「テケテケ2」のネタバレあらすじ結末

テケテケ2の紹介:下半身の無い女のバケモノ”テケテケ”の都市伝説を題材にした2009年公開のホラー映画。同時公開された「テケテケ」の続編で、前作に無かったテケテケの解呪方法が判明します。監督は「シロメ」「口裂け女」の白石晃士。脚本は「島田陽子に逢いたい」の秋本健樹。「赤んぼ少女」「東京残酷警察」で知られる西村喜廣が”テケテケ”デザイン/特殊造形、鹿角剛司がVFXスーパーバイザーを担当しています。

この映画を無料で観る

予告動画

テケテケ2の主な出演者

水谷菜月(岩田さゆり)、中島礼子(仲村みう)、刀根エリカ(松嶋初音)、大久保真央(真知りさ)、葉山さやか(安藤成子)、山崎明恵(朝倉みかん)、野口千尋(天野沙織里)、可児光(山本彩乃)、小西佐季(さゆみ)、大橋可奈(大島優子)、可奈の母(水木薫)、武田慎(阿部進之介)、滑川教授(螢雪次朗)、下宿屋の娘夫婦の夫/近藤時雄(つじしんめい)、テケテケ(長宗我部陽子)など。

テケテケ2のネタバレあらすじ

【起】- テケテケ2のあらすじ1

大学病院から母親と一緒に出てきた可奈は、パートに行く母親に心配されながらも1人で歩き出します。けれど、風や信号の赤にも怯えて回り道するうち、いつしかあの線路の歩道橋へとたどり着きます。ぼんやり線路を眺めるうち、一陣の風が吹き、テケテケが現れます。可奈は振り向きも叫びもせず、己の運命に従うかのように切断され、死亡します。

翌日、可奈の殺害現場はブルーシートで覆われ、見張りの警察官が立っていましたが、新聞部の女子高生菜月は興味津々で、幼なじみの親友礼子に止められますが、覆いに近づきます。テントのそばでは武田が立ちつくし、彼女を見て立ち去ってしまいます。

2人は泉野女子高校の生徒で、クラスメートとテケテケの噂話で盛り上がります。菜月は、北海道の鉄道事故で切断された女性が、寒さで傷口が凍り付き、しばらく生きてたのが噂の始まりで、赤い物を持ってなきゃ大丈夫と言い、明恵はテケテケはカシマさんで、襲われた時「カシマのカは仮面の仮、カシマのシは死人の死、カシマのマは悪魔の魔」と唱えれば追い払えると言い、千尋は制服のタイが赤でヤバいと言い出し、昨日の(可奈の)事件と世田谷の(綾花の)事件は同じ高校の同じクラスの生徒だったんだって、と噂します。

一方、委員長の礼子は文化祭準備の話し合いに出ないクラスのボス、エリカを皆の前で責めた事から、イジメのターゲットにされてしまいます。菜月は礼子を心配しながらも同じ新聞部の真央や、エリカにおもねる千尋や明恵からの誘いを断り切れず、エリカのグループと遊ぶようになります。礼子は菜月の気持ちを察し、気にしてないと笑っています。

ほどなくして、体育の時間に礼子のロッカーから財布が盗まれます。彼女は見学で教室に残っていたさやかを問い詰めますが無駄でした。放課後、エリカのグループはカラオケ店に行き、エリカのおごりだと盛り上がっていましたが、不審を抱いた菜月が金の出所を聞くと、さやかはあっさりと礼子の財布を盗んだと認め、エリカはこれは礼子の金であんたも同罪だと笑います。そしてエリカは菜月に財布を押し付け、親友なんだからあんたが返せ、捨てたらあんたも敵だと脅されます。

夜、1人線路の歩道橋に佇んでいた礼子は、強い風を感じ、テケテケと言う足音を聞きますが、振り向かず、おもむろに携帯をかけ、疑ったことを謝りたいと言ってさやかを呼び出します。警戒したさやかは佐季を連れて来ますが、礼子は見当たりません。彼女たちはテケテケを目撃し、さやかは切断され、佐季はその返り血を全身に浴び絶叫します。礼子はその惨状を遠くで震えながら見ていました。 この映画を無料で観る

【承】- テケテケ2のあらすじ2

その頃、武田は滑川教授を訪ね、鹿島礼子事件のさらに詳しい内容を聞きます。礼子の供述で、米兵が犯人とされたものの、担当刑事は、沼崎三兄弟と呼ばれる宏、雅夫、兼三が彼女と一緒にいるところを村の少年近藤時雄に目撃されている事、礼子の三回忌の日に鉄道事故で死亡していることなどから、彼らを犯人と睨んでいたと。武田は、近藤時雄があの下宿屋の娘宅で、妻の証言を否定した老夫だったことを思い出します。

武田は時雄老人を訪ね、テケテケは今も人を殺し続けてるんです!と説き伏せます。彼はあの日、森の中で礼子が沼崎三兄弟にレイプされている現場を目撃し、証言はしたものの、三兄弟が村議の息子だったため捻じ曲げられ、米兵の仕業という噂が流されたと。けれど、1か月後に礼子が自殺し、彼女の三回忌の列車事故では3人とも体がバラバラになるほど無惨な死に様だったことから、村では礼子の祟りだと噂し合っていたと証言します。
武田は、加害者の「沼崎」という文字を書いた時、何かに気づきます。

エリカたちはカラオケ店に集まっていますが、事件の目撃者で、さやかの携帯の着信履歴から礼子が何度も警察に呼ばれているものの、佐季は心を病み入院したままで再起は望めず、礼子の復讐では?と怯えます。
一方、教室では、財布を返して真実を話そうと礼子を待っていた菜月は、言い出す前に財布を見咎められ、完全に信頼を失います。礼子は自分がさやかを呼び出しテケテケに殺させた、次は誰にしようかなぁと菜月に凄んで出ていきます。

部室に寄った菜月は、後輩からクラスの人に真央が呼び出されたと聞き、歩道橋に駆けつけ、高架下を歩く真央を見つけ、必死で呼びますが届きません。必死で追いかけ、踏切で名を呼ぶと、彼女も振り向きますが、後ろから走ってきたテケテケに切断されてしまいます。
その切断遺体を無表情に跨ぎ、腰が抜け震える菜月の前に立ちはだかった礼子は、私をバカにした奴らを殺す!と言い放ちます。動けないままやめて…と呟く菜月に、礼子は「なら、止めて」と言って立ち去ります。

【転】- テケテケ2のあらすじ3

連続猟奇殺人事件と書き立てる、マスコミの記事で可奈の事を知った菜月は、解決のヒントを求めて可奈の家を訪ね、そこで歩道橋で出会った男武田と再会しますが、彼は早足で立ち去ろうとします。それを必死で追いかけ、テケテケを見たの!と叫んだ事で、ようやく彼は重たい口を開き、彼女と公園に向かいます。

一方、再びカラオケ店に集まったエリカたちは、No.2の光と、千尋と明恵の4人になっています。そこへ礼子から呼び出しの電話があり、怯える千尋と明恵は止めますが、エリカと光は返り討ちにしてやる!と盛り上がり、千尋と明恵にも同行するよう命じます。

菜月と武田は公園で、鹿島礼子と中島(ナカシマ)礼子は名前が似ている、礼子はテケテケを操っているつもりでも、逆に操られているのでは?と話します。
また武田は、鹿島礼子事件の加害者の”沼崎”と言う字を分解したどれかが、被害者の名前に含まれていると言い出します。関口綾花の”口”、平山理恵の”山”、大橋加奈の”大”のように…。

確かに、同じく赤いタイの制服で葉山さやかと共に現場に行った小西佐季は切断されず、追撃も無く生存しています。葉山さやかには”沼崎”の”山”が含まれていましたが、小西佐季にはどの部分もありません。
また、都市伝説は噂が真実となり、真実が噂になるもので、この法則も変則的で確かではないが、今現在の法則が正しければ、水谷菜月にはサンズイの”水”があり、武田慎にはどれも含まれないから襲撃を免れる事になります。

そして残された4人、刀根エリカ、可児光、野口千尋、山崎明恵の4人は、その名に沼崎の一部を含むことに気づいた2人は、次に礼子が襲撃を考えそうな、電車が関係し、広くて人気のない場所として、近所にあるあまり使われていない操車場に向かいます。

4人が礼子から呼び出されたのは人気のない操車場でした。しかし礼子は見当たらず、敷地内をうろつくうち事務所のような廃屋へと侵入します。ほどなくしてトイレに行きたいと別れた光はテケテケに襲われ、トイレの個室で無惨な切断死体となって見つかります。
それを見た千尋と明恵は悲鳴を挙げて建物から逃げ出し、操車場の線路で切断されます。

一人残されたエリカは手元にあったモップを構え、礼子を呼びながら2階へと上がりますが、窓からテケテケが侵入するのを目撃、襲いかかって来たところをモップで押さえますが、テケテケの恐るべき力でモップが押され、その柄が頭蓋を貫通し、死に至ります。

【結】- テケテケ2のあらすじ4

ようやく操車場に辿り着いた菜月と武田は、千尋と明恵の無惨な切断遺体に悲鳴を挙げ愕然とします。そこに礼子が現れ、ゆっくりと線路を歩いて近づき「4人とも死んだよ」と言います。
菜月は、テケテケは礼子が操ってるんじゃない!殺したい人間を呼び集めるためにテケテケに利用されてるだけなの!と必死で説得します。

その時、強い風が吹き、礼子は凍えて「寒い…」と呟きます。一緒に逃げよう!と泣きながら礼子に駆け寄る菜月。礼子の苗字、中島にも沼崎の一部が含まれているのですから。
彼女が礼子ともみ合ううち、テケテケが現れ、礼子の身体は切断され、切り飛ばされた上半身は車両の側壁に当たって落下します。

菜月と武田は全力で逃げ出しますが、テケテケは凄まじい速さで迫ります。武田はカシマサンを三回唱えますが、全く効き目がありません。菜月は明恵の言っていた方法を思い出し、「カシマのカは仮面の仮、カシマのシは死人の死、」までを言ったところで転んでしまいます。そしてテケテケが彼女に飛びかかった瞬間、「カシマのマは悪魔の魔!!」と言い切り、テケテケは消滅しますが、制服の脇が裂かれていました。

2人は、礼子の遺体の場所に戻り、菜月は礼子に泣きながら謝り、ありがとうと呟きます。
が、その時、礼子の目がカッと見開きます。
その目は人間ではなく、菜月はテケテケに変貌した礼子に切断され、血飛沫が夜の闇に飛び散ります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「テケテケ2」の商品はこちら