「ドロメ男子篇」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ドロメ【男子篇】の紹介:2016年公開の日本映画。奇怪な出来事が次々に起こる2つの高校の演劇部合同合宿を、男子校部員の視点から映す青春ホラー。女子との出会いに沸き立つ中始まった合宿が、山に伝わる泥の化け物ドロメにより恐怖に包まれる。女子側から描いた【女子篇】と対をなす。監督は「先生を流産させる会」の内藤瑛亮。

予告動画

ドロメ男子篇の主な出演者

星野颯汰(小関裕太)、川那小春(森川葵)、本橋龍成(中山龍也)、杉原実夏(三浦透子)、峰崎陸(大和田健介)、熊谷絢(遊馬萌弥)、津田光輝(岡山天音)、坂下栞菜(比嘉梨乃)、持永先生(菊池明明)、颯汰の母(長宗我部陽子)、山岸響子(木下美咲)、桐越先生(東根作寿英)

ドロメ男子篇のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①男子高校の泥打(どろぶち)高校と女子高校の紫蘭(しらん)高校が合併することに。それに先駆け、廃校になる泥打高校で演劇部の男女合同合宿が開かれた。男子生徒は女子との接近にうきうきする。 ②ところが合宿会場を「赤い服の幽霊」「白い服の幽霊」「泥のおばけ」が襲う。「赤い服の幽霊=颯汰の母の幽霊」「白い服の幽霊=殺された山岸響子先生の幽霊」「泥のおばけ=ドロメ」。響子先生は桐越先生に殺されていた。みんなでドロメを撃退!

【起】- ドロメ男子篇のあらすじ1

星野颯汰(そうた)、本橋龍成(りゅうせい)、峰崎陸(りく)の3人の男子高校生が、歌いながら教室を掃除します。
愛知県立泥打(どろぶち)高等学校は、少子化による男女共学統合が決まりました。森の上にある泥打高校は廃校になり、森のふもとにある交通の便がよい女子高・紫蘭(しらん)高等学校に統廃合することが決まっています。
泥打高校は校舎の取り壊しが決まっており、校内には「廃棄処分」と書かれた物品が多く残されていました。
新学期を前に、泥打高校の演劇部の男子生徒と紫蘭高校の演劇部の女子生徒の、合同合宿が決まります。場所は、取り壊される予定の泥打高校ででした。
そういうわけで、女子を迎えるために男子高校生3人は、うきうきしながら学校の教室を掃除していました。
颯汰、龍成、陸は3人とも高校2年生です。在学中に女子高との統合が決まって、浮かれ気分です。
掃除の最中に颯汰が壁の染みを見つけました。教室の黒板横の白い壁に、うっすら黒い染みがあります。
雑巾で拭いていた颯汰は、ふと教室の隅に何かの気配を感じましたが、颯汰が振り返ると何もいませんでした。陸は颯汰の変化に気づかず、話し続けています。
桐越先生が教室にいる3人に向けて「女の子たちの荷物は運ばないのか」と聞き、それを聞いた龍成と陸は女子の到着を知り、急いで出ていきました。颯汰も遅れて校門まで出迎えに行きます。
校門で紫蘭高校の女子生徒4人と、顧問・持永先生と会った颯汰たちは、女子の荷物を持って教室まで案内しました。
〔1日目〕
…さかのぼること、何時間か前。
登校時、自転車で坂をのぼっていた颯汰は、何かにひっぱられたような気がします。
そばの電柱には「山岸響子さんを探しています」というポスターが貼られていました。山岸響子は泥打高校唯一の若い女性の先生でしたが、平成26年9月10日以降、行方不明になっています。
…さて、女子生徒を宿泊する教室に案内した後、颯汰たちは先輩OBの津田光輝が学校に来ているのを見つけました。光輝は女子の部屋を覗いていて、颯汰たちは急いで光輝を自分たちの部屋に引き込みます。
光輝は高校卒業後フリーターですが、現在は厳密にはニートです。男女共学になることを知って羨ましがり、高校へ入りこんだのでした。
【泥打高校メンバー】
・星野颯汰…高校2年。実は霊感があり、幽霊が見える。小春と過去に何かあった模様。
・本橋龍成…高校2年。幽霊を見て怯える颯汰のことを心配している。
・峰崎陸…高校2年で部長。なんだかんだで、OBの光輝とノリがいっしょ。栞菜といいムードに。
・津田光輝…OB1年目。フリーター&ニート。彼女が欲しい。絢が気になるのだが、うざがられる(涙)。
・桐越先生…若い男性教諭。実はけっこう女子にモテる?
【紫蘭高校メンバー】
・川那小春…高校2年生。実夏に強引に誘われて合宿に参加。不登校ぎみだった。
・杉原実夏…高校2年生。小春と仲良し。
・熊谷絢…高校3年生の部長。しっかり者
・坂下栞菜…高校3年生。お色気担当? 後に陸といいムードに。
・持永先生…若い女性教諭。
光輝はちゃっかりと居座り、記録係をすると言い出します。記録係といっても、自分のスマホで女子生徒を撮影してはコレクションするという、それだけです。
ストレッチをする栞菜の尻を撮っては、目尻を下げていました。 この映画を無料で観る

【承】- ドロメ男子篇のあらすじ2

最初に部員同士の自己紹介をして、発声練習をし、ストレッチをした後は、コンビになって片方が目隠しをし、もう片方が声の情報だけで障害物を避けて進む練習をしました。
絢の指示で目隠しした龍成が動くのは成功しました。2人は盛り上がります。
続いて指名されたのは、颯汰と小春でした。
会話は一切していないものの、颯汰はずっと小春のことを気にしています。颯汰は目隠しした小春をナビゲートしようとしますが、途中で小春が見えない何かにひっぱられるのを見て、颯汰は絶句します。小春は「実夏?」と聞きますが、実際には誰もいませんでした。
颯汰が見たのは、赤い服を着た女…先にネタバレすると、颯汰の母の幽霊を見たのです。
絶句した颯汰が指示を出さないので、小春は転倒しました。颯汰は龍成に、変だと言われます。
午後からは台本読みが始まりました。彼らが今度行なう芝居は『シラノ・ド・ベルジュラック』です。
まずロクサーヌ役を栞菜、シラノ役を颯汰、クリスチャン役を陸がしました。その後、ロクサーヌ役を小春、シラノ役を陸、クリスチャン役を龍成がします。
ところが小春があらぬ方向をじっと見ており、桐越先生に注意されました。きつめに叱られた小春は過呼吸のような発作を起こし、一同は驚きます。
男子生徒たちは後で、小春が中2から不登校を起こしており、つい最近登校し始めたことを知りました。
夕食は男子生徒が作ったカレーライスです。ところがルーが異様に薄く、香りはするのですが味はしないばかりか、ライスの上はびしゃびしゃでした。具にこんにゃくが入っています。
女子生徒からブーイングの声があがり、見かねた女子顧問・持永先生が「明日からは女子が作りますから」と言いました。男子生徒は喜びますが、文句を言いながら実際はあまり料理が得意ではない女子生徒たちは焦ります。
食事の途中で小春が家庭科室の後ろに貼られた行方不明のポスターを見ます。その人物・山岸響子が泥打高校の先生だと知った女子生徒は吃驚し、桐越先生が奇妙な噂について話し始めました。
実はこの森の中腹にある社(やしろ)に祀られているのは、「泥打(どろぶち)観音像」というものです。泥がついているのですが、泥まみれなのは以前からです。問題なのは、首なし観音像の首がなくなったのが、ちょうど山岸先生の失踪の日からでした。
泥打観音は「泥をぶつけると願い事が叶う」とされる観音像です。
昔の人が田んぼの中から観音像を掘り出して祠に祀ったのですが、翌日また田んぼの中に戻っていて、祠に祀ってもまた田んぼの中に戻ったことから「泥を好む観音」ということで、泥まみれにしているそうです。
ある時、その泥打観音の首がなくなったことがあり、その時に村人が次々と行方不明になりました。行方不明になった人たちは、泥の化け物に襲われたという噂があります。
観音像にはいい願い事をする人ばかりではなく、中には他人の不幸を願う者も多くいて、そういう人たちの悪意が込められた泥が、化け物となって実体化したのではないかと言われました。
村人たちはその泥の化け物のことを「ドロメ」と名付けました。
これといったドロメの退治法はなく、観音像の首が戻るのを待つのみです。
夜になり、男子と女子は別々の部屋に泊まりました。

【転】- ドロメ男子篇のあらすじ3

光輝は昼間に撮った女子生徒の画像を見返し、陸は画像を転送してもらいたがりますが、学校は圏外です。一緒になって光輝の画像を見ていた陸は、おかしなものが写っていると言います。
颯汰は壁の染みが気になっていました。龍成が颯汰に壁ドンして、「霊が見えてるんじゃないか」と質問しました。颯汰は否定しますが、「友だちには嘘つかないでくれよ」と重ねて龍成に聞かれて、正直に「見えている」と答えました。
それを聞いた龍成は喜びます。というのも、龍成は霊の存在を信じており、見えたらいいなと思っていたからでした。
颯汰は口止めしようとしましたが、それより先に喜んだ龍成が陸と光輝に言ってしまいます。騒いでいると桐越先生に叱られたので就寝しましたが、男子生徒はスマホ動画のノイズ音で遊んだりしていました。
夜中、颯汰の布団がはがされます。起きた颯汰に白いワンピース姿の女性(先にネタバレ、山岸響子の幽霊)が手招きするので、颯汰はついていきました。
階段の途中で小春が走ってきます。すると山岸先生の幽霊の前に颯汰の母の霊が立ちはだかったので、山岸先生はそれ以上颯汰に訴えることができず、哀しく左側を指さすだけでした。
〔2日目〕
寝起きの悪い颯汰を残りの3人が起こします。
この日は大道具や小道具を作る日でした。実夏は移動している時、見えない何かに引っ張られます。
壁の染みがまた浮き出ており、「オスメント(注:映画『シックス・センス』の名子役ハーレイ・ジョエル・オスメントのこと)颯汰」と勝手に仇名をつけられた颯汰は、壁の染みに霊的なものを感じるか聞かれました。颯汰に霊感があると知った女子生徒は騒ぎ立て、颯汰は仕方なく壁の染みに手をかざし「何も感じないし、大丈夫」と言います。
発声練習がわりにラップを披露した男子生徒たちは、桐越先生に注意されました。
午後、桐越先生の独断で決めた、芝居の配役が発表されます。
「シラノ役→颯汰、ロクサーヌ役→小春、クリスチャン役→龍成、ドギッシュ役→陸、メイド1→実夏、メイド2→絢、メイド3→栞菜」となります。
練習中、颯汰は小春の後ろに赤い服の幽霊を見ます。小春は練習中に発作を起こし、小春が颯汰に振られた発言を絢がして、小春はその場から立ち去り、実夏がそれを追います。
男子生徒の中で話題になった時、颯汰は自分の過去について語りました。
颯汰の母は昔から颯汰が女子と遊ぶことに異様に厳しく、すぐキレる女性でした。交通事故で死んでからもそれは続き、赤い服の幽霊となって颯汰の前に現れるそうです。
母の幽霊は普段はいませんが、颯汰が女子と接する時になると現れます。
中学2年の時、颯汰は小春のことを快く思っていました。ですから海辺で小春から告白されそうになった時、嬉しく思ったのですが、小春の背後に母の幽霊が現れたため、つい告白の途中で逃げてしまったそうです。
たぶんそれがきっかけで、小春は不登校になったのだろうと思われます。
話を聞いた光輝は「まさにモンスターペアレントだな」と茶化しますが、颯汰自身にとっては喜ばしい事態ではありませんでした。
女子生徒たちは衣装合わせをしますが、コスプレのメイド服を喜んだのは栞菜のみで、皆しぶい顔をしていました。 この映画を無料で観る

【結】- ドロメ男子篇のあらすじ4

男子生徒の間で「じゃ、颯汰がエロいものを見たら母の幽霊はどうするのか」という話題になり、実験が始まります。光輝がスマホでネットのエロ写真を見せるとスマホの画面が割れ、エロ雑誌を陸が見せると本が破れます。徹底ぶりに男子生徒は感心しました。
教室の壁の染みが濃くなっていて、女性の顔のように見えます。桐越先生が消そうとしますが、なかなか取れません。
女子たちは夕食の買い出しに行きました。
夕食時、明るいのは陸と光輝だけで、颯汰と龍成は沈みがちです。実夏は不機嫌で、桐越先生が親しげに小春に近づくのをみて、颯汰は内心焦りました。
夜、生徒たちは花火をします。
花火の後、陸の姿が消えました。探した他の3人は、陸が栞菜と保健室でいいムードなのを見て、立ち去ります。
男子生徒たちが去った後、陸と栞菜のいる部屋に泥が入り込み、女性の形を取ります。ドロメです。
ドロメはまず陸を、次に栞菜を襲って泥を吐きかけました。2人とも気絶し、後にドロメの仲間になります。
〔3日目〕
陸が朝まで帰らなかったことで、男子生徒3人はHな想像をします。
焦げたホットケーキの朝食の後、保健室に行くと、保健室は泥まみれでした。その後体育館に行った男子生徒たちは、ドロメに襲われます。ドロメの動きが遅いのでネットをかぶせて捕獲し、光輝が悪ふざけで記念撮影しようとしますが、ドロメは泥化してネットからすり抜けました。
颯汰、龍成、光輝は寝起きする部屋に戻って施錠しましたが、教室の粘土細工からドロメが出てきます。さらにドロメ化した栞菜と陸に光輝が襲われます。
光輝もドロメ化しました。颯汰と龍成は桐越先生に報告に行きますが、その時颯汰は白い服の女性・山岸響子先生の幽霊が桐越先生を指さすのを見ました。桐越先生のポケットから泥打観音の首が出てきます。
「どうして響子先生の首を絞めたんですか。響子先生、泣いてます」と颯汰が言うと、桐越先生は2人を殴りつけて縛ると、準備室に監禁します。
桐越先生は残業の夜に響子先生に迫り、振られた腹いせで殺していました。響子先生の遺体を山に埋めた後、泥打観音の首を折って、泥打観音のせいにしようと考えたようです。
颯汰と龍成は互いの拘束を解いて逃げますが、颯汰の母の幽霊に捕まりました。龍成には見えていませんが、颯汰の母の霊に殴られます。
「謝るなよ。死ぬまで拘束されるつもりかよ」と颯汰に声をかけた龍成は、ふと、幽霊から物理攻撃を受けたのだから、こちらからの物理攻撃も効くのではないかと思いました。
「僕は小春が好きだ。邪魔すんな」と校内放送を使って颯汰が告白し、龍成も手伝って2人で木の棒で母の霊の腹を貫き、撃退します。
泥を吐きださせば元に戻ると考えた2人は、ドロメ化した生徒たちを次々に殴りました。予想は当たり、ドロメ化した者たちは元の姿に戻ります。
途中で桐越先生に会った颯汰と龍成は、桐越先生をボコボコにしました。桐越先生はその後、白い服の響子先生の幽霊を見て悲鳴をあげます。
外から聞こえた悲鳴に、颯汰、龍成、光輝、絢の4人は行きました。外には陸、小春、実夏、栞菜、持永先生がいます。
5人は巨大な人面虫みたいなドロメに襲われていました。颯汰らが5人に武器を渡し、9人になった生徒たちは一斉にドロメを攻撃します。
ドロメ(人面虫バージョン)は破裂しました。撃退した一同は「やったー!」と盛り上がりました。
(エンドロール後)ハイタッチする男子生徒。颯汰は小春を見つめる。しかし何かの気配に振り返ると…山よりも巨大化した母の幽霊が! びびる男子生徒たちだが、ファイティングポーズを取る。
(細かな設定や謎に終わった部分は、女子篇で補完される)

みんなの感想

ライターの感想

男子篇と女子篇の2作品で構成されているドロメ…オススメは「女子篇から見る」です!!!!
ちなみに出演陣のコメントにもそう言われているらしいです。
私は知らず、男子篇から見てしまいました。こっちから先の視聴でも、なんら問題はないのですが、確かに女子篇から見たほうが「あの時なんでこんなことになったの!?」というのが、より判りやすかったと思います。
特に「颯汰と小春の間にある確執」をなぜ絢が知っていたか、それをいきなり持ち出したのか、その後、女子サイドでどういう折衝があったのか…などについては、男子篇では一切描かれないので。
もやーっとしたままなんですよ。
代わりに男子生徒が何してたかっていうのは、男子篇で堪能。このくらいの年頃までは、圧倒的に男子がバカで女子のほうが醒めてる。うんうん、そうだよなあ。
最後に出てくる人面虫みたいなドロメはすごくチャチいのですが、それだけにボコボコにしても罪悪感がない。
低予算だろうなと思いつつ、青春×ホラーな感じで楽しく視聴できました。いうほど怖くありません。ホラー初心者にお勧めかも。

映画の感想を投稿する

映画「ドロメ男子篇」の商品はこちら