「スネーク・フライト」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

スネーク・フライトの紹介:2006年に製作されたスリラー映画。殺人の目撃者を抹殺するためマフィアが旅客機の機内に蛇を放ったことで生まれたパニックが描かれる。監督はスタントマン出身で『ファイナル・デッドサーキット3D』や『シャーク・ナイト』も手がけたデヴィッド・リチャード・エリス。2013年に60歳で死亡している。本作は典型的なB級作品だが、最後まで気配りされたシナリオとツボを抑えた展開によって好評をもって迎えられ、ネットを中心に高い評価を受けている。

この映画を無料で観る

予告動画

スネーク・フライトの主な出演者

ネヴィル・フリン:(サミュエル・L・ジャクソン)、クレア・ミラー(ジュリアナ・マルグリーズ)、ショーン・ジョーンズ:(ネイサン・フィリップス)、ハンク・ハリス:(ボビー・カナヴェイル)、スリー・ジーズ(フレックス・アレクサンダー)、スティーヴン・プライス博士(トッド・ルイーゾ)

スネーク・フライトのネタバレあらすじ

【起】- スネーク・フライトのあらすじ1

ハワイに住む青年ショーンは中国系マフィアのエディ・キムによるリンチ殺人の現場を目撃してしまいます。彼のもとにエディからの刺客が送られますが、FBI捜査官ネヴィル・フリンに助けられます。最初、キムの裁判のための証人となることを断っていたショーンですが、ネヴィルの強硬な説得によって渋々同意するのでした。
ネヴィルとショーンは、ホノルル空港からロサンゼルス行きの飛行機に乗ることになります。キムの手が地元警察に回っていることを考慮して、ネヴィルは一般旅客機での移動を選びました。しかし、そこもすでにキムの手下に知られていました。彼らは何かを倉庫に仕込んでいたのです。
ネヴィルがファーストクラスの席にねじ込んだため、飛行機の乗務員は迷惑していました。エコノミーに変更された犬好きの女性や偏屈な中年ビジネスマンなどの乗客たちも憤慨しています。
飛行機が離陸しますが、機内の倉庫には無数の蛇たちが蠢めく箱がありました。そして一定の高度に達した時、箱がはじけて様々な種類の蛇たちが解き離れたのでした。 この映画を無料で観る

【承】- スネーク・フライトのあらすじ2

最初に犠牲になったのは、トイレでマリファナを決めていたカップルです。表にいた客室乗務員たちはカップルがお楽しみ中と思い、彼らの悲鳴を気にも留めませんでした。
さらに蛇たちは電気系統を故障させ、客室内をはい回りますが、リラックスした乗客は気づきません。
機が乱気流に巻き込まれ、揺れ始めます。故障を直すためコクピット下の電気室に入った機長が蛇に襲われ死亡しました。しかし副操縦士は心臓発作だと勘違いしてしまいます。
その後、蛇たちは操縦室にまで侵入、衝撃で客室内の酸素マスクが一斉に出て、そこから大量の蛇が出現しました。乗客たちは次々と蛇に襲われていきます。
事態に気づいたネヴィルはスタンガンで蛇と戦いながら、乗客を機の前方へと誘導し、荷物を使ってバリケードを築きます。蛇を閉め出すことには成功しましたが、多くの乗客やネヴィルの相棒も死亡しました。
ネヴィルはFBIの友人ハリスに報告し、ロサンゼルス空港に緊急チームを収集させました。

【転】- スネーク・フライトのあらすじ3

蛇たちがバリケードの隙間から侵入してきて、ネヴィルは消化器で対抗します。
一方、ハリスは蛇の専門家プライス博士に協力を仰ぎました。プライス博士は蛇が薬品で興奮していることを指摘し、血清の用意のため蛇の種類を確認するよう指示します。ネヴィルは乗客たちに協力させて死んだ蛇を集めて写真を撮り、メールで報告するのでした。
生き残っていた副操縦士も蛇に襲われました。様子を見に来たスチュワーデスのクレアも蛇に襲われますが、備え付けの斧で蛇を殺します。しかし、パイロットを失ったことで機が揺れはじめました。ネヴィルは操縦席について必死で機体を保とうとしますが、機体は降下していきます。
その頃、蛇たちがついにバリケードを突破し、人々を襲い始めました。偏屈な中年ビジネスマンは犬を大蛇の餌にして助かろうとしますが、自分も襲われて丸飲みにされてしまいます。
見かねたショーンが生き残った人々を2階のファーストクラスに誘導しました。彼らは救命ボートを使って再びバリケードを築き、階段を塞ぎました。
操縦席では気絶していた副操縦士が意識を取り戻し、自動操縦装置のスイッチを入れます。そして、ようやく機が安定したのでした。

【結】- スネーク・フライトのあらすじ4

ロサンゼルスでは、送られてきた写真を見た蛇の専門家が、蛇がすべて外来種であることを指摘します。とても血清の手配は間に合いません。しかしハリスはエディ・キムがどうやって蛇を入手したのか考え、専門の動物密輸業者の仕業だと気づきます。
一方、飛行機の方ではネヴィルが空調の不調に気づきます。機体内の気温が上がり、乗客が苛立ちを募らせはじめました。毒蛇に噛まれた乗客たちも死亡していきます。
ネヴィルは修理のため機械室の中に入り、蛇たちと戦いながら、クレアの指示に従って修理をはじめました。
密輸業者のアジトに向かったハリスは彼を捕らえ、エディ・キムの仕業であるという証拠とともに、血清を入手しました。
安心したのもつかの間、操縦席に入り込んだ蛇によって副操縦士が死亡してしまいました。操縦室は蛇に占拠されたままです。キレたネヴィルは、乗客たちにベルトを締めさせると銃撃で窓をぶち割り、気圧差で一気に蛇を排除しようとしました。作戦は成功し、すべての蛇が機外に吸い出されていきます。その際、スチュワーデスの一人が吸い出されそうになりましたが、危ないところでショーンが助けました。
機はゲームで操縦を覚えたという乗客の一人をパイロットとし、無事にロサンゼルス空港に着陸しました。人々は無事に救出され、噛まれた者も血清を打たれます
最後に機から降りようとしたショーンが蛇に襲われましたが、ネヴィルが銃撃します。ショーンは防弾チョッキを着ていて無事でした。
ようやく任務を終えたネヴィルは、クレアを夕食に誘います。ショーンも助けたスチュワーデスから電話番号を教えてもらいキスをされます。
その後、友人となったネヴィルとショーンは、一緒にサーフィンを楽しむのでした。

みんなの感想

    匿名さんの感想

    ショッキング映像もある為の指定付だが、ヘビ嫌いで無ければ見て欲しい映画。出演のサミュエルが大物なのにB級映画にノリノリ、最後のスカッとする塩梅はなかなか格別。アメリカ映画はこうでなくっちゃ。

映画の感想を投稿する

映画「スネーク・フライト」の商品はこちら