「ネイバーズ(2016年)」のネタバレあらすじ結末

ネイバーズ(2016年)の紹介:2017年販売のアメリカ映画。「ソウ」シリーズの脚本を手掛けたマーカス・ダンスタン監督によるホラー。山奥で暮らすジョンとロージー。ある日、ロージーは隣人のトロイが血まみれの男を撃つ現場を目撃し、トロイに監禁されてしまう…。

この映画を無料で観る

予告動画

ネイバーズ(2016年)の主な出演者

ジョン(ジョシュ・スチュワート)、ロージー(アレックス・エソー)、トロイ(ビル・イングヴァル)、ハーレー(ロニー・ジーン・ブレヴィンズ)、クーパー(リューク・エドワーズ)、サラ(メリッサ・ボローニャ)、ニール(スキップ・サドス)、コール(メイソン・グチオーネ)

ネイバーズ(2016年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ジョンは叔父の犯罪の片棒を担いでいる。金を貯めて恋人・ロージーと国外脱出が夢。明日とうとうその夢が叶うという時、ロージーが隣人・トロイの秘密を知ってしまい、監禁される。 ②トロイは息子2人と共謀し、サラという女性を誘拐して監禁していた。ジョンはロージーとサラを助ける。サラは警察に保護され、ジョンとロージーは無事に逃げ延びた。

【起】- ネイバーズ(2016年)のあらすじ1

〝隣人の真意を図るべからず 自分の物差しで〟(アメリカのことわざ)

アメリカ・アイオワ州カッター。冬。
山奥のこの小さな田舎町で、若い男性・ジョンは叔父・ニールに頼まれて、車のナンバープレートを交換する仕事をしていました。もちろん違法な仕事です。
どんな仕事かというと、たとえばデボラという女性が訪ねてくると、その逃亡幇助をするのです。
犯罪をおかした車のナンバープレートを交換して逃げ切れるようにし、負傷したデボラの左脇腹の銃創もついでに手当てしてあげました。デボラの車の助手席には息子である少年が乗っており、デボラはクスリと金を持って逃げています。
デボラの治療を終えると、ジョンはトランクに積んであったクスリを少し取り「気分が悪くなったら少し使え(痛み止めも兼ねている)」「舗装道路まで走れ」と指示しました。
デボラの乗った赤いスポーツカーは、夜道を無灯火で立ち去ります。デボラは無灯火にして、暗視カメラで運転していました。

ジョンは恋人・ロージーと2人で暮らしています。
ロージーは隣人の初老男性・トロイを怖がっていました。ときどき何か小さな動物の死骸を持って歩いているからです。
ジョンはそれを「ウサギの駆除をしているんだ」と説明し、なだめていました。ロージーはジョンが昼間いない間、不安なのです。
ジョンとロージーの夢は、貯めた金でモナコへ移住することでした。それもあともう少しの間で、叔父・ニールの手伝いをすれば、その金が貯まります。
ジョンはもうちょっと待ってくれと言いながら、ロージーを置いて町のほうへ出かけていきました。ニール叔父の指示を受けるためです。
付け替えるナンバープレートもすべて、ニール叔父が用意していました。
ニール叔父に会いに行くと、ジョンは今回で仕事が最後だと聞かされます。
ニール叔父はジョンに10万ドル(約1130万円)の報酬があることを伝えると、ジョンの取り分は2万5000ドル(約284万円)であることを告げ「お前は務めを果たした。これからは家族とゆっくり暮らせ」と言いました。事実上の引退です。
今回で仕事が最後と聞き、ジョンは喜びました。最後の仕事のために、ナンバープレートを持ち帰ります。

帰り道、ジョンはパトカーに止められました。女性警官・バーンズ巡査はニール叔父に目を付けているようで、職務質問されますが、ジョンはナンバープレートを巧みに隠してかわします。
ジョンは警告だけして、放免されました。ほっとします。
家に帰る手前で、隣人のトロイ宅のごみ箱が車道の中央に出ていたのを見つけたジョンは、トロイの敷地内に入って、ごみ箱を元の場所に戻しておきました。
家に戻ったジョンは、車庫で仲間のギレルモとパンクの車のナンバープレートをつけ替えます。彼らはナンバープレートを付け替えた車で、犯罪をしにいくのです。 この映画を無料で観る

【承】- ネイバーズ(2016年)のあらすじ2

彼らから報酬の10万ドルを受け取ったジョンは、明日ようやく町を出られそうだと言いました。
恋人のロージーは喜び、10万ドルを全て着服したらどうかと言いますが、ジョンは叔父を裏切りたくないので拒否します。

夜、ジョン宅のドアをノックする者がいました。隣人のトロイです。
立ち話もなんなので、ジョンはトロイを家の中へ通しました。トロイは昼間にうちの敷地内に入ったかと聞きます。
ごみ箱が転がっていたから元の場所に戻したと説明すると、トロイは納得しました。
ジョンの部屋に望遠鏡がある(警察が来ないかをチェックし、警察が来るときには急いで車庫の不正なナンバープレートを隠すために置いてある)のを見つけたトロイは、自分も道路を観察しているのだと言います。暗に「ナンバープレートを交換する、違法なジョンの仕事を知っているんだぞ」という脅しをしているわけです。そして、息子たちがこれから来ると言って立ち去りました。
トロイがなぜそんな脅しをして立ち去ったのか、当初のジョンは全く分かりませんでした。恋人のロージーも同じくです。
気になったジョンは、トロイが去った後、こっそりその望遠鏡で隣人宅を覗きました。
息子2人がトロイを訪問して、金を機械で数えていたくらいで、特に何もありません。

翌日。
ジョンは最後の仕事をしに、出かけました。恋人のロージーはひとりで留守番をします。
ジョンが出て行ってすぐに、隣家で発砲音がしました。驚いたロージーは、つい気になって望遠鏡で隣家を覗きます。
すると男性が1人、血まみれで家を出てきました。その男は隣人・トロイのライフル銃で射殺されます。ロージーは、その現場を見てしまいました。
一方、ジョンは売上金を納めに行きました。叔父は警官に睨まれている話をします。
帰宅したジョンはロージーを探しますが、家の中にいませんでした。隣家のトロイが「美人は必ず男を裏切る」と言いながら通ります。
部屋の中の望遠鏡が隣家のトロイ宅を向いているのを見たジョンは、ロージーが何か重大なトロイ宅の秘密を握ってしまったのかと考え、トロイ宅へ潜入しようと思いました。

さりげなくビールを持ち、隣家へ向かったジョンは、トロイの敷地の一部に大量のウサギの死骸を見つけます。その場所は穴が掘られ、無造作に死骸が積み重ねられていました。
ノックをして呼びかけますが、トロイは出てきません。でもレコードの音楽は聞こえます。
トロイ宅にこっそり入ったジョンは、トロイの家にも望遠鏡があって、自分の家の車庫部分を向いていることに気づきました。ジョンの不正行為を知っていたのは、トロイがこうして監視をしていたからです。しかし、なぜ監視をしているのかは、この段階ではジョンは見当もつきませんでした。

【転】- ネイバーズ(2016年)のあらすじ3

家の中を懐中電灯で見て回ったジョンは、地下室を発見します。そこにはいくつかの部屋がありました。『セックス部屋』と書かれている部屋もあります。
奥まで行くと上にのぼるはしご段があり、トロイ宅から少し離れた場所への脱出口になっていました。それを確認し、ジョンは再び地下室に戻ります。
今度は地下室を確認してみると、一室に男の遺体がありました。
別の部屋には女性が監禁されています。女性はサラと名乗ると「コールはいないか」と聞きました。コールはサラの息子です。
見つけていないとジョンが答えると、サラは「あいつ(トロイ)は正気じゃない」と言ってわめき始めました。その声を聞きつけて、トロイが戻ってきます。
ジョンはサラの部屋の檻を開けようとしていましたが、隣人・トロイが戻ってきたので隠れました。助けに戻って来ると言って、ナイフ片手に1階に行きます。
トロイはテレビを見ていましたが、そこへ昨晩訪れた息子たち・ハーレーとクーパーも顔を覗かせました。彼らは「人質を殺すわけではなく、金持ちから金を受け取ったらすぐに返す」という話をしています。
トロイと息子たちは、誘拐犯でした。ジョンの恋人・ロージーが目撃してしまった男の殺人は、トロイたちにとっても想定外の出来事だったのです。
トロイが望遠鏡を部屋に所持していたのは、ジョン同様、犯罪者だったからです。常に外の目を気にして、望遠鏡を持っていたのでした。
トロイは息子たちに「俺の言う通りにしていれば、大金が手に入って安泰だ」と言います。
彼らの会話から、サラの家に身代金100万ドル(約1億1300万円)が要求されているとジョンは知りました。
トロイたちは身代金を催促するために、サラを人質に取っている証拠のビデオを撮影すると、息子たちに言います。但し本気で傷つけるといけないので、「ハンマーで殴るふりをしろ」と息子・クーパーに指示しました。
サラを椅子に座らせて撮影し、自分たちの要求はボイスチェンジャーで録音します。
撮影が終わった後、息子が「もう1人の女は?」と父・トロイに聞きました。「ジョンは金がない」という言葉で、ジョンは恋人・ロージーも監禁されていることを知ります。
ジョンは撮影が終わって再び監禁されたサラのところへ行くと「人質は3人いるから(サラ、コール少年、ロージー)、家から檻を切る道具と銃を持ってくる」と言って一旦引き揚げました。サラに言ったとおり、カッターや銃を持って再びトロイ宅へ行こうとします。
その時ジョンは、外にパトカーを見つけました。昨日呼びとめられた女性警官・バーンズ巡査がギレルモとパンク(前日、ジョンがナンバープレートを交換した男たち)に職務質問をかけています。

【結】- ネイバーズ(2016年)のあらすじ4

一瞬迷ったジョンですが、バーンズ巡査に声をかけずに、一旦その場を立ち去りました。
ハーレーは射殺した男の遺体を穴に落とし、埋めようとしていました。
それを見ていたジョンは、クーパーに見つかって揉み合いになります。ジョンはクーパーの首を圧迫して、窒息死させました。
トロイとハーレーはロージーを1階に引き立てます。ハーレーはロージーにあとで、乱暴を働くつもりです。
ジョンは脱出口から入り、コールという少年を見つけました。コールはアキレス腱を切られ、歩けないようにされています。
コールに肩を貸したジョンは、サラに「外へ出たら、石を投げて車へ逃げろ」と指示をしました。
サラは言われたとおりにしました。
サラが石を投げた音で、1階にいるハーレーは外を見に行きます。その間にジョンはロージーを助けました。
ハーレーは音の正体がクーパーだと思い、そのまま外を歩き回ってクーパーを探します。クーパーの遺体を見つけたハーレーは、父・トロイを呼びました。揉み合った時に落ちたジョンの帽子を見つけたので、犯人はジョンだとトロイはすぐに気づきます。
怒ったトロイは牧場を明るく照らして、逃げる者がいないかチェックしました。

ジョン、ロージー、サラ、コールの4人はバーンズ巡査のところへ行きます。
バーンズ巡査は先ほど職務質問をかけていた、ギレルモとパンク相手に銃撃戦になっていました。ギレルモが射殺され、パンクが銃で応じます。
近づいたサラとコールも撃たれそうになり、驚きました。慌ててバーンズ巡査から逃げます。
バーンズ巡査はトロイとグルで、ジョンたちは拘束されました。

ジョンたちはそれぞれ椅子に手錠で拘束されます。
ロージーが殴られた後、手錠をかけられそうになった時、隙をみてハーレーに手錠をかけました。その後、頭をカメラで殴り、三脚でボコボコにします。
サラはかけられた手錠から手首を無理やりに引き出し、手錠から手を抜くのに成功しました。
ジョンのところへロージーが助けに来て、バーンズ巡査を殴ります。
サラはトロイに捕まり、人質にされました。トロイはジョン、ロージー、コールを地下室に閉じ込め、発煙筒を焚いて自分はガスマスクをし、銃で撃とうとします。
3人は脱出口から逃げようとしますが、南京錠が外からかかっていて駄目でした。
ジョンが背後からトロイを襲い、殴ります。
トロイは「黒幕が他にいる」と言いますが、ジョンはトロイを射殺しました。

ジョンたちは遺体を運び、灯油をかけて火をつけます。
パトカーがやってきて、サラはそこで保護されました。
ジョンとロージーは金を持って立ち去ります。無事に国を脱出しました。

みんなの感想

ライターの感想

まず謝罪。ロージーは妻なのか恋人なのか判り兼ねたので「恋人」と表記させていただいた。叔父が「家族と暮らせ」と言っていたから、もしかしたら妻かもしれない。
前半は実のところ、けっこう長くて退屈するんだけど、後半のたたみかけはよかった。
しかし、地下室がいっぱいある割には、トロイの正体が誘拐犯…って、ちょっとチャチいよなあ。
過去にもどうやら、幾度か同じ犯罪をおこなっていた形跡あり。息子といっしょに金をかぞえてるシーンなどで暗示されている。
トロイさんが、いかにもうさんくさそうなムードをかもし出していて、なかなかグッド。
パッケージからイメージされる内容とは異なるかもしれないが、ストーリーはしっかりしていた。

映画の感想を投稿する

映画「ネイバーズ(2016年)」の商品はこちら