「デッドホスピタル」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

デッド・ホスピタルの紹介:看護師長のゾフィアは緊急の手術で点滴の量を間違えてしまう。身元不明の少女は帰らぬ人に。少女には無数の暴行の跡と痣があった。その後、帰宅途中のゾフィアは交通事故に巻き込まれて、命は助かったものの流産してしまう。それから少女の手術の時にいた医師や看護師達が次々と死んでいく。少女の復讐を描いた作品。

デッドホスピタルの主な出演者

ゾフィア(ダイアナ・ラドナイ)、少女(ヴェラ・ヒューブナー)、ザラ(アンドレア・ゲルハルト)

デッドホスピタルのネタバレあらすじ

【起】- デッドホスピタルのあらすじ1

手術室では緊急のオペをしていました。身元不明の少女が運ばれてきたのです。少女はひどく混乱していました。治療を施しますが少女は亡くなってしまいます。
少女の手術を行っていた看護師長のゾフィアは、同僚の医師コンラートと付き合っていました。彼の子供を授かった事をコンラートに知られます。コンラートは子供が欲しくなくて怒り出します。
実はコンラートは同僚の看護師のザラと付き合っていました。彼は二股をかけていたのです。
落ち込んでいたゾフィアは同僚のリヒャルトと飲みに行きます。彼はとても優しい医師でした。飲みの帰り道でゾフィアは車にひかれてしまいます。
ゾフィアは職場の病院に運ばれて一命をとりとめます。しかし、お腹にいた赤ちゃんは亡くなってしまいます。

【承】- デッドホスピタルのあらすじ2

少女の検死を行うと、医療事故の可能性がでてきます。ゾフィアが点滴の量を間違えたのが原因だと医師達は考えます。ゾフィアを在宅介護の職場に異動することが決定します。
体が回復したゾフィアは新たな職場に向かいます。夕方、コンラートが仕事の説明をします。そこで彼はゾフィアに別れを告げます。
自宅に帰ったコンラートはザラが来るのを待っていました。しかし、不吉な音がしてきます。そこには手術で亡くなったはずの少女がいたのです。
ザラが到着するとコンラートは亡くなっていました。警察に連絡をして、ゾフィアが事情聴取に呼ばれます。それからゾフィアは警察にマークされます。
翌日ゾフィアはザラを呼び出します。二股をかけられていた事を知るゾフィアでした。その後病院からの呼び出しでザラは夜勤に向かいます。

【転】- デッドホスピタルのあらすじ3

出勤したザラに少女が現れて、ザラも亡くなってしまいます。少女には痣がありました。ゾフィアにも同じ痣がいつの間にかついていて、コンラートにもついていました。
今日も手術を行っていた医師シュトルツはシャワーを浴びに行きます。水の代わりに血が流れてきて、停電してしまいます。守衛に連絡した後、シュトルツは死亡してしまいます。
警官の一人が病院に捜査に行っていました。そこでゾフィアと出会います。その後警察署に戻り、自宅に帰ると少女が現れて殺されます。
ゾフィアは少女が犯人である事に気づいていきます。リヒャルトと夜を過ごして、ゆっくりしていると何か見落としているとゾフィアは感じます。二人は病院に再度調べに行きます。

【結】- デッドホスピタルのあらすじ4

警察はこれ以上犠牲をださないためにゾフィアを逮捕しに向かいます。一方ゾフィア達はカルテを調べます。
ゾフィアは霊安室に少女の遺体があるかどうかをリヒャルトに調べに行ってもらいます。その間カルテをみているとある事に気づきます。
他の患者のカルテと混ざってしまっていたのです。間違って塩化カリウムが大量に少女に処方されていました。
霊安室に見に行くと、少女の遺体が無いことにリヒャルトは気づきます。電気が停電していき、リヒャルトは少女に殺されます。
ゾフィアがリヒャルトを探しに行き、彼の遺体を見つけます。そこに警察がかけつけて、凶器を持ってしまっていたゾフィアは逮捕されます。
パトカーで連行されるゾフィアをバックにエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「デッドホスピタル」の商品はこちら