「ドクムシ」のネタバレあらすじ結末

ドクムシの紹介:2016年公開の日本映画。ネット小説や電子コミックとして人気になったホラーを、『クソすばらしいこの世界』で注目を浴びた女性監督・朝倉加葉子が映画化。何者かに建物に監禁され、最後の1人になるまで殺し合う恐ろしいゲームを強いられ、狂気に駆られていく7人の男女を描く。舞台「弱虫ペダル」の村井良大とアクション女優の武田梨奈がW主演を務める。

予告動画

ドクムシの主な出演者

スギウラレイジ(村井良大)、アカネ(武田梨奈)、イサカユキトシ(秋山真太郎)、アキヤマユミ(水上京香)、トシオ(宇治清高)、ミチカ(野口真緒)、タイチ(駒木根隆介)

ドクムシのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①レイジたちが目覚めると封鎖された教室にいた。水は1か所のみ出るが食料はなく、4階奥に机と鍋、包丁がある。新聞記者と名乗るユキトシが「蠱毒」というデスゲームだと説明。7日間のうちに殺し合いをして1人選ばないと全員処刑だという。最初は皆取り合わないが、日が経過するにつれ徐々に精神的に追いつめられる。 ②殺し合いが始まり、生き残ったのは皮肉にも最後まで殺し合いを否定したレイジ。救出されたレイジは街に直下型地震が起こり、緊急避難場所が封鎖され発見が遅れたと説明を受けるが、蠱毒だったのだと思いこむ。 ③死ぬ順番「1.トシオ(ユミに首を絞められる)」「2.ユミ(ミチカに階段から突き落とされ頭を強打)」「3.タイチ(アカネを襲って返り討ちに遭い、腹を刺された)」「4.ミチカ(カミソリで自分の首を切って自殺)」「5.ユキトシ(レイジを襲って反撃され、包丁で刺された)」「6.アカネ(その前にユキトシと戦って腹を刺されて死んだ振り。最後にレイジを襲って絞殺しようとしたが、レイジに首を切られた)」

【起】- ドクムシのあらすじ1

〔DAY1〕
大学生のスギウラレイジが目覚めると、教室のような施設の中にいました。知らない天井を見つめます。
レイジが起きあがるのと同時に、部屋の扉が開いて若い女性・アキヤマユミが入ってきました。
レイジ以外に6人の若い男女がいて、レイジが最後に目覚めたのでした。皆はレイジが起きるのを待って話しあおうと思っていたそうです。
・スギウラ レイジ…大学生の男(ついでにいうと主人公)。スウェットとパーカーつきのジャージ姿。
・アキヤマ ユミ…大学生の女性。ストレートの長い髪。
・トシオ…金髪の男性。苗字、言う必要あんのかよ。派手なシャツ着用。
・イサカ ユキトシ…新聞記者の28歳の男性。背広姿。
・タイチ…眼鏡をかけた太めの男性。少しオタクっぽい。家が裕福らしい。
・アカネ…赤い服を着た女性。キャバ嬢。
・ミチカ…白いワンピース、髪の毛を2つに分けて縛っている。基本的に無口。
1-1の教室で、皆それぞれ名を名乗りました。
皆の荷物、靴、ベルトは取り上げられています。
背広のユキトシがレイジに最後の記憶を聞きました。
レイジは夜にバイト上がりに駅前を歩いていて、その後の記憶がありません。思い出そうとすると頭が痛くなります。
皆も同じだそうです。思い出そうとすると頭が痛くなるのは共通でした。
施設は広くて、教室のように「1-1」「1-2」などあり、さらに4階まであるのですが、玄関部分はシャッターが降りており、窓は金属の鉄板で塞がれていました。
監視カメラが建物のあちこちにあり、作動しています。
蛇口はワイヤーで固定されていて、ほどいて捻っても出ませんが、3階の1か所だけ水が出るところを見つけました。金髪頭のトシオが飲み、毒は入っていないと言います。
4階の一番突き当たりの場所に「特別教室」と書かれた部屋があり、そこだけ異様でした。
部屋の壁にはデジタルでカウントダウンがされています。164:51:54というふうにあり、数は減っています。約7日です。
部屋は一面ビニールシートで覆われており、奥には机、鍋、まな板、そして半径5mほど動かせる鎖つきの、骨まで粉砕できる肉切り包丁がありました。
それを見た背広のユキトシが、ある仮説を口にします。ネットで話題になっている、都市伝説の類の話でした。
ユキトシは教室の壁に「蠱毒」という字を書くと、説明を始めます。
「蠱毒(コドク)」とは、古来から伝わる呪いの術です。それはムカデやクモなどのドクムシをひとつの壺に閉じ込めて、互いを食い合わせると、生き残った最後の1匹が強力な呪いの力を持つムシになるというものです。
それの人間版のデスゲームが現在、世界各地で行なわれているというのです。7人を1か所に集めて7日間放置しておき、最後の1人になるまで殺し合わせるというもので、7日経過した時に複数いると、ゲームオーバーで全員処刑になると言いました。
「中東の犯罪組織がネット配信している」「アフリカの、とある研究所の人体実験」というさまざまな噂がありますが、本当かどうかは分かりません。
この場所から出るためには、殺し合いをしなければならないのだと言って、背広のユキトシは楽しそうに笑いました。

【承】- ドクムシのあらすじ2

〔DAY2〕
食べ物はないけれども、7日間くらい絶食しても死なないだろうと皆は考えます。
女性たちは1-3の部屋で、男性は散らばって寝ました。
しかし閉じ込められた状況下で、皆の精神は徐々に蝕まれていきます。
最初にその兆しが出たのは女子大生のユミで、キャバ嬢のアカネを高校時代の先輩と間違えることが多くなりました。
また女子大生のユミは自分がくさいと思って、洋服の腕部分を破って水でぬらし、執拗に身体を拭きます。
太めのタイチは「ハンバーグ、からあげ」とぶつぶつ言いながら徘徊しました。
〔DAY3〕
金髪頭のトシオがイライラして、太めのタイチを蹴ったり、キャバ嬢のアカネの首を掴んだりします。
アカネが「1対6なら勝てる」と言い、女子大生のユミが味方したことから、トシオはやめました。
背広のユキトシがレイジのパーカーの紐を外せるかと聞きます。外せましたが、ユキトシが「その紐で彼(トシオ)を…」と言ったので、レイジは「人殺しなんてできません」と答えました。
ユキトシは「拘束するだけだよ。怖い人だね」とレイジに言います。
〔DAY4〕
絶食4日目に入り、皆テンションが下がり気味です。男子は思い思いに行動しますが、女子はひとかたまりになって寝ています。
女子大生のユミは相変わらず執拗に自分の身体を拭いていました。そのトイレの外で、男の影が潜伏しています。
ユミがトイレから出ると、金髪頭のトシオがユミを拉致して最上階に連れて行くと、階段で殴る蹴るの暴行を加えた後、レイプしました。
レイプの途中でユミの口を覆っていたトシオの手が離れたので、ユミが悲鳴を上げ、その声を聞いたレイジとキャバ嬢・アカネがかけつけます。
2人はトシオを非難しますが、トシオは2人にも暴力を振るいました。
女子大生のユミがブラジャーで金髪男・トシオの首を絞め、最上階の階段から突き落とそうと企みますが、失敗して自分が落ちそうになります。
ところがユミがブラジャーを持ったままぶらさがったため、ユミの全体重がブラジャーにかかり、金髪男・トシオの首を絞める結果になりました。トシオが死にます。
この件があって女子大生・ユミは精神的に混乱し、キャバ嬢・アカネを先輩と呼びます。
トシオの死体は背広・ユキトシとレイジが特別教室に運びました。
ワンピースのミチカに太めのタイチが迫ります。「君は僕が守ってあげるから、何でも言ってね」と言ってタイチはつきまといますが、ミチカは知らんぷりをしました。
〔DAY5〕
トイレの個室にこもって悩むレイジにキャバ嬢・アカネが「2人だけで話がしたい」と近づきます。
アカネは「どうしても帰らなきゃならない。両親が端役に死んで、家族が弟だけ。弟は病弱で入院してて、入院費を稼がないと」と訴えました。
不安なアカネとレイジは抱き合い、そのままトイレで交わります。
2人の関係は秘密にしておこうと言って、その場を離れました。
ところが、女子大生・ユミが2人の関係を嗅ぎつけると、「先輩には私がいるの。あなたはふさわしくない」と言って襲ってきます。
…女子大生・ユミは、かつて女子高に通っていた時代に、先輩の女性と同性愛の関係になりました。
ところがその先輩は、別の女性と深い関係になり、「ユミってくさい」と言って別れようとします。ユミが執拗に身体を拭いていたのは、先輩の発言がトラウマになったからです。
その後も別れたくないユミは、高校時代の屋上で先輩と揉めて、先輩を屋上から突き落として殺した過去を持っていました…。

【転】- ドクムシのあらすじ3

…そのユミが、直後に何者かによって階段から突き落とされ、頭から血を流して死んでいました。物音で駆け付けた背広のユキトシ、キャバ嬢・アカネ、太めのタイチはレイジを疑いますが、背広のユキトシが「重要なのは誰が殺したかじゃない」と言って問題をおさめます。
ユミの死体は背広のユキトシとアカネが運びますが、ユキトシは本当に嬉しそうです。「ここまでうまくいくと思わなかった」と言いました。
ユミにレイジとアカネの関係を教えたのは、ユキトシでした。それを知ったアカネはユキトシに平手打ちをしますが、ユキトシは満足そうでした。
不安そうなレイジにワンピースのミチカが近づき「怖いの?」と声をかけ、水を飲むかと聞いて洗面所に水を汲みにいきます。
洗面所に太めのタイチがやってきて、ミチカを手込めにしようとしました。気づいたレイジが駆け付けて止めますが、タイチは「どうせ死ぬんだ。好きなことしようよ」と自暴自棄な発言をします。
〔DAY6〕
レイジとアカネは不安をかき消すように、またトイレの個室で交わっていました。
その時、どこからか物音がします。音は断続的に続くので、2人は音のする方へ行きました。
4階奥の特別教室で、太めのタイチが包丁でトシオとユミの遺体を切り刻んでは、大きな鍋に入れて茹でています。
「生だとまずいんだよね」と言ったタイチの口元は、血でべっとりと濡れていました。まず生の肉を試食したようです。
キャバ嬢・アカネを見たタイチは「新鮮なお肉だ」と言い、包丁を持って襲いかかってきました。
ピンチのアカネがタイチにキスすると、タイチはフリーズします。その隙に包丁を奪ったアカネは、タイチの腹を何度も刺して殺しました。
背広のユキトシが「蠱毒を遂行している」と喜びながら部屋に入ってきました。アカネは入れ代わりに洗面所に行くと、半泣きで身体を洗い血を落とします。
レイジは無口なミチカと過ごす時が、一番安心できました。ミチカとただ横たわって眠ります。
深夜、背広のユキトシのところへアカネが行くと、「皆殺ししか生きる道はないの? 他に何かないの?」と聞きます。
ユキトシが「1つだけ別の方法がある」と言いました。それを聞き出すため、アカネは「妹の入院費を稼がないとならないの」と言って、ユキトシを誘惑します。
ユキトシとアカネが交わっている現場をレイジが目撃し、乗り込みました。ユキトシが「アカネが妹の入院費のために、自分から迫って来た」と言い、レイジは「弟だろ」と返します。
その矛盾でキャバ嬢・アカネの嘘がばれました。アカネは生き残るために、男に身体を提供して自分に有利になるよう仕向けていました。
ユキトシに怒りを覚えたレイジですが、殺すことはできません。逆にレイジはユキトシに、トイレの便器に何度も顔を突っ込まれます。
苦しくて振りほどくと、転倒したユキトシが頭を打って気絶しました。レイジはユキトシの手首をトイレの排水管に繋ぎ、拘束します。
「あなたは何も悪くないわ」とワンピースのミチカに言われたレイジは安らぎを覚え、横になって眠りました。
〔DAY7〕
拘束された背広のユキトシのところへキャバ嬢・アカネが行くと、殺し合わずに生き残る方法を聞きます。
タカトシは「もし蠱毒が研究施設の人体実験に基づくものだとすると、7人の中の誰かが施設の者だろう」と指摘しました。より毒を強めるための役目を果たすために、行動を起こすきっかけを作る者を派遣しているだろうというのです。

【結】- ドクムシのあらすじ4

その根拠としてユキトシは、ユミを突き落としたのはワンピースのミチカだったと言いました。現場を見ていたのです。
ミチカが研究施設の手先だということをユキトシは示唆し、アカネはミチカのところへ行きました。
アカネはワンピースのミチカに「ユミを殺したのか」と聞きながら首を絞めます。「蠱毒なんてない」とレイジが言ってもアカネは聞かず、ミチカを追いかけていきました。
階段の途中で追いついたアカネがミチカの頭を掴むと、ミチカのウイッグが取れました。ミチカの本当の頭は髪の毛がまだらにハゲています。
ミチカはホルモンの病気で成長が止まっており、若く見えるだけで本当はメンバーの誰よりも年長者でした。こんな身体だから恋愛も諦めていますが、レイジと一緒にいると嬉しいと思っています。
ユミがレイジを殺そうとしたから、ミチカはユミを殺したと言いました。
驚いたレイジを見たミチカは拒絶されたと思い、ウイッグに隠し持っていたカミソリで首を切って自殺します。これで残り3人です。
レイジとキャバ嬢・ミチカがトイレに行くと、拘束した筈のユキトシが紐を外し、逃げていました。
レイジはトイレにこもり、アカネはユキトシを探します。
特別教室にユキトシはいました。制限時間はあと15分です。
アカネは包丁を持ってユキトシと戦い始めました。ユキトシは包丁についている鎖でアカネの首を絞めると、包丁で腹を刺します。
ユキトシは蠱毒の完成を見たいと言って、レイジに呼びかけました。建物内の照明が点滅し始めたので、レイジは特別教室に行きます。
アカネの倒れた姿を見て駆け寄ったレイジに、ユキトシが暴力を振るい始めました。「本当の顔を見せてくれないか。憎悪こそが蠱毒の最高のエッセンスなんだ」とのたまうユキトシに、レイジは包丁を振るって反撃します。
肩の傷が致命傷となって、ユキトシは死にました。ユキトシの血で、壁に書いた蠱毒の字が浮かび上がります。
カウントダウンが秒読みを開始した時、生きていたアカネが後ろから紐でレイジの首を絞めようとしました。レイジは包丁でアカネの首を切って殺します。
生き残ったのはレイジだけでした。時間が来て、ライトが消えます…。
〔数日後〕
救急レスキュー隊の男性2名が建物内を開き、特別教室の惨状を見ます。そして生き残りのレイジを救出しました。
レイジは病院に担ぎ込まれ、事情を説明されます。
レイジたちの街をM(マグニチュード)9の直下型地震が襲いました。意識不明の若者7名が救出されたものの、受け入れ先の病院が泣く、緊急避難場所に運ばれます。そこは改装中の建物でした。レイジたちが目覚めた場所です。
一時待機の筈だったのですが、その後さらに強い余震が起こり、緊急防御システムが作動して建物が完全封鎖されました。
通信設備も設置前だったために、レイジたちの発見が遅れたそうです。
カウントダウン計は非常用電源の残り時間を示すものでした。鍋や包丁は、本来は調理室と食料の保管室になる筈だった場所です。
監視カメラ映像と建物の設計図を見せて、2人の男性がレイジに説明します。
ユキトシが新聞記者だというのは嘘で、本当はネットで殺害予告を繰り返し、昨年から指名手配されていた殺人犯「井坂幸俊」でした。
説明を受けても、レイジは小さく「これは蠱毒なんだ」と呟きます…。
〔半年後〕
まだレイジは病院に入院していました。精神を病んでいるようで、出された食事のミートソースを、手づかみで食べています…。
(ラストの「直下地震による完全封鎖」がオチ。
蠱毒の罪人は「キリスト教の7つの大罪」を意味するものと思われる。
「トシオ」=「憤怒」、「ユミ」=「嫉妬」、「タイチ」=「暴食」、「ミチカ」=「強欲」、「ユキトシ」=「傲慢」、「アカネ」=「色欲」、レイジ」=「怠惰(何も行動を起こそうとしなかったから)」といったところか)

みんなの感想

ライターの感想

オチ、いらないよ…。
むしろもう開き直って「蠱毒でした」と言われたほうが、なんぼか納得できる!
直下型地震と言われた瞬間から「…なにそれ?」と醒めてしまった。作り手としたら「ほらね、辻褄合ったでしょ」なのかもしれないが、アラが多すぎる。
警察の人っぽい男たちが来て説明するんだが、説明すればするほど嘘くさい…。
ま、まさか、その「地震でした」とレイジに説得する、それすらも実は大きな組織による何か壮大な計画のひとつだったら、すんごいスケールの大きな話なんだが…。
ユキトシが蠱毒説を出してミスリードさせるというのは、非常に興味深かったし、アカネが色仕掛けで生き残ろうとするのもなるほどと思った。
本編自体は割によくできている。が、オチだけが…。むしろ本当に「蠱毒でした」のほうがよい。そして「蠱毒」でシリーズものを組め!

映画の感想を投稿する

映画「ドクムシ」の商品はこちら