「デモンズ」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

デモンズの紹介:映画館に閉じ込められた観客たちが“悪魔憑き”デモンズに襲われ、増殖するデモンズは外の世界へと浸潤してゆく。1985年イタリア。製作総指揮、原案、脚本:ダリオ・アルジェント、監督:ランベルト・バーヴァ、音楽:クラウディオ・シモネッティ(元ゴブリン)。ダリオ・アルジェントは観客を新たなる恐怖のどん底に突き落とすため、劇中の映画館で観客が観ているホラー映画と映画館内で起こる惨劇が同時進行して、それを現実の映画館で観客が観るという斬新な方法論を編み出した。(公開時は配給会社がこの三次元構造を“キュービック・ショック”と名付けて宣伝した)デモンズとはゾンビの亜型とされているが、従来のスローな動きのゾンビと違って全力疾走で人間を襲い、噛み傷はもちろんひっかき傷を受けたり、理性を失うだけでもデモンズに変身してしまう。監督のランベルト・バーヴァと監督仲間のミケーレ・ソアビがカメオ出演している。

予告動画

Array

デモンズの主な出演者

シェリル(ナターシャ・ホーヴェイ)、ジョージ(ウルバノ・バルベリーニ)、キャシー(パオロ・コッツォ)、ケン(カール・ジニー)、ハンナ(フィオーレ・アルジェント)、トニー(ボビー・ローデス)、パンクのリーダー(パスクワリーノ・サレーメ)、ローズマリー(ゲレッタ・ジャンカルロ)、カルメン(ファビオラ・トレード)、受付嬢イングリッド(ニコレッタ・エルミ)、謎の仮面の男(ミケーレ・ソアビ)、地下鉄の乗客(ランベルト・バーヴァ)、ジープの少年(ジョヴァンニ・フレッザ)

デモンズのネタバレあらすじ

【起】- デモンズのあらすじ1

ドイツの女子大生シェリルは地下鉄の駅で仮面をつけた男に映画の試写会チケットをもらい、友人のキャシーを誘って観に行きます。
メトロポール劇場という聞いたことのない映画館で映画の題も内容も不明でしたが、たくさんの人が集まっていました。
2人はロビーでジョージとケンの2人連れに声をかけられます。
ロビーにはバイクに跨り悪魔の仮面と日本刀を持った人形が展示してありました。
観客の一人、黒人女性のローズマリーはふざけて仮面を被り、頬に傷を作ってしまいます。
映画は若者たちが予言者ノストラダムスの墓を暴いて“アキロンの大王”という悪魔を復活させるという内容です。
映画の中の青年も悪魔の仮面をつけて顔に傷ができます。
ローズマリーは顔の傷から血が止まらずトイレに立ちます。
傷はみるみるうちに膨れ上がって破れ、膿がしたたり落ちます。
心配して様子を見に行った友人のカルメンはデモンズと化したローズマリーに襲われ、喉を爪でえぐられます。

【承】- デモンズのあらすじ2

映画の中では仮面をつけた青年がデモンズに変身して仲間を殺していました。
カルメンはスクリーンの裏に逃げ込みますが喉の傷が膨れて膿が吹き出し、映画の中でデモンズの男がナイフで画面を切り裂くのと同時にスクリーンが裂けてカルメンが飛び出して倒れます。
カルメンの連れの黒人のトニーが駆け寄りますが、デモンズに変身してキバや鋭い爪が生えるカルメンを見て「逃げろ!」と叫びます。
観客たちが出口に殺到すると、劇場の扉はいつのまにか外からコンクリートで固められていました。
先に変身したローズマリーが次々と観客を惨殺しているのを見たトニーたちは、なんとか彼女を物置部屋に閉じ込めます。
トニーはリーダーとなってデモンズと戦おうとしますが、デモンズ化して甦った死体に襲われ殺されます。
生き残ったシェリルたちは2階の客席にバリケードを築いて立て籠もります。
恋人同士のトミーとハンナは1階の客席に取り残され、2人で逃げようとします。

【転】- デモンズのあらすじ3

街では麻薬を吸っていた4人のパンクグループが警察に追われ、メトロポール劇場の裏口の扉が開いているのに気付いて中に逃げ込みます。
入れ替わりに1人のデモンズが劇場から出てしまい、外にいた警官たちを襲います。
劇場1階でトミーとハンナが通気孔を見つけて這って進んでいると、後ろから爪を立てながら這ってくる音が聞こえます。
トミーはハンナを先に行かせますが、今度は前から爪の音が聞こえて来て、トミーが「もうダメだ!」と叫んだ瞬間、振り返ったハンナはデモンズになっていました。
パンクグループはローズマリーを閉じ込めた物置を見つけて扉を開けてしまい、デモンズに襲われます。
劇場の廊下を、デモンズと化した人々が恐ろしい形相でやって来ます。
その音を聞いた2階に立て籠もった人々は「救援が来た!」と叫んでバリケードを崩しますが、入って来たデモンズたちに惨殺され、ジョージ、ケン、シェリル、キャシーの4人だけが逃げ出します。

【結】- デモンズのあらすじ4

キャシーは恐怖のあまり理性を失ってデモンズ化し、膨れた背中から“アキロンの大王”が出て来てケンに爪を立て去って行きます。
ケンはロビーで日本刀をジョージに差し出して「デモンズになる前に殺してくれ」と頼み、ためらうジョージはケンがデモンズになった瞬間に刀を振り下します。
シェリルは1階客席でデモンズたちに囲まれ、そこへジョージがバイクで疾走して来て日本刀を振り回してデモンズを斬りまくります。
突然轟音が響き、劇場の上にヘリコプターが墜落します。
操縦者は死んでいましたが、ジョージとシェリルは天井に開いた穴から屋上に脱出します。
そこにチケットを配っていた仮面の男が現れジョージを突き落とそうとしますが、シェリルに銛で突かれて殺されます。
2人が外へ出ると、街は荒廃しデモンズ化した群衆が跳梁跋扈していました。
1台のジープが走って来て逃げ惑う2人を乗せます。
父親が運転して娘と幼い息子が銃でデモンズを狙い撃ちしています。
「新しい人生を築くことができる場所に行く」と父親は言います。
ほっとしたのも束の間、ジョージの隣のシェリルが突然デモンズ化します。
すかさず少年がシェリルを撃ち、車から落としました。

関連する映画

ホラー映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「デモンズ」の商品はこちら