニーの従妹のジルはまた殺人が起こるのではと考えます。友人のカーヴィとオリヴィアと学校に行きます。
保安官になったデューイは、警官のジュディからレモンケーキをもらいます。ジュディはシドニーが来るので、街に飾られた犯人の服装を取り除いていていました。
登校したジルに映研のメンバー、ロビーとチャーリーが絡んできます。そして元彼氏のトレヴァーが迫ってきます。
トレヴァーは恋人がいても他の女性と遊ぶので、ジルは裏切られた気持ちでいっぱいで相手にしません。
シドニーのサイン会を訪れたゲイル。ゲイルは新たな小説を執筆しようとしていましたが、スランプ気味です。
そこにデューイ達警官がやってきます。事件の携帯電話がここにあるようなのです(恐らくマーニーかジェニーの携帯)。シドニーの借りた車のトランクから、血のついたナイフと携帯、写真が発見されます。

【承】- スクリーム4ネクストジェネレーションのあらすじ2

ゲイルは前回同様、捜査に協力しようとします。デューイが拒絶したのでゲイルは独自に捜査することを決めます。
シドニーの家には警官が張り付きます。ジルはカーヴィとホラー映画を見ながらお泊り会です。隣に住むオリヴィアは母が出かけていて、一人で家にいることにします。
トレヴァーからの電話が鳴ってカーヴィがとります。トレヴァーではなく、マーニー達を殺した犯人からの電話でクローゼットの中にいると脅してきます。中を開けると誰もいませんでした。
実はオリヴィアの家のクローゼットの中にいたのです。犯人はオリヴィアを惨殺します。警官は囮に騙されて家から離れていました。
シドニーがオリヴィアを助けに行きます。犯人を蹴り倒して、警官が駆け付けます。しかし、犯人は窓から逃げた後でした。
オリヴィアの事件に駆け付けたロビーとチャーリー。二人にゲイルが近づいて一緒に捜査することになります。
シドニーに広報のレベッカが新たな仕事がきてると言いにきます。売りたいレベッカと、それどころでないシドニー。シドニーが断ってレベッカは帰ることにします。
レベッカの携帯に犯人から電話がかかってきます。駐車場で襲われたレベッカ。その頃、デューイ達はマスコミにもうじき犯人は捕まると公表していました。
屋上からレベッカの死体をデューイ達の側の車に投げつけます。辺りはパニックとなります。
ジル達の学校の映研ことシネマ部に、シドニーとゲイルがゲストとしてやってきます。議論を重ねて、犯人は前作をなぞって犯行を重ね、それを超えようとしていると話しになります。
だとすれば次に狙うのはパーティであり、金曜の夜にスタブを皆で鑑賞するパーティが怪しいと考えます。開催場所は極秘のため、ロビー達は言いませんでした。

【転】- スクリーム4ネクストジェネレーションのあらすじ3

事件を受けて外出禁止令が出されます。ジルは家にいることにして、カーヴィはパーティーに行きます。
ゲイルは会場に忍び込んで監視カメラを設置します。外に出て監視カメラを見ると犯人がカメラを隠していきます。
気づいたゲイルはデューイに知らせて、カメラの様子を見に行きます。すると犯人が出て来て肩を刺されます。駆け付けたデューイが発砲して犯人は逃げます。
シドニーの家を警護している警官のホスとパーキンス。犯人がやってきて殺されます。シドニーは家に叔母のケイトがやってきて驚き、犯人から電話がかかってきます。
犯人はシドニーの家族を狙うと言ってきます。ジルがいつの間にかいなくなっていました。助けに行こうとすると犯人がやってきます。玄関を閉めることに成功しますが、ケイトはドア越しに刺されて死亡します。
ジュディが駆け付けて応援を呼びます。シドニーはジルを探しにカーヴィの家に行きます。
カーヴィの家にはロビー、チャーリー、ジル、カーヴィがいました。ジルからメールで呼ばれたとトレヴァーがやってきます。
メールを送ってないというジルは携帯を探しに行きます。トレヴァーもついていきます。ロビーは酔っぱらって外をうろついていると犯人に刺されます。
チャーリーとカーヴィは良い雰囲気になりますが、トレヴァーが帰ってきて邪魔されます。トレヴァーがジルがどこにもいないと言うのでチャーリーと探しに行きます。
カーヴィが玄関に近づくとジルが降りて来てトレヴァーを見てないと言います。シドニーがやってきて、血まみれのロビーが逃げろと知らせてくれます。

【結】- スクリーム4ネクストジェネレーションのあらすじ4

犯人が入ってきてシドニーとジルは2階に逃げます。ジルをベッドの下に隠れさせて、シドニーは囮となって屋根をつたいます。
一階から再度入ったシドニーはカーヴィと避難します。すると血まみれのチャーリーが助けを求めて来ますが、信じられず中には入れれませんでした。すると犯人に捕まって縛られます。
犯人からクイズを出されたカーヴィはチャーリーを助けるため頑張ります。その間にシドニーはジルの様子を見に行きます。
犯人の声が聞こえなくなったカーヴィはクイズに成功したと思い、チャーリーを助けに行きます。しかし、チャーリーに刺されてカーヴィは死亡します。
シドニーはチャーリーに捕らわれ、もう一人の犯人であるジルに刺されます。捕まえておいたトレヴァーを犯人にするため、銃殺します。
ジルはトレヴァーに捨てられたことを恨んでいました。また、シドニーのせいで何かとシドニーの事ばかりを追求されていて、自分こそが有名人になるため計画を実行したことを明かします。
唯一の生存者こそが有名人になれると考えたジル。新恋人のチャーリーと生き残る計画を改めて、チャーリーをも殺します。そしてシドニーの腹を刺し、自らも被害者になるため、自分で体を痛めつけます。
トレヴァーの近くに凶器を置いて倒れていると、シドニーの通報を受けたデューイ達が駆け付けます。マスコミは唯一の生存者であるジルのインタビューをもらうため殺到します。
病院に運ばれたジルはデューイにトレヴァーが犯人と言います。そしてゲイルと同じ個所を刺されたこともあり、一緒に小説を書きたいと言います。
デューイはシドニーが無事で集中治療室にいると話して、ゲイルの病室に向かいます。ジルはシドニーを殺しに向かいます。
ゲイルはなぜ同じ肩だと分かったのか疑問に思います。ジルがシドニーを殺そうとしてると、デューイがやってきます。
隠れていたジルがデューイの後ろ頭を殴って気絶させます。デューイの銃を奪ったジルが、ゲイルに向けているとデューイの知らせを受けたジュディが助けにきます。
しかし、シドニーを人質にとられてジュディは銃を渡します。ジュディは撃たれて気絶します。ゲイルも撃たれそうになると、電気ショックを充電したシドニーが後ろから近づいてジルを感電させます。
ホッと安心しているとジルが起き上がってきたので、シドニーが銃をとってジルを殺します。ジュディは防弾チョッキで生きていました。デューイもとりあえず無事でゲイルが医者を呼びます。
最後にマスコミがジルをまだヒーローだと思い込んでいる映像が流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、犯人が誰なのか中々分かりませんでした。最初はトレヴァーを疑っていたのですが、そうでもないし、ジルかなあとも思いましたけどオリヴィアの時に皆といたので…。考えれば考えるほど分からなくなっていきます。
最後にチャーリーとジルの二人が犯人だと分かった時は、今までの場面を振り返ると、なるほどと納得しました。警官が消えた消えたと言うので幽霊の仕業かなと思っていましたが、二人の人間が犯人でした。
面白い場面は警官二人がホラー映画になぞって、殺される警官のパターンを話し合っているシーンです。その後やってぱり殺されてしまいます。
この作品は血がでる場面が多いです。首や腹から出て行きます。刺殺場面が多いのでそのせいかと思います。むちゃくちゃなグロいシーンはなく、そういった場面が多いので現実感があって怖かったです。
全体を通して、警官もうちっと頑張れ!という印象の映画でしたが、パロディチックな部分もあって楽しめました。スクリーム作品は今作が初めてだったので前作も見てみようと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「スクリーム4ネクストジェネレーション」の商品はこちら