「ナイトウルフ人狼憑異」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

ナイト・ウルフ/人狼憑異の紹介:2010年のホラー映画。実家に帰ってきた女性が、家族と共に凶悪な怪物に襲われる恐怖を描いた作品。「ハリー・ポッター」シリーズのトム・フェルトンや「リベンジ」のジョシュ・ボウマン、「ディアトロフ・インシデント」のジェマ・アトキンソンらが出演。

この映画を無料で観る

予告動画

ナイトウルフ人狼憑異の主な出演者

ゲイリー(トム・フェルトン)、サラ(イザべラ・カルソープ)、エミリー(ジェマ・アトキンソン)、ダグ(ジョシュ・ボウマン)

ナイトウルフ人狼憑異のネタバレあらすじ

【起】- ナイトウルフ人狼憑異のあらすじ1

人里離れた実家に帰ってきたサラは、久しぶりに父と再会します。母が浮気しているようで、お金を使われて資金繰りに困っている様子です。
弟達の面倒を買ってでたサラは、たむろしている倉庫に向かいます。弟のスティーヴン、チャーリー、ゲイリー、ルーク、そして友人のダグ、親友のエミリーと再会します。
エミリーは、復讐のためにスティーヴンと付き合い始めていました。微妙な雰囲気の中、和気藹々と話しをします。
ルークは初めてマリファナを吸ったこともあり、倉庫の上で眠ることにします。愛犬を外に放してあげると、実家の屋敷の中に入っていきます。
母は、車で浮気相手の元に向かったようです。停電になってしまって、6人は屋敷の中に入っていきます。
懐中電灯を照らしていると、血の跡が見つかります。辿っていくと、臓器をえぐられた父の姿がありました。また、愛犬も殺されていました。
得体の知れない獣のような怪物が襲ってきて、5人は急いで屋根裏部屋に隠れます。しかし、ゲイリーだけロウソクを探していました。 この映画を無料で観る

【承】- ナイトウルフ人狼憑異のあらすじ2

皆を探しに来たゲイリーに、逃げるように叫びます。ゲイリーは怪物に食われてしまいます。
スティーヴンは、このまま隠れて助けを待つべきだと言います。しかし、サラはルークが目を覚ますこともあって、携帯電話を取りにいくかして連絡をすべきと言います。
ダグは怪物が襲ってきた時に、屋根裏部屋へと引き上げる役をかいます。サラが囮役となって、チャーリーが父の寝室から警察に連絡をすることにします。
上手く引きつけたと思ったサラでしたが、怪物はチャーリーの方に行ってしまいます。警察に連絡することはできますが、チャーリーは食われてしまいます。
サラが助けに行こうとしますが、時すでに遅しでした。サラにも襲ってきて、ダグが急いで引き上げます。サラは足だけ噛まれてしまいます。
連絡を受けて、警察と猟師が動きます。道中、彼らはドアが開いていて、バッグが残された車を見つけます。とりあえずバッグだけ持っていきます。実はこの車は、サラ達の母の車でした。
サラとダグの姿を見て、スティーヴンとエミリーは銃を取りに行きます。怪物がやってきて、スティーヴンはビビって銃を持って逃げ出します。

【転】- ナイトウルフ人狼憑異のあらすじ3

置いてかれたエミリーをサラが助けます。スティーヴンにブチ切れたエミリーは、銃を彼に向けて脅します。
すると床の板で踏み外して、エミリーが銃を自分に撃って死亡します。怪物のいる階に落ちていき、銃の所在が分からなくなります。
ダグは、エミリーの撃った弾が足に当たってしまいます。こうなったら上に逃げるしか無いと考え、ダグは屋根裏部屋の板を壊して、屋根に出る道を作ります。
そこに目を覚ましたルークがやってきます。サラが助け出して、怪物に追われながら屋根に出ます。
もう駄目だと思いますが、警官と猟師が現れます。4人はパトカーのほうに向かいます。
警官と猟師があっという間に食われ、サラは怪物に見つからないように近づきます。パトカーのキーが無く、無線で助けを呼ぼうとしますが、操作できませんでした。
母のバッグを手に入れて、4人で倉庫まで逃げることにします。ここにはスティーヴンのジープがありましたが、故障中でした。

【結】- ナイトウルフ人狼憑異のあらすじ4

修理パーツは、母の車に乗せたままでした。浮気している母に腹を立てていたスティーヴンは、ワザとタイヤをパンクさせていました。
母のバッグから免許証が出てきて、スティーヴンがパンクさせてなければ母は生きていたと、サラは彼を責めます。
姉弟喧嘩が始まって、サラは殴られて血を流します。すると怪物と同じ目になってきて、スティーヴンは怖くなって逃げ出します。
スティーヴンは怪物に食われます。サラは、休んでいたダグとルークに経緯を説明をしに行きます。
するとサラが足を噛まれたことにより、怪物へと変貌していきます。ダグとルークは屋敷に入って、サラの携帯で助けを呼ぼうとします。
そこに怪物が現れて、絶体絶命のピンチになります。変異したサラが怪物と戦い始めますが、やられそうになります。
ダグが助けに入って、サラは怪物を殺します。そしてダグをも殺してしまいます。ダグは最後に、警官の持っていた麻酔をサラに刺します。
目を覚ましたサラは、自分の行いを思い出します。怪物の様子を見に行くと、その正体は母でした。
車で寝ていたルークと共に、変貌していた母が行っていた場所へ向かいます。そこなら安全だと考えたのです。ゲイリーが息を吹き返してエンディングです。

関連する映画

ホラー映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、怪物に襲われる時の恐怖です。怪物のスピードがあるので気づかれれば、猛ダッシュで来て襲われて出演者達は食われます。
食われた出演者達の姿がグロくて、怖さを引き立ててると思います。怪物と変貌したサラなど、メイクも凝っていて制作陣が頑張っています。
出演陣では有名なトム・フェルトンが出ています。しかし、彼は早い段階で食われてしまいます。ただ、最後に息を吹き返す演出があるので、怪物となって続編があれば登場しそうな雰囲気です。
今作は、ストーリーもしっかりしていて、人間模様も良く描いています。姉弟達の話しや、親友のエミリーとの間に何かあった事、母の浮気の話しなど色々と考えさせられる部分があります。
最後まで見終わって、しっかりとホラー映画として出来ている作品で楽しめました。小難しくし過ぎてなく、怖さやグロさも良く出来ていて面白かったのでお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ナイトウルフ人狼憑異」の商品はこちら