「スリープウィズヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

スリープ・ウィズ・ヴァンパイアの紹介:2016年製作のアメリカ映画。1990年代の人気ホラー『ザ・ストーカー/狂気の愛』のリメイク。大学生のリアは友人・パールと女同士の恋に落ちる。リアの母・ジュリーはパールを紹介されて衝撃を感じながらも受け入れるが、ある電話でパールに違和感を覚え始め…。

予告動画

スリープウィズヴァンパイアの主な出演者

パール・トンプソン(エミリー・ミード)、リア・ルイソン(レイア・ジョージ)、ボブ・シーガル(ニック・エヴァスマン)、ロス・カルダン教授(アイヴァン・セルゲイ)、ジネ(エマ・リグビー)、ジュリー・ルイソン(トーリ・スペリング)、セオ(ジェームズ・フランコ)

スリープウィズヴァンパイアのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①5年前にパールは女性の恋人によってヴァンパイアにされる。パールはその後リアと愛し合うようになったが、愛すれば愛するほどヴァンパイアだと告白しにくくなった。リアの母に紹介されたパールは母に疑われる。 ②リアはパールの仲間に襲われ、パールが仲間を撃退、リアはヴァンパイアにしてくれとパールに頼む。2人は永遠の絆を手に入れた。

【起】- スリープウィズヴァンパイアのあらすじ1

アメリカ・カリフォルニア州。
若い女性パール・トンプソンは、ある女性と愛し合っていました。
ある日女性の家を訪れたパールは、女性からナイトウォーカーだという告白を聞きます。
ナイトウォーカーとはヴァンパイア(吸血鬼)に似ている…と言った女性は、「本当に愛し合う者同士ならば、互いの血で共存ができる」と言い、パールもナイトウォーカーになれと迫ります。
パールは恐れをなして、逃げようとしました。その時、女性に首を噛まれます。
倒れた時に手に当たった銀の編み針を、パールはとっさに女性に刺しました。女性は胸を貫かれ、死にます。
パールがヴァンパイアとなったことを知り、女性3人組が近づきました。彼女たちは男性をパールに差し出し、血を吸わせました…。

…5年後。
リア・ルイソンは女優志望の女子大学生です。大学で勉強しつつ、夜は劇団で稽古に励んでいました。
リアは母子家庭で、母・ジュリーとの仲も良好です。
リアの男友達ボブ・シーガルはリアに思いを寄せていました。それでもリアにその気はありません。
リアは、同じ女性であるパールと恋に落ちていました。
その日の稽古では、今度開く舞台劇『マクベス』のオーディションが行なわれます。
ボブはマクベスを演じたいと思っていましたが、ふとした気まぐれでリアがマクベスのオーディションにチャレンジすると、ディレクターたちに好評でした。
マクベスを必ずしも男が演じる必要がなく、むしろ新たな感じに仕上げようと思ったディレクター陣は、リアを主役のマクベスにし、ボブはマクベスを殺すマクダフ役になります。
さらにボブは、リアが路上で女性のパールとキスをしているのを見ました。ボブはリアが好きなので、ショックを受けます。

リアは母・ジュリーに、今度の金曜日に紹介したい人がいると告げました。
ジュリーは、リアがボーイフレンドを紹介してくれるのだと思います。リアの同級生・ボブと昔から家族ぐるみの付き合いがあるジュリーは、ボブが来るのかと漠然と思っていました。
ところが金曜日、リアが連れてきたのは女性のパールでした。母・ジュリーは戸惑い、どういう意味で「紹介したい人がいる」とリアが言ったのか測りかねます。

【承】- スリープウィズヴァンパイアのあらすじ2

6年前にフロリダで銃を持った若者が乱射する事件で、リアの父は命を落としていました。以来、母のジュリーはなにかとリアに干渉しています。
ジュリーはパールにいろいろ質問しました。パールがカメラマン志望の学生だと知ります。
リアも母の戸惑いに気づいたようで、「パールが私にとって特別な人なの。恋人よ」と宣言しました。母・ジュリーはレズビアンだったと知り、ショックを受けます。
動揺した母は「疲れた」と言って席を立ち、考えさせてくれと言いました。

別の日、舞台稽古の帰りにボブは送ると言って迫りますが、リアは「好きな人がいる」と断ります。
先日リアが女性とキスしていたのを見たボブは、リアに「女が好きなのか」と質問をぶつけました。リアは、ボブが自分を尾行していたのかと不気味がりますが、ボブが見たのは偶然なのです。
ボブはその後、先日リアとキスしていた女性・パールが、女性3人組と親しげにしているのを見ました。
そこでボブはリアの母・ジュリーに電話して「リアの彼女はよくない連中と付き合っている。ドラッグとかクスリに走らないか心配だ」と助言します。
母はそれを聞き、リアにパールとの付き合いをやめろといいました。パールを不良扱いします。
リアは怒って部屋にこもりました。
母・ジュリーはさらにカルダン教授へ電話をかけ、パール・トンプソンという写真家の学生の写真を買いたいと言います。
ところが返答は「そんな名前の学生は登録していない」というものでした。母は心配を募らせます。

その頃パールは女性3人組に、リアを仲間に引き入れるのか打診されていました。3人組は、早く仲間にしろと催促します。
パールは自分がナイトウォーカー(ヴァンパイア)になった日から、女性3人組に指導され、互いに協力して血を吸っていました。血を吸う相手は「悪いことをした男性」と決めています。
日中には外を活動できず、常に仲間と協力し合っていかねばならない窮屈さを、パールは骨身にしみて理解していました。

【転】- スリープウィズヴァンパイアのあらすじ3

パールはいつしかリアを本気で愛するようになっていました。だから、仲間に引き入れるのをためらっていたのです。
「本当に愛し合う者同士がナイトウォーカーになった時には、互いの血のみで共存し合える」という、ナイトウォーカー界の伝説があります。
リアも自分を本当に愛していれば、この伝説の通りになりますが、そうでない場合にはリアに迷惑がかかるだけだと、パールはずるずると引き延ばしにしていました。
その日、パールと女性3人組は若者たちのパーティーに侵入し、女性を強姦しようとした男を捕まえて、手首にナイフで傷をつけて血をすすります。
被害者女性のマンディは、その様子を茫然と見ていました。

リアの母はパールを尾行して、住んでいる寝ぐらを見つけます。そこでパールの写真を見ました。
リアを撮影したもの、リアとパールとの親密そうなツーショット、それら以外に、何か犯罪のような写真を見つけた母は、帰宅したリアに「パールは危険だから」と反対し「別れないならば、学費を出さない」と言います。
母の心配の理由を知らないリアは、単に母がレズビアンに反対な頑固頭だと思いこんでいます。
リアは母と喧嘩して家を飛び出し、パールに会いに行きました。母はこっそりあとをつけます。

墓場で夜の撮影会をした後、パールはリアに、告白をします。
自分がナイトウォーカーという、ヴァンパイアに近い生き物だと告げると、リアは驚きました。生きていくには血が必要で、人を殺しているとも告げます。
ショックを受けたリアは「今は一緒にいられない(考えさせてくれ)」と告げて立ち去りました。
リアをまだナイトウォーカーにしていないと知った女性3人組は、自分たちがリアをナイトウォーカーにしようかと思います。

一晩考えたリアは、それでもやはりパールが好きだと思い、電話をして稽古の後パールと会い、いろいろ質問しました。パールは正直に答えます。
今まで殺したのは8人で、すべて悪人だったと告げたパールは「もし両想いならば、真実の愛で互いの血で共存できる」と告げます。

【結】- スリープウィズヴァンパイアのあらすじ4

ところがそこへ、3人組がやってきました。リアを襲う気だと知ったパールは、リアを逃がします。

ドレスアップした母・ジュリーとリアは、パーティーに参加しました。おおぜいの町の人たちが参加しています。
ボブがリアに薬を盛り、具合が悪くなったリアをくさむらで押し倒そうとしました。
そこへ女性3人組とパールがやってきて、ボブを襲います。意識がもうろうとしながらも、リアはパールたちの所業を見ました。
姿が見えなくなったので心配した母が駆け付けて騒いだので、リアは無事でした。

舞台がいよいよ始まります。今日が初日です。
ボブは昨夜から行方不明でした。リアは前日のパーティーで倒れているのを発見され、病院へ収容されていましたが、退院して舞台に立ちます。
舞台にボブも現れました。リアは、ボブもヴァンパイアになったのだと知ります。
舞台の上でボブがリアに「ナイトウォーカーにしてやる」と囁きました。それを聞いて、劇の最中にリアが逃げ、ボブと女性3人組が追いかけます。
本番中のできごとなので、プロデューサーが「アドリブだ」と、とっさにごまかしました。
母・ジュリーもリアを心配して追いかけます。

決意したパールは、リアを守ろうと女性3人組を襲いました。母・ジュリーをボブが襲い、血を吸います。
リアは母を助け、ボブを石で殴りました。パールは仲間に目潰しなどの攻撃をし、女性3人を倒します。
その場を去ったリアは、パールに「私を変えて」と要求しました。リアが望み、パールが首から血を吸って仲間にします。
暴れてけいれんするリアを、パールが見守りました。リアはパールと同様、ナイトウォーカーになります。

1年後。
リアとパールは両想いでナイトウォーカーになったので、仲間の手がいらなくなりました。2人だけの世界で生きているようです。
若者たちが集まるパーティーに、マスクをつけた4人組が現れました。それは、リアとパールに倒されたはずの、ボブと女性3人組です。彼らは傷を負いながらも生きていました。
4人組は傷跡が残る身体でダンスを踊りながら、獲物を物色していました。

みんなの感想

ライターの感想

…なんか、全体的にまだるっこしい構成。セクシー路線で売りに出してますが、エッチなシーンはほぼ出てきません。
ムードあるお色気系というか「綺麗な女性のプロモーションビデオ」を見せてもらっている感じ。
ほんとにそんな感じなの~。脱ぐとか、ほぼないから!
さてストーリーだけれど、パールのためらっている時間が長いこと長いこと。
はっきり言ってストーリーはないようなもの。綺麗な女性を鑑賞する映画。

映画の感想を投稿する

映画「スリープウィズヴァンパイア」の商品はこちら